2007年08月10日

日本はお盆ですね

日本からは、来週オフィスのお休みを知らせるメールが届いた。
いいな〜夏休みだな〜

ままりんとぱぱりんはすでに8月に入ると同時にハワイの別荘にいってるし。
わたしもいきたい…

夏休み、お盆、冷やし中華、夏祭り、花火大会、夕涼み、カキ氷…

したいと願っていることは、そのうち絶対かなうの法則に従って、ニュージーランドが冬の間だけは日本に帰ってる生活をイメージし続けよう!
(何年かで、家のローンが終わったら、実際無理なわけじゃないよな〜と思う今日このごろ)

**********************************
ところで、家のキャビネット。
シーズンオフのだんな様、私がオフィスにいる間に地味な作業(古いペイントはがしやらパテやら)こつこつ作業してくれてかなりすすんできた。

キレイに何重にも塗り重ねられてきたペンキをはがした上に下地の白を塗ったところ。(これは裏)
070809 cabinets04.jpg

表もきれいにモールディングがついて下塗りおわったところ。
070809 cabinets05.jpg

キャビネット本体のほうも、中に穴があいたりペンキがちゃんと塗られてない部分があったんだけど、かなりキレイになってきた。
070809 cabinets06.jpg


ほんと、ペンキ塗りは丁寧に下地を整えるときれいに出来上がるなあ… ぴかぴか(新しい)

今まで何十年もの間、住む人が変わるたびにひたすら上に塗り重ねられてきていただけだから、あちこち厚ぼったくなったり、はがれたりで見るも無残だったキャビネットドアだけど、ちょっと出来上がりに期待がもてそう!

週末中に二度塗りができるといいな。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年08月06日

はーるよこい♪

週末中もそうだったが、ここ1週間のオークランドの天気は、毎日毎日
一瞬晴れ晴れ 時々土砂降り雨 のち 曇り曇り 時々小雨小雨
というようなもの。
晴れたなーと思ったとたん30分くらい降って、またやんで、というような。
芝刈りできません。


ところで、去年の8月、ラベンダーを増やそう大作戦をしてみた。
ラベンダーは、切って土にさしておくだけで簡単に根がついて増える、というようなことを何かで読んだから。(面倒なことはできない性質です…)

去年の8月(つまり春直前)、挿枝をしてみた直後の画像。

060826 lavender01.jpg

060826 lavender02.jpg

切って、半日水切りして、差しただけ。
最初は乾燥させないほうがいいとか書いてたから、唯一したのが土の上にウィードマットをぴろっとおいたことで、その上から差した。

そして1ヶ月後、10本挿した枝、ゼンメツがく〜(落胆した顔)

そのまま放置してた植木鉢に、その半年後くらい(夏)に、また切ったのを10本くらい挿した(所要2分)。

再びゼンメツ。ふらふら

誰だよ〜簡単だって言ったの!
と思いつつ、しばらく後、またそのまま10本くらいちょきちょき切ったのを(水切りすらせず)たださしておいたら…

真冬なのに、どうやら何故か4本くらい根がついた模様ぴかぴか(新しい)
秋に挿してから何ヶ月もたつのにまだ枯れてないから。
070806 lavender01.jpg


春や夏のほうがつきやすい、最初だけ乾燥させないように、あとはラベンダーは乾燥が好きだから水をやりすぎないように…とか書いていた気がするが、寒くて雨の降りまくっている冬の間にだけ、何故か根がつきました。

この間、場所も変えず、特に水やりとか面倒みたわけでもなくデッキに放置していただけというのに…うーん植物って摩訶不思議

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年08月05日

キャビネットの扉

週末私が目地入れをしている間、だんな様は何をしていたかというと…

キャビネットの扉作業。
この作業、かれこれ一週間以上やってるのだけどかわいそうなくらいほんとにすすまない。

扉をはずす

何重にも塗り重ねられてる古いペイントをスクレイパーで剥がしてサンダーかけ

あたらしい蝶番つける

あたらしい蝶番だと、扉がしまらなくなるので、つけたりはずしたりを繰り返しながら、その部分をのみやらカンナやらで削ってしまるようになるまで調整。(はしごをのぼったりおりたり…)

070805 cabinets01.jpg
とりあえず、表面削った後扉をつけたところ。


扉がしまるようになったらモールディングをつけて、すきまをパテでうめる

070805 cabinets02.jpg
モールディングついたところ。
ほんとはもっとかわいいのがよかったんだけど、いいのがなかなかないのと、ここは一番油汚れがつきやすいところなので、あまりに溝がおおいモールディングだと油にホコリがついて掃除が大変そうなんで比較的シンプルなものに。

モールディングの横を、蝶番が動くようにけずる
070805 cabinets03.jpg

それからようやくペイントと取っ手とりつけ

さらに、つくりつけのキャビネット部分(扉のつく本体)のサンディングとペイント


という作業をとびら22枚!分くりかえすわけですよ。あーめんどくさい。
現在、まだようやく半分(10枚分くらい)の扉にモールディングがついたところまで。

だんな様、今オフシーズンなので扉にかかりっきりなんだけど、もうすぐ春が来て忙しいシーズンはじまってしまうので、それまでになんとか形に仕上がるといいなあ…と思っているのだけど。

私のタイル部分が完成したので、来週からは私もそっちに特化して完成めざします。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年08月04日

キッチン 目地入れ

今回の風邪は、熱はでないのだが、最初すごくのどが痛くて、次に鼻がとまらず、そして咳がとまらない、という3段戦法で攻めてきた。ふらふら
それでも体は全然うごけないというほどではないので、だんな様に風邪が悪化するよ〜っと怒られながらも目地入れ敢行。
だってこのまま放置しておくの、精神的に限界…

土曜日は、まずタイルと壁の隙間が広く開いちゃってるところに白い目地を入れた。
バスルームの壁と違い、今回はグレーの目地を使ったのでサイズの関係で隙間が大きめにあいてしまってるところに入れるとそれがめだってしまう。
それでまず白い目地で隙間うめ。

そして日曜日に、前の目地とおんなじ色になるように慎重に色を調合して、グレーの目地をこねた。
タイル貼り自体より、目地いれはかなり簡単なのだが、今回は範囲が広くて(写真だとどうもうまくうつらないのだけど)昨日の白い目地とあわせて丸二日!もかかってしまった。

タオルハンガーの根元も目地でうめて
070804 window18.jpg

ついに壁と窓回りは完成――っわーい(嬉しい顔)

070804 window19.jpg

070804 window20.jpg

070804 window21.jpg

一応初志貫徹で、真っ白です。
出窓部分にけっこう手こずったのもあるけど、おもったより時間かかったなあ…

***************************
ところで、Kちゃん、お土産にもらったこっぱ餅、ついにたべたよー
見たら賞味期限が来週くらいになってたんであわてて。

070804 mochi01.jpg

まるでなまこのような容貌に、固くて(モチなんだからあたりまえ)イマイチもりあがらないまま放置されてたけど、焼いたら…
070804 mochi02.jpg

すごくおいしかった!表面は焼いた乾燥イモの味と香りで、なかはスイートポテトのようなやわらかさ。一緒に食べればよかったね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年07月25日

昼休みもタイル貼り

Kちゃんの日本帰国まで、あともう1週間。
はやいね〜もう3ヶ月たっちゃうなんて!

というわけで、なんとかその前にキッチンをおわらせたいと、昼休みと帰宅後もタイル貼りつづけております。

ほほほ、なんといっても家まで車で10分以内ですので。
昼休みに1時間作業、帰ってからも2時間作業。

ところで、大好きなEarly Settlersでバーゲンの時にタオルハンガーを買っておいたので、
070725 window14.jpg

模様のタイルをこんな風に張って
070725 window15.jpg

こうなりました〜
070725 window16.jpg

2枚タオルがかけられて便利るんるん
これも、この位置に模様を持ってくるか、もってこないならタイルにドリルで穴あけできるのかとか、けっこう悩んだんだ…結局ちょうどタオルハンガーの位置に模様をもってくることで解決したんだけど。

しかし、今回タイルの大きさが微妙で、けっこうカットするところがあるので見た目よりすごく時間がかかる。出窓にした分で増えたタイルが実は30枚近くあるし。

今までやったことのない、天井部のタイル貼りも初挑戦。
落ちてきたらどうしよ〜と恐れながら、boxesさんのトイレでの突っ張り棒作戦を真似させていただき、

070725 window17.jpg

こんな感じで一枚一枚とめていきました。
よーし、かなり形になってきたぞ〜

あと一息、頑張ります。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年07月21日

そしてタイル貼り

今日はあいにく土砂降り雨

私はタイル貼りを開始し、Kちゃんとだんな様は、多分お忘れと思いますが、4月の庭プロジェクトの完成として下にまこうとしていた白い砂利を、安く譲ってくれるというKちゃんの知り合いのお宅に砂利はこびに(それについてはまたいずれ)。
雨の中の重労働、ご苦労様〜

*************************

キッチンのほうは、水周りで濡れるエリアなのでメンブレイン↓(昔バスルームをやった時の残り)
070721 window12.jpg
を塗って表面を保護。

こんな風に塗ってから乾くと、薄い白いゴムのような膜ができて水がしみこまなくなる優れもの。タイルって、水しみこまないようにみんな思うけど、目地のところはけっこう水しみますから!
070721 window13.jpg

そしてとりあえずいろいろ並べて模様を考えたけど、出窓がこんなに大きくなると思ってなかったので当然買っておいた基本タイルのほうが足りなくなり、そちらも買い足す羽目に。

昨日買ったモザイクの小さいほうのタイルだけど、多分こんな感じの模様を入れてく予定。
070721 window11.jpg

********************************
ところで、木曜日に、ジャイアントも3週間の日本の帰省から帰ってきて、また4人に戻った。Kちゃんが今度は日本に帰っちゃうけど…

ジャイアントは今回も無事遠距離恋愛の彼女と再会し、愛を確かめ合ってきた?らしいので一安心。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年07月19日

タイルですが

というわけで、タイル屋さんに行ってきた。

ここは、いつもriaがモザイクを買いに来るところで、種類も多いし、あまってるものや廃盤のタイルをすごく安く売っていたりする大変ありがたいタイル専門店だ。

今回のテーマは前にものせたイメージ写真↓どおり
070515 kitchen04.jpg
あくまで白なので(こうはならないけど、まあイメージで…)、色んな色も並べて考えたあげく、模様もやっばり白にしたいのでこれにした。
070718 window09.jpg

1シート14ドル。普通のタイルが1枚1ドルもしないのを考えると、面積あたりの値段、5倍はする〜。


そして、だんな様は、キャビネットの扉をこんな風にはずして、
070718 window10.jpg

このへんな青をキレイに塗りなおす作業に。


この一番上の青をスクレイパーでこすってみると、下から青→しろ→ピンク→しろ→緑→薄緑→黄色…とありえないくらい塗り重ねられた色の層が…
一体何回塗りなおされてるのか、このキャビネット…

築80年の歴史を感じる瞬間であった。 (感じたくなーいっふらふら)

しかも、きちんとサンダーかけてから塗られているのではないので、スクレーパーでボロボロ色が落ちてくる。
これを徹底的にこすってきれいにして、モールディングをつけてリッチ風にして、下の新しいキャビネットと同じ色に塗って、そして日本のイケアでT君に付き合ってもらって買ったハンドルをつける作戦なのであった。

そしたら下とおそろいになってかなりキレイに見えると思うんだけど…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年07月18日

キッチン窓 ぶち壊し&取り付け

今日はすばらしい晴れ〜晴れ
というわけで、届いているキッチンの窓取り付け。
Kちゃんとだんな様に頑張ってもらいました。

平日のため、私は通常仕事なのでだんな様にちゃんと写真を撮ってくれるよう、電話までして確認したのに…ほんのちょっとしか撮ってなくてちっ(怒った顔)、しかも作業工程がほとんどない! がく〜(落胆した顔)しかも撮ってる写真もセンスなくてほんと使えん〜Kちゃんに年を押しとくべきだった…もうやだ〜(悲しい顔)

というわけで、せっかくの窓なのに全然載せられる写真がなくてホント残念ですが、とりあえずなんか使える部分をピックアップしてみた…

ガラスはずした後
070717 window03.jpg

もともとの腐れ窓枠を調整して
070717 window04.jpg

まわりをコーキング…って、
070717 window05.jpg
おいおい〜もう取り付いちゃってるよ〜
途中の写真なしかよ〜(再怒)


で、riaが帰ったらこの状態になってました。(これはria撮影)
070717 window06.jpg


今回は、家の破壊業者なんかが売っている、中古の窓とか、オークションも一所懸命さがしたけれど、でも日本と違って“規格”というものがまったくないNZの窓、たてが10センチ長いとか、横がちょっと短いとかぴったりのものがなくて、結局ちょっと高くてもオーダーということにしたのだった。

当然、ぴったりな窓がくるはずだったんだけど、さすがNZの業者、微妙に大きさも違ったらしい…

だんな様、怒られたせいか次の日は、もうちょっと頑張って写真とってくれたけど、ジブボード貼るとこは別に窓じゃなくても一緒だから、昨日のところをちゃんと撮って欲しかったのに…


こうやって上からキレイにジブボードを貼って、
070717 window07.jpg

070717 window08.jpg

そして、この上に、タイル貼りますよ〜!
わーい、出窓ついた〜!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年07月16日

窓がきた

さて、未だon going中のキッチンのリノベーション。
キッチン本体はすでに取り付けられているが、ボロボロの窓が、まだ手をつけぬまま放置されていたのだが…

ついに、新しい窓が来た〜るんるん
070716 window03.jpg

木枠でなくてアルミニウム♪ちょっと高かったけど(900ドル)、奮発しちゃいました…出窓がよかったんだもん。


ちなみに、これが今現在のキッチンの窓。

070716 window01.jpg

070716 window02.jpg

とにかく枠は腐ってるし、左右はきちんとしまる窓じゃないから(ブラインドみたいに開け閉めする窓。よろい戸、こっちではlouverという)、すきま風がすごい。
壁も、窓が終わってからタイル貼るからむき出しだしのまま…

でも、今日はかなり激しい雨のため、取り付け作業は明日以降に延期〜。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2007年06月15日

トイレの壁掘り

朝晩キモチ冷え込むようになったものの、去年に比べると圧倒的にあたたかいオークランド。もう冬至だというのに…
雨も絶対少ない。
朝のベッドルームの温度計で(暖房なし)も、だいたい13〜14度もある。
夜は、一応暖炉つけてるけれど、一度あたたまれば十分もつので、ほとんど一晩に5,6本くらいしか薪使ってません。

**************************
ところでハコイエブログのBoxizさんに、いつか真似させていただきますと誓ったトイレの壁掘り!

ついに決行しました!
といっても、私は仕事がとっても忙しいのでだんな様が。ははは。
ただいまシーズンオフで専業主夫しているので、写真を見せてやって欲しいことを説明。

いつもは白を基本にしているけれど、今回は下駄箱を作った時
http://rianz.seesaa.net/article/16761204.html
にあまったステインで、内側は木目調に。

キッチンのタイルの時も思ったけど、DIYはやればやるほど単価が安くなってくる。
タイルは、タイルそのものより、壁に貼るためののりと、目地のほうが高いくらいなのだが、今回のボンドは外のレンガエリアの模様にしたの石を貼った時の残り、目地もお風呂場のタイルを貼った時の残りで十分足りそうなので、実費はほんとにタイル代のみ。

ステインやペンキもかなり高いのだけれど、今回も下駄箱の残りでできたので純粋に木材代しかかかっていない。それがスバラシー

うちのトイレは改築された時かなんか(といっても、それ自体50年前とかだろう)に動かされたのか、なんかせまくて、なんかへんなところにある。
070613 toilet01.jpg
それで、少しでも壁を掘って、広く見せると同時にキレイにしたかったのだ。


これがもともとのペーパーホルダー。
ほんとみすぼらしくて嫌だった…
070613 toilet02.jpg

で、これをはずして
070613 toilet03.jpg

穴を広げて
070613 toilet04.jpg

木枠と背板つくる。
070613 toilet05.jpg

この背板は、絶対あの腰板風にしたい!という私のリクエストで、なんとKちゃんがハンドソーにてたての溝を掘ったもの!
ハンドソー(+フリーハンド)でこの直線…Kちゃん恐るべし。(ちょっとこの写真だと溝がわかりにくいけど)

もともと溝の入っている、Grooved boardを今まで散々さがしたけれど、唯一あったのが、小さいのに105ドル!もするモノだったのであきらめる。
ベニヤを切って、という作戦も考えたけど、ベニヤを細く切ること自体がすごく大変そうで結局却下(ホームセンターでやってもらうと結局高い)。


で、壁にとりつけて、こんな感じでできてました!ぴかぴか(新しい)
070613 toilet06.jpg

手作りの溝だけど、あるとやっぱりすごい違う!
なんで溝↓だけで、こんな高級感でるんだろ…(後ろの3本線ですよー)
070613 toilet07.jpg

いつも白ベースで仕上げる時は、ちょっと適当に切ってもパテで埋めてしまえば何もわからないのだけど、今回はステイン仕上げなので端もきれいに切っていかなければおかしなことになる。

というわけで、だんな様は、KちゃんにかなりDIY添削してもらいながら仕上げたらしい。で、イメージどおり、便器の木の色とおそろいの感じにできたのでよかったかな(トイレが狭くてうまく両方入れた写真が取れないのだけど…)

riaとして唯一の不満は、棚の高さがリクエストどおりじゃなかったこと…
うーん、まあだんな様にも考えがあったらしいんだけど、棚の高さの設定にちょっとセンスが…
仕方ないので、何かちょうどいいペーパーホルダーを探して、カバーしよう。
お疲れ様〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年06月10日

目地いれ

土曜日は、よりによってのタイミングで体調が最悪。この忙しい時に〜

そういうわけで、チームNZがアメリカズカップ本戦に勝ち進んだことも、オールブラックス対フランス第二戦も、詳しく書きたいけど時間と体力がないので一言。
両方ニュージーランドの余裕勝ちだったよ!! (すごいうれしいけど書く体力なし)


でも日曜日はなんとか回復してきたので、とりあえず目地いれだけした。

目地は塗り塗り押しこむだけで簡単だし、何しろそこが終わらないと、ドアをふさいでいる冷蔵庫も戻せないし、キッチンが工事中状態から開放されない。

しかも、日本に休暇で帰るまで、もう後10日くらいしかないので、みんなをこの惨状の中に残していくことはできないのだった。
I cannot leave my guys in the lurch!

でもとにかく目地は簡単。
水でといて押し込んで、スポンジでふきとるだけ。
色は悩んだけど、やっぱり真っ白じゃくてグレーにすることに。今回はいいけど、次回の配合は心してかからないと同じ色にならないけど…

私がいつも色合わせに使うのがこれ。
070610 newkitchen25.jpg
ほんのちょっとで色がつくので、3ドル50セントで一ビンだけど、多分今までさんざん使ってきて、耳かき1杯分減ったかどうか。
リノベーションとモザイクしつづけても、多分一生もちそうだ。

で、写真だとわかりにくいけど、ここまで完成しました。ほんとここ、ほとんど隠れちゃう壁なんだけど…
070610 newkitchen26.jpg

070610 newkitchen27.jpg

070610 newkitchen28.jpg

窓側は、もうちょっと模様を入れたデザインにする予定(窓見てから考えるけど)。
は〜疲れた。ふらふら

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年06月03日

クイーンズバースデーの三連休 タイル張り

これが、クリスマス前の、NZ最後の国民の休日。これから、休みのない、寒くて長い冬がはじまる〜

今週末はもちろんタイリング♪

が、その前にバッドニュース1つ。
キャビネットのサイズ1つ、間違ってました…がく〜(落胆した顔)

070602 newkitchen16.jpg
わかる?
ほんとはこの部分、ぴったりベンチトップの下に入らなければならないのに、入らない(怒)。
ベンチトップの大きさはあっているので、これはキャビネットのほうが間違っているのであった。昨日だんな様に文句を言ってもらいにいったら、やっぱり向こうの発注ミスということで、結局使えないはみだしてる部分のボード代45ドル(それだけかい)返してくれて、キャビネットと同じ色のペンキ(50ドル相当くらい?)をくれました。

ここ、どうせオーブンがぴったりくっついてほぼ見えなくなるところだったので、もうはみだしちゃってる外側のボードはとりつけずになんとかするということで一応納得する。一番外側だったら、絶対作り直してもらったけれど。

それでもってタイルである。

イメージ写真はとにかく白!なんで、基本は白なんだけど、ちょっと悩んだのがタイルのサイズと色あい。
バスルームでは、20センチ×20センチのかなり真っ白なものを使った。
今回もそれでいいかな〜ともおもっていたのだけれど、買いに行ったら同じものはほんのちょっとしか残っておらず、入荷予定もないというので、少し色味の違う20センチ×20センチか、たまたまみつけた20センチ×30センチのものにするか迷う。

壁タイルって、大きいほうが高級っぽい(気がする)。
日本の実家のキッチンもタイル張りだが、確かそのくらいの巨大なものを使っていたような気がする。
ただ色味が、ちょっと真っ白というよりややクリームより(ほんのちょっとたけど)の色なんで悩んだが、結局これにした。

070602 newkitchen17.jpg
右が、前につかったタイル(きれっぱし)で、左が今回の。比べると、このくらい白さが違う。でも左のほうが、ちょっと優しい感じでキッチンにはいいかな、と。
それから、何か模様をいれるかどうかも悩んだけど、こっち側の壁は、冷蔵庫、オーブン、電子レンジでかなり隠れてしまうので、ここはただ白いタイルを張り、模様を入れるとしても窓のあるもう一面の壁だけにすることにする。

私のタイル張りと同時進行でだんな様はボロボロのスイッチとコンセント交換。相変わらず90年の歴史を感じさせる古さ。
070602 newkitchen18.jpg

私のタイルギアはこれだけ。
070602 newkitchen19.jpg
アイスクリームのコンテナにのりを作って、韓国ショップで売ってるしゃもじ(へらみたいにまがるのでタイル用としてお気に入り)でぬりつけ、くしがたのへらでひょうめんをぎざぎざにしてぺたぺたはりつける!

070602 newkitchen20.jpg
で、はじっこは、このモザイクで使ってるタイルカッターで切って、トリッキーなL字コーナーはだんな様がグラインダーでけずる。
家庭内手工業♪


で、これが
070602 newkitchen21.jpg

こんな風になって
070602 newkitchen22.jpg

カウンターの上はこんな感じで
070602 newkitchen23.jpg

070602 newkitchen24.jpg
1面だけはこの3連休で張り終わりましたかわいい

ほんとここらへん、ほとんど隠れちゃうんだけど…

バスルームの時と同じく、とにかく床とか壁とかが直角というわけではないので、まっすぐ張ろうとしても無理だし目地の部分で調整していくしかないのでちょっとまがったけど、多分張った本人しかわからない(はずだ)からよしとしよう。
まだ目地が入ってないので見栄えはイマイチ。

目地は、バスルームの床と同じ、うすーいグレーにしようと思ってるけど、窓のほうといっぺんにやらないと、グレーの色合いがちがっちゃうんだよな…でも窓はまだまだ終わりそうにないので先にやりたいからどうしようかな〜。

とりあえず、そんなこんなで3連休終了しました。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年05月31日

プラマーきた!!

といっても今まで連絡していたところじゃないよ。

どこに連絡してもなしのつぶてで、たまたま1ヶ月くらい前に、ポストに入っていた、プラマーの広告を思い出し(といっても、コピーして、手で切ったようなやつ)万策つきたのでそこに電話してみた。

すると、今たまたま近くで仕事が終わったからすぐ来られるというではないか!!
とにかく、なんでもいいからすぐきて!と頼む。

見積もりはまだどこからも取れてなかったけど、電話で料金のイメージを教えてくれたところが別に1箇所あって、おそらくほぼ1日仕事だから(うちのはプラスチックの配管ではなく銅で、今回は排水の位置も変わるから)、

一時間の工賃$57×8時間+税金 +材料費(不明だが200ドル前後?) 

くらいだろうと教えてくれた。これだと700ドルくらいの計算。
わかってたけど、ほんとプラマー高い〜っっ(涙)

で、今日すぐ来てくれた人は、そういうのもふまえた交渉の結果、材料もすべて込み込みで620ドルぽっきりでやってくれるというので交渉成立。
なにより、すぐ来てくれたというのが信頼できるわー

というわけで、工事、一気にすすむ!

070530 newkitchen08.jpg
プラマー作業開始。

070530 newkitchen09.jpg
壁のなか。へ〜…

そんなわけで、Kちゃんサポートのもと、何日かかかると思っていた配管作業が、なんと今日一日でおわっちゃいました!すごい〜っっ

そしてすでに箱になっているキャビネットとベンチトップを固定して、カウンターの部分はできちゃいました!
すごい〜っっ

070530 newkitchen10.jpg
(とりあえずの、全体写真撮るの忘れた…←ばか)

わーい、シンクぴかぴか!
070530 newkitchen11.jpg

ちなみに今までのベンチトップ…
070530 newkitchen12.jpg

ちなみに今までキッチンだったものの残骸…
070530 newkitchen15.jpg
90年間、お疲れ様でした(でも全然惜しくないし)


070530 newkitchen13.jpg
ところでこれがコーナーキャビネットの扉。
いままでコーナーは、デッドスペースもいいとこだったから、これでだいぶ押し込めるものが増えるぞ。

今週末は、うれしいことにクイーンズバースデーの3連休♪
riaの出番、タイル張りです。

070530 newkitchen14.jpg
とりあえず、ここ↑(冷蔵庫裏)から張り始めようと思いまするんるん

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー




2007年05月30日

キッチン破壊!

ついにキッチンをオーダーしていたところから、キャビネットが届く日がきた!

というわけで、ついにだんな様とKちゃんは、キッチン破壊にとりかかる。
(riaは今日仕事なので、Kちゃん撮影)

070530 newkitchen02.jpg
新しいベンチトップ♪グラナイトは使えなかったけど、色はイメージどおり黒ハート
しかし、これと、キャビネットたった4箱相当で3000ドル…はあ。

まあ気をとりなおして、キッチンの元画像もう一回。
061115 kitchen02.jpg

今回は、この下の部分だけを取り替えて、上のほうのキャビネットは扉をいじるだけにするので、お風呂の時よりは破壊が簡単(…なはず)。
とにかくもとが古いので、壊すと下からなにが出てくるかわからないところが相変わらずこわい…

ちなみに、今までのは非常に使い勝手が悪く、底がぬけていたり奥が使えなかったりもしたので、中にしまってあるものを出すのも比較的簡単(収納力がかなり低かったから)。

こんなんなってー
070530 newkitchen03.jpg
 
070530 newkitchen04.jpg
 
070530 newkitchen05.jpg
 
070530 newkitchen06.jpg

おおーはずしてしまうと、ほんっっとにぼろくてすごい…
で、riaが家に帰ると、とりあえずキャビネットが仮置きされてました。

070530 newkitchen01.jpg


なぜ仮置きかというと…

プラマー(配管工)がこないから!!ちっ(怒った顔)
(またか!  http://rianz.seesaa.net/article/9611329.html 参照…)

NZの水道屋さんはよほど忙しいらしく、とにかくどこに連絡してもほんとに来ない!
この間お風呂をやった時も、来ると言っては来ず、の繰り返しで完成が1週間も遅れ、その間中、だんな様とKちゃんとジャイアントは、庭の仮説シャワーで過ごした。

まあ前回は夏だったし、今回はキッチンのシンクが使えなくても、とりあえずランドリータブか、洗面所から水は汲んでこられるけれど、1週間もキッチンが使えなくては不便なことには変わりない。

何箇所にも電話してみて、わかった見積もりに行くと言いはするものの、でもやっぱりまだどこも来ない。
前回使ったところが、金曜日になら行かれるといってるけど、見積もりが金曜日で、作業は来週のいったいいつ…?しかも値段があまりに高かったら違うところにするし。

も〜なんとかして〜!!ふらふら

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年05月27日

ブーゲンビリア ラブ♪

今週末も、予想された冷え込みなし。
ただ風が強くて、土曜日の夜には一瞬土砂降りがきたけど、日中は基本的には半ぶんくらいは晴れている。

家を買うために、さんざんオープンホームを回っていたときに、見つけるたびにいつか私もやるぞ!ときめていたことが1つ。

ブーゲンビリアかわいいでポーチを飾る!

ブーゲンビリアって、びっくりするくらい鮮やかで、簡単で、ほとんど3シーズン咲いていて、かなりでっかくて、ちょっとボロい家でも、それがポーチにからまっているだけで、ものすごくステキな家に見えるのが印象的だった。
日本だとあまりみないけど、日本の気候にはあわないのかな?冬が寒すぎるのか。

というわけで、私がどうしてもブーゲンビリアを植えようと画策していたのが、デッキに最初からあいていた、この穴。
070527 bougainvillea01.jpg
ここからなら、デッキを越えて、ポーチに誘導できる。

ここにはバラが植えられていたんだけど、これが美しいバラだったり、後ろの壁につたう蔓バラならともかく、全然美しくない、なんかぱっとしない地味な肌色のバラで、しかも変な風に真横に地面を這うように伸びる茎なので、デッキの上を歩くのに邪魔でしょうがないバッド(下向き矢印)
で、伸びてくるたびに根元からカットして除草剤をかけていたら、ようやく伸びなくなってきた。(また丈夫なんだこれが…)

それでも、のぞきこむと中にはでっかい切り株があってこの穴からはとても抜けそうなシロモノではないし、そのためにデッキをぶち壊す勇気もなく放置してきた。

というわけで、今回Kちゃんが丸ノコもつかって穴をなんとかしてくれて、その穴からだんな様が一生懸命切り株を掘り出して

出てきた切り株
070527 bougainvillea02.jpg

無事ブーゲンビリアが植わりました。
070527 bougainvillea03.jpg
(穴、拡大したけど…)

うれし〜ぴかぴか(新しい)これを上手にポーチ側に誘導して、あこがれのポーチをつくるぞ〜
二人とも、お疲れ様でした。

やっぱりこのくらい手のかからない(予定)植物がわたしむき…
(バラはダメ。手がかかりすぎ、虫がつきすぎるわりに、時期が短すぎるから)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年05月15日

キッチンユニット購入!

さて、6、7ヶ所くらいから見積もりを集めて検討した結果、庭の花壇の材木も買ったThree brothersで購入することに決定!

値段はほんとにどこもあまり変わらないのだ。ここで説明してくれた中国人のお姉さんが、どこよりもプロフェッショナルで親切だったというのがかなり大きい。
やはり営業が一番大事だ〜

Kiwiは、親切だけど、彼らからはプロの技を感じることはまれ。でも、この中国人のお姉さんはキャビネットひとつひとつ実によくわかっていて、その組み合わせについてもサイズを変更して聞いてもすらすら対応してくる。
ちょっと自分のOL時代を思い出した(証券会社の営業だー)。
500万円、どう組み合わせて投資する?というのにちょっと似てて。

毎日仕事してれば、そのくらいできるようになって当たり前だと思うのだけどKiwiはそうならないんだよな…
聞かれたことしか答えないし(聞けば調べてはくれる)、しょっちゅうわからないからその都度調べて、という感じになるし。

話をキッチンに戻すと。

うちの場合、結局

コーナーユニット
3つか4つの引き出し
2段の引き出し
シンク下の開き
あとちっこい隙間に入る開き


今回はオーバーヘッドキャビネットは付け替えしないので、必要なのはこの程度。
でもそれぞれだいたい300ドル〜400ドル前後するので、これだけでもトータル2000ドル。
バラで買っても結局それほど安いわけではないから、そろえて買ってしまったほうが結局いいということになる。

この他に、ベンチトップが400〜800ドル(この値段の違いがナゾ…同じラミネート加工のものなのに)

シンクと蛇口がそれぞれ100〜200ドル

あと、キッチンの足を隠すパネル?みたいのとか、扉のハンドルだとか、配達費用(これも80ドル〜300ドルの差)なんかいれると、だいたいトータル3000前後になっちゃうのだ。えーんっ

と、ここまでの見積もりで、すでにグラナイトのベンチトップはあきらめる。
グラナイト(天然石)のものだと、それだけで3000ドルというのでトータル6000ドルになっちゃう!

****************************************
今日の昼休み、だんな様とKちゃんと合流して、ついにオーダーしてきちゃいました。だって早くきめないと、ものが来るまでに2-3週間はかかるわけだから〜

Three Brothersを選んだもう1つの理由は、実はベンチトップのラミネート加工の模様がすごく豊富だったこと。
トップに石を使えないのは残念だけど、かわりにちょっと奮発して、普通は320mmの厚さなのを、500mmのほうにしてきた(だってプラス70ドルくらいでこんなに厚くなるんだもの)。

そうして選んだ色は…
070515 kitchen03.jpg

基本は白!グラナイトじゃないけど、この柄はけっこう気に入った。(他のキッチン屋さんにはなかった色だと思う)

写真ではちょっと色がわかりにくいけど、けっこうキレイな白い石模様。
下のほうはキャビネットの扉の色。

今のところ、イメージしてるキッチンは、こんな感じ↓の、真っ白基調のものなんだよね…(これステキだな〜)
070515 kitchen04.jpg

これが届く2週間後くらいから、怒涛のキッチン工事開始予定!

(そ、その前に窓どうするよ…)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年05月12日

キッチン公開〜

キッチンの見積もり頼んだところから、だいたい返事がきたけどどこも似たり寄ったり…キャビネットの値段だけでだいたい2000ドル!ふらふらで、それプラス、ベンチトップとかシンク、配達なんかで微妙に値段が違う。でもだいたい2000〜3000ドル。

イケアのある国の人がうらやましい…もうやだ〜(悲しい顔)

ああいうベーシックなキャビネットが買えれば、それに手をくわえて仕上げたいと思っていたのだが、調査の結果、NZにはそういうものはなくて、結局2000ドルするキッチンをセットで注文するしかないってことで…
DIYっていっても、ちっとも安くなーいっっ!むかっ(怒り)

まあうちの場合、キッチンカウンター自体よりも、壁とか、窓とかをなんとかしなくちゃいけないのが先だし大変そうなんで、とりあえずキッチンキャビネット自体は買って来たやつで満足しとくか…とちょっと思案中。

扉とかの加工は後からでもできるし…。
でも結局、全体の雰囲気決めるのって、そういうFinishing touchなんだよな…


とりあえず、1920年築当初からのうちのとんでもなくボロボロのキッチン、もうすぐぶち壊すということで、恥ずかしながら詳細初公開!

まず、前の写真から。
全体的に見ると、なんとなく普通に見えるうちのキッチンだけど…
061115 kitchen02.jpg


細部を見ていくと…

例えば一見普通の引き出しと思いきや。
070512 kitchen01.jpg

070512 kitchen02.jpg
底、ありません…


この窓も、一見OKそうだけど…
070512 kitchen03.jpg

開け閉めの金具、腐れきってます(ぎこぎこやるとやっと開く)
070512 kitchen04.jpg

そして、したの木枠も腐れて、無理やりペイントされたところがヒビ割れてぼこぼこ。
070512 kitchen05.jpg

しかも、写真の矢印のところの柱は、ほんとの重さをささえてる柱なので取り外すことができないそうで、窓を完全に新しいのにかえる作戦、既に暗礁に乗り上げ中。
ほんとどーするよ、この柱…


すきまは変な使いにくい扉もないタナになってるし
070512 kitchen06.jpg

何十年も前のリノベーションで、貼られたと推測されるボードからは、適当にあけられた穴からコンセントとスイッチが顔を出してるし…(いまなら建築基準法にひっかかるでしょう)
070512 kitchen07.jpg

そして、換気扇もないので(レンジの上に作りつけの棚があってとりつけられない)肉とか焼くと臭いと煙が大変なことになる。


さて、どうなることか…(前途多難バッド(下向き矢印))。


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年04月29日

庭工事 引き続き

一週間晴れに晴れた後、金曜日から激しく雨が降り出した。
といっても夜だけで、日中は快晴とはいかないもののけっこう晴れぎみ。

それにしても4月末にしてこの気温の高さは異常だ。(うれしいけど…)
金曜日、土曜日、日曜日と、夜でも室内は18度、19度くらいはあってほとんど夏とかわらない。
いつもなら、そろそろ暖炉をつけはじめる時期だというのに…

*******************************************

さて、庭のほうはちょっとぐちゃぐちゃだけど、乾ききって鋼鉄だった地面がやわらなくなったので、最後のエリアを気合を入れて掘り返しにかかった。

最後に残っているのはここ。
070429 path18.jpg
(室内から見た庭の景色)

ぐちゃぐちゃなんですごく重いけれど、掘るの自体は地面が柔らかいのでだいぶ楽だった。
掘り返すたびに当然大量の土が出るので、同時進行で隣接する花壇の枠をつけていって、その中に土をいれていく。

かなりの量だけれど、今までちゃんとした花壇の境もなく、落ち葉やらゴミやらでぐちゃぐちゃだったところがキレイになってすごくすっきり。
070429 path19.jpg

同時に、シソの種や
070429 path20.jpg

バジルの種
070429 path21.jpg

が収穫できる状態に熟したので、大切に採る。
これで来年もハーブを楽しめます。



土曜日は、午後3時ごろ、日曜日も午後5時ごろから突然雨が降り出して(オークランドでけっこう多い、夜型の雨)作業中断。
結局ウィードマットを敷いて、砂利をいれるところまではできたが、また晴れて水がきれる時を待って表面をたたかないと。

それでもここまで、Kちゃんが来るまでにはだいたい完成しておくという予定通りに作業が進んでかなり満足である。
Kちゃんがオークランドに来るのはもう来週。
それまでこの気温、持つだろうか?(難しいかな〜)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年04月25日

アンザックデー (しかし私はレンガ敷き)

4月も末だというのに、もう1週間雨がまったく降っていない!晴れ
まだ夜もそれほど寒くないし、朝もベッドルームはまだ16度くらいはある。
日中はさんさんと晴れていて、風もなく、あまりに美しい晴れが続いて信じられないくらい。

今年の夏は、エルニーニョで来るのがものすごく遅かったから(1月にやっと夏になった…)やっぱり冬も、来るのがちょっと遅いのだろうか?

ところで、今日はニュージーランドはアンザックデーの休日。

アンザックデーとは、第一次世界大戦の、戦争記念日(慰霊日?)。
ANZACっていうのは、 Australian and New Zealand Army Corporationの略で、オーストラリアとニュージーランドでたくさん戦死者を出した日に由来するのだけど、この日の前には、募金した人がもらえる赤いポピー(赤い羽根と同じような使い方)をつけている人がたくさんいる。

ニュージーランド、オーストラリアには、日本軍と戦った歴史もあるので、だからといって今私たちがどんな目にあうとかはないけれど、被爆した人やその家族なら、原爆記念日にちょっとセンシティブになるのと同じようなことはあるかもしれないので、いちおう知っておきたい事実ではある。

***********************************
せっかくの快晴な国民の祝日、私たちはもちろんありがたくレンガ敷き続き、である。

昨日だんな様にガーデンセンターに、たりない分の下地の砂利と砂を注文してきてもらい、配達してもらった。

そして、きましたよ〜また〜砂の山〜
070425 path16.jpg

でも今回は、砂利を2トン+砂800キロ買ったこの時
http://rianz.seesaa.net/article/23935993.html
に比べると、たった300キロくらいなのでかなり少ない。
実際、砂と砂利の値段だけならこれだけ買っても30ドル程度なのに、配達が40ドル…高い(涙)もうやだ〜(悲しい顔)

ニュージーランドでは、車のうしろにかなり多くの人がtow barをつけているので、これさえあれば、だいたいどのホームセンターでも、無料で貸し出しているトロリーに砂なり材木なりを積んでもらい、車で引っ張っていけば配達は無料。

ただ、このtow barを車の後部にとりつけるのに300ドルくらいかかるので、なんとなく次の車に買い換えてからにしようと思っているうちにずいぶんたってしまった。
配達が一回40ドルと考えると、7回くらいでtow barがつけられる計算なので、本格的にDIYをはじめる予定の人は、間違いなく先に車にtow barをつけてしまったほうがいい。
次回は、誰かtow barのある車を持っている友達にかりることを 考えている(今回も、先にアレンジしとけばよかったんだけど)。

****************************
さて、今日のスタート地点はここから。
070425 path21.jpg

前回は、ここまでで砂利が切れていたので、ここからまた砂利を敷いて地面を叩きなおし、その上に砂を敷いて平にならしていく。
ここはゆっくりと傾斜しているところなので、レベルは出せず、どうしてもちょっとは曲がる。

だんな様がレンガカット頑張って、コーナーと分かれ道は、こんなにちゃんとつながった。えらい!
070425 path18.jpg

モルタルは、やはり極力つかいたくないので、こういうコーナー部分と、どうしても砂がくずれそうな下側にのみまわりにのみ使用することに。
これで大丈夫だといいんだけど…
070425 path19.jpg

そしてついにこんな感じから
http://rianz.seesaa.net/article/32864085.html

こうなって
070425 path17.jpg

ここまで完成しました〜♪
070425 path20.jpg

まだ、分かれ道の先が完成していないが(しかもその先はまた土掘りから…)、とりあえず入り口から、デッキまで一本つながったので一区切り。

今週末も晴れれば完成してしまいたいけれど、天気予報は久しぶりに雨予報なんだよね…
今週ずっと晴れていてほんとうによかったけど、残りの砂利をなんとか使ってしまわないと、車がちゃんと駐車できないのでもう一頑張りしないと〜。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

2007年04月24日

芝生のキモチ

芝刈りが面倒くさいので、芝生の面積を減らそうと思う反面、逆に残した部分には、一度“カンペキ”な芝生エリアにしてみたいという野望ぴかぴか(新しい)がある。

以前友達のロレインが、結婚式の会場として使った邸宅で、世にもパーフェクトな芝生を見た。
雑草など1つもなく、表面はコケのように均一で、草の密度が厚いからあるくとじゅうたんのようにやわらかい、まさに非の打ち所のない芝生!
食べ物を落として、そのまま拾って食べても問題ないと思えるくらいの、ありえない美しさだった。

その時の写真の1つ↓。
070423 shiba01.jpg

生バンドが演奏してたところ。
でも、まだ家とか買う前で、庭とか家にいまほど目がいっていなかったのでアップの写真がないのでわかりにくいと思うけど。


広い面積はムリでも、せまい範囲なら、あれに近いものを作れないだろうか?

日本と違って、真冬でも凍ることはなく、真夏でも30度にいくことはない一年の気温の変化が小さいNZでは芝生がいとも簡単に育つ。

でも、ただ育てるのと、カンペキな芝生は違う。
当然雑草だってよく育つわけで…

できれば手のかからない簡単ガーデンを目指している私にとって、レンガエリアと違って、ある程度は手のかかり続ける芝生をやりつづけることができるだろうか?

まずは今あるボロボロの芝生を全部ひっぺがす必要がある。
前のオーナーが、よほど何もしなかったと見えて、芝生エリアといっても、すでに雑草の面積のほうが広い。
そして、あの美しい芝生を作るには、土づくりがどのくらい必要で、どのくらい肥料をまいていけばいいのか。

やるんならちゃんとやりたいし…誰かパーフェクトな芝生を実践している人はいないかな〜?(でも日本とは、芝の種類が違うのかな?)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ