2014年03月04日

小虎の読み書き

3歳になったくらいから、小虎は自分の名前に入っているアルファベットのEだけ、はっきり認識してて、お絵かきの時に書いたりしている(横棒が5本くらいあったりするけど( ̄▽ ̄;))

同じく、自分の名前の最初のひらがなもはっきりわかっていて、絵本のタイトルなんかに入っていると、“小虎のこ、だね!”という感じで嬉々として指摘する。

あと、トイレでうんちょ待ちで座らせているときなんかに、一緒にあいうえお表を読んだりするので、“あんぱんまんのあーはあひるのあー”とかわかるし、あと限定的なひらがな(ままの“ま”とか)は同じく絵本の中から拾ったりできる。あと、形がヘリコプターっぽいから、“へ”もわかったり。
まとほとか、ねとぬみたいに似てるのは、おんなじのあったーとか言ってるけど。

むしろ困るのはアルファベットのほうで、ABCの歌は、デイケアで習ってもう2歳にはほぼ完璧に歌えていたものの、絵本なんかからひろってきたときに、例えば“H”の場合、それがなぜエイチではなく、“ヘリコプター”のへ、あるいは“ホース”のホの音になるのか、説明できないんですけど…
日本語なら、あ、はあ、でしかないけど、英語だと、Aだけで、10通りくらい違う読み方があるわけで。
ほんとに英語って頭くるー!(いまさら…(^。^;))。

ただ曲線の多いひらがなよりストロークが少なく直線の多い英語は、書くのはかなり簡単みたいで、書く場合はオーOとか、イーEとかアルファベット書いてるんだよね。
数も50音に比べて半分しかないし。
まあどっちにしても、もう1年かそこらで両方難なくマスターするだろうなあ。

私は4歳になった時、すでに自分で白雪姫のけっこう長い絵本をフル音読できていたので(弟が産まれた直後くらいの記憶)、よむのもそのくらいいけそうな気がするなあ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年02月21日

夕方の公園

会社が終わって小虎を迎えにいったあと、今日はご飯を食べてからみんなで近くの公園へ(歩いても300メートルくらい)。
また明日からしばらくぱぱがしばし仕事でいなくなっちゃうからね〜

だんだん日が短くなってきたけど、まだなんとか8時半まではこの明るさでした。
20140221sunset01.JPG

20140221sunset02.JPG

20140221sunset03.JPG

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年01月14日

昨日で3歳1ヶ月 ホリデー中の小虎の変化

いや〜やっぱりおじいちゃんおばあちゃんいた間はスポイルされたよね〜(^。^;)
要求すれば、大人が誰かしら手が空いてて遊んでくれるわけだから。

ちなみに私もスポイルされました( ̄▽ ̄;)
だって掃除も洗濯もご飯の後片付けも洗濯たたむのもしないで済んだ3週間〜
だんなサマが遅いときの小虎のお風呂もおじいちゃん担当でまかせっきりだったし。

あとは年齢なのかわからないけど、最近、“ぼくがじぶんで!!”の主張がすごい。
2歳になったころとかに、一時食べさせようとしたら絶対自分で食べるといってスプーン放さない、とかはあったけど、2歳児の間はそれほど、世に言う魔の二歳児を感じたことはなかった。
最近のほうがそれはすごくて、おばあちゃんたちがいた間にも、かなり袖と首周りが小さめのTシャツを、自分で脱ぐといって絶対手伝わせてれず、しかも汗ばんでてうまく脱げないから怒りくるってるのに絶対手出しさせてくれず、ひたすら
“ぼくがじぶんで!ぼくがじぶんで!!”
をくりかえしてのたうちまわっていた。ふらふら

ああ〜このまま超自己主張はげしめに育っていくのかしら(^。^;)
私もだんなサマもそんな性格らしいから、人のこと言えないけど…

でも、今日小虎をデイケアに迎えに行った時、
“おじいちゃんとおばあちゃんむかえにいこっか”(デイケアで小虎を拾ったあと、よくモールで買い物中の二人を拾いに行ったりしてたから)
というので
“おじいちゃんとおばあちゃんにほんにかえっちゃったんだよー”(悲しい顔もうやだ〜(悲しい顔))
と言ったら、
“だいじょうぶだよ、まま、ぼくがだっこしてあげるよ!”
といって抱っこしてくれた(涙)
それも、頭をぎゅっと抱っこしてなでながら、ほっぺにちゅっちゅっとしてくるのだ〜
どこの女たらしかいな〜(*^。^;)

きかん気だけど、悲しい顔するとすごい優しい小虎。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2014年01月09日

小虎発熱 + 雨

旅行から帰ったきた日の翌日水曜は普通にデイケアに行った小虎だけど、その夜から突然発熱。

やっぱり遊びすぎて疲れたのかな…途中ずっと水着でいたりしたし。というわけで、木曜日はぱぱりんままりんが、家にいて小虎を見ていてくれたので、病欠をつかわず普通に出勤できた。
結局、金、土も夕方は熱が出てきたりして、最後はナゾの発疹まで出て、なんかの伝染病を疑ったけど(予防接種は全部済んでるけど弱く出るやつかと)、火曜にはほぼ消えてきて、単なる発熱による、ナゾの発疹、という前にもあったケースのようだ。

11日の土曜日はほぼ熱もないようだったので、家に一日いても返ってヒマすぎてぐずるのでベビーカー持って近くに買い物に。
(ちなみにだんなサマとぱぱりんは二人で釣り)

しかし、やっぱり体調がイマイチなのか、ここ1年でないほどぐずって、ベビーカーも嫌、歩くのも嫌、食べるのも嫌、と大変で買い物どころではなかった。やっぱり気分がすぐれなかったらしい。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月18日

トイレトレーニング進捗

12月14日
誕生日パーティの夜、はじめておまるでうんちょのほうもできた!しかも別についてたわけではなく、一人で遊んでいたすきに勝手に出して、ちゃんと呼びにきた。
2週間くらい前のトレーニング再会の時から、“3歳になったらもうお兄ちゃんだからおむつじゃなくて一人でおしっことうんちができるようになるね〜”と暗示をかけ続けてきたのだけど、多分昼間にはっきり誕生日会やって3歳になったとわかって、自覚してやったと思われるのがすごい。
12月15日
朝、自分でおむつぬぐ、といっておむつを取ったら、おまるに座ってすごい量だせた!
朝おきて最初の分をちゃんとおむつじゃなくて、我慢しておまるにすわってできたのははじめて。
しかも、寝てる間にでちゃってた分をおしめをさわって確認して、“でちゃった…”って。ちゃんと寝る前に、“おきたらおしめじゃなくて、トイレでしようね”と言ったのを覚えたみたい。

夕方モールに買い物に行って、そこのトイレでパンツ型おむつを脱がせてトイレにすわらせたら、はじめてトイレに座って→出す、というのができた!
今までは、自分の行きたくなったタイミング以外ではできなかったのに、膀胱がいっぱいになってなくても出せと言われたら出す、というコントロールができるようになってる。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月14日

小虎誕生日会

ほんとに暑い一日でした!
今年は子供達はビニールプールで遊ばせる作戦で、小虎が年中いっしょに遊んでる友達を呼んだのだけど、ほんと完璧なプール日和だった。

途中から、プールの水がお湯のようで、のぼそうであとから水を足したほど。

去年までは、今まで普通にうちらの友達でやってたBBQに、ケーキとプレゼントを足してた程度だったのだけど、もう子供達がみんな誕生日会のコンセプトを理解しているので、すでにそれっぽさを演出しなくちゃならなくなってくるのだった。

小虎がちゃんと3歳になったということを理解して、すっごく喜んでいたのでうれしいけど、ほんとこの誕生会のシステムって難しいわー
今のところ、私がいつもつるんでる友達とだから親も楽しいけど、それほど親しくなくても、招待してくれる人は招待しかえさなきゃいけないかなって思うし、でも自宅でやるには全員は難しいって感じだし…
小学生の子供のいる友達は、それプラス子供が学校で仲良くなって誘いたがる友達も増えるといってるし。
マックやインドアプレイグラウンドとか、どの場所もパーティ用にレンタルしてたり、誕生日が近い子は合同でパーティ企画したり、みんな四苦八苦してるのがわかるわ〜

まあ先のことはまた考えるとして、今日はみんなにお祝いしてもらって、プレゼントもいっぱいもらって、ほんとに小虎がうれしそうで、親もBBQを楽しめて素敵な一日でした。
ありがとう〜みんな。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月13日

3歳の誕生日!

ついに3歳か〜っ
ほんと、またもう1、2ヶ月前とは違った知性を感じる今日この頃。

自分が3歳台のことはけっこう覚えている。
弟が生まれる時に、ままりんが入院中はおばあちゃんがうちに泊まりにきてたこととか、それで毎日病院までおばあちゃんと歩いて行ったこととか、アパートの目の前ですごく大きな虹が見えたこととか、しおりちゃんが紙コップにダンゴ虫を集めていて驚愕したこととか…
これから先はほんと心して人間扱いしていかないといけないよね〜

さて、仕事が忙しすぎるし、いろんな準備でばたばたでどうも体調がイマイチだけど、とりあえず今日は小虎のお祝いで、午前中だけみんなで公園で過ごした。
鳥にえさやったり、ぷらぷらして、今日も小虎大はしゃぎ。
そして明日の誕生日パーティの準備の仕上げ。
すごく気合を入れてやる人に比べたらまだまだだけど、ただでさえ仕事から帰っていつもどおりのことをしたらもう10時にはなってるから、今週はそこからちまちまゲームに使う用のプレゼント包んだり、飾りつけの準備したり、ケーキ焼いたりなどなどで、ほんと休む間もなかったよ〜
でも天気予報は上々で、暑くなりそう!年に一度のことだしがんばろーっ(しかしほんと日本はこの誕生日会の習慣がなくてうらやましい…)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月12日

トイレトレーニング

ああ〜3年前の今頃は、すでに微弱陣痛2日続いてほぼ貫徹な2日間の真っ最中だったなあ…

明日の小虎の誕生日を前に、トイレトレーニングの話を。

暖かくなって、おしり出しっぱなしにしていても平気な温度になってからデイケアから帰ってきてから脱がせておくと、ちゃんと毎回おまるでする。
というか、これだけなら2歳3ヶ月くらいの時、夏の終わりにすでにできていたのだが、小虎の場合、パンツをはかせてしまうと、そのまましてしまう。したいタイミングで、おしりが出ていて、1人でおまるにたったりすわったりを何回かすると、ほおっておいてもいつのまにかできるのに、はかせてしまうと100%失敗。
自分のタイミングじゃないとできないから、適当な時に脱がせて座らせてみてもそれで出せたことは1度もない…

というまま秋が来て、100年住宅の我が家の木のフローリングでは寒くておしり出しっぱなしになんて一瞬もできないので、そのままトレーニング終了。
もともと日中はデイケアなんで、デイケアと連動して練習させるためには、もう少し確実にできるようになってないと(オシリ丸出しにしといてくださいとは頼めない(^。^;))だめだったし。

そして、帰ってきてからおしり出してほっておいて、寝る前までに1、2回は自分でおまるでするというのをはじめてから約2週間。
おととい12月10日、お風呂に入る前におまるを要求して、なんとちゃんと座った瞬間に出せた!ぴかぴか(新しい)

今までは、何回かたったりすわったりしながらタイミングをはかって、5分とかかけていたのが、ついに自分で出したい時に出す感覚がわかってきたみたい!
それならだんだんトイレのほうに座らせて、はい出して〜もできるようになってくるだろうし、もう一息かな?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年12月08日

季節外れの大雨と発熱

12月5日(水)〜4日(木)、ほぼ2日間、もう12月にはありえないっていうほどの土砂降りが一日中続いた。雨
本来なら梅雨っぽい11月が渇いていた分、とにかく全部まとめて降ったか、というほど。
久しぶりで庭にはいいかと思ったけど、一時はスロープにあるから普段は水のたまらない我が家の庭すら、水たまりができてすごかった。

そんな湿度と気候の変化のせいか、水曜日の夜から熱を出し始めた小虎。
夜中に突然39℃近い熱が出る。しかし朝にはまったく完治して元気いっぱいで、他の症状もなく、食欲もあり、何ら普通と変わるところがない。

しかし夜中になるとまた突然高熱。
何なんだこれは…
それが、すでに5日間つづいている。

実は小虎の誕生日パーティを7日の土曜日で予定していたのだが、たまたま親しい友達がその日に都合が悪かったので結局予定を来週に変更したのだけど、今週だったら雨は降っているわ、小虎は病気だわで(昼間はまったく元気だけど…)大変だったかも。偶然だけど今週にしてなくてほんとよかった。ありがとう友達!

今度の週末は小虎も完治し、天気も晴れてくれるといいなあ…


ところで、調べてみると、前回小虎が熱を出したのが10月頭なので、丸2か月間、小虎は何も病気しなかったわけで、今までからするとほんと丈夫になってきてありがたいのだった。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月17日

小虎初負傷

そしてその楽しいお泊り会からうちに帰って、小虎がお昼寝が起きてすぐのこと。

全力で走ってきたのをコーヒーテーブルの手前でこけて、そのまま額からがつーんっとテーブルのふちに…!当然火のついたように泣き出したので、冷蔵庫まで走って常備のアイスパックを取ってきたらなんと顔が血だらけ!
うわ〜打ち身とかじゃなくて、出血してるーーっっがく〜(落胆した顔)

これだけ激しく動き回る子にしては、今までほぼ怪我なしで来られたので一瞬まっしろになりかかるが、とりあえずガーゼにつつんだアイスパックで圧迫止血。冷やして痛みも麻痺したのか、意外とすぐ落ち着いてきたが、出血もしてるし、イマイチ傷の深さがわからない。
眉毛のすぐ上あたり、1センチ程度だけど微妙に裂けてる感じも…

よくわからないからとりあえず救急病院だーっと、傷の上にでっかいパットをはりつけて、すぐ近くにできたホワイトクロスまで行く。車で2分。
幸い先客は1人だけで、すぐに看護婦さんに見てもらえた…小虎も泣き止んでるし一安心。

1センチちょっとあるので、もしかすると昔なら一針二針くらいは縫ったかもしれないと思うが、なんと今は接着剤。
頭なので、お医者さんに深刻なダメージがなさそうか確認されたあと、小虎を押さえつけてほぼアロンアルファと同じような容器から、みどりっぽい接着剤を傷の上にぴーっとおいて、看護婦さんがくっつくようにぎゅっと傷を寄せておさえて1,2,3、ではい終了!
ビバ、テクノロジ〜ぴかぴか(新しい)

もし縫うとかだったら、注射だのなんだのでほんとオオゴトだろうけど、すいてたおかげもあるけどすべて30分以内にすんでしまった。
あとは24時間はぬらさないようにして、1週間くらいしたらグルーは自然に取れてくるそう。ああよかった…

しかし、転んでコーヒーテーブルにあたったのがたまたまその部分だったからまだよかったものの、もし目とか、鼻の折れそうなとことか、歯とかだったらと思うとぞっとする…
もう足腰もしっかりして、前よりは脱走しなくなったりしてるけど、やっぱりまだまだ目が離せないと思ったのでした。

ちなみに、翌日にはもう血とかかさぶたとかと、黒っぽく一体化してる感じで、しかも翌日傷がくっついているかのチェックにだんなサマが連れて行ったら(来るように言われた)、もう乾かしたほうがいいからとガーゼすら取られちゃって、普通に傷出しっぱなしで遊んでいた。
ああよかった〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月13日

2歳11ヶ月!あと1ヶ月で3歳〜

ほんと、もうあと一ヶ月で3歳だー!ぴかぴか(新しい)

最近の変化としては…
最近いくつかアルファベットがわかる。
文字のパズルで、ABCの他に、ママのM、と、セサミストリートで覚えたろNとYと、I found it(み〜つけた!)のI、などなど、いくつかは形で覚えててきちんとわかってる。

でもあいうえおに比べて、文字と読みに共通点がないから難しいよね(^。^;)A(エイ)なのに、AppleのA(ア)、と言われてもね…

あと、デイケアからのレポートみたいので、そこでやってるゲームで、サイコロの出た目の数字のカードを引く、というので、サイコロで4が出たのを見て、ちゃんと数字の“4”と書いてあるカードを選んでる写真を送ってくれた。数字は数が少ないから、けっこうわかってる気がしてたけど、たいしたもんだー

ほかの3歳代の子と遊んでいるの聞いていても、小虎は何言ってるかわからないという言葉はまったくなくて、ほんときっちりしっかりしゃべるし、デイケアで何があったか聞いても“キングスリー(友達)が小虎くんのとっちゃって…それでないちゃったんだ〜”とか、しっかり状況説明する。
私も4歳までには自分で本が読めていた記憶がしっかりあるから不思議はないけど、男の子にしては言葉はけっこう早いほうかも。

でも、ほんと誰に教わったのかまったくわからない言い回しもよくあって、大好きなイチゴをお皿いっぱいあげたら
“これはサイコーだね”(かなりしみじみと)
とか(⌒_⌒;
いったいどこで覚えた…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年11月06日

かしこすぎてこわい…

ほんと、子供の学習能力の高さには驚かされてばっかり。
そりゃもう2,3年でこれほどぺらぺらとしゃべるようになる脳みそなんだから当たり前かもしれないけど、例えば、友達が小虎にトーマスの薄い絵本を子供のお下がりで10冊くらいくれた。

で、それを友達が小虎に渡した時、たまたまそのうちの何冊かを、表紙を見ながら“トーマスのだいしっぱいだよ”とか“困ったトーマスだよ”とかタイトルを読み上げて渡したら、なんと翌日その10冊くらいの中から、ちゃんと“しっぱいトーマス”といいながら、そういうタイトルの本を持ってきた。トーマスの本なんて、どれもほとんど一緒で微妙に機関車を撮影してる角度とか表情が違うだけなのによくわかるな…☆

あと、12月に誕生日だから、たまたまみつけた“3”の形のロウソクをバースデーケーキ用に買ってキッチンにおいておいた。
プレゼントなんかと違って、そのくらいは別にわからないかと思って隠してもいなかったのに、なんとみつけて自分で持ってくると
“これ、小虎くんのバースデーケーキの3なの!?”
と目をきらきらさせながら聞くのだがく〜(落胆した顔)
完全にばれとるがな…(^。^;)まさか数字の形のロウソクのコンセプトまで理解しているとは…デイケアで他の子のケーキとかを、親が持ち込んだりしたのをみたのだろうか…

友達と遊ぶのもますます上手になってきたし、ほんとすごい。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月25日

またまた小虎の変化

今までどうしてもできなかったことが、ひとつ突然できるようになった!
それは、寝るときに体に布団なり毛布なりを体にかけたままにしておくということ。

今まで、どんなに布団をかけても、とくに足に何かかかっているのに気づくと、怒っているくらいの勢いですべて激しく蹴り飛ばしてきた。
だから小虎の場合は暖房+何もかけていなくても平気なくらいのフリースのつなぎをきせて、そして足に少しでもかかっていたらあっというまにすべて蹴り飛ばすから、何もかけていないよりはマシということで、足は出しっぱなしにして、バスタオル状の横に長いブランケットで、せめてボディだけはカバーするという方法しかなかった。

それが、先週くらいから、足まで毛布をかけても気にせず寝るように…どういう変化かしらないけどすごい!ちゃんと布団かけて寝てるよ!

それから、同じく先週から、突然本格ままごとをするように。

昔買ったおもちゃのティーセットがあって、それでお茶を入れたり、おもちゃの食べ物をお皿に並べたり、一人でえんえんやってから、“まま、ごはんできましたよ〜”とよびにくる(^。^)

同時に突然お医者さんごっこをはじめて
“ままびょうき!ここにねて!”
から始まって、

おなかさすったり、
“しずかにねんねしてればダイジョーブですよー”
“おくすりぬりぬりしましょーねー いたいのいたいのとんでけー”
“ちゅうしゃちっくんしますよー”


などなど今まで生まれてから自分が病気のときに私にいわれたであろう言葉を怒涛のように(しかも正しく)使う。そんなこと、まったくしなかったのに!

ある日突然どっかのシナプスがつながるんだろうなあ〜ほんと、なんども言ってるけど、アルジャーノンのゴードンの知能の発達を、実地で見ているようだなあ…。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月21日

うちのこ天才!(親ばかネタです)

今日は私のおばあちゃん、小虎のひいばあちゃんの誕生日。
91歳おめでとう〜♪

昨日デイケアに小虎を迎えにいったら、デイケアの先生になんかすっごいほめられたよ〜♪

もともと小虎はしっかりしてるんでほめられることが多いんだけど、昨日は特にほめられた。

まず、みんなで音楽をかけてみんなでなにやらダンスを踊ったそうなんだけど、それがあまりに大人ぐらいうまかったので、TVショーに出したいくらい!だって。
わざわざ写真まで撮っててくれたんだけど、写真じゃ何踊ってるのかわからん(^。^;)
いったい何を踊ったんだ、小虎よ…

もともとおかあさんと一緒のダンスなんかも相当上手に真似するけど、こっちのデイケアでやるようなのは、きっと振り付けを真似するタイプではなく、リズムに乗る創作系だよね。母も見たかった!

それから、日本から帰ってきて日本語がうまくなりすぎて先生たちにもマシンガンのように日本語で話しかけてた問題だけど、また前のように、英語も使うようになったって!よかった〜
立て続けに何人もの先生に言われたから、急に切り替わったんだろう。

少しはもどるように、家で見せるテレビなんかも、最近は英語の割合を増やしてバランスをとっていたんだけど、また戻して日本語のほうを増やそうかな。

でも不思議なのは、そっちでは英語で話しているというのに、私たちにはまったく英語を使わない。すでに完全に別々に使い分けていること。

こういうのは、はじめのうちはちゃんぽんで使っていくのかと思っていたのに、それはまったく違うのだね…

実際先生と話すのを遠くから隠れてみていたら、言われたことに“Yeah, yeah”みたいに返事していて、そんなの私たちは家で聞いたことないのだ。不思議だ〜

それからその先生が、小虎の書いた鉛筆の絵を写真に撮ってみせてくれたのだけど、かなりはっきりボートとわかるボートの絵を書き、その先生に、
"A boat and I go fishing with dad."
と説明し、その横に
"This is big mummy fish and a baby fish"
と言って、大きい魚と小さい魚を書いたんだって!!

ちゃんと大きいとか小さいとかを正しく絵に描いてで表現できるなんてすごすぎる!

2歳8ヶ月って天才…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月15日

小虎病気の一週間

今週一週間、みごとなまでに晴れ続けたのに、週末は雨予報。
しかし先週も雨予報だったのにまったく降らないあったかい週末だったのでちょっとだけ今週も期待したけどだめだった!
久しぶりのすごいまとまった土砂降り…雨

しかしこの時期にはありえないことに、丸2週間ほとんど雨が降っていないことになるので、さすがに庭が乾いてきていたのでま、いいか…

ほんと、春は冬に引き続き、1日に一回は雨がぱらつくのが普通で、この時期に地面が乾いているなんて聞いたことない。しかも8月に入ってから10日間、一度も暖炉つけてない。ふつうはまだ月の半分くらいの日数は、暖炉つけてるのが普通なのに。

さて、金曜の夕方、小虎を迎えにいったら、先生がちょうど小虎の体温を測っているところだった…
ええーっ何( ̄o ̄;)
しかも、両耳はかって38.5度と38.8度。高っふらふら

しかし小虎はけっこう元気で、一日普通に元気に遊んでいて、もう夕方私の迎えに行く直前になって、さわったらはっきりわかるほどの高熱になっていたそうな。
かなり高いので帰ってすぐパモを飲ませた(いまや甘くて大好きになったので飲ませるのに問題なし)。

結局、夜中もまた熱があがったのでもう一度飲ませたけど、熱はそれで引いて、普通に元気だし、特に風邪やらなんやらの症状も一切なし。

しかし同時に体中にぶつぶつが出てきて、水疱瘡か、風疹か、なにか感染症だったらどうしよ〜っと思うが、小虎は全部予防接種を受けているし、発熱とまったく同時に発疹が出ることはないそうなので、前もあった、単なる発熱による発疹?のような…
何しろおなかや背中中心に出てるので、手足口病とかでもないし…
20130815 rash.JPG

結局、ぶつぶつはうっすら残ってるものの、土曜の朝にはまったく平熱になったし、1日中いたって元気。翌日日曜も同じで、2日間特になにもないから、治ったものと判断。
ところが…

それで月曜日は普通にデイケアにいき、ただ、念のため外遊びはさせないように頼んだ。どっちにしても朝から時折土砂降りがふっていたので、どっちにしても外はなく、中でぬくぬくすごすだろうな〜という感じ。

ところが、3時になって急に何回も吐いたということで連絡がありだんなサマが迎えに。デイケアでと、帰りの車でと、家に帰ってからと、結局計8回も吐いて、顔も真っ白になったので急いでホワイトクロスに連れて行く。
そこでも一回吐いてかなりぐったり。しかもぶつぶつが顔のほうまで増えてきた。なんだこれ〜っ

でも1時間ばかり待っている間に(ホワイトクロスにしては早いほうか?)、吐いても少しは吸収するだろうと思って水は飲ませ、あと欲しがるので乳幼児用のブトウ糖のラムネをちょこちょこなめさせていたら顔色が少し戻ってきた。

ぐったりしながらまっていたけど、何もしないで1時間待ってるほうがつらかったようで、最後は“もうおうちかえる、おうちかえりたい”を繰り返す。

そしてようやく診てもらった結果は、またしても“バグ”(怒)。バグって、直訳するとばい菌ってことで、ほんと、NZってすべての病気がバグで済ませられる(怒)。
その場合は、抗生物質とかも意味ないわけで、薬はいつものパモ(パラシータモル)だけ。
パモなんて、家にいくらでもあるから、病院に来る意味ほんとない…まあ水疱瘡だの風疹だの、その手の感染症じゃないのがわかったのがよかったというだけだ。

唯一吐き気止めだけくれたのでそれを飲ませて、それでも(食い意地はっているので)食べ物を欲しがるので仕方なくラムネでごまかして寝かせる。

結局翌日の火曜水曜はだんなサマと順番に休んで家にいたけど、基本元気でひたすら食べ物を欲しがるので、ふやかしたパンとか、摩り下ろしたりんごとか数口で、空腹をごまかしごまかしし続けるのが大変で…

なにしろ連続8回吐いたからなあ。

しかし月曜に吐いたあと数時間、瞬間的にものすごく具合が悪そうだった以外は、結局火曜水曜も、週末と同じくなんの症状もなく、顔のぶつぶつもすぐ消えてきて、ほんとなんだかわからない…

金曜にはじまった発熱から考えると、ようやく木曜に普通にもどったけど、金曜夜一晩の高熱と、月曜の数時間の嘔吐の時以外は元気だったしな〜
ほんとこれはなんだったのだろうか。

ようやく木曜日に普通にデイケアに復帰。よかったね〜

だんなサマと毎日半休ずつ取って家にいたけど、小虎はほとんどの時、特に具合が悪いでも、ぐずるでもなかったら、実は一緒にけっこうのんびりできた気もする一週間でした(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月04日

まま友とキャッチアップ

今日は小虎と同じ年くらいの子のいるママ友とキャッチアップ。
前は、例えこうして会っても、まとわりついたり、泣いたりする子供たちの相手がメインで、大人がゆっくり話すことなんて不可能だったけど、久しぶりに会ったら、なんと子供たち同士、ず〜っといっしょに走り回ったり、チャンバラ的なことしたり遊んで大人は普通に会話することもできてしまい、あまりの進歩にびっくりした。
こうやって一緒に遊べるようになるんだねぇ…(しみじみ)

午後は、今まで行ったことのなかった、プレーグラウンドのあるところにみんなでいったのだけど、ここがすばらしく楽しかったらしく、もう体力限界の3時までみんなで走りまくっていて、ついに限界になって3時半に車に乗せたら1分でご就寝。
20130804 weekend06.JPG

ほんとに楽しく遊びまくった週末でした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年08月02日

小虎の日本語

日本から帰ってきて以来、デイケアの先生に“もうあまりに日本語で話しかけられ続けて何言ってるかわからない〜”といわれる。

確かに、もともとよくしゃべっていたのが、帰ってきてからほんと2倍のスピード、内容量で一日中話している感じ。前はそこまでは流暢じゃなかったから、先生たちも聞き逃せたんだろうけど…

小虎はあかちゃんぽいしゃべり方ではなく、じっと目を見ながらものすごくしっかりはっきりしゃべるので(“ことらくん、シンケンジャーの、シンケンイエローの、はなおりことは(人名)がすきなんだー!”とか“ことらくん、いっぴつそうじょう(一筆奏上=シンケンジャーの変身の言葉)でシンケンブルーにヘンシンするんだ!”くらいいっきにいう)多分先生たちも反応してあげられなくて困るのだろう(^。^;)

しかし、日本語がわかったとしても、どっちにしても内容はわからないだろうけど(^。^;)

時間だけ見たら、平日の10時〜5時デイケアにいるということは、そこでの滞在時間7時間、私とだんなサマが一緒にいる時間は8時〜10時+5時〜9時=6時間だけど、私たちには土日があるし、デイケアでのお昼寝時間を考えると時間だけでも私たちといるほうが勝っている。さらに、昼間一緒にいられない分をカバーしようと思って、生まれたときから、返事もないのにほんと自分的には片時もサボらず、話しかけ続けてきたから、この結果はある意味期待していたんだけどね。

ただ、そうはいっても1歳2ヶ月からずっとこっちのデイケアなのだから、英語のほうも適当に先生たちとしゃべってくれるだろうと思っていたのだけど、日本語のほうが流暢になりすぎて、そっちが先に出てきてしまうらしい。

明らかに言葉によるコミュニケーションの楽しさをわかっているから、先生たちにも話しかけずにいられないんだろうなあ…

というわけで、敢えて私たちは日本語しか使ってこなかったけど、少しくらいは今度は英語のほうも使ったほうがいいか思案中。

どっちにしても英語はできるようになるだろうけど、私としては将来的な小虎の言葉の能力は、一般的な他の子に比べて日本語50パーセント、英語50パーセント、ではなく、日本語100パーセント、英語100パーセント、でもなく、日本語120パーセント(漢字も含めて)、英語100パーセント(ここに関しては私は助けられないけど)くらいを目標に考えているので、どちらにも苦手感を持つことがないよう、できることは少しでもやり続けていくつもり。

日本語の不自由な日本人には絶対したくないし、言葉が両方きできるというだけで、最悪でも生きていくのに困らない程度の力をつけてあげることができるし、さらに他の能力をあとから自分で身につければ、それプラス語学の能力って、やっぱりすごいアドバンテージになると思うから。

いうなれば、ドラクエ3で(古っ)、剣士と魔法使いが転職して賢者になってるくらい、語学の堪能な何か別のことの専門家って使える存在だと思うんだよね〜

まあ未来の小虎次第だけど…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年07月13日

今日で2歳7か月!

日本に帰った影響もあると思うけど、ほんともう1,2か月前とは明らかに違う小虎。

言葉も、たとえばオイルヒーターを前に
“あついかな〜さわってみようかな〜”
と言って、おそるおそる触ってみて、実はついていないので冷たかったら一人で
“ぜんぜんあつくないじゃない!”
とつっこんでいた(爆笑)

この、“〜じゃない!”はおばあちゃん(私のままりん)からすっかりうつってしまった言葉。
“小虎くん、うんち出てないじゃない”
みたいに言われているうちに…( ̄▽ ̄;)

それから、私が痛がったり、悲しがったりすると、ものすごく慰めてくれるように。
ぎゅーと抱っこしに来て、両方のほっぺにちゅっちゅっとして、両ほほを手にはさんで
“だいじょうぶだよ”
とかいうのだ。

日本でのある日、弟君が遊びに来たとき、みんなで集合写真を撮るのを忘れて私が“ああーっみんなで写真取ればよかったぁぁっざんねん〜っっ”と何回もぼやいていたのを聞いていた小虎。
翌々日、日本を出発する日に、空港に見送りに来てくれたぱぱりんままりんとの別れに私が泣いていたら、

“まま、しゃしんとりたかったの?かなしいの?だいじょうぶだよ?”
といってまたぎゅーっと抱きついてきてほっぺにちゅっ。
母号泣です。

前は漠然と理解していたことを、もう論理立てて理解してる。
例えば、小虎を夜寝かしつける時に、
“いい子でねんねしててね、ままも着替えてーはみがきしてー頭うぃーん(ドライヤー)してきたらいっしょにねるから”
というと、私の髪の毛をさわって
“うん、ままあたまぬれてるね。頭うぃーんしてきていいよ”
とさわって確認してきたΣ( ̄ロ ̄|||)

電子レンジでタッパを温めて、内側にたくさん水滴がついているのを指さして
“あめふっちゃったの?ままおさらあらっちゃったの?”
(水がついているということは、雨が降ったか、私がお皿を洗ったかのどちらかだと理解している)

ほんと、なんて素晴らしい子供の脳の発達。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年05月28日

落雷!

ずっとあたたかかったのが、この週末から冷え込みはじめ、ついに室内が11,12℃ほどになってきたので小虎の寝る部屋はオイルヒーターをつけはじめた。(先週までは室内で15、6℃あった)

しかし今日はとんでもない天気で、朝6時ごろ、ちょっと聞いたことのないくらいの雨音で、あまりのすごさに私も小虎も半分目が覚めた。
そのままうとうとしていたら、多分7時台になってたと思うけど(遮光カーテンで真っ暗なんで)、ものすごい雷の音が!
絶対近くにおちた感じで、しかもものすごい長さで多分10秒以上は鳴り響いていたと思う。
こんな雷ははじめてだー

小虎もびっくりしてるので、
“カミナリだよ、怖いね〜一緒にお布団に隠れてようね〜”
といって、羽毛布団の中でぬくぬく抱っこしていた。小虎はいまだに掛け布団を嫌がって特に足にかかるとばたばた暴れて嫌がるので、クイーンサイズのベッドで一緒に寝てても一緒のかけ布団で寝ることはできない。でも今日はよっぽど音が怖かったのか、布団の中でしがみついてきててめずらしく布団での幸せ抱っこでした♪

そしてその雷のようやく消える音にかぶさるように、今度はヒョウが降ってきてバラバラとポーチのトタン屋根にものすごい音!!
最初雨かと思って外をのぞいたら、真っ白になっていた。

そうしてるうちに、小虎は抱っこのままうとうとして二度寝しちゃって超かわいい。でも、かわいそうだけどちょっと後に起こしました。
長く寝ちゃったら今度はお昼寝できなくて午後疲れきってぐったりしちゃうからやっぱり規則正しいほうが小虎にとって楽だから。

そしてひょうが降っただけあって、翌日の朝は普通一冬に2,3回しかない車のフロントが凍る朝となり、一気に真冬がやってきたかのようでした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2013年05月16日

子供の不幸が耐えられない

だんなサマとよくいってるのだが、子供が産まれてほんっとに涙もろくなった。
Yahoo!ニュースで小さい子供がなくなったニュースでも見ようものならもう子供にも感情移入、親にも感情移入で大変である。別に一般的に子供好きになったとうわけでもないのだけど、小虎に同じことがおこったら…と思うと、その親の気持ちをどうしても考えちゃって耐えられない気持ちになる。

これはほんと、産む前と産んだ後の、一番大きい違いの一つ。
前は、口先で“かわいそうー”と言ってたと思うけど、その同じニュースで、今は一人で号泣できちゃったりするわけで…


で、私は会社でバウチャーを発行する担当で、いろんな団体からファンドレイジングのためのバウチャーやマーチャンダイズ品の寄付のお願いが来るのだが、同時に、難病の子のためのファンドレイジングのためのリクエストなんかもくる。

今日来たレターを読んでいたら、Cystic Fibrosisという難病のHarryくんという3歳の子のために、家族が開くファンドレイジングのオークションのためのアイテムの寄付を求めるリクエスト。辞書でみると嚢胞性線維症と書いてるけど、知らないのでウィキってみると

「嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic Fibrosis)は、遺伝性疾患の一種で、常染色体劣性遺伝を示す。白人に高頻度で見られ、欧米白人では2500人に一人発病し、患者数は30,000人、最も頻度の高いユダヤ人のアシュケナジーでは25人に1人は保因者である。原因は塩素イオンチャネル(CFTR)の遺伝子異常で、水分の流れに異常をきたし粘液の粘度が高くなる。鼻汁の粘性が強くなると副鼻腔に痛みを感じ、痰の粘性が強くなると、気道を閉塞し肺炎を繰り返すようになり、ついには気管支拡張症をきたす。アレルギー性気管支肺アスペルギルス症も併発しやすい。胆汁の粘性が強くなると、胆石をおこしたり、膵炎をおこしたり、肝機能障害からついには肝硬変をきたす。ただし軽い場合は成人後発病することもある。医療の発達により寿命はのびてきたとはいっても30代である。」


もうこの寿命は…のところで(オフィスなんで心で)号泣。
しかも、この子の両親の書くブログも貼り付けられてて、普通に元気そうなかわいい金髪の子なのに、30歳代くらいまでしか生きられないなんて…

他のは後回しにして速攻寄付のバウチャー作成。マネージャーから指示が出てたのはうちの180ドル相当の賞品のバウチャーなんだけど、ほんとは勝手にもっと高いのに代えてあげたいくらいだーー


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎