2016年08月26日

保険会社との闘い

車事故だけど…まだ直ってません。
いやーほんとAMIむかつくーー!

最初は電話してきて、メールも送ってきて、これに書けだの事故の写真を送れだのいってきたのだが、そっちのドライバーの100%の責任だから、こっちの保険は一切使わない、といったら、こっちが100%悪いとはいいきれない、

We are deeming this accident contributory.(両方に過失がある)

といいやがってから、いきなり一切のメール、電話に返事、返信なしの無視状態に(怒)。
こっちは100%とまってて、横からつっこまれてぶつけられてるのに何がcontributoryじゃ。ふざけんなー😠

仕方がないので、相手のインド人おばちゃんに電話して、もう一度ちゃんと自分の保険にも自分がはっきりと、とまってる私の車につっこんだと言え、と電話。
向こうはわたしの前では過失を認めてて、ちゃんとこっちのダメージを弁償するといっているので、もしお宅の保険にちゃんとそれが伝わらなくて保険金がでないなら、そっちに請求するだけだから!と半ば脅しをかける。

で、まあそりゃー長い戦いが続いて、まあついに先が見えてきたところ。
もちろんこっちは一切払わないよ!

ついにガレージで見積もり取るところまでいったので、あとは最終承認が降りてガレージに車もっていければあとは修理するだけなんだけど。

今回の戦いでもやっぱりいつもどおりだったのは、ほんとにNZは電話に出る人によって、話がころころ変わるということ。

そ れは、マニュアルとかしっかりしてないからでもあり、社員教育とか適当だからわかってない人がサービスセンターとかでもいっくらでもいるからであり、とに かくこういう時に、“あ、こいつ話にならないな”と思ったら、さっさと切ってかけなおして、別の人と話すと一発で話がすすんだり、値段が変わったりする。

いくら粘っても使えない人は使えないので、さっさと切ってかけなおす。或いは店頭で見積もりもらうようなものなら、翌日出直せば全然違う値段になったりするので、逆にうまく進んだ時は、しっかり紙に書いてもらったり、担当の人の名前を聞いておかないと、次回行った時同じオファーがでるかどうかはかなりあやしい。
参考までに。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2012年05月08日

子供服

先週は一ケタまで下がった最低気温だけど、今週は持ち直してちょっとあたたかい。
室内も16℃くらいはある。

ずっと天気がよかったので、いつもの月より巨大だというスーパームーンが3日間くらいばっちり見えた。
確かにでかかった…
20120508 moon.JPG

さて、去年の10月くらいに買った小虎の服だけど
http://rianz.seesaa.net/article/229600493.html
勝った時はあんなに大きく見えたのに、今サイズばっちりに。
冬服だしよかった〜

前より男の子服に対するアンテナが立ったせいか、なんとなくかわいいのも見つけられるようになったし。

それにしても大人だったら、冬服なんて肌に直接触れるもの以外は毎日洗濯するわけじゃないから汗をかかない真冬には、下着と一番下に着るタートルとかババシャツくらいしか洗濯物がない日もあるが、あたりまえだけど小虎はそうはいかない。

今は長袖のボディスーツにズボン+薄手のトレーナーとかシャツをきせてその上にカーディガンとか脱ぎやすいものにして、さらにウィンドブレーカーを着せている。

が、この全部が洗濯になる可能性もけっこうある。
ボディスーツは直接着てるから毎日あらうし、トレーナーとかカーディガンも食べこぼしおよび外で遊んで袖が真っ黒とかお絵かきとか粘土して絵具ついていたり。
ズボンも同上。

となると、一日の洗濯物が4,5枚にはなるから、いくらサイズが小さいとはいえ、天気が悪かったり忙しかったりで平日洗濯できなければ一週間分で20〜30枚の洗濯物となる。
これからさらに着るモノが分厚くなってカサが増えるかと思うとおそろしい〜

夏はいくら汚しても、ぱっと一枚洗えば済んで楽だったなあ。

いやー友達がお下がりいっぱいくれていてほんと助かったよ〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月22日

放射性物質

まだNHKニュースだけは、ネット配信がオンタイムで見られている。
ついに放射性物質が福島県産の野菜や都内の水道水から検出された。
恐れていたことが…
23区では乳幼児に、水道水を与えないように警告が出された。

大人だってもちろんだけど、小さい子のいる人はどんなに不安だろう。
子供にあげなくなって、母親が飲めば母乳からでちゃうんじゃないか?
そのへんの正確な情報が欲しい。
赤ちゃんにいかないよう、自分の体でろ過できるなら、それでいいんだけど。

私もゴールデンウィークごろから帰省するつもりだったけれど、余震もだけど、これは子連れにはほんとに怖い。
もう少し様子を見るけど、ほんとに予定通り帰省どうするか…
もっと大変な人もいるのだろうけど、せっかく育休で、はじめての、そしてもしかしたら最後の、日本に長く帰省できるチャンスかもしれないのに…と思ってしまう。

まあ私のことはともかく、本当に復興までは、少しでも何かしたいと思った今の気持ちを忘れないで、長く援助していかなければと思う。

被災した人はもちろんだけど、普通に考えても、例えば安全で有名だった日本産の野菜も、輸出が落ちるだろうし、観光に来る人も余震や原発が完全に落ち着かなければいないだろうし、経済的に苦しくなる人が増えるのは間違いない。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他

2011年03月18日

避難所生活って…

今のところ、まだネットでニュースを同時配信してくれているので日本のニュースをオンタイムで見られる。
1万7千人が死者行方不明で、36万人の人たちが避難所生活って…本当にひどい。

赤十字のサイトで、クレジットカードでも募金できるようになっていたのでやってみたらうまくできない…
なんか普通に買い物するようにカードから募金できるのかと思ったら、どうやら申込書を、そこに記入した日本の実家の住所に送ってくるらしい。
まどろっこしい…
その申込書を親にファックスでもしてもらえばこっちからでもできるのか。
楽天で買い物でもするように、直接クレジットカードで支払えないのだろうか?

テレビでも、避難所で何が足りないんだろうっていうようなことを繰り返し報道していたが、私が想像するに、山小屋に泊まりでトレッキングに行ったときのような不便さがあるのではないかと思う。
だから、山に自分がリュックに背負っていく類のものがそろっていたら被災者の人も便利なのではないだろうか…(食べ物とかは当然として)

夜はもちろん寝袋。
炊き出しの時に使うお皿やマグカップは必需品。
特にマグカップは味噌汁も飲めるしお茶も飲める。
水は自分が運んだ分以外は雨水とかないからもちろんシャワーとかないから、ふくだけサラサラシートのようなものがあったらかなりすっきりする。

とかそんな感じで…

**********************

NZの話だけど、こちらでは銀行からのお知らせレターが来て、金利が下がった。
うちは今繰り上げ返済に有利なようにフローティングレートにしているので、金利が動くと家のローン金利もすぐ動く。

今まで6.24%だったのが、5.74%に0.5も下がった。
今までの中長期予想では、もう金利は上がることはあっても下がることはないように言われていたので支払う立場としてはうれしいけど、もしかしてクライストチャーチの地震の影響だろうか…
不動産の売買は絶対細っていると思うからだが。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2011年03月15日

日本人って素晴らしい

先週のかなり寒かった前線がようやく去って、また夏に戻った。
よかった…
しかし、昔ならすでにデイライトセービングが終わっていたわけで、朝七時だとまだかなり薄暗くなってきた。
月末で夏時間が終わると、一気に夕方暗くなるのが早くなる。

**********************

こちらのニュースのトップでも、毎日日本のことが報じられている。
相変わらずインターネットでライブの日本のニュースが見られてありがたい。

小虎とずっと家にいるので報道をずっと流しっぱなしにしていると、何万人の犠牲者が…という特別番組の間にも、茨城で地震です、津波に注意!高台に避難!という速報がながれたと思うと、一時間後に原子炉が爆発した!自宅待機!と速報が入り、次は長野で地震が…今度は静岡…という感じで、本当に日本が滅んでしまいそうな印象を受ける。

でも世界での報道を聞けば聞くほど、なんて日本人は素晴らしい民族なんだ、と感動で胸がいっぱいになってしまいます。

暴力も略奪もなく、混乱もけんかもない。
冷静で、秩序正しく、助け合える日本人。
神戸の時も世界から賞賛されたけど、こういうことに、日本人はもっともっと誇りを持っていい。
世界にこれだけたくさんの国がある中で、こんな風にできるのは、唯一、私たち日本人だけなのだから。

世界的に見れば、治安がそれほど悪くないNZだって、クライストチャーチの地震のようなことがあれば、店が略奪されるのを防ぐために市内立ち入り禁止とかにしていたのに、日本ではそういうの聞いたことないし。

どうかみんなで協力して、頑張りましょう!

ここからでは、募金以外何も手伝えることもないけど気持ちはいつも日本…
(今回は日本にいたとしても、子連れで何をできるわけでもないかもしれないけど)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他