2015年05月13日

最近の小虎

今日で4歳と5か月。

もうしゃべるわしゃべるわ…
もともとずーーっとしゃべり続けている子だったけど、最近は表現が流暢になった分、さらにスピードが増して、しゃべっている内容が激増。

そうやって少しでも日本語を学校に入る前に“母国語”として確立しておきたいから、できるだけつきあうけれどほんとうっとおしいほどのしゃべり様(^。^;)
一緒にいられるのが、朝と夕方5時半から寝るまで9時半と限られているからできるだけつきあえるけど、これ専業主婦だったらつらいかもね( ̄▽ ̄;)

ちなみに、子供の日で計ってみたら、身長104センチ、体重ぴったり18キロ。これほどまでに食べるのに、体重は半年以上ほとんどかわっていない(ようやく最近17.5→18で、500gくらい増えた)。でも身長だけすっごい伸びてるからどんどん体が細くなってるんだろうなー

朝出る前にも、寝る前にも、多分20回くらいはチューと抱っこしてきてもうべたべた。
でも友達がフェイスブックで送ってきたこれなんかみたら、やっぱ今のうちにいっぱいべたべたしなきゃなーって。
fb.jpg
(ほんとは、子供についいらいら怒ってしまうようなお母さんに向けてのメッセージなんだけど。訳すと、
“人生でこんなにも愛されることはもうないよ。ストレスを感じて、さわられたくもないくらい消耗しきってるようなある日には、これほどまでに愛されることはもう将来ないってことを思い出して。ある日、今度はあなたが子供たちへの愛情を求める日がくるよ。優しい声と、手と、愛を選んで”)

今はこんなにいつでもチューしてきて、抱っこして、寝顔みてもチューして、どこに触っても許されるというのに、もう10年後にはできないなんて切ないね〜(T T)
いったい何歳までは、寝顔にちゅーしても犯罪じゃないだろうか。10歳はいいとして15歳は?20歳はやっぱもう犯罪?(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年05月03日

湿地帯

久しぶりに何の予定もない小虎と二人だけの日曜。

というわけで、久しぶりに近所の(車で5分)のところにある、湿地帯の公園にいってみた。1周歩いてちょうど1時間の散歩道があって、犬を散歩させてる人がほとんど。

RIMG5716.JPG

RIMG5719.JPG

RIMG5731.JPG

前に来た時は、小虎と一周するのに、なんだかんだで2時間近くかかってかなり疲れたけど、今回はもう全然普通に50分くらいで一周できてしまった。歩くの早くなったなー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月17日

友達のうちにお泊り―5歳誕生日入学システムの問題点

金曜日友達のだんなサマが不在ということで、会社の終わったあと、小虎連れて友達のうちにお泊りに。
うちもたまたまだんなサマ仕事でちょうどよかった。

なんだかんだで毎週でかけているよね(^。^;)

金曜夜の企画ってホント好きぴかぴか(新しい)
なんか週末が長くなったように感じるし。

夜はついてまた遊ぶと興奮して寝なくなるから、“今日はついたらすぐ寝て、起きたらいっぱい遊んでいいからね!”と言い聞かせて、ついたら速攻寝かせる。(いつも寝る9時過ぎに到着するようにする)
すると夜は大人の時間〜♪

3時間くらい、のんびりおしゃべりして過ごせるのであった。
そしてだらだらしゃべっていたら、5歳になったら入学するシステムの問題点がなんか明らかに。

一ヶ月くらい前に、NZの学校システムについてめっさ詳しくかいた。
http://rianz.seesaa.net/article/416181740.html
http://rianz.seesaa.net/article/416181924.html

要するに、5歳になったらYear0として入学するけど、2月1週目の新学期(NZは1学年がイコール1月〜12月だけど、1月は夏休みだから新学年は2月から)開始とともに、全員Year1になるということ。

小虎は12月誕生日だから、Year 0いっさいなしで、Year 1開始となるのだけど、まあ別にそんなもんかーと普通に思ってた。

ただ、みんな今年5歳になる子を持つお母さんと話し合ってみると、例えば6月誕生日の子は、実際の1年生開始までに、0年生として半年もすでに学校に通っていて、学校に慣れていることができる。
10月開始の子は2ヶ月。
小虎の場合だったら、こういう子たちの中に、いきなり準備期間なしで放り込まれるわけだ。

考えてみれば、小虎が一番よく遊ぶ友達は6月生まれで、半年の開きがあるけど、やっぱりそっちの子のほうが早く出来るようになるものが多い。最近やたら子供達の間ではやったゴムバンド編みとか、その子ができるようになって、やっぱり数ヵ月後に小虎が同じように興味もったり。

つまり、もし小虎とそのこがおなじ学校に入るとしたら、6月生まれのその子は、単に6ヶ月早く産まれているというアドバンテージがあるというだけでなく、すでにその学校に半年通った経験がある上で、2月の段階で小虎もその子も、同じ1年生になるということ。

小虎は場所見知りも人見知りも今のとこ皆無だからあまり心配していなかったけど、今日泊まりにいったうちの子は友達付き合いがあまりうまくない上、小虎よりちょっと早いだけの11月生まれ。
だから、6ヶ月の間にそこそこ出来上がっているであろう子供達の人間関係の中にうまく入れるか心配みたい。

これを日本風にわかりやすく説明すると、4月とか5月生まれの子は、ほんとの1年生になる翌年4月まで、5歳の誕生日から0年生としてすでに何ヶ月も学校に通っているのに、2月、3月生まれの子は、一番年も小さい上に、5歳になるのが1年生になる直前だから、0年生の期間なしでいきなり4月から1年生になるって感じ。そしてそこには、既に去年から何ヶ月も通ってきてる慣れきった子たちがいるわけで。
確かに大人しい3月生まれの子を持つ親なら、心配になるシチュエーションじゃない?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月13日

小虎4歳4ヶ月

最近の流行りはひたすら工作。
帰ってくると、ずーっと紙を切ったりテープではったり…

みてるとほんとおもしろくて、突然サイコロみたいな立体の箱をつくろうとしたらしく、四角形を6つ切り出して、それを全部セロテープでくっつけようとするから、それだけで30分以上はやっていたよ…(後ほど図形から切り出す方法でおしえてあげた)

テレビは、親の都合により(^。^;)今年に入ってからずっと一緒にワンピースを一日一話みてきて、ようやくアラバスタあたりについたとこ。
この辺まではストーリーが単純だったから普通にみてたけど、このあとはひとつの話の中での場面転換とかが増えて、登場人物も増えるから話が難しくなるなあ〜


小虎はママが大好きすぎて、パパをすごいないがしろにするんだけど(かわいそうなだんなサマ(^。^;))、それでもだんなサマも普通の家のお父さんたちよりはかなり小虎と時間とってる。
それで、小虎はパパと寝るのも平気だけど、また突然久しぶりのブームで、朝起きたとき、隣に寝てるのが私だと大喜び、パパだとおこる…というのをやってる。
ここ数ヶ月おさまってたんだけどね。
ママとしてはうれしいんだけど、ここまでアカラサマだと、だんなサマがかわいそうすぎることも(^。^;)

私が子供の頃は、たとえままりんが好きだとしても、気配りするお子様だったから、そんなこととても言えなかったのに、小虎はパパがベッドに連れて行こうとすると
“小虎はママがすきなんだけど…ママがいいなあ…”
なんてパパに訴えるので、ほんとかわいそうなだんなサマ(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年04月10日

楽しさ数倍

4歳って、2歳3歳の時から比べて、そこまで変わった気がしてなかったけど(小虎は最初からよくしゃべったし)、それでも今その頃の写真を見返すと、たった1,2年前とかなのに、その頃のいたいけなさになんか涙がでちゃう(^。^;)
まだ今だって、十分かわいいのだけど…

ほんと、これからの人生で、今までの数年+これからの10年より楽しい期間はもうない気がしちゃうよね…早く子育て終わりたいとか別に全然ないもん(^。^;)
自分の人生にプラスして、小虎の人生で2倍楽しめてるだけで。

例えば1人でどこかに行ってきれいだな〜とか思ったとしてもそれだけだけど、さらにそれプラス小虎がすごい楽しそうに遊んだりしたら、それだけで楽しさが2倍。
自分が大して興味のない場所とかだったとしても、小虎が楽しんでればそれで十二分に楽しんだ気分(ハワイでもなきゃ、1人でもうビーチとか行く気しないもん(^。^;))。

多分、まだ20代のころだったら、自分の興味がたくさんあって、“あ〜たまには子供おいて遊びにいきたい!”ともっと思ったと思う。
でも、はっきりいってそろそろ自分のどうしてもやりたかったこと(20代のころの馬鹿げた遊びとか、海外いきたいとかそんな)はけっこう一通りやりつくして、30代前後から、興味が結婚するとか、家を買うとか、家のリノベーションするとか、パートナーとすることに移り、それも一通り全部やったので、もう子供が楽しんでるだけでよくなっちゃったんだよね〜(枯れてるな〜わし(^。^;))

で、もう自分1人でビーチに行って能動的に(ここポイント)楽しむとか、動物園にいくとか一人なら絶対しないけど、子供とならそれがもう一回楽しめる。

さらに、自分の人生ではとっくに終わったイベント、お遊戯会だの入学だの運動会だのそういうのの人生二回目を楽しめる。自分の時を思い出しながら、また子供の楽しむ姿で満足したりして。
もう思い出すこともなかったような、自分のちっこい頃のことが、思い出されたり、ああ、親がこうしていたのはそういう意味だったのか〜とわかってさらに面白かったり。

よく考えたらおばあちゃんたちは、孫の運動会に行ったりしたら、同じものをまた3週目楽しめるわけで(しかも今度は自分の子供達の楽しみと、孫の楽しみで3倍楽しい)、そういう意味では子供いるほうが、ほっといても人生楽しめるよな〜とは思う。

ほっといてもというのは、子供いない人はいない人の人生の楽しみがあるにしても、それはあくまで能動的に、自分の楽しみを追求してかなきゃならない気がするが、おばあちゃんたちみたいに、自動的に運動会だのがやってきて、しかも参加する孫をただ見てるだけで、幸せになってしまう的な、 “ほっといても”おこる的なイベントって意味で。
ある程度人生の後半に、自分のいろんなやる気が失せてきたころには、そうやってほっといてもやってくる楽しいイベントが年に数回あるっていうのはいいよね。(今は自分のことで忙しい元気なお年寄りも多いけど)

今のおばあちゃんたちは、自分の子供の結婚式だけで数回楽しめ、その孫のでも数回そんなイベントがあったけど、うちらの場合は、もし小虎が結婚しなかったり、子供つくらなかったらそれでおしまいだもんな〜

そういう意味では子沢山な人うらやましい。今が大変でも、人生後半にリターンがあるよね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月20日

バロット通った!!―NZの小学校の話

NZに長く住んでても、自分たちにまったく関係なかったからよくしらなかったNZの学校システム。
小虎がついに来年5歳で入学となるので、いろいろ人から聞いたりしてるうちに、やっと最近仕組みを知るようになった。

まず、ナゾに思っていた全員5歳の誕生日から入学で、どうやって次の学年にいっせいに年度があがるのか、ということ。
私と同じく知らない人のために書くと…

NZでは、1年生であるYear1の前に、Year0というのがあって、5歳になるとまずYear0として入学する。
つまり、全員学年が上にあがる2月(NZでは、1学年が1月〜12月の1年だけど、12月半ば〜1月が夏休みなので2月から新しい学年)までに、それぞれ違う長さのYear0に通うということ。
5月生まれなら、8ヶ月Year0の期間があり、もし10月生まれなら10、11、12月の2ヶ月くらいしかYear0がないということで、全員一斉に2月にYear1となる。

ところが、小虎のように12月〜2月生まれの子の場合は、Year0はまったくなしで、いきなりYear1となり、ましてや3月生まれなんて、Year1が1年より欠けてしまうそう。4月生まれくらいが一番微妙で、Year0を年末までしてからYear1に入るか、それともYear1にいきなり入ってYear1を10ヶ月くらいで過ごすかは親の選択によるそう。
つまり、日本で言う3月末ごろ〜の生まれの人たちは、どっちの学年に入るか選択可ということらしい。

まあ自分が体験してない世界なので、最初の1年は毎週新しい子がクラスに入ってくるという状況がイマイチイメージできないが…

そんなわけで、とにかく小虎の入学は年明けの2016年2月からとなる。Year0という準備期間ないかわり、ここだけ、12,1月の誕生日の子がまとめて入ってくるから、それはそれでいいのかも。特に小虎の場合は、ずっとデイケアだからもともと集団生活に慣れてるし。

そして、前に書いた学区の話。
NZでは、公立は基本学区制だが、日本のように公立の小学校ならどこも大差ないというのと違い、学校がはっきりと10段階にレベル付けされている。
それをディサイル(Decile=10段階評価のこと)と呼ぶのだが、うちはもし学区どおりの学校に小虎をやったとしたら、Decile2…10段階中の2…とてもじゃないけど、小虎をそんな学校に入れることはできない〜っ

最近は急激な住宅バブルで住宅地が広がって、もともとDecileがかなり低い学校でも、すでに中流以上の家庭の子ばかりというエリアもあるから、一概には言えないのだが、うちのエリアの学校は、もういかにもDecile2です〜という雰囲気が漂いまくっているので絶対無理。
イメージ的には、小学生のくせに、すでにパーカーのチンピラかぶりをして、チンピラ歩きしてる感じのマオリの子がいる…みたいな。

で、その場合どうするかというと、賃貸で住んでいる人なら、もういい学区のあるエリアに越してしまうのが一番早い。だって、入学の条件ははっきりと住所だけなんだもん。
ただし、そういういい学区にある賃貸は、需要があるわけだから当然高い。不動産価格も、基本的には高くていいエリアなら、そこの学校の評価も基本的に高いということになる。

つまり、decileの高い学校には、主に、その高級なエリアに住めるような収入のある家庭の子供か、例え学区じゃない遠いところからでも、わざわざ子供をいい学校に入れるために送り迎えしようとする意識の高い家庭の子供が多いということになる。

その意識の高さを表した、かなり有名なニュースがこれ(英語だけど10分程度なんでみてみてー)。
http://www.3news.co.nz/tvshows/campbelllive/lunchbox-differences-in-decile-1-and-decile-10-schools-2012091016

まあDecile10の学校のランチですらたいしたことないというのは置いておいて(^。^;)、Decile1の学校の子はランチなしか裸の食パンだけとかって…

やはりこういう学校には入れられません(涙)まともなお弁当なんてもたせたら、全部盗られちゃうんじゃないの??

長くなってきたので続く。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月15日

自転車練習

午後は嵐がくる〜というので、午前中公園に行って自転車の練習。補助輪つき。
前にキックボードの練習してた、だだっ広いネットボールコートにて。

バランスバイクは乗りまわしてるのに、相変わらずペダルがまったく漕げないのだよね…

しかし小虎はこういうの(ゆれる乗り物)にけっこうびびりで、めちゃくちゃゆっくりこぐうえに、まっすぐなコートに、ほんのちょっと段差(ともいえないくらい、マンホールのふた程度の凹凸)でも、“ままー!一緒に持ってー!”と叫ぶので(補助輪ついてるのに…)練習になってるかどうか、かなり疑問なのであった(^。^;)
まあはじめは慣らしからね…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月14日

土曜はスイミング

ほんとにいい天気〜♪
しかし、実はかなり大型のサイクロンが近づいているらしく、日、月は雨になるらしい。

ということで、だんなサマが小虎をスイミングに連れて行っている間に、せっせと洗濯と掃除。
しかし誰もいないとはかどる…

今行ってるYMCAのプールは、レッスン自体は20分しかないのだけど、周りに普通に遊べるプールがあって、レッスンの前と後に、そこで少し遊ばせてあげられるのがすごくいい。
レッスンなしでも、もともと子供は無料なので遊ばせても問題なし。
レッスンだけだとせっかくプールに入っても遊びたりないだろうから、これはすごくいい。特に予定がなければ、レッスンのほかに1時間くらいは入っている。

ヒマなときは、だんなサマも5ドル払って一緒に入ってくる。

私も小学校でスイミング行っていた時、せっかくのプールなのにほんと好きに遊べないのはつらくて、2ヶ月に1回かなんかの昇級試験のときだけ、もし全員の試験が予定より早く終わると、5分とか10分だけだけど、好きに泳いでいい時間があって、もうそれだけが一番の楽しみだったな…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月13日

最近の小虎 (4歳3か月)

先月、最近小虎がすっかりルームバンドでアクセサリーを作るのにはまっていると書いたと思うけど、それがたった1か月かくらいで、一人でここまでのレベルのものを作れるように…
手伝ってるのは、一番最後にS字のクリップをとめるところだけで、他はほんとにすべてひとりで作ってる。
あのいもむしみたいな短い指で、ここまで細かいことができるようになるとは大したものだー!

他の最近の流行りは買い物メモを書いてくれること。

私が買いものに行くとき、いつもたまごだのミルクだの書いたメモをみているから、それを真似してメモを書くように。
練習として文字書かせている以外で、はじめて自分の意思で小虎が書いたものかも。
文字が、こういう風に(買い物メモとか)使用されるっていう意味を、理解しはじめていると思う。

それから、先週一緒にナウシカをみたのだけど、あれだけ長くてももうちゃんと全部みて、だいたい理解してる。
全部一緒にみたから、途中説明しながらだけど、最後のオームの大暴走のところで、前におばば様が、過去に腐海を焼こうとするたび、オームの大暴走で国が滅んでいった、という話をちゃんと理解してて
“昔と同じことになったね”
とか言うからびっくりΣ( ̄ロ ̄|||)

ちゃんと理解してるし。私はじめてナウシカみたの、小学生のころだったけど、全体的には全然理解してなかったよ…まあ小虎みたいに、こうやってコマーシャルも入らないDVDで、横から難しいところは母が全部説明してあげるなんていうサービスはなかったにしても。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年03月01日

小虎のいじわる

この旅行中に思ったのだけど、小虎が特になかよしでよく遊ぶ4歳半のKと、ほんとに今までなく友情が深まった模様。

今までも仲良しだったし、もちろん友達ってわかってたけど、親いなくてもほんとに二人でつるんで遊んでて、明らかに一段階今までと違うレベルで遊べるように。

そのかわり、一緒に来ていた同じ4歳の女の子をはずすということは初めてして、例えば、子供用のテントにKと二人だけで入って、今女の子のほうには入っちゃダメといったり。

もちろん親としては、これからは、そういうことしないで、みんなと仲良くするようにいっていくことになるけど、今までは誰かととりたててつるむとか、はずすとかもなく、全員でわらわら走り回ってる感じだったのが、そういう好みとか、誰と何がしたいとかがはじめて現れてきて、これもほんとひとつの成長だなあ…と。

今までは、自分が使ってるからおもちゃを貸したくない、ということで怒っても、今Kと遊んでるから、女の子のほうは中に入っちゃダメ、といういじわるの仕方ははじめてで。

今までは男の子女の子かまわず、親が仲のいい子たちと遊ばせてた感じだけど、確かにこれから性別の違いも多少問題になってくるね。
自分が幼稚園の時考えても、すでに多少は何々君がかっこいいとかもあったしね…(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年02月22日

今日は休憩

先週はカヤックにいったし、来週末も、友達3家族でおとまり大作戦の予定なので、今週はちょっと合間で片付けたりとかゆっくりしたりした。
どうも先週ひいた鼻かぜがなおらず、体調も動けるけど完璧ではなかったので。

ほんと、ちょっと空気が冷えるとのどが痛くなるはどうしたらいいんだろうなあ。


土曜日は小虎のプール+ホームセンターに壊れたタオルレールの換えを買いにいったら、そこのプレイグラウンドでたまたままったく同じ4歳くらいの子がいたので、その子たちと大騒ぎで遊んでた。まったく人見知りしないので、遊べそうな相手だと踏むやいなや、実はデイケアの友達かなんじゃなかいかとこっちが疑うくらい、普通に遊び始める。
昨日みていて笑ったのでは、遊んでいた子たちがたまたま滑り台の入り口みたいなところでごちゃっとしたら、 “何やってるんだよ〜、1人ずつ通るんだよ!(もちろん英語)”とか指示指図していた( ̄▽ ̄;)えらそうすぎる…(lol)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年02月20日

小虎が素直すぎる問題(月曜から夜更かし風に)

私は子供のころからけっこうませてひねていたというか、けっこう感情を表すのが苦手だった。
例えば、おいしい〜!とか、伝えるのはけっこう苦手というか。

小虎の表現方法が、あまりに素直で子供らしく、ほんとこれは誰に似たのだろうと思ってしまう。
だんなサマもけっこうおとなしくてひねた子供だったらしいし。

例えば私がめずーらしくスカートをはくと
“まま、かわいいね!おひめさまみたいだね!”
とか
好きなものがご飯に出てくると、
“まま(あるいはぱぱ)のごはんはほんとうにおいしいね!ままの(ぱぱの)ごはん、だ〜いすき!”
とか。(絶対わたしには言えん(^。^;))

感情表現がストレートすぎてほんと見事としかいいようがない。

でも、小虎に対しては、こっちだって
“小虎にあいたくて急いで帰ってきたよー!”
とか、
“だいすきだからちゅーしちゃうもんね〜”
とか言ってるわけで、いつの間にそんな気持ちを忘れて、ひねくれた大人になってきちゃったのかなあ…

でも、今子供のころを思い返してみると、私が何かいったことに対して、大人が面白がってコメントしたこと(こいつこんなこと言ったんだよ、と大人同士が話してたり)、悪意はなくても面白半分とか、からかってコメントされてるのにけっこう子供ながらに傷ついて、そういうことはもう言いたくなくなっていった気がする。(特に親戚のおじさんおばさんたち)

子供らしいことをいったとしても、意外とませたことをいったとしても、返事には、多分にからかいのニュアンスに含まれてて、こっちはいい気持ちがしなかった気がする。
例えばだけど、もし“ままのごはんおいしい〜”と言ったら、横にいる親戚のおばさんが、 “まーこの子は口がうまいこと!”だとか、“誰がえらいか、ちゃーんとわかってるのよね〜”ってコメントしたり。

はじめのうちはちゃんと意味がわからなくても、なんかいつも笑われたり、からかいのネタにされてるのはわかるから、そういうのが繰り返されてるうち、だんだんそういうコメントをいうのが嫌になっていったような気はする…。

自分がされて、なんかいい気持ちがしなかった気がするから、小虎に対しては、“ままほんとうにかわいいね!”とかいってきたら、大人にだったら、つい“ほめてもなんにもでないわよ〜”とかひねた返答してしまうところを、絶対に“ありがとう!小虎もほんとうにかっこいいよ!”という風に、ストレートな表現でしか返さないようにしてる。少なくとももう少し大きくなるまでは。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年02月15日

小虎不調?

昨日は海遊びのあと、そのまま獲物をもって一緒にいった友達のうちにいき、一緒にご飯を作って食べて、盛りだくさんの一日だった。

というわけで、日曜日はのんびりしようと思って特に出かけず、長らく洗っていなかった車を洗うのに、小虎に水着を着せて手伝わせたり、今日もすごく暑い日だったので、ホースでちょっと水遊びさせたりしていた。

が、午後になって、お稲荷さんが食べたいというので作った割にはあまりたべず(いつもは巨大なの3つも食べるのに)、そのままお昼寝して起きたら突然のリバース!!
お稲荷さん全部出てきた☆(;>_<)

特に熱がある風でもなく、吐いたらすっきりしたようで元気なんだけど、昨日ちょっと遊びすぎて疲れたかしら…
深刻でないのを祈る!
そうじゃないと今週つらい一週間になるぞー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年02月13日

最近の小虎

今日で小虎4歳2ヶ月。
最近できるようになったことと言えば、ここ1年くらい、NZではやりまくってたloom bandsのゴム編み。

前に一番簡単なやり方は教えたけど全然できなかったのに、2,3週間前、突然教えたとおりに道具を使って(しかもだいぶ前に教えただけなのに)一人で編んでてびっくり!(☉_☉;)
こういう細かいことができるレベルの指先の器用さとか、脳の段階に、突然到達したのだろうね!
しかも、最初の2,3本は適当な色のゴムで編んでたのに、その後は妙にキレイな出来上がりだと思ったら、7色くらいのゴムが、全部きちんと同じ順番で繰り返されていて、グラデーションができていてまたびっくり!
そんなこと教えてもいないのに。

ちょっと前までは、ぱぱと一緒に寝ていて、朝起きて私が隣に寝てないと、かなりぐずったり怒ったりして飛んできたりしたのに、最近はどっかに私がいるのわかってるから、もう私を求めるためだけにぐずったりしない☆(;>_<)母はちょっとさみしい〜
まあもう4歳だもんね…
私も弟が生まれてたこの段階で、そういうぐずり方はしなかったしね…

でも朝のルーティーンは健在で、ドアのところでぎゅっとしていってらっしゃいのキスして、それから私が裏の車のところに行くと裏の窓までまわってきてそこの窓からバイバイする。
窓もわざわざ開けて、だいたい“ままとずっといっしょにいたいけど、でも……(ここは日によって違う)、しょうがないからばいば〜い!”
といって車が見えなくなるまで手を振る。
この一連の流れができないとほんと怒り狂うので、忙しい朝には面倒だったりしたけど、これもそのうちしなくなっちゃうかと思うと今のうちに堪能しておこう…

いつもどおり5時過ぎにデイケアに迎えにいくと、前はただ無心にかけてきて抱きついたのに、最近は、友達と遊んでてすぐには来ないこともあったので、“せっかく小虎と会えたのにさみしいな〜”と前に言ってみたら、それから明らかに意識して、私の姿が見えると、走ってきて“ままあいたかった〜!(チュ)”をしにくる。
いやーもう無心じゃないもんね〜(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年02月06日

ワイタンギデー 小虎の自転車

ワイタンギデーの3連休はひどい天気だった。バッド(下向き矢印)
クリスマスから1月末まで、もうこれ以上ないというくらいの暑くていい天気がつづいていたのに、2月に入った途端、すごい風に嵐に、夜の気温も冷えている。

よかった、ここになんの予定も入れてなくて。3連休で、いろいろアウトドアの予定入れてた人たちは大変だっただろなー
単に夜は近所のテニス友達の夫婦とベトナムを食べに行き、そのあとうちで遅くまでしゃべって楽しかった♪

土曜日は小虎のプールのあと、友達にもらった自転車を試しに近所の原っぱへ。

デイケアにあるバランスバイクをあまりに乗り回しているから、もう簡単に乗れるかと思ったら、どうやらバランスは取れても、ペダルをこぐという作業をあまりしたことがないので、それができない(^。^;)
押しながらやってみても、ほんとまずはペダルがこげない。私らの時は、補助輪つきのでペダルはこげても、バランスがとれないから練習、という感じだったのだけど、やっぱりペダルだけ、補助輪つきで練習することになりそうだ〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年01月31日

小虎のスイミング開始

すっかり忘れていたが、今タームの小虎のスイミングが開始。
20分ばしゃばしゃやってるだけで、たいしたレッスンには見えないものの、いつの間にか、5メートルくらいのプールを、息継ぎなしのクロールもどき(見よう見まねで手をまわそうとしてる)でいったりきたりしてるのでやっぱりレッスンの意味はあるのだなあ…(息継ぎの時は立つ)

このレベルの子たちは、各クラスのレベルがあるようなないような…というレベルなので、たまたま集められた3人グループのレベルが、クラスのレベルをきめる。
残念なことに、いつも一緒の時間のミニーちゃんという4歳半の女の子が、かなり泳げず、というかやろうと思えばできるのだろうけど、なんとなく怖がって先生からしがみついて離れず、小虎のいる時間帯はかなり練習がぐだぐだ。

たまたま土曜日にいけなくて、別の曜日に変えたとき、もっとできる同じ4歳半〜5歳くらいの子と一緒だったら、先生もすごいがんがん泳がせてて、いつもよりすごい練習になってる様子だった。
まあこのレベルであせってもしかたないのだけど、そもそも練習が20分しかないもので、ついついもっとばりばりやってくれる先生がいいな〜と思ってしまうのだった(8回で150ドルくらいはするのでつい元を取りたい気分に(^。^;))

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年01月20日

小虎、おむつなしで寝る

日中のおしめが取れてからは久しいけれど、冬の間は、夜はだいたい3,4日に1回(週に1回強)は寝ている間だけしてしまっていたので、寝る前にはずっとはくオムツをはかせていた。
朝もしされていたら、出社の前に大変なことになるし、すぐ洗濯したりもできないからね…

でも、夏になってからはほぼぴったりとまった。日本に帰省していた9月の間も失敗はなかったから、多分寒いといっぱいたまってでちゃうのかな?
夏になって汗で水分が出てしまうからか、もうここ2ヶ月くらいで、ほぼ失敗がなかった。
で、
“どうする?おしめなしで寝てみる?”
と聞いたら、
“チャレンジしてみるね!”
だって(^。^;)

で、2,3日前にはずしたけど特に問題なし。まあもう2ヶ月くらいは失敗なかったから…
一応ベッドにはおねしょマットをしいたけど、失敗した時その上にちゃんと乗ってるかは運だけどね。

今後も何回かは失敗するだろうけど、たまになら仕方ない(毎週だったらまたはかせるけどね…)。夏の間はいいとして、もし失敗するとしたら涼しくなりはじめる秋口が危険かな。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年01月05日

仕事始め―今年の抱負

あああ〜
素敵なホリデー期間が終わってしまった〜もうやだ〜(悲しい顔)

週に3日しか働かないってほんと最高だったな〜(しかも人がいなくてヒマヒマ)
週に実働3日は言い過ぎにしても、もし毎週仕事が4日で、週末が3日なら、もう人生言うことなしなんだけどな…

本当は、有給が年間20日でプラスsick leaveが5日あるから、国民の休日10日を足して考えると、隔週で週休3日にするのは、もし長期休暇を取らなければ可能な計算なんだけどね。(でも長期休暇も取っちゃうから(^。^;))

さて、1年の抱負とか考える時期だけど、今年はとにかく小虎の学校決めるのが一大行事。
いい学区に住んでいる人は何も考えなくてよくていいなあ…
うちの場合、一番近くの学校のレート(decileという)が、10段階中2なので問題外。とてもじゃないけど小虎をやる気にはなれない。そうなると、候補はアウトオブゾーンと呼ばれる学区外の生徒を取ってくれる学校を探すか、いい学校の学区に引っ越すか。

オフィスの横に、まあまあの学校があるので、そこに入れられるのが送り迎えとか考えるとベストなのだけど、そこは超満員で、学区外の生徒はまず無理らしい。

でもそこそこ近くじゃなければラッシュ時間帯の毎日の送り迎えが大変すぎるし(しかもお弁当とかの仕事も増えるわけなので)、もしだんなサマの仕事場方面の学校にした場合は、普段の送りはだんなサマになるけど、お迎えと、だんなサマがいない夏の間は私は会社と逆方面にいかなきゃならなくなるしだんなサマの仕事時間の調整も必要になる。
もし私の会社の近くなら、ちょっと時間を都合して学校のあとの習い事に連れて行ったりできるけど、遠ければ無理だし…

ここまで住宅がバブルってなければ、多少高くてもいい学区に引っ越してしまうのが一番簡単だけど、あまりの家の価格の高騰にそれもイマイチ現実的でなくて。(小虎のデイケア代がなくなる分で多少は吸収できるからフツウくらいの値上がりなら問題なかったけど、今の値上がりは確かに尋常でない)

そんな感じで、どの学校に入れるかで、小虎が小学校の間の数年間の全員の生活が決まるし、決まるまでほんと気分が落ち着かないのだった…
なので、今年の抱負は、まず小虎の学校をなんとかすることです。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎

2015年01月04日

ウェスタンスプリングス

3日は、ようやくだんなサマが久しぶりに休みだったので、なんとなく3人でウェスタンスプリングスに。
そういえばこの春(10月ごろ)の産卵のシーズンに今年はきてなかったから。
RIMG5116.JPG
RIMG5107.JPG
RIMG5106.JPG

いつもどおり食パンをまきながら湖を一周して、プレイグラウンドで遊んで帰りました。
そして翌日の4日だけは、また小虎と二人だし、特に出かけずにようやく家でゆっくり。
じゃないと明日からの仕事で体がもたないぞーーっと。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  

2014年12月20日

クリスマスソング― 12 Days of Christmas

小虎がなんかデイケアで習ってきた難しい英語の歌を歌っていたので、しらべてみた(ちゃんとタイトルも言えた)

12 Days of Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=KQEOBZLx-Z8

いやー英語のこんな難しいのをけっこうだいたい覚えてきて、遊びながらふんふん歌っているんだから大したものだ…

日本語の歌もものすごくよく覚えるから、これは私の遺伝子だとおもうけど、おかあさんといっしょの歌とか子供の歌、アニメとか戦隊モノ主題歌全部入れたらすでにきっちり歌えるので50曲以上、半分くらいの歌詞の正解率なら100曲以上は余裕で歌えていると思う。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎