2015年10月16日

ペンキプロジェクト (デイケア)

小虎のデイケアで、庭の塀になにやら新しい絵を描くプロジェクトをしていて、子供達が先生の指示で、毎日自分たちでペンキを塗ったりしている。
汚れてもいいようにいらなくなった大人のシャツを持たせてといわれていたのだけど、毎日いらなくなったパパの古ポロシャツをかぶってご満悦。
RIMG6564.JPG

ほんとはだしで走り回って、毎日着替えがいるほど、水遊びに、砂に泥にペンキに、どろどろになるほど存分やらせてもらって幸せだよね〜(キレイな服は週末にしか着せないのでこっちも気にもしない)
日本にもそういうアクティブな幼稚園もあるのだろうけど、かわいい制服きて汚さないように遊ばなきゃならないところのほうがやっぱり一般的っぽいから、自分だったら子供時代はこっちの国のほうが楽しそうだなー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ 
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年10月10日

お泊り会

だんなサマが1週間不在なので、週末友達のうちにお泊りにいってきたー

土曜日は一緒にプールに行って子供達を遊ばせ、あとは友達のうちで終始ごろごろしながらしゃべくってた(^。^;)
プールが思いのほか疲れて、親が眠くて眠くて…
遊びまくっていたのは子供たちなのに〜

お泊り会のいいとこは、日曜日の朝起きた時、子供達がすでに勝手に遊んでくれているので、それからどっかに出かけたりしなくていいところ。
RIMG6572.JPG

ご馳走さまでしたー♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年10月08日

最近の小虎(あと4日で4歳10ヶ月)

一時(ここ2ヶ月くらい)、なんかすごいご飯を食べなくて、固くもない肉をいつまでもくちゃくちゃ噛んでたり、ご飯時にいらいらさせられることが多かったのだけど、戻ってふつうにもりもり食べるようになってきた!ほんとよかった…ご飯の時がバトルだともう疲れきる☆(;>_<)

最近ものすごくかわったのが、友達とすごく上手に遊ぶようになってきた。

別におもちゃとかなくても、ごっこ遊びとか(別に変身ベルトとかないときでも)、ロールプレイ(ままごととか)で、今まで遊ばなかったような子とも、上手に遊んでるんだよね。
おかげで、ほんとデイケアでも今までになく楽しそうだし、プレーグループでもほんと楽しそうにしている。
たまにやたら仕切りたがって、大きいお兄ちゃんがいるようなとこだとうざがられているようだが…

デイケアでもけっこう人気者みたいで、朝小虎がつくのはもう10時近くで、一番最後なのですでにほとんどの子が遊んでる状態なのだけど、小虎を連れて行くと、別々に遊んでいる3つくらいの集団から“コトラ!こっちこいよ!”みたいに声がかかる。

あと、アイラという子が、小虎が大好きで、いくとまず来て、手をひいて連れて行こうとするのだが、“だめ!パパ(ママ)にばいばいしてから!”とか、だいたい冷たくふられている(^。^;)

だいたい子虎はハーパーが大好きで、ハーパーも小虎を好きでよく遊んでいるので、アイラはかわいそうなことになっているのだが…
昨日も、デイケアの先生がみんなに、
“今日一番楽しかったことを目をつぶって考えてみて”
といったんだって。

で、あとで小虎が先生のところにきて、“僕はね、僕が王子様で、ハーパーと今日シンデレラをしたのが最高だったの”とわざわざ言いにきたんだって(^。^)
ちなみに、あとで私がきいたら…

“ハーパーがシンデレラで継母は?”
“グレタだよ”
“じゃあシンデレラのお姉さんは?”
“アイラ”

やっぱし…かわいそうなアイラ(^。^;)


それから、以上に負けず嫌いで、ゲームの時とか絶対負けたくない。負けると泣くほど悔しがる。
プレーグループのときに、前にいるお母さんとじゃんけんして、負けたら降りる、というようなゲームがあると、負けるのが悔しすぎて最後まで出来ずにリタイア。
まあ私もけっこうそうだったけど、それにしても激しいわー。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ 
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小虎

2015年09月17日

デイケアに羊が。

小虎と志村動物園を見ていたら、ゲストにマギーが出てきた。
しばらくして小虎がびっくりした顔でつぶやいた。

“まま、このおねえちゃん、ままよりかわいい…”  …Σ( ̄ロ ̄|||)exclamation&question

ショックをうけるべきか、まもなく5歳になる今まで、ままよりかわいい人が1人もいなかったことを喜ぶべきか(^。^;)

小虎の好みはガイジン顔かな…一番すきな女の子は、ハーパーちゃん(金髪)だしね。

-----------------------------
ところで、3週間くらい前から、小虎のデイケアでは生まれたての子羊を飼っている。さすがNZ。
名前はルーシー。

8-9月は子羊の産まれるシーズンだからね〜
もうすんごい人に懐いていて、ずっと子供達や、主に面倒を見ている先生(夕方は自宅に連れ帰る)にくっついて歩き、寝るときは先生によりそってひざまくら…
子供達が順番にミルクをあげている。
RIMG6425.JPG

RIMG6436.JPG

先生と帰る時。
RIMG6427.JPG

超かわいいけど、この子はこれで、ちゃんと群れに戻って生きていけるのだろうか心配になってしまう懐きよう。
3ヶ月もすると、もう大人の仲間入りサイズになるそうで、クリスマスには牧場に帰るのだそうだ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年09月08日

小虎発熱

最初は熱はなかったのだが、どうもほっぺたが妙に赤くなったり、いつもより朝ぐずったりするので嫌な予感がしていたら小虎やっぱり発熱。
火曜日午後に、熱が高いとデイケアに呼び出される。
で、昼にだんなサマが迎えに行き、3時に私が早退してかえる。

翌日も、夕方になると38度越えてくる。それ以外は特に症状もなくて比較的元気なのだけど。
水曜は私が、木曜はだんなサマが休んで、どうしても時間の都合のつかない何時間かは、だんなサマの職場の上の階にあるベッドに寝かせておく。 現代は、昔と違って、パソコンで動画とか見せられるのでかなり助かる。

金曜日は熱もなく、とりあえずデイケアに行ったけど、病み上がりでやっぱり疲れたよう。
念のため土曜日のプールは変更したけど、土曜日もなんとなく元気はないし、ぐずってよく食べないと思っていたらやっぱり再び発熱。熱以外の症状はないんだけどね…
で、日曜日は熱はないので公園でちょっとボール蹴ったりテニスのラケット振り回したりして、そのあとは買い物でちょっとショッピングトロリーに乗せながら買い物でちょっと歩き回ったりで時間をつぶす。

そんなわけで、小虎発熱のうちに終わった1週間でした…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年08月23日

ワイタケレのプールへ

毎週土曜日、小虎のスイミングなのだが、日曜日に起きたらまたプールにいきたいというので小虎と二人でいってきた。

小虎はマウントアルバートの波のプールが好きなのだが、行ってみたら来月まで工事中ということだったので、仕方なくワイタケレの波のプールまで遠征。

ほんっとにプールが好きだからなー

ここはほんと綺麗なのに、市営なので激安。小虎は5歳以下でただで、大人も5ドルなので二人で5ドル。
ただし、マウントアルバートのと違い、ウォータースライダーは別料金で一人4ドルかかっちゃうけど。

小虎は一人では微妙に怖がるくせに、一緒に滑るウォータースライダーは大好きなので、今回も多分10回近く一緒に滑らされた…それ自体はいいのだけど、滑るために4階分相当くらいの階段を毎回上るのに母はぐったり(^。^;)

さらに波のプールに、流れるプールに…と、ぱぱがいれば半分以上はぱぱに任せられるところを全部ついていかなねばならない。

小虎も当然帰りの車にのった途端に爆睡。やっぱだんなサマいるときのが楽でいいー!そしたら大人のジャクジーに入ったりもできるし。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年08月13日

最近の小虎 −4歳8ヶ月

最近は、家にいるときはほぼずっと紙とはさみとセロテープで何か作っている。
ほんとずっと。船とか飛行機とかナゾの物体とか(^。^;)

なので作品の数が半端ない。ちょっと見てないうちに、あっというまにこのくらいつくっている。
RIMG6274.JPG

セロテープも2週間でロール使い切ってしまう。でもとっても脳みそにもよさそうなので好きにさせてるけど、あまりに数が増えてきて、置き場所が…

仕事柄、ポスターの裏紙とかはいくらでもあるし(会社で捨てるだけの、終わっちゃったキャンペーンのポスターの裏とか配布されなかった分の去年のカレンダーとか)。
でも大きい紙あげると作品も大きくなるのでますます置き場所が…

そういえば急にかわった、と思うのが、ちょっと前まで意味不明なことで怒り狂っていたのがほぼなくなった。DVDが最初からではなく、途中からはじまったとか、大好きなトリフルトム(子供番組)のダンスをトムと一緒にやったのを、私に見てもらえなかったとかそういう大人には理解不能なポイントで、たまにだけど泣くほど怒ってたのがなくなった。

いまだにぬいぐるみとの会話は変わらず大好きで、週末の朝は必ずベッドの中で“まま〜うしさんしゃべらしてー”“まま〜じろーしゃべらして〜”からはじまって、私が人形を持つと、まず布団の中にかくれ

じろー “あれ、ことらくんがいない!”
小虎 “ここだよーじろー”
じろー “おはよう!ことらくん抱っこしよ〜”
小虎 “じろー、こっちの友達紹介するよ!”(といって違う人形持ってくる)


…この出だしはもうずーーーっっと変わらず。
そして会話は私が、もうご飯にしようとか着替えようとか言い出さねば、30分でも1時間でも続く(^。^;)

あ、あとつい2週間くらい前に、すべての家のドアのノブを開け閉めできるようになった!
日本の家と違い、ドアのノブの位置がとても高いから2,3歳のころは便利なことに自分でドアの開け閉めはイスでも持ってこない限りできなくて、4歳前後から、だんだん低いドアノブや、低い電気のスイッチは届くようになってきた。
そして突然、今までまったく届かなかったキッチンとラウンジの間のドアのノブもあけられるようになった!!

これで届かないのはさらに高い玄関のドアノブだけで、室内はすべて自分の手が届くようになったね!身長の伸びのほかに、手の長さの分も伸びるわけだから、できるようになるスピードも早いよね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年08月08日

水泳レッスン―クロール

先週先生から、来週から小虎は上のクラスね〜
といわれたので、今日から新しいレベルになった小虎。
クラスはいつも先生1人に子供2人か3人で、4人になったらもう1人先生がつくって感じ。

今までのレッスンでは、主に手は使わない状態で、面かぶりとか背泳ぎをやって、途中で体を回転させることでそれを交互にするって感じだったのが、今回からは面かぶりにしっかり手がついて、息継ぎはまだないけど形だけはいきなりほぼクロールができてる。
子供ってすごいねー今週で4歳8ヶ月だけど、ちゃんと練習してたら、5歳前でクロールができるようになるんだもんね…。

ここのプールがいいのは、隣にいつでも遊んでいい普通のYMCAのプールがあることで、レッスン自体は20分しかないけど、レッスンの後、そのまま小虎は1時間くらい遊んでいる。
私もスイミングに行っていた間、練習は嫌いじゃなかったけど、好きに泳げる時間が一瞬もないのは、いつもつまらなかったからこれってすごくいいと思う。練習の後に、好きに楽しく遊べる時間が取れるっていうのは、スイミングにいくのも、より楽しくなると思うし。

ちょうど同じくらいのレッスンの時間に、デイケアで小虎が一番好きな女の子ハーパーちゃんもきていて、タイミングがあうとそこで一緒に遊べる至福の時間があるわけだけど、面白いのは、まだクロールとか習っていなかった時でも、彼女が来ると、
“Harper, look, can you do this!”
とかいいながら、クロールもどきを披露していたこと(^。^;)
他のレーンで泳いでいる大きい子とか見るから、ちゃんとクロールができたほうがかっこいいってわかっているのだね〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年07月29日

みかんが好きすぎる

冬なのでみかんのシーズン。
小虎がみかんが好きすぎてみかん病になりそう(^。^;)毎食後欲しがるので、1回1個ずつにしてるけど、それにしても1日最低3個は食べる。

最近の日本のみたいに改良しまくった甘い、大きい、皮の薄いやつではなくて、多分日本だったらうちらが子供のころ給食で食べてたようなやつに近い?ちょっと小さめ、固めの野趣溢れる感じの。普通にはおいしいけどね。

全体的にはこっちでマンダリンと呼ぶんだけど、なぜかやや日本風なやつは、スーパーとかでは名前がマンダリンSatsuma(さつま)となってるんだよね。まだエヒメとかなら納得なんだけどな…

とにかく小虎はお気に入りで、一日中欲しがるので困ってしまう。

“ただいまーみかん食べていい?”

“(ご飯)ごちそうさまーみかんたべていい?”
って感じ。

いいんだけど、この歳でみかん食べすぎはどうなんだろう…?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年07月23日

デイケアのトランジションプログラム

小虎が小学校入学となる5歳まであと半年。
デイケアでは、このくらいから、小学校への入学準備として、トランジションプログラムというのがはじまる。同じくらいの歳の子供達と、先生たちに、いろいろ教わったりする時間が増えるそう。

何を教えるの〜と先生に聞いたら、数字のカウンティングとか、名前が書けることとかが中心だよというので特に何も思ってなかったのだけど、たまたま見かけたら、習っていることが高度で驚いた。

例えば昨日は迎えにいったら、ホワイトボードに太陽から冥王星までの図が書いてあって、それぞれの星に、教えた時にいたのであろう子供たちの名前が。
例えば、リサは地球にいて、小虎はジュピターにたってて、キングスリーはサターンに立ってる…みたいな絵。もう惑星の勉強すかΣ( ̄ロ ̄|||)

そして、今日は心臓と脳と血について勉強したよ〜といって、家で書いてくれた絵がこれ。
transition.jpg

いや、なんかちゃんと心臓から血が流れていって、そして心臓に帰ってくるということはわかってるらしき絵なんでびっくり。しかも循環器系だけでなく、消化器系も書いてある…
こんなん最初に習ったの小学校の4年生とかだった気が(^。^;)

まだ英語のスペルもかけないのに(CatとかDogとかくらいしか)、なんかすごい難しいことを勉強してるらしいけど、楽しいみたいだからいっか…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年05月13日

最近の小虎

今日で4歳と5か月。

もうしゃべるわしゃべるわ…
もともとずーーっとしゃべり続けている子だったけど、最近は表現が流暢になった分、さらにスピードが増して、しゃべっている内容が激増。

そうやって少しでも日本語を学校に入る前に“母国語”として確立しておきたいから、できるだけつきあうけれどほんとうっとおしいほどのしゃべり様(^。^;)
一緒にいられるのが、朝と夕方5時半から寝るまで9時半と限られているからできるだけつきあえるけど、これ専業主婦だったらつらいかもね( ̄▽ ̄;)

ちなみに、子供の日で計ってみたら、身長104センチ、体重ぴったり18キロ。これほどまでに食べるのに、体重は半年以上ほとんどかわっていない(ようやく最近17.5→18で、500gくらい増えた)。でも身長だけすっごい伸びてるからどんどん体が細くなってるんだろうなー

朝出る前にも、寝る前にも、多分20回くらいはチューと抱っこしてきてもうべたべた。
でも友達がフェイスブックで送ってきたこれなんかみたら、やっぱ今のうちにいっぱいべたべたしなきゃなーって。
fb.jpg
(ほんとは、子供についいらいら怒ってしまうようなお母さんに向けてのメッセージなんだけど。訳すと、
“人生でこんなにも愛されることはもうないよ。ストレスを感じて、さわられたくもないくらい消耗しきってるようなある日には、これほどまでに愛されることはもう将来ないってことを思い出して。ある日、今度はあなたが子供たちへの愛情を求める日がくるよ。優しい声と、手と、愛を選んで”)

今はこんなにいつでもチューしてきて、抱っこして、寝顔みてもチューして、どこに触っても許されるというのに、もう10年後にはできないなんて切ないね〜(T T)
いったい何歳までは、寝顔にちゅーしても犯罪じゃないだろうか。10歳はいいとして15歳は?20歳はやっぱもう犯罪?(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年05月03日

湿地帯

久しぶりに何の予定もない小虎と二人だけの日曜。

というわけで、久しぶりに近所の(車で5分)のところにある、湿地帯の公園にいってみた。1周歩いてちょうど1時間の散歩道があって、犬を散歩させてる人がほとんど。

RIMG5716.JPG

RIMG5719.JPG

RIMG5731.JPG

前に来た時は、小虎と一周するのに、なんだかんだで2時間近くかかってかなり疲れたけど、今回はもう全然普通に50分くらいで一周できてしまった。歩くの早くなったなー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月17日

友達のうちにお泊り―5歳誕生日入学システムの問題点

金曜日友達のだんなサマが不在ということで、会社の終わったあと、小虎連れて友達のうちにお泊りに。
うちもたまたまだんなサマ仕事でちょうどよかった。

なんだかんだで毎週でかけているよね(^。^;)

金曜夜の企画ってホント好きぴかぴか(新しい)
なんか週末が長くなったように感じるし。

夜はついてまた遊ぶと興奮して寝なくなるから、“今日はついたらすぐ寝て、起きたらいっぱい遊んでいいからね!”と言い聞かせて、ついたら速攻寝かせる。(いつも寝る9時過ぎに到着するようにする)
すると夜は大人の時間〜♪

3時間くらい、のんびりおしゃべりして過ごせるのであった。
そしてだらだらしゃべっていたら、5歳になったら入学するシステムの問題点がなんか明らかに。

一ヶ月くらい前に、NZの学校システムについてめっさ詳しくかいた。
http://rianz.seesaa.net/article/416181740.html
http://rianz.seesaa.net/article/416181924.html

要するに、5歳になったらYear0として入学するけど、2月1週目の新学期(NZは1学年がイコール1月〜12月だけど、1月は夏休みだから新学年は2月から)開始とともに、全員Year1になるということ。

小虎は12月誕生日だから、Year 0いっさいなしで、Year 1開始となるのだけど、まあ別にそんなもんかーと普通に思ってた。

ただ、みんな今年5歳になる子を持つお母さんと話し合ってみると、例えば6月誕生日の子は、実際の1年生開始までに、0年生として半年もすでに学校に通っていて、学校に慣れていることができる。
10月開始の子は2ヶ月。
小虎の場合だったら、こういう子たちの中に、いきなり準備期間なしで放り込まれるわけだ。

考えてみれば、小虎が一番よく遊ぶ友達は6月生まれで、半年の開きがあるけど、やっぱりそっちの子のほうが早く出来るようになるものが多い。最近やたら子供達の間ではやったゴムバンド編みとか、その子ができるようになって、やっぱり数ヵ月後に小虎が同じように興味もったり。

つまり、もし小虎とそのこがおなじ学校に入るとしたら、6月生まれのその子は、単に6ヶ月早く産まれているというアドバンテージがあるというだけでなく、すでにその学校に半年通った経験がある上で、2月の段階で小虎もその子も、同じ1年生になるということ。

小虎は場所見知りも人見知りも今のとこ皆無だからあまり心配していなかったけど、今日泊まりにいったうちの子は友達付き合いがあまりうまくない上、小虎よりちょっと早いだけの11月生まれ。
だから、6ヶ月の間にそこそこ出来上がっているであろう子供達の人間関係の中にうまく入れるか心配みたい。

これを日本風にわかりやすく説明すると、4月とか5月生まれの子は、ほんとの1年生になる翌年4月まで、5歳の誕生日から0年生としてすでに何ヶ月も学校に通っているのに、2月、3月生まれの子は、一番年も小さい上に、5歳になるのが1年生になる直前だから、0年生の期間なしでいきなり4月から1年生になるって感じ。そしてそこには、既に去年から何ヶ月も通ってきてる慣れきった子たちがいるわけで。
確かに大人しい3月生まれの子を持つ親なら、心配になるシチュエーションじゃない?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月13日

小虎4歳4ヶ月

最近の流行りはひたすら工作。
帰ってくると、ずーっと紙を切ったりテープではったり…

みてるとほんとおもしろくて、突然サイコロみたいな立体の箱をつくろうとしたらしく、四角形を6つ切り出して、それを全部セロテープでくっつけようとするから、それだけで30分以上はやっていたよ…(後ほど図形から切り出す方法でおしえてあげた)

テレビは、親の都合により(^。^;)今年に入ってからずっと一緒にワンピースを一日一話みてきて、ようやくアラバスタあたりについたとこ。
この辺まではストーリーが単純だったから普通にみてたけど、このあとはひとつの話の中での場面転換とかが増えて、登場人物も増えるから話が難しくなるなあ〜


小虎はママが大好きすぎて、パパをすごいないがしろにするんだけど(かわいそうなだんなサマ(^。^;))、それでもだんなサマも普通の家のお父さんたちよりはかなり小虎と時間とってる。
それで、小虎はパパと寝るのも平気だけど、また突然久しぶりのブームで、朝起きたとき、隣に寝てるのが私だと大喜び、パパだとおこる…というのをやってる。
ここ数ヶ月おさまってたんだけどね。
ママとしてはうれしいんだけど、ここまでアカラサマだと、だんなサマがかわいそうすぎることも(^。^;)

私が子供の頃は、たとえままりんが好きだとしても、気配りするお子様だったから、そんなこととても言えなかったのに、小虎はパパがベッドに連れて行こうとすると
“小虎はママがすきなんだけど…ママがいいなあ…”
なんてパパに訴えるので、ほんとかわいそうなだんなサマ(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月10日

楽しさ数倍

4歳って、2歳3歳の時から比べて、そこまで変わった気がしてなかったけど(小虎は最初からよくしゃべったし)、それでも今その頃の写真を見返すと、たった1,2年前とかなのに、その頃のいたいけなさになんか涙がでちゃう(^。^;)
まだ今だって、十分かわいいのだけど…

ほんと、これからの人生で、今までの数年+これからの10年より楽しい期間はもうない気がしちゃうよね…早く子育て終わりたいとか別に全然ないもん(^。^;)
自分の人生にプラスして、小虎の人生で2倍楽しめてるだけで。

例えば1人でどこかに行ってきれいだな〜とか思ったとしてもそれだけだけど、さらにそれプラス小虎がすごい楽しそうに遊んだりしたら、それだけで楽しさが2倍。
自分が大して興味のない場所とかだったとしても、小虎が楽しんでればそれで十二分に楽しんだ気分(ハワイでもなきゃ、1人でもうビーチとか行く気しないもん(^。^;))。

多分、まだ20代のころだったら、自分の興味がたくさんあって、“あ〜たまには子供おいて遊びにいきたい!”ともっと思ったと思う。
でも、はっきりいってそろそろ自分のどうしてもやりたかったこと(20代のころの馬鹿げた遊びとか、海外いきたいとかそんな)はけっこう一通りやりつくして、30代前後から、興味が結婚するとか、家を買うとか、家のリノベーションするとか、パートナーとすることに移り、それも一通り全部やったので、もう子供が楽しんでるだけでよくなっちゃったんだよね〜(枯れてるな〜わし(^。^;))

で、もう自分1人でビーチに行って能動的に(ここポイント)楽しむとか、動物園にいくとか一人なら絶対しないけど、子供とならそれがもう一回楽しめる。

さらに、自分の人生ではとっくに終わったイベント、お遊戯会だの入学だの運動会だのそういうのの人生二回目を楽しめる。自分の時を思い出しながら、また子供の楽しむ姿で満足したりして。
もう思い出すこともなかったような、自分のちっこい頃のことが、思い出されたり、ああ、親がこうしていたのはそういう意味だったのか〜とわかってさらに面白かったり。

よく考えたらおばあちゃんたちは、孫の運動会に行ったりしたら、同じものをまた3週目楽しめるわけで(しかも今度は自分の子供達の楽しみと、孫の楽しみで3倍楽しい)、そういう意味では子供いるほうが、ほっといても人生楽しめるよな〜とは思う。

ほっといてもというのは、子供いない人はいない人の人生の楽しみがあるにしても、それはあくまで能動的に、自分の楽しみを追求してかなきゃならない気がするが、おばあちゃんたちみたいに、自動的に運動会だのがやってきて、しかも参加する孫をただ見てるだけで、幸せになってしまう的な、 “ほっといても”おこる的なイベントって意味で。
ある程度人生の後半に、自分のいろんなやる気が失せてきたころには、そうやってほっといてもやってくる楽しいイベントが年に数回あるっていうのはいいよね。(今は自分のことで忙しい元気なお年寄りも多いけど)

今のおばあちゃんたちは、自分の子供の結婚式だけで数回楽しめ、その孫のでも数回そんなイベントがあったけど、うちらの場合は、もし小虎が結婚しなかったり、子供つくらなかったらそれでおしまいだもんな〜

そういう意味では子沢山な人うらやましい。今が大変でも、人生後半にリターンがあるよね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月20日

バロット通った!!―NZの小学校の話

NZに長く住んでても、自分たちにまったく関係なかったからよくしらなかったNZの学校システム。
小虎がついに来年5歳で入学となるので、いろいろ人から聞いたりしてるうちに、やっと最近仕組みを知るようになった。

まず、ナゾに思っていた全員5歳の誕生日から入学で、どうやって次の学年にいっせいに年度があがるのか、ということ。
私と同じく知らない人のために書くと…

NZでは、1年生であるYear1の前に、Year0というのがあって、5歳になるとまずYear0として入学する。
つまり、全員学年が上にあがる2月(NZでは、1学年が1月〜12月の1年だけど、12月半ば〜1月が夏休みなので2月から新しい学年)までに、それぞれ違う長さのYear0に通うということ。
5月生まれなら、8ヶ月Year0の期間があり、もし10月生まれなら10、11、12月の2ヶ月くらいしかYear0がないということで、全員一斉に2月にYear1となる。

ところが、小虎のように12月〜2月生まれの子の場合は、Year0はまったくなしで、いきなりYear1となり、ましてや3月生まれなんて、Year1が1年より欠けてしまうそう。4月生まれくらいが一番微妙で、Year0を年末までしてからYear1に入るか、それともYear1にいきなり入ってYear1を10ヶ月くらいで過ごすかは親の選択によるそう。
つまり、日本で言う3月末ごろ〜の生まれの人たちは、どっちの学年に入るか選択可ということらしい。

まあ自分が体験してない世界なので、最初の1年は毎週新しい子がクラスに入ってくるという状況がイマイチイメージできないが…

そんなわけで、とにかく小虎の入学は年明けの2016年2月からとなる。Year0という準備期間ないかわり、ここだけ、12,1月の誕生日の子がまとめて入ってくるから、それはそれでいいのかも。特に小虎の場合は、ずっとデイケアだからもともと集団生活に慣れてるし。

そして、前に書いた学区の話。
NZでは、公立は基本学区制だが、日本のように公立の小学校ならどこも大差ないというのと違い、学校がはっきりと10段階にレベル付けされている。
それをディサイル(Decile=10段階評価のこと)と呼ぶのだが、うちはもし学区どおりの学校に小虎をやったとしたら、Decile2…10段階中の2…とてもじゃないけど、小虎をそんな学校に入れることはできない〜っ

最近は急激な住宅バブルで住宅地が広がって、もともとDecileがかなり低い学校でも、すでに中流以上の家庭の子ばかりというエリアもあるから、一概には言えないのだが、うちのエリアの学校は、もういかにもDecile2です〜という雰囲気が漂いまくっているので絶対無理。
イメージ的には、小学生のくせに、すでにパーカーのチンピラかぶりをして、チンピラ歩きしてる感じのマオリの子がいる…みたいな。

で、その場合どうするかというと、賃貸で住んでいる人なら、もういい学区のあるエリアに越してしまうのが一番早い。だって、入学の条件ははっきりと住所だけなんだもん。
ただし、そういういい学区にある賃貸は、需要があるわけだから当然高い。不動産価格も、基本的には高くていいエリアなら、そこの学校の評価も基本的に高いということになる。

つまり、decileの高い学校には、主に、その高級なエリアに住めるような収入のある家庭の子供か、例え学区じゃない遠いところからでも、わざわざ子供をいい学校に入れるために送り迎えしようとする意識の高い家庭の子供が多いということになる。

その意識の高さを表した、かなり有名なニュースがこれ(英語だけど10分程度なんでみてみてー)。
http://www.3news.co.nz/tvshows/campbelllive/lunchbox-differences-in-decile-1-and-decile-10-schools-2012091016

まあDecile10の学校のランチですらたいしたことないというのは置いておいて(^。^;)、Decile1の学校の子はランチなしか裸の食パンだけとかって…

やはりこういう学校には入れられません(涙)まともなお弁当なんてもたせたら、全部盗られちゃうんじゃないの??

長くなってきたので続く。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月15日

自転車練習

午後は嵐がくる〜というので、午前中公園に行って自転車の練習。補助輪つき。
前にキックボードの練習してた、だだっ広いネットボールコートにて。

バランスバイクは乗りまわしてるのに、相変わらずペダルがまったく漕げないのだよね…

しかし小虎はこういうの(ゆれる乗り物)にけっこうびびりで、めちゃくちゃゆっくりこぐうえに、まっすぐなコートに、ほんのちょっと段差(ともいえないくらい、マンホールのふた程度の凹凸)でも、“ままー!一緒に持ってー!”と叫ぶので(補助輪ついてるのに…)練習になってるかどうか、かなり疑問なのであった(^。^;)
まあはじめは慣らしからね…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月14日

土曜はスイミング

ほんとにいい天気〜♪
しかし、実はかなり大型のサイクロンが近づいているらしく、日、月は雨になるらしい。

ということで、だんなサマが小虎をスイミングに連れて行っている間に、せっせと洗濯と掃除。
しかし誰もいないとはかどる…

今行ってるYMCAのプールは、レッスン自体は20分しかないのだけど、周りに普通に遊べるプールがあって、レッスンの前と後に、そこで少し遊ばせてあげられるのがすごくいい。
レッスンなしでも、もともと子供は無料なので遊ばせても問題なし。
レッスンだけだとせっかくプールに入っても遊びたりないだろうから、これはすごくいい。特に予定がなければ、レッスンのほかに1時間くらいは入っている。

ヒマなときは、だんなサマも5ドル払って一緒に入ってくる。

私も小学校でスイミング行っていた時、せっかくのプールなのにほんと好きに遊べないのはつらくて、2ヶ月に1回かなんかの昇級試験のときだけ、もし全員の試験が予定より早く終わると、5分とか10分だけだけど、好きに泳いでいい時間があって、もうそれだけが一番の楽しみだったな…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月13日

最近の小虎 (4歳3か月)

先月、最近小虎がすっかりルームバンドでアクセサリーを作るのにはまっていると書いたと思うけど、それがたった1か月かくらいで、一人でここまでのレベルのものを作れるように…
手伝ってるのは、一番最後にS字のクリップをとめるところだけで、他はほんとにすべてひとりで作ってる。
あのいもむしみたいな短い指で、ここまで細かいことができるようになるとは大したものだー!

他の最近の流行りは買い物メモを書いてくれること。

私が買いものに行くとき、いつもたまごだのミルクだの書いたメモをみているから、それを真似してメモを書くように。
練習として文字書かせている以外で、はじめて自分の意思で小虎が書いたものかも。
文字が、こういう風に(買い物メモとか)使用されるっていう意味を、理解しはじめていると思う。

それから、先週一緒にナウシカをみたのだけど、あれだけ長くてももうちゃんと全部みて、だいたい理解してる。
全部一緒にみたから、途中説明しながらだけど、最後のオームの大暴走のところで、前におばば様が、過去に腐海を焼こうとするたび、オームの大暴走で国が滅んでいった、という話をちゃんと理解してて
“昔と同じことになったね”
とか言うからびっくりΣ( ̄ロ ̄|||)

ちゃんと理解してるし。私はじめてナウシカみたの、小学生のころだったけど、全体的には全然理解してなかったよ…まあ小虎みたいに、こうやってコマーシャルも入らないDVDで、横から難しいところは母が全部説明してあげるなんていうサービスはなかったにしても。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月01日

小虎のいじわる

この旅行中に思ったのだけど、小虎が特になかよしでよく遊ぶ4歳半のKと、ほんとに今までなく友情が深まった模様。

今までも仲良しだったし、もちろん友達ってわかってたけど、親いなくてもほんとに二人でつるんで遊んでて、明らかに一段階今までと違うレベルで遊べるように。

そのかわり、一緒に来ていた同じ4歳の女の子をはずすということは初めてして、例えば、子供用のテントにKと二人だけで入って、今女の子のほうには入っちゃダメといったり。

もちろん親としては、これからは、そういうことしないで、みんなと仲良くするようにいっていくことになるけど、今までは誰かととりたててつるむとか、はずすとかもなく、全員でわらわら走り回ってる感じだったのが、そういう好みとか、誰と何がしたいとかがはじめて現れてきて、これもほんとひとつの成長だなあ…と。

今までは、自分が使ってるからおもちゃを貸したくない、ということで怒っても、今Kと遊んでるから、女の子のほうは中に入っちゃダメ、といういじわるの仕方ははじめてで。

今までは男の子女の子かまわず、親が仲のいい子たちと遊ばせてた感じだけど、確かにこれから性別の違いも多少問題になってくるね。
自分が幼稚園の時考えても、すでに多少は何々君がかっこいいとかもあったしね…(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎