2013年08月15日

小虎病気の一週間

今週一週間、みごとなまでに晴れ続けたのに、週末は雨予報。
しかし先週も雨予報だったのにまったく降らないあったかい週末だったのでちょっとだけ今週も期待したけどだめだった!
久しぶりのすごいまとまった土砂降り…雨

しかしこの時期にはありえないことに、丸2週間ほとんど雨が降っていないことになるので、さすがに庭が乾いてきていたのでま、いいか…

ほんと、春は冬に引き続き、1日に一回は雨がぱらつくのが普通で、この時期に地面が乾いているなんて聞いたことない。しかも8月に入ってから10日間、一度も暖炉つけてない。ふつうはまだ月の半分くらいの日数は、暖炉つけてるのが普通なのに。

さて、金曜の夕方、小虎を迎えにいったら、先生がちょうど小虎の体温を測っているところだった…
ええーっ何( ̄o ̄;)
しかも、両耳はかって38.5度と38.8度。高っふらふら

しかし小虎はけっこう元気で、一日普通に元気に遊んでいて、もう夕方私の迎えに行く直前になって、さわったらはっきりわかるほどの高熱になっていたそうな。
かなり高いので帰ってすぐパモを飲ませた(いまや甘くて大好きになったので飲ませるのに問題なし)。

結局、夜中もまた熱があがったのでもう一度飲ませたけど、熱はそれで引いて、普通に元気だし、特に風邪やらなんやらの症状も一切なし。

しかし同時に体中にぶつぶつが出てきて、水疱瘡か、風疹か、なにか感染症だったらどうしよ〜っと思うが、小虎は全部予防接種を受けているし、発熱とまったく同時に発疹が出ることはないそうなので、前もあった、単なる発熱による発疹?のような…
何しろおなかや背中中心に出てるので、手足口病とかでもないし…
20130815 rash.JPG

結局、ぶつぶつはうっすら残ってるものの、土曜の朝にはまったく平熱になったし、1日中いたって元気。翌日日曜も同じで、2日間特になにもないから、治ったものと判断。
ところが…

それで月曜日は普通にデイケアにいき、ただ、念のため外遊びはさせないように頼んだ。どっちにしても朝から時折土砂降りがふっていたので、どっちにしても外はなく、中でぬくぬくすごすだろうな〜という感じ。

ところが、3時になって急に何回も吐いたということで連絡がありだんなサマが迎えに。デイケアでと、帰りの車でと、家に帰ってからと、結局計8回も吐いて、顔も真っ白になったので急いでホワイトクロスに連れて行く。
そこでも一回吐いてかなりぐったり。しかもぶつぶつが顔のほうまで増えてきた。なんだこれ〜っ

でも1時間ばかり待っている間に(ホワイトクロスにしては早いほうか?)、吐いても少しは吸収するだろうと思って水は飲ませ、あと欲しがるので乳幼児用のブトウ糖のラムネをちょこちょこなめさせていたら顔色が少し戻ってきた。

ぐったりしながらまっていたけど、何もしないで1時間待ってるほうがつらかったようで、最後は“もうおうちかえる、おうちかえりたい”を繰り返す。

そしてようやく診てもらった結果は、またしても“バグ”(怒)。バグって、直訳するとばい菌ってことで、ほんと、NZってすべての病気がバグで済ませられる(怒)。
その場合は、抗生物質とかも意味ないわけで、薬はいつものパモ(パラシータモル)だけ。
パモなんて、家にいくらでもあるから、病院に来る意味ほんとない…まあ水疱瘡だの風疹だの、その手の感染症じゃないのがわかったのがよかったというだけだ。

唯一吐き気止めだけくれたのでそれを飲ませて、それでも(食い意地はっているので)食べ物を欲しがるので仕方なくラムネでごまかして寝かせる。

結局翌日の火曜水曜はだんなサマと順番に休んで家にいたけど、基本元気でひたすら食べ物を欲しがるので、ふやかしたパンとか、摩り下ろしたりんごとか数口で、空腹をごまかしごまかしし続けるのが大変で…

なにしろ連続8回吐いたからなあ。

しかし月曜に吐いたあと数時間、瞬間的にものすごく具合が悪そうだった以外は、結局火曜水曜も、週末と同じくなんの症状もなく、顔のぶつぶつもすぐ消えてきて、ほんとなんだかわからない…

金曜にはじまった発熱から考えると、ようやく木曜に普通にもどったけど、金曜夜一晩の高熱と、月曜の数時間の嘔吐の時以外は元気だったしな〜
ほんとこれはなんだったのだろうか。

ようやく木曜日に普通にデイケアに復帰。よかったね〜

だんなサマと毎日半休ずつ取って家にいたけど、小虎はほとんどの時、特に具合が悪いでも、ぐずるでもなかったら、実は一緒にけっこうのんびりできた気もする一週間でした(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月04日

まま友とキャッチアップ

今日は小虎と同じ年くらいの子のいるママ友とキャッチアップ。
前は、例えこうして会っても、まとわりついたり、泣いたりする子供たちの相手がメインで、大人がゆっくり話すことなんて不可能だったけど、久しぶりに会ったら、なんと子供たち同士、ず〜っといっしょに走り回ったり、チャンバラ的なことしたり遊んで大人は普通に会話することもできてしまい、あまりの進歩にびっくりした。
こうやって一緒に遊べるようになるんだねぇ…(しみじみ)

午後は、今まで行ったことのなかった、プレーグラウンドのあるところにみんなでいったのだけど、ここがすばらしく楽しかったらしく、もう体力限界の3時までみんなで走りまくっていて、ついに限界になって3時半に車に乗せたら1分でご就寝。
20130804 weekend06.JPG

ほんとに楽しく遊びまくった週末でした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月02日

小虎の日本語

日本から帰ってきて以来、デイケアの先生に“もうあまりに日本語で話しかけられ続けて何言ってるかわからない〜”といわれる。

確かに、もともとよくしゃべっていたのが、帰ってきてからほんと2倍のスピード、内容量で一日中話している感じ。前はそこまでは流暢じゃなかったから、先生たちも聞き逃せたんだろうけど…

小虎はあかちゃんぽいしゃべり方ではなく、じっと目を見ながらものすごくしっかりはっきりしゃべるので(“ことらくん、シンケンジャーの、シンケンイエローの、はなおりことは(人名)がすきなんだー!”とか“ことらくん、いっぴつそうじょう(一筆奏上=シンケンジャーの変身の言葉)でシンケンブルーにヘンシンするんだ!”くらいいっきにいう)多分先生たちも反応してあげられなくて困るのだろう(^。^;)

しかし、日本語がわかったとしても、どっちにしても内容はわからないだろうけど(^。^;)

時間だけ見たら、平日の10時〜5時デイケアにいるということは、そこでの滞在時間7時間、私とだんなサマが一緒にいる時間は8時〜10時+5時〜9時=6時間だけど、私たちには土日があるし、デイケアでのお昼寝時間を考えると時間だけでも私たちといるほうが勝っている。さらに、昼間一緒にいられない分をカバーしようと思って、生まれたときから、返事もないのにほんと自分的には片時もサボらず、話しかけ続けてきたから、この結果はある意味期待していたんだけどね。

ただ、そうはいっても1歳2ヶ月からずっとこっちのデイケアなのだから、英語のほうも適当に先生たちとしゃべってくれるだろうと思っていたのだけど、日本語のほうが流暢になりすぎて、そっちが先に出てきてしまうらしい。

明らかに言葉によるコミュニケーションの楽しさをわかっているから、先生たちにも話しかけずにいられないんだろうなあ…

というわけで、敢えて私たちは日本語しか使ってこなかったけど、少しくらいは今度は英語のほうも使ったほうがいいか思案中。

どっちにしても英語はできるようになるだろうけど、私としては将来的な小虎の言葉の能力は、一般的な他の子に比べて日本語50パーセント、英語50パーセント、ではなく、日本語100パーセント、英語100パーセント、でもなく、日本語120パーセント(漢字も含めて)、英語100パーセント(ここに関しては私は助けられないけど)くらいを目標に考えているので、どちらにも苦手感を持つことがないよう、できることは少しでもやり続けていくつもり。

日本語の不自由な日本人には絶対したくないし、言葉が両方きできるというだけで、最悪でも生きていくのに困らない程度の力をつけてあげることができるし、さらに他の能力をあとから自分で身につければ、それプラス語学の能力って、やっぱりすごいアドバンテージになると思うから。

いうなれば、ドラクエ3で(古っ)、剣士と魔法使いが転職して賢者になってるくらい、語学の堪能な何か別のことの専門家って使える存在だと思うんだよね〜

まあ未来の小虎次第だけど…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年07月13日

今日で2歳7か月!

日本に帰った影響もあると思うけど、ほんともう1,2か月前とは明らかに違う小虎。

言葉も、たとえばオイルヒーターを前に
“あついかな〜さわってみようかな〜”
と言って、おそるおそる触ってみて、実はついていないので冷たかったら一人で
“ぜんぜんあつくないじゃない!”
とつっこんでいた(爆笑)

この、“〜じゃない!”はおばあちゃん(私のままりん)からすっかりうつってしまった言葉。
“小虎くん、うんち出てないじゃない”
みたいに言われているうちに…( ̄▽ ̄;)

それから、私が痛がったり、悲しがったりすると、ものすごく慰めてくれるように。
ぎゅーと抱っこしに来て、両方のほっぺにちゅっちゅっとして、両ほほを手にはさんで
“だいじょうぶだよ”
とかいうのだ。

日本でのある日、弟君が遊びに来たとき、みんなで集合写真を撮るのを忘れて私が“ああーっみんなで写真取ればよかったぁぁっざんねん〜っっ”と何回もぼやいていたのを聞いていた小虎。
翌々日、日本を出発する日に、空港に見送りに来てくれたぱぱりんままりんとの別れに私が泣いていたら、

“まま、しゃしんとりたかったの?かなしいの?だいじょうぶだよ?”
といってまたぎゅーっと抱きついてきてほっぺにちゅっ。
母号泣です。

前は漠然と理解していたことを、もう論理立てて理解してる。
例えば、小虎を夜寝かしつける時に、
“いい子でねんねしててね、ままも着替えてーはみがきしてー頭うぃーん(ドライヤー)してきたらいっしょにねるから”
というと、私の髪の毛をさわって
“うん、ままあたまぬれてるね。頭うぃーんしてきていいよ”
とさわって確認してきたΣ( ̄ロ ̄|||)

電子レンジでタッパを温めて、内側にたくさん水滴がついているのを指さして
“あめふっちゃったの?ままおさらあらっちゃったの?”
(水がついているということは、雨が降ったか、私がお皿を洗ったかのどちらかだと理解している)

ほんと、なんて素晴らしい子供の脳の発達。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年05月28日

落雷!

ずっとあたたかかったのが、この週末から冷え込みはじめ、ついに室内が11,12℃ほどになってきたので小虎の寝る部屋はオイルヒーターをつけはじめた。(先週までは室内で15、6℃あった)

しかし今日はとんでもない天気で、朝6時ごろ、ちょっと聞いたことのないくらいの雨音で、あまりのすごさに私も小虎も半分目が覚めた。
そのままうとうとしていたら、多分7時台になってたと思うけど(遮光カーテンで真っ暗なんで)、ものすごい雷の音が!
絶対近くにおちた感じで、しかもものすごい長さで多分10秒以上は鳴り響いていたと思う。
こんな雷ははじめてだー

小虎もびっくりしてるので、
“カミナリだよ、怖いね〜一緒にお布団に隠れてようね〜”
といって、羽毛布団の中でぬくぬく抱っこしていた。小虎はいまだに掛け布団を嫌がって特に足にかかるとばたばた暴れて嫌がるので、クイーンサイズのベッドで一緒に寝てても一緒のかけ布団で寝ることはできない。でも今日はよっぽど音が怖かったのか、布団の中でしがみついてきててめずらしく布団での幸せ抱っこでした♪

そしてその雷のようやく消える音にかぶさるように、今度はヒョウが降ってきてバラバラとポーチのトタン屋根にものすごい音!!
最初雨かと思って外をのぞいたら、真っ白になっていた。

そうしてるうちに、小虎は抱っこのままうとうとして二度寝しちゃって超かわいい。でも、かわいそうだけどちょっと後に起こしました。
長く寝ちゃったら今度はお昼寝できなくて午後疲れきってぐったりしちゃうからやっぱり規則正しいほうが小虎にとって楽だから。

そしてひょうが降っただけあって、翌日の朝は普通一冬に2,3回しかない車のフロントが凍る朝となり、一気に真冬がやってきたかのようでした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年05月16日

子供の不幸が耐えられない

だんなサマとよくいってるのだが、子供が産まれてほんっとに涙もろくなった。
Yahoo!ニュースで小さい子供がなくなったニュースでも見ようものならもう子供にも感情移入、親にも感情移入で大変である。別に一般的に子供好きになったとうわけでもないのだけど、小虎に同じことがおこったら…と思うと、その親の気持ちをどうしても考えちゃって耐えられない気持ちになる。

これはほんと、産む前と産んだ後の、一番大きい違いの一つ。
前は、口先で“かわいそうー”と言ってたと思うけど、その同じニュースで、今は一人で号泣できちゃったりするわけで…


で、私は会社でバウチャーを発行する担当で、いろんな団体からファンドレイジングのためのバウチャーやマーチャンダイズ品の寄付のお願いが来るのだが、同時に、難病の子のためのファンドレイジングのためのリクエストなんかもくる。

今日来たレターを読んでいたら、Cystic Fibrosisという難病のHarryくんという3歳の子のために、家族が開くファンドレイジングのオークションのためのアイテムの寄付を求めるリクエスト。辞書でみると嚢胞性線維症と書いてるけど、知らないのでウィキってみると

「嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic Fibrosis)は、遺伝性疾患の一種で、常染色体劣性遺伝を示す。白人に高頻度で見られ、欧米白人では2500人に一人発病し、患者数は30,000人、最も頻度の高いユダヤ人のアシュケナジーでは25人に1人は保因者である。原因は塩素イオンチャネル(CFTR)の遺伝子異常で、水分の流れに異常をきたし粘液の粘度が高くなる。鼻汁の粘性が強くなると副鼻腔に痛みを感じ、痰の粘性が強くなると、気道を閉塞し肺炎を繰り返すようになり、ついには気管支拡張症をきたす。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症も併発しやすい。胆汁の粘性が強くなると、胆石をおこしたり、膵炎をおこしたり、肝機能障害からついには肝硬変をきたす。ただし軽い場合は成人後発病することもある。医療の発達により寿命はのびてきたとはいっても30代である。」


もうこの寿命は…のところで(オフィスなんで心で)号泣。
しかも、この子の両親の書くブログも貼り付けられてて、普通に元気そうなかわいい金髪の子なのに、30歳代くらいまでしか生きられないなんて…

他のは後回しにして速攻寄付のバウチャー作成。マネージャーから指示が出てたのはうちの180ドル相当の賞品のバウチャーなんだけど、ほんとは勝手にもっと高いのに代えてあげたいくらいだーー


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年05月13日

小虎2歳5カ月

この間、なんか意味のわかんない曲を歌ってるなーと思ってよく聞いていたら、NZ国歌だった。デイケアでならってきたらしい。小虎はほんと音程がほとんど完璧なので、たとえ歌詞がうろ覚えでも、英語の歌でも日本語の歌でも、聞いていればほぼ100%なにを歌ってるかわかる。

他にも突然英単語は言うけど、会話は完璧に日本語。ほんと毎日よくしゃべる。
今日は、私が先にお風呂に入ってるところに、だんなサマが小虎を脱がせてあとから連れてこようとしたら
“はやくしないとままがお水からでちゃう!”
といったそうな(笑)
あと私が怒ってる最中にだんなサマが帰ってきたら、玄関まで走って行って
“まま、おこっちゃったよ!”
とか。

すごいよね〜学校で日本語習ってるKiwiなんか、10年たっても出てこないであろうこの日本語のこなれた使い回し。
英単語は、覚えてきたのをぽろっということがあるけど(バイシクルだのキャタピラーだのいってる)努力の甲斐あって圧倒的に日本語だなー

それから、ここ1ヶ月くらい、ちゅーがものすごいうまくなった!
前はちゅーといってもほんと口のあたりをくっつけてくるだけだったのが、ちゃんと口をすぼめてひらいて、“ちゅっ”という音を上手にたてて、ほっぺからはなす、ということができる。これはほんとかわいい。

とはいっても、ここ2週間くらい、どんどん自己主張が強くなり、こっちがいったことに、とりあえず“やだ!”という。
ご飯食べる?もお風呂入る?も抱っこしよっか、もちゅーしよっか、もとりあえずまず“やだ!”といってこっちの顔色を見ている感じ。
そしてすごく悲しそうな顔をしてみると
“ごはんたべてあげる!”
“ままだっこしてあげる!”

と超上から目線でしていただけるのだった(^。^;)

やだ、といってからしてくれるまで、ある程度の時間がかかるから1か月くらい前までに比べると大変にはなったなあ。
でも、明らかに、わかって、あえて反抗してるのが反抗期と言われる所以なんだろね。

悪いことは怒るけど、その瞬間は泣き顔で“ごめんなさい”×100いいまるくるのに、
私 “もうしないね?”
小虎 “もうしないね”(オウム返し(^。^;))
私 “わかったね?”
小虎 “わかったね!”
私 “はい、じゃ抱っこ”

といってぎゅーとしてから離れたら、ほんの一瞬の間もなくいつもどおりのモードになり、
“まま、こっちであそぼ!”
と切り替えに0.1秒もかからない。
これって普通なのかな…( ̄▽ ̄;)あまりに怒ってるのがきいてなさそうで不安になるのだけども。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月24日

幸せな瞬間

真っ暗な夜中、小虎が目覚めて抱っこしたい〜(←抱っこしての間違い))、としがみついてくる時、小虎は私の首に手をまわして私の頭を抱きしめたがるので、私の顔は小虎の胸のあたりで、ほんとに私が抱っこされているような気分。

それがどんな感じかというと、付き合い始めの一番ラブラブな時にカレに抱っこされているより、多分もっともっと幸せな気分。

絶対離れられない、世界一の両思いの相手、それもこんなすべすべてふわふわでいい匂いの塊にしがみつかれているわけだから…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月22日

デイケアのウェブサイト

最近の通信手段の発達はほんとすごいけど、デイケア(保育園)のオコサマ通信も今やネット。

月にだいたい2,3回くらい、どんなことをして遊んでいるかとか、こんなことができるようになったとか、写真付きで担当の先生がリポートを書いてくれる。
それぞれの親だけが見られる子供の生活ブログって感じ。

そこにこの間書いてくれた小虎への先生のメッセージ。

You are so cute and your vocabulary is growing. You are able to look at the pictures and express your understanding. What a clever boy. You are displaying concentration and listening skills. You are becoming so confident and independent in many ways. You love to choose activities of your choice and not dependent on any one. You have also built a good rapport with your teachers. Well done!

「あなたはホントにかわいい子で、語彙も増えてきました。絵を見て、わかっていることを説明することもできます。おりこうさんだね。集中力があり、よく聞くこともできます。
自信を持って行動でき、いろいろな場面で自立しています。
自分のしたいアクティビティを自分で選びたがり、誰かに頼ったりしません。
同様に先生の言うことに、上手に共感することができます。
よくできました!」


おりこうさん〜っっ(親バカですよ、もちろん)
I’m proud of you, han!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月16日

小虎不調

昨日はちょっと鼻たらしてるなーと思っていたら本日発熱。
ああーはじまったの〜(;>_<)

夕方まで元気いっぱいだったのに、8時過ぎ(本来なら大好きなDVDタイム)にまま抱っこ〜っっとぐずり始めたのでそうかな〜っと。
いったん寝たけど、熱もあるし、しょっちゅう起きて苦しそうなのでパナドール投入!
しかし結局その後も1時間に1度はおきてぐずぐずいうので母は寝不足…これで結局あっという間にうつされるんだよね…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月14日

マウントウェリントンに登った

昨日で小虎、2歳と4カ月。体重はちょうどぴったり14キロでした!13キロ時代長かったけど、ついにジャスト14キロになった。

先週の冷え込みから回復して、また週末からちょっとあったかくなったので、マウントウェリントンの上まで小虎と登ってみた。
途中の駐車場まで車で行けるので、頂上まではちょっと足場の悪い丘ってくらいで、見た目ほどの距離ではないのだけど、急な階段状のところだけ手をつないで手伝った以外は、小虎全部自分で歩きとおした。しかもかなり余裕で。
降りてきてからさらに下の原っぱと、反対側の登り口のほうまで登ったり降りたりしていた。まだ石があったり、段差の大きいところ、滑りやすいところはよろっとするけど、ほんと足腰丈夫になったよね〜
20130407 mtwellington01.JPG

20130407 mtwellington02.JPG
ほんと楽しそうに歩きまわるので、連れて行きがいがあるなあ…かわいい

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月10日

最近ますますおしゃべりが上手に

今までも
“おっきいトーマスみたね〜”
“とりさんパンあげたね〜 たのしかったね〜 うん、たのしかった〜”

みたいなしゃべり方はしてたけど、最近それじゃ飽き足らず、
“なにしてあそんだの〜?”と聞くと
伝えたいことがあるのに、なんといっていいかわからない!という感じで途中で言い淀んだり、途中で止まっていらいらと手を動かして、いかにも伝えられないフラストレーションを表現したりする。

イメージしている何かを、ほんとどう言葉にしていいかわからないんだろうなあ。

小虎が産まれた瞬間から、返事もないのに片ときと言っていいほど、絶対さぼらずしゃべりかけつづけてきたけど、こんなに返事してくれるとようやく報われた気がする…(感涙)。

今日も朝突然
“ままどこいくの?”
と聞いてきたり(どこでその使い方おぼえたー)、
“ままとーぱぱとーだいすき”(号泣、しかも助動詞あってるーー!)
とか言いだしたり、ほんとなんてすごいんだろう。

あとよく使うけど、間違って覚えて使ってるのが(でも面白いから訂正しない)、例えば

“とまって!”
ビデオとかYou Tubeとかで、再生したはいいけど自分の好みの動画出なかった場合、私やだんなサマの手をひっぱってきて、画面をびしっと指さして“とまって!”。
とめてじゃないのがなんかかわいい。
“ひっかっちゃった!”
正しくは、ひっかかっちゃったなんだけど、難しくて一つ“か”がたりない。
しかも使うシチュエーションも、もともとは毛布やだいじだいじがどっかにひっかかって、引っ張っても取れない時に言ってたのが、そこから“ひっぱっても取れない”の意味になっていて、自分でふんづけてる毛布がいくら引っ張っても取れないときとかにも、じたばたしながら“ひっかっちゃった、ひっかっちゃった!!”。

でもいまだにいちばんかわいいのは
“たこたー!”(パトカー)
かな〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年04月04日

最近の小虎

体重計ったら13.8キロ。14キロ目前だー

小虎はデイケアでは本当に先生たちに大人気で、毎日6人いる2-4歳児のクラスの先生たちに、いれかわりたちかわり褒められる。
ほんとにいつもにこにこご機嫌で、いっぱい食べて、いっぱい遊んで、ころっと寝て、いい子すぎるわーとか。

愛想がほんといいから、他の子たちが親が来て普通に帰っていっても、小虎はわざわざ遠くにいる先生たちの目の前まで走っていってにこにこでバイバイして、通りがかりには前の赤ちゃんクラスの先生たちにも走っていってさよならしてくる徹底ぶり。

お昼寝に関してはほんと先週書いたように完全マスターしたようで、今週も用事が会った時たまたまお昼寝開始の12時ちょうどにデイケアにつれていったら、すでに用意されてるベッドに何も言わず勝手にころんと横たわり、だいじだいじ(寝る時の必須アイテム)を抱きしめてうつぶせできゅっとおしりをあげる赤ちゃん寝んねポーズになってそのまま目をつぶって寝た…さよならも言わず(^。^;)
いい子すぎるーーぴかぴか(新しい)

ほんと小虎の場合、0歳児台がもうこっちが泣きたくなるほど大変だったから(寝ない、泣き叫ぶ、下に置かせてくれない、抱っこしても歩きまわらなければ泣きやまない)、もうそれ以降は右肩上がりにいい子になる一方で、今のところ、グラフにしてみるとこんなイメージで、魔の二歳児っていったい何?って感じ。
20130403 graph.jpg

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月27日

だんなサマようやく帰宅 パパはかわいそう〜

だんなサマが夜中に1週間のツアーから帰ってきて、朝おきた小虎に会いにいったら泣くわ泣くわ(^。^;)
これはもちろんだんなサマが嫌いだからでなく、だんなサマがいる=ママがいなくなる、を理解してるから。私もいて、だんなサマがプラスになるならもちろん喜ぶけど、同時に私がマイナスになっちゃうから泣くんだよね〜

共働きだから当然とはいえ、だんなサマは日本のオトウサマがたの平均からしたら、相当小虎の面倒見てるのに時々かわいそうになっちゃう(;>_<)

私が小虎からこんな仕打ちを受けたら泣きたくなっちゃう…もうやだ〜(悲しい顔)
こんなに大好き〜っと毎日体中で表現してくれるから、大変でもやっていけるのに。妊娠出産のご褒美か、お母さんの特権とはいえ、半々で面倒みてたら報われなくてパパはかわいそうだね(^。^;)もっと大きくなって話がわかるようになったら、ぱぱと遊びにでかけたがるのかもしれないけど。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月24日

金曜日から発熱&お昼寝マスター

今週小虎がけっこう鼻たらして、元気ながらも微熱を出したりしていたので、正直やばいなーとは思っていた。自分がね。
もちろん夜中首に抱きつかれたまま、顔面にちゅーとか,ごっほんごっほんやられてるわけなんで…

そして案の定木曜日あたりから私も鼻水がとまらず、なんか寒気がする〜と思っていたら金曜の朝には発熱…
ただ金曜日はデイケアがあるのでとりあえず朝に小虎をデイケアに連れて行ってからは病欠取って家で寝ていたのだが、夕方には薬なしには39℃に…ひ〜だんなサマは来週水曜まで帰ってこないし、土日はデイケアないんで小虎にフルアテンドなんですけど…( ̄▽ ̄;)

とにかく今日を乗りきろうと、デイケア友達の近所の日本人のママ友に緊急ヘルプでお願いして、夕方デイケアのお迎えの後、2,3時間だけ小虎を預かってもらうようお願いした。
その間に小虎の夕ご飯とお風呂だけ済ませてくれたのであとは寝かせるだけにしてくれたのでほんと助かったーー
39度で元気な小虎追っかけまわすって辛すぎる…

しかし、今度は土日をなんとか乗り切らねばならない…しかし、ごく最近から、小虎がいい子でお昼寝するようになっていたおかげですごく助かった!
ほんのちょっと前までは、よほど疲れさせて、ようやく昼寝させられていたのが、1週間くらい前からデイケアでも“12時になると、何もしなくても、一人で横になっていい子で寝るよ!”と言われはじめていたのだ。
そしたら、ほんと午前中どこに連れ出しているわけでもなく、DVDやらおもちゃやらでごまかしていただけなのに、12時にベッドにおいたらそのまま起き上がることもなく、いい子ですんなり寝た!
2歳3カ月と2週間、産まれてからずっと、泣いたり暴れたり嫌がったりして下手だった“自分で寝付く”という技を、ついにマスターしたみたい!!ぴかぴか(新しい)
ほんと横にしてから、一度も立ち上がることなく昼寝した…信じられない…

ほんとにここ1週間くらいは、デイケアでのお昼寝チャートを見ても、毎回12時-2時になってるんで、ほんとかいな〜適当に書いてんちゃうか〜と思ってたけど、ほんとに12時-2時で寝たよ…驚愕。

とにかくずっと解熱剤を飲みながらではあったけど(土曜日は飲んでも平熱まで下がらず)、小虎がものすごくいい子になってて、上手に家のおもちゃで遊んでくれたり、いろんなDVDを見たりできるようになっていたおかげでなんとか乗り切れた。
これが、ほんの数カ月前だったらもっとずっと辛かったと思う。

最近は意味不明なことで泣くこともないし、寝る前も泣かないし、ダメ、といったらちゃんとやめることができるし(うちも叱り方はカウント方式だけど)、ほんといつもご機嫌にこにこ度100%ないい子なんで、母は助かりました…
しかも、金曜日の夕方預かってもらったママ友いわく、最後帰る時 “小虎おうち帰るよ〜”といって連れ出そうとしたら、“ありがとう!!”と言って友達のおうちを出てきたそうですごいほめられてたよ(^。^;)。

だんなサマ不在時の風邪だったけど、小虎に助けられた。
いや、もとはと言えば小虎にうつされてるんだけどね…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月22日

ひなま、って?

きたーー寒いーーっ
夕方火が沈んだ直後から冷え始めて、朝方は窓にうっすら結露するほど冷えた。
きたよーほんとに秋が来ちゃったよ〜

あまりに今年の夏がパーフェクトだったんで、まあそれなら仕方ないな〜という気にもなってるんだけど。

********************

ところでここ数日、急に小虎のかわいさがさらに倍増したような…
(親ばか的に)すでに相当かわいい顔だったのだけど、それがさらに(親ばか的に)かわいくなっている…( ̄▽ ̄;)

そしてまた突然どこかがかしこくなったのか、しぐさが前と違う。
渡そうとするものをわざとちょっと距離をのこして届かないフリをしたり、おどけて笑いをとろうとしたり、あきからに今までにはなかったしぐさ。
ほんとすごいな〜昨日までできなかったことができていく、人間の成長の過程を目の当たりにしてるかんじ…

賢いといえば、小虎は1週間前くらいからやたらと“ひなま欲しい!”“ひなま見たい!”といっていた。小虎が意味不明のことを言うことはほとんどないので(正確に言うと、どうしても一つだけ解読できない、しかもよく言う言葉が“いよなって”…なんだろなーこれ)、“ひなま”って…?と気になってしまい、夜しか眠れんわ状態。

そして、数日前、寝る前に“なんのお歌聞きたい…?”と聞いたら、
“ひなま、ききたい!”
と…

それでついに閃いた。ひなまつりだ!!
そういえば、プレイグループでたまたまひなまつりの歌を歌ってからだねー!
“ひなま”の“ひ”にアクセントがあるんで余計わからんかった…

それから寝る前は毎晩、4番まであるひな祭りの歌を3,4回は歌わされています( ̄▽ ̄;)この地味な日本的なメロディーが気に入ったとは、なかなか詫び寂びのわかる男よの〜

そして、何が賢いかというと、結局プレイグループでも、うちでも、その歌をうたっただけで、ひな人形を見たことがあるわけでもなく、映像でみせたこともないのに、その後たまたま友達からもらったお雛様とお内裏様が並ぶ塗り絵を指さして
“ひなま!”
…と!がく〜(落胆した顔)

なぜわかる、小虎!?
ほんとに、なぜひなまつりの歌しか知らない小虎に、ひな人形との関連がわかったのか全然わからない。日本のようにスーパーに飾りつけがあるとかあるでもないし、テレビで見るとかもありえないし、とにかく歌以外はひな祭り情報は一切入ってないはずなのに…

天才っていうより霊能力?!くらいのいきおいなんだけど( ̄▽ ̄;)。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月13日

2歳3か月

夜は26℃くらいあって蒸し暑いのに、ついに朝方が冷えはじめた。昼は同じくらい灼熱で車では冷房なのに、朝は暖房ででかけたいくらい。

今日で2歳3か月の小虎。
またおしゃべりレベルがあがった気がする!

今朝は
“ままといっしょにねたねー”
“ままといっしょにねてたのしかったねー”

だって。
おしゃべり上手になったよね〜

歌もものすごい勢いでピックアップする。おかあさんといっしょの歌も、特に私が集中して教えたでもないやつも、
“このゆびとまれ〜このゆびとーまれ〜とまったらともだち〜ともだち、とまれ〜”
とか完璧。まったく音痴ではなく、ほぼ完璧な音程。

最近英語の歌もデイケアからよく覚えてくるけど、それは私のしらないやつだと、何言ってるかわからない〜
一緒にうたってあげられなくてごめんよ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月10日

かじられた!!!

日曜日、いつもの通り近所のモールの子供広場へ。

小虎は遊具が大好きなので、登ったり降りたりしてすごく遊んでくれる。
最近は、前のように、ぴったりくっついていなくても平気なので、下のベンチにすわっていたりもできて、ほんと楽になってきた。

そうはいってもまだ何があるかわからないから、下に座っていても、基本的に小虎を視界の中からはずすことはない。

ただ、そこの遊具は、てっぺんがチューブ状になっていて、そこからまたチューブ状の滑り台がつながってきているので、上にのぼったところは中が見えないので、出てくるまで滑り台の出口を見ている。

その時、小虎が上にあがったまま、なかなか下りてこないなーと思っていたら…
なんだかすごい泣き声がして、出口ではなく入口のほうから小虎がはいずりでてきた!!?
走っていったら、なんとほっぺたにものすごい噛み跡が!もうくっきりはっきりすごい歯型に腫れてて、すこし出血もしてる。
ひどい!!がく〜(落胆した顔)

そして“おともだち、がぶっ、おともだち、がぶっ!”とわんわん泣きながらもちゃんと状況を説明する小虎。
いや、もう見ればわかるけど!

こんなに泣きながら、でもどうしようもなくて自分でちゃんと後ろ向きに入口のほうに降りてきたんだね…かわいそうに…
誰がやったか、滑り台の上で何があったか、チューブの中は見えなくてまったくわからないけど、4-5歳くらいの女の子が後ろからついてきて、
“William did it!”(ウィリアムがやったよ!)
と…

そして、小虎を抱っこしに、私がちょっと上がったところまで登っているうちに、その女の子と、別の男の子2人を連れた両親が、下からあっという間に逃げ去っていった…

今考えるとすごいむかつくんだけど、その時は台の上で、号泣してる小虎抱っこしてるし、怪我したほっぺをどうしたらいいからわかんないしで呆然としてしまい、とてもじゃないけど追いかけられなかった。
まあ追いかけたとしても、誰も現場を見てないし(4,5歳の姉と思われる女の子の自己申告だけ)とっつかまえて、同じくらいの年の男の子に謝らせてもどうしようもないかもしれないんだけど、でも逃げてった両親がむかつく!!!

とりあえず、すぐ横のスーパーに行って、水のボトルで傷を冷やす。出血は少しで、歯型に腫れているのが痛々しい…

やっぱり相当ショックだったのか、それから1週間以上、しょっちゅう自分のほっぺを指さしては、“おともだち、がぶっ”を繰り返していた。
もうそんなやつはお友達でもなんでもないけどね!(怒)ちっ(怒った顔)

痕にならないですぐなおるといいけど…
やっぱりまだ、一時も目が離せない!!(離したわけじゃないんだけど…)と思った出来事でした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年03月09日

トイレ成功!

相変わらずやってるのかやってないのかあいまいなままのトイレトレーニング。

しかしとにかくあったかい夏に頑張るしかないので、土日のお昼寝後は、下半身丸出しで遊ばせている。

トイレの絵本とかもしょっちゅう読んであげてるので、どう考えてもおトイレのコンセプトは理解しているとしか思えないので、今日はつきっきりというでもなく、ただ普通に半裸で放置していた。

そしたら3時間ほど経過して、限界が来たらしい時、一人でおまるに座って、普通に出して、しかもその時は夕ご飯の準備してたからみてなかったのだけど、自分でおまるもってきて
“出た!”
と…(感涙)グッド(上向き矢印)

しかも、おまるの横に、たらたらっとこぼしちゃったらしいおしっこのとこに連れて行って、指さしながら
“こぼしちゃった…”
と。

天才!


というわけで、今まではちょっと無理やり座らせたりして何回かはできていたけど、自分から座って、出すということがはじめてできました。

翌日とかも続けていて思ったけど、おむつしてたら教えてくれるわけでもなく、別にそのまま問題なくだしちゃうだけなんだよね…
ただ、おむつしてなかったら出しちゃいけないということはわかるらしく、出さずに我慢しつづけ、だいたい限界の来る下半身裸で3時間経過するころに、ようやくできる感じ。

つまり裸でなければやらないし、トレーニングパンツはかせておいて、それを定期的に脱がして出させようとしてもそれはできない。(限界まで我慢したあげくやっとできるから、満タンじゃないのに出せない)

ただ、裸にしておいてあっちこっちでやっちゃうということはないみたいなので、下半身裸でソファとかじゅうたんに乗っていても、別に心配してみてなくて平気のようだ。

まあ先は長そうだけど、第一段階だけ成功だね〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年02月26日

小虎受難

土曜日に4か所くらい蚊にさされた小虎。
すぐ気付いて薬をつけたんだけど、子供って、大人で言ったらあぶとかぶよくらい腫れるよね〜

そして翌日の日曜日にあんよ、いたい、といっていたんだけどなんだかわからないまま、夕方になってから足がぱんぱんに腫れているのを発見。
多分痛いと言っていた時に、何かに刺されたらしい。
ジャパンデーの会場で全然草むらとかじゃなかったんだけど…

とかにく刺されたのはつま先らしいのに、足首から下がぱんぱんに地腫れしてさわるだけでも痛がる。

たまたまだんなサマが日本の皮膚科のお医者さんの友達にもらった赤ちゃんでも使えるいい塗り薬があったんだけどそれを塗って靴下をバンデージ代りにはかせる。
他の蚊のところもまだかゆいのにかわいそうに…

月曜日様子を見たけど足首が曲げられず、痛いのかびっこをひくのでお医者さんに。
そしたら、腫れだけではインフェクションなのか、なんかの虫の毒なのか判断つかないということで3つも飲み薬を出されて、全部毎日飲むようにって…(;>_<)

嫌がるから薬飲ますの大変なんだよ〜っ

さわると痛がるけど、昨日までの、薬塗るために靴下脱がすのも痛がるほどではなくなってきたけどまだけっこう腫れてる。

今週末、小虎の為のおでかけの予定してるので、それまでによくなるといいね!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎