2014年06月15日

散歩が幸せ

もう風邪が一応なおってから3週間にもなろうかというのに、やっぱり運動とかできるほどの元気はなかったので、病みあがったあと週末小虎連れてでかけても、できるだけ遊具が充実してるようなとこで、親は座ってみてられるようなところ中心にしていた。

今日風邪引く前からするとほんと1ヶ月ぶりくらいで自分も一緒に歩かなきゃならない散歩にいけた。
うちから車で5分の、ほぼ犬の散歩用として使われてる巨大公園。
20140614 walking01.JPG

20140614 walking02.JPG
とってもいい天気でした。

いや〜ほんと久しぶりに普通に歩きまわったりする余裕があるって幸せ…
ほんとひどい5月だったけど、だんなサマの怪我もなおり、私の風邪もなおり、そしてクルマもなおって使いにくい代車が解放され、普通が一番幸せと実感するような一日でした(^。^;)

そして夕方、今日は小虎の友達を預かった〜

いっつもうちがなんかあると、小虎を預かってもらってた私の友達のうちで、いつも一緒に遊ばせているから特に問題はないかな〜とおもっていた。

同い年の男の子なんで、夕方から寝るまでは、ほんと二人で走り回ったり、一緒に湯船で遊ばせたりでまったく問題なかったのだけど、9時に本を読んで、暗くしたら、ついにすすり泣きしはじめちゃった(^。^;)
なかなかままとぱぱが帰ってこなくて、心配になっちゃったのね。

しかしそれも小虎のように泣き叫ぶのではなく静かにすすり泣くって感じで…
9時半にはお迎えがきたから、ほんと泣いてたのは20分かそこらなんだけど。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年06月08日

日本語教育の難しさ、という話。

小学生の子供のいるお母さんたちに、日本語をキャッチアップしていくのがどんなに難しいかという話をきいたよ〜
予想はしてたけど、みんなほんと難しいって。話すのさえ、どんどんあやしくなっていくそうで。
学校から帰ってくると、なんかしゃべりが英語の息遣いになってて、日本語に切り替えるのも時間かかるんだって。

今のところ、デイケアでずっと英語使ってる小虎にその兆候が一切ないから、このまま続けてればなんとかなるんじゃないかと思ってたけど(日本語も英語も一瞬に切り替えて、混ぜて使うことはない)、学校入るとやっぱ難しさが増すのかな〜

漢字とかは、ほんと必死に頑張らないととは思うけどね。

でも今は、ほんと完璧に切り替えてて、私たちが“日本語ではりんご、英語ではApple”みたいに最初から両方教えてきたから、物には二つの名前があるという風に理解しているようで、いきなり

“Jack and the beast(ここだけ完璧な英語発音)は、ジャックと豆の木だよ〜”

とか、ひとりごと言ったりしてる。
しかも、

“ゴーバスターズはね〜英語では‘Go busters(ここだけ美しい英語発音!)’だよ〜”とかも言ってるし(^。^;)。いやいや、それ英語っぽくいってもKiwiには理解されないから( ̄▽ ̄;)

ガイジンには通じない完全な和製英語(ナイターとかモーニングコールとか)もそのうち美しく発音してくれそう。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年06月04日

ゴーバスターズです。

病気やなんやらで気づかぬうちに小虎の3.5歳がすぎていた〜
もうまもなく3歳と7ヶ月だ。自分の記憶からすると、もうそろそろ記憶が残りはじめるころだから言動にますます気をつけねば(^。^;)
親って大変〜

小虎はほんとアクティビティとかみてても積極的で、笑顔が誰にでも大安売りで、親としては“ほら、いっておいで!”とか言う必要がまったくなく、その点は安心してみてられる。デイケアの先生にもいつも言われるのが、何か前でやったりするのに一切躊躇がない、ものすごくモノに興味がある、ということ。
このまま強く生きていってほしいわ〜

そんな虎の最近のはやりは、いまさらですがゴーバスターズ(^。^;)

親にも楽しめた仮面ライダーウィザードとキョウリュウジャーでよかった去年だけど、現在放送中のガイムとトッキュウジャーが親的には見るに耐えないクオリティなので(ちょっとみてやめた)、全然見せてない私たち(^。^;)だってどうせ一緒にみなきゃならないからさ〜できれば一緒に楽しめるやつがいい〜

しかも、テレビ放送がない私たちにとっては、ネットにアップされたのを探して見せるだけで、他の友達と一緒に遊ぶとかでもないので、なにもイマイチなのをわざわざ探してみなくても十分なのだった。

で、一個戻ってゴーバスターズを見始めたのだけど、放送終わりで、おもちゃが激安だったときに武器やら変身のグッズを買っておいたので、いま小虎にとってはゴーバスターズ放送中相当に盛り上がっております。
時差があるとこういうことができて助かる。

そしてゴーバスターズは、設定がなんかエヴァンゲリオンぽくて、親もそれなりに楽しめているのだった。

すいません、今日どーでもいいような話で m(。_。;))m

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小虎

2014年05月05日

小虎の言葉

今日は小虎3歳5ヶ月での端午の節句。
鯉のぼりは飾ったけど特にすることってないよね…日本だったら柏餅食べるくらい?

さて、最近の小虎の言葉について。
相変わらずすでに日本語はマシンガンのよう。あんぱんまんのひらがなのDVDとかが大好きで何十回とみるのと、毎日トイレに行くたびにあいうえお表を一緒に読んだりするので、あいうえおも一通り覚えている。
あとじぶんの名前と、“へ”とか“く”とか簡単なものはちゃんと読める。
あと、あいかわらず英語と日本語ははっきり区別していて、“あー霧がでたねー”というと、“きりはFogだよねー”といったりするので、完全にモノには2種類の呼び方があると理解している。

基本的には日本語をひたすら浴びせつづけてきたけど、デイケアでみんなが知ってる言葉を知らないのもきまり悪かろうと思い、最初は簡単な単語だけは並列に言っていたんだけど(“お庭いこうか〜お庭Gardenqだよ〜”とか、“お花flowerかわいいね〜”という具合に)すでに教えていない言葉も、
“小虎、そこの紙とって!”
“紙はPaperだよ〜”

とちゃんとデイケアで覚えてきた言葉を日本語と結びつけて、そして翻訳しながら考えているようなので、もうちょっとしたらうちの中では完全に日本語だけにする体制に入ろうと思っている。

こっちだと日本人の友達の子供で日本語のしゃべれない子はけっこういる(Kiwiだんなさんのうちにも、日本人同士の夫婦の子供にも)。会社の他の国の人でも、親はマレーシア人なのに、親は中国人なのに、英語しかしゃべれないという人はけっこういる。

私には小虎と日本語でしゃべれないなんてたえられないし、その家庭それぞれとはいえ、日本国内で英語を教えるのに比べればちょっとの親の努力で日本語もぺらぺらにできるのに、ほんともったいな〜と思う。学校に入って、作文だの漢字だのとなると、また大変な戦いとなるのだろうけど、就学前の、こういうおしゃべりすら日本語でできない子がいるからね…

ちゃんと二ヶ国語しゃべれるというだけで、将来ものすごい財産になると思うから、小虎の日本語は、限りなく日本にいるのとかわらないくらいに教えていくつもり。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年05月02日

世界のすべてがますます親目線に…

小虎が産まれた時も思ったけど、最近、前にもまして世界のすべてが親目線に切り替わっている。

なんかのスポーツ選手が活躍した、と聞けば、前は本人のことだけで、親のことなんか考えもしなかったのが(というか、オリンピックとかでも、なんで親がインタビューに顔出すのか不思議に思っていた)、いまや本人より、“この人の親はどんなにうれしかろう…(ほろり)”というのが先に来る。

なるほど、この世の人口トータルで考えたら、親である人のほうが圧倒的に多いわけだから(子供のいない人を除いたら、一応全人口のうち子供〜20代30代までを除くと、残りのほとんど全員が親目線でモノを見ているということになる)、どうりでテレビとかも、親目線で作られているわけだといまさら納得。

言葉でいうのは簡単だけど、ほんとうにこの視線の切り替わりはすごくて、会社の誰かの子供が結婚式だったときけば、そりゃもう親は感無量だろう…いつかの小虎の結婚式のことを思えば…とか、例えると、まったく同じビルなのに、今まで下からしか見上げたことなかったのが、今は屋上から見下ろしていて、はじめてその周りになにがあるかも一目瞭然になったような感じ。

人間1人とっても、他の人にはもちろん小虎の今の顔しか見えないわけだけど、私とだんなサマ(とあと家族)だけには、いつもあの産まれた瞬間から1日1日毎日積み重ねてきた結果の今の顔が見えてるわけで、あの子もこの子も、あの人も、あまり好きじゃなかった人でさえ、誰もが自分が小虎にしているように、誰かの、時間と愛を積み重ねられて今こうして生きている存在かと思うともーそりゃ誰も彼もが素晴らしくみえちゃうっていうか。

言葉にすると、なんか当たり前になっちゃうけど、そこにいたるまでの思考回路が、自分の中で全然違うんだよね…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年04月29日

最近の小虎 −反抗期?

最近小虎の逆らいようが悪化。
なんていうか、とにかくダメといわれたことをわざわざする感じ。なのでこっちの怒り方もエスカレート気味。

例えば、おもちゃをわざと落としたりしてるときに、“だめだよ、おもちゃ投げたりしちゃ”といった途端にこっちの顔をみながらわざとポーンとほおったりして
んでダメっていってるのに投げるの!?”
と怒られる。

わざと顔色みながらもう一度だめと言われたことをするのが今の流行。

まあ前からそうだけど、言っていることは完璧に理解しつつ、あえて逆らうんだよね…
そういうときでも唯一言うことを聞かせられるのが、“言うこと聞かないとテレビないよ!”とか“もうおやつないからね!”という二つのセリフ。
トイレの後の“パンツはいて!”とか“お風呂入るから脱いで”とか言ってもまったくいうことを聞かないのに、“もう今日はテレビないからね”といった途端にぱっと逃げ回るのをやめて自分でさっさとやる。

こういうくだらないことに逆らわなくなるのは4歳くらいなのかな…“ままだいすき!あいたかった!だっこ〜!!”とか言ってくる今がかわいい〜と思いつつ、この意味不明の反抗がなくなったらほんと楽になると思うんだけど。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年03月04日

小虎の読み書き

3歳になったくらいから、小虎は自分の名前に入っているアルファベットのEだけ、はっきり認識してて、お絵かきの時に書いたりしている(横棒が5本くらいあったりするけど( ̄▽ ̄;))

同じく、自分の名前の最初のひらがなもはっきりわかっていて、絵本のタイトルなんかに入っていると、“小虎のこ、だね!”という感じで嬉々として指摘する。

あと、トイレでうんちょ待ちで座らせているときなんかに、一緒にあいうえお表を読んだりするので、“あんぱんまんのあーはあひるのあー”とかわかるし、あと限定的なひらがな(ままの“ま”とか)は同じく絵本の中から拾ったりできる。あと、形がヘリコプターっぽいから、“へ”もわかったり。
まとほとか、ねとぬみたいに似てるのは、おんなじのあったーとか言ってるけど。

むしろ困るのはアルファベットのほうで、ABCの歌は、デイケアで習ってもう2歳にはほぼ完璧に歌えていたものの、絵本なんかからひろってきたときに、例えば“H”の場合、それがなぜエイチではなく、“ヘリコプター”のへ、あるいは“ホース”のホの音になるのか、説明できないんですけど…
日本語なら、あ、はあ、でしかないけど、英語だと、Aだけで、10通りくらい違う読み方があるわけで。
ほんとに英語って頭くるー!(いまさら…(^。^;))。

ただ曲線の多いひらがなよりストロークが少なく直線の多い英語は、書くのはかなり簡単みたいで、書く場合はオーOとか、イーEとかアルファベット書いてるんだよね。
数も50音に比べて半分しかないし。
まあどっちにしても、もう1年かそこらで両方難なくマスターするだろうなあ。

私は4歳になった時、すでに自分で白雪姫のけっこう長い絵本をフル音読できていたので(弟が産まれた直後くらいの記憶)、よむのもそのくらいいけそうな気がするなあ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年02月21日

夕方の公園

会社が終わって小虎を迎えにいったあと、今日はご飯を食べてからみんなで近くの公園へ(歩いても300メートルくらい)。
また明日からしばらくぱぱがしばし仕事でいなくなっちゃうからね〜

だんだん日が短くなってきたけど、まだなんとか8時半まではこの明るさでした。
20140221sunset01.JPG

20140221sunset02.JPG

20140221sunset03.JPG

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年01月14日

昨日で3歳1ヶ月 ホリデー中の小虎の変化

いや〜やっぱりおじいちゃんおばあちゃんいた間はスポイルされたよね〜(^。^;)
要求すれば、大人が誰かしら手が空いてて遊んでくれるわけだから。

ちなみに私もスポイルされました( ̄▽ ̄;)
だって掃除も洗濯もご飯の後片付けも洗濯たたむのもしないで済んだ3週間〜
だんなサマが遅いときの小虎のお風呂もおじいちゃん担当でまかせっきりだったし。

あとは年齢なのかわからないけど、最近、“ぼくがじぶんで!!”の主張がすごい。
2歳になったころとかに、一時食べさせようとしたら絶対自分で食べるといってスプーン放さない、とかはあったけど、2歳児の間はそれほど、世に言う魔の二歳児を感じたことはなかった。
最近のほうがそれはすごくて、おばあちゃんたちがいた間にも、かなり袖と首周りが小さめのTシャツを、自分で脱ぐといって絶対手伝わせてれず、しかも汗ばんでてうまく脱げないから怒りくるってるのに絶対手出しさせてくれず、ひたすら
“ぼくがじぶんで!ぼくがじぶんで!!”
をくりかえしてのたうちまわっていた。ふらふら

ああ〜このまま超自己主張はげしめに育っていくのかしら(^。^;)
私もだんなサマもそんな性格らしいから、人のこと言えないけど…

でも、今日小虎をデイケアに迎えに行った時、
“おじいちゃんとおばあちゃんむかえにいこっか”(デイケアで小虎を拾ったあと、よくモールで買い物中の二人を拾いに行ったりしてたから)
というので
“おじいちゃんとおばあちゃんにほんにかえっちゃったんだよー”(悲しい顔もうやだ〜(悲しい顔))
と言ったら、
“だいじょうぶだよ、まま、ぼくがだっこしてあげるよ!”
といって抱っこしてくれた(涙)
それも、頭をぎゅっと抱っこしてなでながら、ほっぺにちゅっちゅっとしてくるのだ〜
どこの女たらしかいな〜(*^。^;)

きかん気だけど、悲しい顔するとすごい優しい小虎。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年01月09日

小虎発熱 + 雨

旅行から帰ったきた日の翌日水曜は普通にデイケアに行った小虎だけど、その夜から突然発熱。

やっぱり遊びすぎて疲れたのかな…途中ずっと水着でいたりしたし。というわけで、木曜日はぱぱりんままりんが、家にいて小虎を見ていてくれたので、病欠をつかわず普通に出勤できた。
結局、金、土も夕方は熱が出てきたりして、最後はナゾの発疹まで出て、なんかの伝染病を疑ったけど(予防接種は全部済んでるけど弱く出るやつかと)、火曜にはほぼ消えてきて、単なる発熱による、ナゾの発疹、という前にもあったケースのようだ。

11日の土曜日はほぼ熱もないようだったので、家に一日いても返ってヒマすぎてぐずるのでベビーカー持って近くに買い物に。
(ちなみにだんなサマとぱぱりんは二人で釣り)

しかし、やっぱり体調がイマイチなのか、ここ1年でないほどぐずって、ベビーカーも嫌、歩くのも嫌、食べるのも嫌、と大変で買い物どころではなかった。やっぱり気分がすぐれなかったらしい。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月18日

トイレトレーニング進捗

12月14日
誕生日パーティの夜、はじめておまるでうんちょのほうもできた!しかも別についてたわけではなく、一人で遊んでいたすきに勝手に出して、ちゃんと呼びにきた。
2週間くらい前のトレーニング再会の時から、“3歳になったらもうお兄ちゃんだからおむつじゃなくて一人でおしっことうんちができるようになるね〜”と暗示をかけ続けてきたのだけど、多分昼間にはっきり誕生日会やって3歳になったとわかって、自覚してやったと思われるのがすごい。
12月15日
朝、自分でおむつぬぐ、といっておむつを取ったら、おまるに座ってすごい量だせた!
朝おきて最初の分をちゃんとおむつじゃなくて、我慢しておまるにすわってできたのははじめて。
しかも、寝てる間にでちゃってた分をおしめをさわって確認して、“でちゃった…”って。ちゃんと寝る前に、“おきたらおしめじゃなくて、トイレでしようね”と言ったのを覚えたみたい。

夕方モールに買い物に行って、そこのトイレでパンツ型おむつを脱がせてトイレにすわらせたら、はじめてトイレに座って→出す、というのができた!
今までは、自分の行きたくなったタイミング以外ではできなかったのに、膀胱がいっぱいになってなくても出せと言われたら出す、というコントロールができるようになってる。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月14日

小虎誕生日会

ほんとに暑い一日でした!
今年は子供達はビニールプールで遊ばせる作戦で、小虎が年中いっしょに遊んでる友達を呼んだのだけど、ほんと完璧なプール日和だった。

途中から、プールの水がお湯のようで、のぼそうであとから水を足したほど。

去年までは、今まで普通にうちらの友達でやってたBBQに、ケーキとプレゼントを足してた程度だったのだけど、もう子供達がみんな誕生日会のコンセプトを理解しているので、すでにそれっぽさを演出しなくちゃならなくなってくるのだった。

小虎がちゃんと3歳になったということを理解して、すっごく喜んでいたのでうれしいけど、ほんとこの誕生会のシステムって難しいわー
今のところ、私がいつもつるんでる友達とだから親も楽しいけど、それほど親しくなくても、招待してくれる人は招待しかえさなきゃいけないかなって思うし、でも自宅でやるには全員は難しいって感じだし…
小学生の子供のいる友達は、それプラス子供が学校で仲良くなって誘いたがる友達も増えるといってるし。
マックやインドアプレイグラウンドとか、どの場所もパーティ用にレンタルしてたり、誕生日が近い子は合同でパーティ企画したり、みんな四苦八苦してるのがわかるわ〜

まあ先のことはまた考えるとして、今日はみんなにお祝いしてもらって、プレゼントもいっぱいもらって、ほんとに小虎がうれしそうで、親もBBQを楽しめて素敵な一日でした。
ありがとう〜みんな。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月13日

3歳の誕生日!

ついに3歳か〜っ
ほんと、またもう1、2ヶ月前とは違った知性を感じる今日この頃。

自分が3歳台のことはけっこう覚えている。
弟が生まれる時に、ままりんが入院中はおばあちゃんがうちに泊まりにきてたこととか、それで毎日病院までおばあちゃんと歩いて行ったこととか、アパートの目の前ですごく大きな虹が見えたこととか、しおりちゃんが紙コップにダンゴ虫を集めていて驚愕したこととか…
これから先はほんと心して人間扱いしていかないといけないよね〜

さて、仕事が忙しすぎるし、いろんな準備でばたばたでどうも体調がイマイチだけど、とりあえず今日は小虎のお祝いで、午前中だけみんなで公園で過ごした。
鳥にえさやったり、ぷらぷらして、今日も小虎大はしゃぎ。
そして明日の誕生日パーティの準備の仕上げ。
すごく気合を入れてやる人に比べたらまだまだだけど、ただでさえ仕事から帰っていつもどおりのことをしたらもう10時にはなってるから、今週はそこからちまちまゲームに使う用のプレゼント包んだり、飾りつけの準備したり、ケーキ焼いたりなどなどで、ほんと休む間もなかったよ〜
でも天気予報は上々で、暑くなりそう!年に一度のことだしがんばろーっ(しかしほんと日本はこの誕生日会の習慣がなくてうらやましい…)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月12日

トイレトレーニング

ああ〜3年前の今頃は、すでに微弱陣痛2日続いてほぼ貫徹な2日間の真っ最中だったなあ…

明日の小虎の誕生日を前に、トイレトレーニングの話を。

暖かくなって、おしり出しっぱなしにしていても平気な温度になってからデイケアから帰ってきてから脱がせておくと、ちゃんと毎回おまるでする。
というか、これだけなら2歳3ヶ月くらいの時、夏の終わりにすでにできていたのだが、小虎の場合、パンツをはかせてしまうと、そのまましてしまう。したいタイミングで、おしりが出ていて、1人でおまるにたったりすわったりを何回かすると、ほおっておいてもいつのまにかできるのに、はかせてしまうと100%失敗。
自分のタイミングじゃないとできないから、適当な時に脱がせて座らせてみてもそれで出せたことは1度もない…

というまま秋が来て、100年住宅の我が家の木のフローリングでは寒くておしり出しっぱなしになんて一瞬もできないので、そのままトレーニング終了。
もともと日中はデイケアなんで、デイケアと連動して練習させるためには、もう少し確実にできるようになってないと(オシリ丸出しにしといてくださいとは頼めない(^。^;))だめだったし。

そして、帰ってきてからおしり出してほっておいて、寝る前までに1、2回は自分でおまるでするというのをはじめてから約2週間。
おととい12月10日、お風呂に入る前におまるを要求して、なんとちゃんと座った瞬間に出せた!ぴかぴか(新しい)

今までは、何回かたったりすわったりしながらタイミングをはかって、5分とかかけていたのが、ついに自分で出したい時に出す感覚がわかってきたみたい!
それならだんだんトイレのほうに座らせて、はい出して〜もできるようになってくるだろうし、もう一息かな?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月08日

季節外れの大雨と発熱

12月5日(水)〜4日(木)、ほぼ2日間、もう12月にはありえないっていうほどの土砂降りが一日中続いた。雨
本来なら梅雨っぽい11月が渇いていた分、とにかく全部まとめて降ったか、というほど。
久しぶりで庭にはいいかと思ったけど、一時はスロープにあるから普段は水のたまらない我が家の庭すら、水たまりができてすごかった。

そんな湿度と気候の変化のせいか、水曜日の夜から熱を出し始めた小虎。
夜中に突然39℃近い熱が出る。しかし朝にはまったく完治して元気いっぱいで、他の症状もなく、食欲もあり、何ら普通と変わるところがない。

しかし夜中になるとまた突然高熱。
何なんだこれは…
それが、すでに5日間つづいている。

実は小虎の誕生日パーティを7日の土曜日で予定していたのだが、たまたま親しい友達がその日に都合が悪かったので結局予定を来週に変更したのだけど、今週だったら雨は降っているわ、小虎は病気だわで(昼間はまったく元気だけど…)大変だったかも。偶然だけど今週にしてなくてほんとよかった。ありがとう友達!

今度の週末は小虎も完治し、天気も晴れてくれるといいなあ…


ところで、調べてみると、前回小虎が熱を出したのが10月頭なので、丸2か月間、小虎は何も病気しなかったわけで、今までからするとほんと丈夫になってきてありがたいのだった。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月17日

小虎初負傷

そしてその楽しいお泊り会からうちに帰って、小虎がお昼寝が起きてすぐのこと。

全力で走ってきたのをコーヒーテーブルの手前でこけて、そのまま額からがつーんっとテーブルのふちに…!当然火のついたように泣き出したので、冷蔵庫まで走って常備のアイスパックを取ってきたらなんと顔が血だらけ!
うわ〜打ち身とかじゃなくて、出血してるーーっっがく〜(落胆した顔)

これだけ激しく動き回る子にしては、今までほぼ怪我なしで来られたので一瞬まっしろになりかかるが、とりあえずガーゼにつつんだアイスパックで圧迫止血。冷やして痛みも麻痺したのか、意外とすぐ落ち着いてきたが、出血もしてるし、イマイチ傷の深さがわからない。
眉毛のすぐ上あたり、1センチ程度だけど微妙に裂けてる感じも…

よくわからないからとりあえず救急病院だーっと、傷の上にでっかいパットをはりつけて、すぐ近くにできたホワイトクロスまで行く。車で2分。
幸い先客は1人だけで、すぐに看護婦さんに見てもらえた…小虎も泣き止んでるし一安心。

1センチちょっとあるので、もしかすると昔なら一針二針くらいは縫ったかもしれないと思うが、なんと今は接着剤。
頭なので、お医者さんに深刻なダメージがなさそうか確認されたあと、小虎を押さえつけてほぼアロンアルファと同じような容器から、みどりっぽい接着剤を傷の上にぴーっとおいて、看護婦さんがくっつくようにぎゅっと傷を寄せておさえて1,2,3、ではい終了!
ビバ、テクノロジ〜ぴかぴか(新しい)

もし縫うとかだったら、注射だのなんだのでほんとオオゴトだろうけど、すいてたおかげもあるけどすべて30分以内にすんでしまった。
あとは24時間はぬらさないようにして、1週間くらいしたらグルーは自然に取れてくるそう。ああよかった…

しかし、転んでコーヒーテーブルにあたったのがたまたまその部分だったからまだよかったものの、もし目とか、鼻の折れそうなとことか、歯とかだったらと思うとぞっとする…
もう足腰もしっかりして、前よりは脱走しなくなったりしてるけど、やっぱりまだまだ目が離せないと思ったのでした。

ちなみに、翌日にはもう血とかかさぶたとかと、黒っぽく一体化してる感じで、しかも翌日傷がくっついているかのチェックにだんなサマが連れて行ったら(来るように言われた)、もう乾かしたほうがいいからとガーゼすら取られちゃって、普通に傷出しっぱなしで遊んでいた。
ああよかった〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月13日

2歳11ヶ月!あと1ヶ月で3歳〜

ほんと、もうあと一ヶ月で3歳だー!ぴかぴか(新しい)

最近の変化としては…
最近いくつかアルファベットがわかる。
文字のパズルで、ABCの他に、ママのM、と、セサミストリートで覚えたろNとYと、I found it(み〜つけた!)のI、などなど、いくつかは形で覚えててきちんとわかってる。

でもあいうえおに比べて、文字と読みに共通点がないから難しいよね(^。^;)A(エイ)なのに、AppleのA(ア)、と言われてもね…

あと、デイケアからのレポートみたいので、そこでやってるゲームで、サイコロの出た目の数字のカードを引く、というので、サイコロで4が出たのを見て、ちゃんと数字の“4”と書いてあるカードを選んでる写真を送ってくれた。数字は数が少ないから、けっこうわかってる気がしてたけど、たいしたもんだー

ほかの3歳代の子と遊んでいるの聞いていても、小虎は何言ってるかわからないという言葉はまったくなくて、ほんときっちりしっかりしゃべるし、デイケアで何があったか聞いても“キングスリー(友達)が小虎くんのとっちゃって…それでないちゃったんだ〜”とか、しっかり状況説明する。
私も4歳までには自分で本が読めていた記憶がしっかりあるから不思議はないけど、男の子にしては言葉はけっこう早いほうかも。

でも、ほんと誰に教わったのかまったくわからない言い回しもよくあって、大好きなイチゴをお皿いっぱいあげたら
“これはサイコーだね”(かなりしみじみと)
とか(⌒_⌒;
いったいどこで覚えた…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月06日

かしこすぎてこわい…

ほんと、子供の学習能力の高さには驚かされてばっかり。
そりゃもう2,3年でこれほどぺらぺらとしゃべるようになる脳みそなんだから当たり前かもしれないけど、例えば、友達が小虎にトーマスの薄い絵本を子供のお下がりで10冊くらいくれた。

で、それを友達が小虎に渡した時、たまたまそのうちの何冊かを、表紙を見ながら“トーマスのだいしっぱいだよ”とか“困ったトーマスだよ”とかタイトルを読み上げて渡したら、なんと翌日その10冊くらいの中から、ちゃんと“しっぱいトーマス”といいながら、そういうタイトルの本を持ってきた。トーマスの本なんて、どれもほとんど一緒で微妙に機関車を撮影してる角度とか表情が違うだけなのによくわかるな…☆

あと、12月に誕生日だから、たまたまみつけた“3”の形のロウソクをバースデーケーキ用に買ってキッチンにおいておいた。
プレゼントなんかと違って、そのくらいは別にわからないかと思って隠してもいなかったのに、なんとみつけて自分で持ってくると
“これ、小虎くんのバースデーケーキの3なの!?”
と目をきらきらさせながら聞くのだがく〜(落胆した顔)
完全にばれとるがな…(^。^;)まさか数字の形のロウソクのコンセプトまで理解しているとは…デイケアで他の子のケーキとかを、親が持ち込んだりしたのをみたのだろうか…

友達と遊ぶのもますます上手になってきたし、ほんとすごい。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月25日

またまた小虎の変化

今までどうしてもできなかったことが、ひとつ突然できるようになった!
それは、寝るときに体に布団なり毛布なりを体にかけたままにしておくということ。

今まで、どんなに布団をかけても、とくに足に何かかかっているのに気づくと、怒っているくらいの勢いですべて激しく蹴り飛ばしてきた。
だから小虎の場合は暖房+何もかけていなくても平気なくらいのフリースのつなぎをきせて、そして足に少しでもかかっていたらあっというまにすべて蹴り飛ばすから、何もかけていないよりはマシということで、足は出しっぱなしにして、バスタオル状の横に長いブランケットで、せめてボディだけはカバーするという方法しかなかった。

それが、先週くらいから、足まで毛布をかけても気にせず寝るように…どういう変化かしらないけどすごい!ちゃんと布団かけて寝てるよ!

それから、同じく先週から、突然本格ままごとをするように。

昔買ったおもちゃのティーセットがあって、それでお茶を入れたり、おもちゃの食べ物をお皿に並べたり、一人でえんえんやってから、“まま、ごはんできましたよ〜”とよびにくる(^。^)

同時に突然お医者さんごっこをはじめて
“ままびょうき!ここにねて!”
から始まって、

おなかさすったり、
“しずかにねんねしてればダイジョーブですよー”
“おくすりぬりぬりしましょーねー いたいのいたいのとんでけー”
“ちゅうしゃちっくんしますよー”


などなど今まで生まれてから自分が病気のときに私にいわれたであろう言葉を怒涛のように(しかも正しく)使う。そんなこと、まったくしなかったのに!

ある日突然どっかのシナプスがつながるんだろうなあ〜ほんと、なんども言ってるけど、アルジャーノンのゴードンの知能の発達を、実地で見ているようだなあ…。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月21日

うちのこ天才!(親ばかネタです)

今日は私のおばあちゃん、小虎のひいばあちゃんの誕生日。
91歳おめでとう〜♪

昨日デイケアに小虎を迎えにいったら、デイケアの先生になんかすっごいほめられたよ〜♪

もともと小虎はしっかりしてるんでほめられることが多いんだけど、昨日は特にほめられた。

まず、みんなで音楽をかけてみんなでなにやらダンスを踊ったそうなんだけど、それがあまりに大人ぐらいうまかったので、TVショーに出したいくらい!だって。
わざわざ写真まで撮っててくれたんだけど、写真じゃ何踊ってるのかわからん(^。^;)
いったい何を踊ったんだ、小虎よ…

もともとおかあさんと一緒のダンスなんかも相当上手に真似するけど、こっちのデイケアでやるようなのは、きっと振り付けを真似するタイプではなく、リズムに乗る創作系だよね。母も見たかった!

それから、日本から帰ってきて日本語がうまくなりすぎて先生たちにもマシンガンのように日本語で話しかけてた問題だけど、また前のように、英語も使うようになったって!よかった〜
立て続けに何人もの先生に言われたから、急に切り替わったんだろう。

少しはもどるように、家で見せるテレビなんかも、最近は英語の割合を増やしてバランスをとっていたんだけど、また戻して日本語のほうを増やそうかな。

でも不思議なのは、そっちでは英語で話しているというのに、私たちにはまったく英語を使わない。すでに完全に別々に使い分けていること。

こういうのは、はじめのうちはちゃんぽんで使っていくのかと思っていたのに、それはまったく違うのだね…

実際先生と話すのを遠くから隠れてみていたら、言われたことに“Yeah, yeah”みたいに返事していて、そんなの私たちは家で聞いたことないのだ。不思議だ〜

それからその先生が、小虎の書いた鉛筆の絵を写真に撮ってみせてくれたのだけど、かなりはっきりボートとわかるボートの絵を書き、その先生に、
"A boat and I go fishing with dad."
と説明し、その横に
"This is big mummy fish and a baby fish"
と言って、大きい魚と小さい魚を書いたんだって!!

ちゃんと大きいとか小さいとかを正しく絵に描いてで表現できるなんてすごすぎる!

2歳8ヶ月って天才…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎