2009年08月12日

新しいテレビ!

我が家に(ほぼ)新しいテレビがやってきた〜黒ハート

今まで使っていたのは、3年落ちくらいの中古で買ったリアプロ。これもすでに2年くらいは使ったのでトータル5歳くらい。


これにかわって、新しいテレビがやってきた経緯は、半年くらい前にさかのぼる。
この間、海外に転勤になっていった元ボスから、半年前にこんなオファーがあったのだ。


おそらく半年から1年では異動になる可能性が高いけど、ちょうどテレビを買わなくてはいけなくなった。
1500ドルくらいで26型程度のテレビを買う予定だが、もし興味があったら、その差額を出してくれれば、大きいテレビを買って、異動の時あげようか?



リサーチの結果、プラス1000ドルくらい出せば、2500ドルで、ソニーの42インチ液晶のデジタル放送チューナーもついてるモデルが買えた。

つまり、うちらがそこで1000ドル出せば、ボスは1500ドルで次の異動まで42インチを見ることができ、うちらは今1000ドル投資しておけば、半年〜1年後には、42インチのほぼ新品テレビが手に入るというwin-winシチュエーション!

ありがたくそのオファーをうけて、先に1000ドル支払った。
(そしてうちらの欲しいモデルを買ってもらった( ̄▽ ̄;))

そして、ボスの海外異動と同時に、その約束のテレビが我が家にやってきたのであった。


Before
090207 moving05.jpg

After
090816 tv .jpg

リアプロは、ブラウン管に比べれば薄いけど、やっぱり質量があったから液晶すごい薄くて感激〜ぴかぴか(新しい)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年08月11日

フェンス完成!

わーい♪

私がオフィスにいる間に、大工さんたちが、あっというまにフェンスを作ってくれていました〜ぴかぴか(新しい)


フェンスといっても、庭に面している部分ではなく、隣の家とのガレージの境だけど、これがあるとないでは、お互いの目隠しの意味では全然違うのでほんとよかった。

Before
090811 fence01.jpg

090811 fence02.jpg

After
090811 fence04.jpg

090811 fence03.jpg


しかしやっぱプロは早くてすごい!ぴかぴか(新しい)
うちらのDIYとは、当たり前だけどレベルが違う〜

結局、一番最初にとった会社の見積もりは500ドルだったが、いくつか他からも見積もりをとったら400ドルでやってくれるというところがあったので、敵から奪い取った400ドルだけでこちらの出費なしにフェンスを立て直すことができた。
勝利!

隣の家が売れる前にフェンスがなおって、これで安心して眠れるー
あとはいい人が隣を買ってくれますように…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年08月08日

いらない家具片付け

ついにだんなサマが帰省から帰ってきたので空港に迎えにいってきた。
本来は私と同じ、3週間の予定が、日本でいろいろとごたごたがあって5週間。

自営業だとこういうことができてうらやましい…
私だって日本に5週間いたかったよ〜だんなサマも仕事だったとはいえ…


というわけで、この週末は、いままで1人ではできなかったことをせっせと手伝わせてしまくった。

ジャイアント部屋を、だんなサマのオフィスに改造計画とか、
ガレージに山積みになっていた、だんなサマの輸入した商品の片付けとか…

最近ほんとにモノが増えて困るし、さらに今後、私が日本から船便でこちらに送った私の私物なんかもくるし、とにかくきちんと片付けないとどうにもならない状況で。

まずは先週ジャイアント部屋の古い箪笥は売却し(しかも100ドルで売れた…)、棚はガレージに商品用棚として移動。
あとはオフィスになるように、ちゃんとした机と本棚を買って予定。

ベッドも1つ、売ってしまうかどうか迷っているのだけど…

日本と違って、古いものでもきちんと値がつくNZ。
いらなくても、処分するのもまったく簡単である。

日本とNZでの中古品の値下がり率をグラフにしてみた(当社比)。
090810 graph.jpg

例えば日本で10万円のソファなりテーブルなりを買ったとする。


日本だと、買って1,2年のモノならまだなんとか値段がつくかもしれない。でも3年になったらもうタダ同然ところか、引き取ってもらうのにお金がかかったりさえする。

ところがNZだったら、1000ドルのソファなら、買って2年後でも600ドルくらいではまず間違いなく売れる。

そしてその後は家具なら、大事に使ってるものならほんとに値段はほとんど落ちない。

うちらが引っ越した時、元々2000ドルはするダイニングセットを、2年落ちくらいの中古で700ドルで買ったが、おそらくそれを今売っても、400ドル500ドルでは余裕で売れるだろう。

だから、バーゲンで800ドルのものを買うより、元が2000ドルのモノを1-2年くらいの中古ということで半額で買えば、それを数年後に500ドル売ったとしても、2000ドルの家具を使ったトータルの使用料は、結局300ドル程度で済む、ということになる。

売るときも、オークションで売りに出しておけばあっという間に売れて、本人がバンとかトレーラー引きずってすぐ引き取りにくるだけだから何の手間もいらない。

日本は、中古の流通経路があまりに貧弱で、個人のフリマ以外は、いいものでも馬鹿らしいくらいの値段でリサイクルセンター也に引き取ってもらう他はなんの流通経路もない。

何故こっちのように、中古でも状態に応じた価格がついて、ちちんと流通させることができないのだろう。

新品好きの国民性か、企業にモノを売らせたい政府の陰謀か…


ちなみに、いつものことだけど売りに出すのもなんだけど、まだ使えることは使えるなあ…、というレベルのモノ、まあまあ着た服とか、カギのなくなっちゃってる古いスーツケースとか、ちょっとずれるけど使えることは使える体重計とかは、フリーと書いたダンボールに入れて家の前に置いておくと、半日もしないうちにちゃんと空っぽになっていて、片付けの後にほとんどゴミすら出ないのであった。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年08月05日

裁判、解決しちゃいました。

フェンスでもめているお隣さんから、お金はちゃんと払うから紛争中と掲げている看板を取り下げて欲しいという連絡が…

やはり、オープンホームの時の、看板の威力らしい。
こんな小額な紛争で、家の値段が何千ドルも下がるほうが、はるかに大損害に違いない。

なんといっても、今回は、フェンスの見積もりが500ドルだったから、こっちが請求したのはたった400ドル。
向こうが無断で、共同のプロパティを撤去したのだから全額500ドルで請求したいが、Good willとして100ドルはこちらが負担しよう、とオファーしておいたから。

きっと、アジア人だと甘くみてるし、払わないとごねて強気でいれば、そのまま売り払って逃げられると思っていたのだと思う。
それが、こっちは裁判には訴えるは、張り紙は出すわで思ったより手ごわいから、逃げるのをあきらめたのだろう。

それに、もしも裁判で半額ずつ払え、という判決になったとしても負担は各250ドル。
今こっちが要求してるのは400ドル。
つまり、たった150ドルの差額のために、家の値段はさがるわ、裁判でのhearingの日に呼び出されるわ…という困ったことになるのは相手だけだから。

こっちはなんの損害もないもんね。


でも、うちらは最初にもめはじめた時から、こうなることを説明してあげていたのに強気でつっぱねて、裁判でもどこにでもいけば!といっていたのが、本当に実力行使にでたら、速攻払うと言ってきて…

さっさとしてくれてれば、こっちも裁判の申し込み書書いたりせずに済んだのにちっ(怒った顔)

というわけで、無事来週には新しいフェンスが建つことが決定。

揉め事が解決してすっきりぴかぴか(新しい)
Kiwiが相手だろうと、あきらめてはいけません。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年08月01日

裁判で争うお隣さんちのオープンホーム開始

ついにお隣が売るためのリノベーションを終え、今週末からオープンホームが始まった。

フェンスについて争っている最中だが、先週ロイヤーに、フェンスの位置に張り紙を出しておくといいとアドバイスされたので実行。
じつは言われなくてもするつもりだったが、なんか恐喝とか名誉毀損とか、よくわかんないけど逆に変なことで訴えられると怖いので、ロイヤーに問題ないといってもらえてよかった。

まず、オープンホームのはじまる直前にやってきた、不動産屋と話す。

こちらの要求としては、このフェンスの問題はうちらと今のお隣のオーナーとの問題だが、すぐにこの家が売れてしまい、新しく家を買った人が、そこにフェンスは建てたくないなどと言い出したらますます面倒なことになる。(境界は、あくまで両者の合意で作ったりとったりするものだから)

だから、不動産屋はbuyerに、今紛争中であるが、解決し次第フェンスが再び建てられることを確認して欲しいことを伝えた。

しかし、それにしても敵のKiwi夫婦にしても、不動産屋にしても、ほんと人の話聞かない…
大声でこっちの話しているのをさえぎって、自分の主張を言おうとするだけなので、こっちも何回もListen!!!と、黙らせてまた言い直し…のくり返し。


ほんと疲れる…ちっ(怒った顔)

不動産屋は、こんな風にもめれば、そっちの家の価格にだって影響するぞ!とかいいだすし。

いや、全然売る予定ないから、って言ってやったけど。
フェンスがないせいでプライバシーが侵害されるほうが大問題ですから。


不動産屋は自分は関わらないとの一点張りだが、要するに新しく買った人が、紛争中である事実を知らずに買ってしまい巻き込まれた場合は、それを伝えなかったあんたらの責任問題で、そっちも訴えられるんだからね!

ということは伝えて張り紙を出した。

とにかく、こっちとしては、新しく買った人が“そんなこと聞いてないわ!うちらはここにフェンス建てられたら困るわ”とか言い出さないようにするのがポイント。

しかし内心、こんなことすれば隣の家の売れる価格にも影響があるのは承知の上。

みんな紛争中とか聞けば、そんな家できれば買いたくないと思うだろうし、そうでなくても、隣の家に住んでる人が、裁判でもめるようなろくでもない人(原因は向こうのオーナーだけど、買う人にはわかんないからね)と思ったら、絶対売れにくくなるもんね〜


*********************
でも、ほんと裁判とか、こんなことに関わらなくていいなら、ほんと関わらないほうがいいと、こんなささいな500ドル以下の揉め事なのに心から思った。

人間は、基本周りの人とは、性善説で生きてると思う。
目の前にいる人たちが、わざわざ自分に悪を成してくるだろうなんて疑ったりはしない。(よね?)

でも、こうなると、もう明らかに相手は信じられないし、裁判で有利になるように、こっちの情報は与えないように、向こうには何を伝えたか証明できるようちゃんと証拠を残し、相手がこっちの弱点ををこんな風についてくるかもしれないから、反論を用意して…


と、すべてを性悪説で準備していく。
これってほんと、自分がやな性格になってくみたいだし、すごくストレスフル。

相手を信じて
“いいよいいよ、適当にそんな感じで!”
みたいに生きていきたいのにできない状況…

隣家のオーナー夫婦両方とも、不動産屋とも、これで会ったことになるけど、話すたびに言い争いみたいになって、ものすごく嫌な気持ちになって、その嫌な気分が、忘れがたく数時間は続いて、ああいえばよかったとか、次はこう言わなきゃとか、ぐるぐる頭をめぐって…バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ほんと、こんなことに巻き込んだ隣の家の人が、家が売れたらいなくなることがほんとうれしい!
これが、この先も住み続けるお隣さんとだったらほんと胃が痛いもんね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年07月19日

お友達とキャッチアップ

冬の時期は特にイベントがないし、ましてやだんなサマ日本に帰省中とあっては、普段会わない友達と会うのに最適のタイミング。

というわけで、かなり久々のお友達に会いました。
詳しくはかかないけど、平日の仕事はすごい希少な技術職をしてる上、普段は作品にすごい値段がついちゃう芸術家なすごいお友達〜(♀)。

私も今の仕事とか人生に、特に不満があるわけじゃないし、過去に戻れてもまあ同じ方向性に生きてきただろな〜とは思うけど、芸術家で、技術職って、なんか正反対なんでそれはそれで憧れる〜

やっぱ手に職って素敵。

私の技術っていえる物って、営業力、語学力、秘書力(?)、教員免許と証券外務員1種…
まあ合わさるとそれなりに仕事につく自信はあるけど、やっぱ何かしら匠の技を身に付けてる人は素敵だな〜

パーネルの、いつも込んでいるというカフェでランチして楽しかった♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年06月06日

水道代値上げ!

今週一週間の冷え込みは異常だった。
朝起きると、室内で毎日一ケタ温度。雪(だいたい8℃前後)

ふつう、6月なかばくらいから、週に1日2日はこういう冷え込みがあるが、こんなに毎日一週間冷え続けるのは珍しい気がする。


私は日本への脱出が来週とせまり、なんだか仕事も家のことも異常にばたばたしている。

ほんとなら、もう少しあとから休暇の予定だったので、イマイチ
心の準備が…
ただ、もうちょっと後の、一番寒いタイミングでここを脱出したいと思っていたものの、あまりに寒い日が続くので、日本が梅雨だろうがなんだろうが、早く行きたくなってきたー

***************************:
土曜日は引き続き、庭の森林伐採の続きをした。
あとこれで、特に気になるのは入り口横の木かな。

これは帰ってきてからの着手になりそう。

それから、また水代の値上げのレターが来た!
値上げしすぎだ〜っちっ(怒った顔)
また6%近い値上げで、一回の支払いが、平均的な家で13ドル前後あがるそう。

去年なんか、年に二回も値上げするし、水道代がフラットレートという南島が信じられません。

もともと節約気味に使ってはいるが、ここまで毎年値上げが続くとほんと、とてもじゃないけどいつかジャクジー買って庭に設置して…なんて野望は、実現する気になれなくなってくるカモ…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年05月31日

クイーンズバースデー ウィークエンド

月曜日がクイーンズバースデーで3連休ぴかぴか(新しい)
10月のレイバーデイまで、最後の国民の休日である。

しかし、特に何の予定もないので、引き続き庭木の伐採作業by チェーンソー。

これ、ほんとに大変なのだバッド(下向き矢印)

たいして大きくもないように見える木でも、実はかなりの重さがあるし、切り倒してみるとてっぺんの葉っぱの量は半端じゃなかったりするし。

今日はキッチン前の一番手ごわそうなのに着手したが、根元から切ると絶対大惨事になりそうなので、一番長いはしごを使って、だんな様ができるだけ上のほうから細かく手ノコできっていく。


090530 trees07.jpg
だんな様の雄姿(?)初公開

これがけっこうきつい。
下でハシゴを支えている私もきつい。

土曜日は昼前に作業をはじめ、3時間くらい作業してだいぶ疲れたと思ったら雨になったのでそのまま中止に。

日曜日は、午前中はテニスに行き、帰ってきてから同じく3時間くらい作業したら、突然ものすごくつめたい突風とともに雨が降り出したのでそこで中止。

この時一気に気温が下がり、あきからに寒冷前線が通ったと思われる。
先週は、朝起きても部屋の気温が12,3度はあってそれほど寒くない週だったが、この日曜の突風以来、朝の部屋の気温が6度!となるくらい一気に冷えこんだ。

ともあれ、惨々切って切って切りまくって、それでも多分見た目にはそれほど変わらないほど、木っていうのはでかい。

倒したあとも、乾いたら暖炉で燃やせるくらいの大きさに切らなきゃならないし、小枝でも、生木だと切るのにけっこう力がいる。
090530 trees08.jpg

この3日間、かなり頑張ったけど、先週書いた、切り倒したい木のうち、ようやく@BCの3箇所しかできなかった…

それでも、今まで日のあたらなかった部分に日があたるようになってうれしい♪
残りも早く切らないと、どんどん太くなり、葉も枝も増え、作業がどんどん困難になっていくのでがんばらねば。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年05月24日

今日はチェーンソー

我が家の敷地は、全然広くもないのに、いらないような木がけっこう生えている。

しかも、家の北側に多く生えているので、日当たりをさえぎることこの上ない(南半球の北向き=北半球でいう南向き)。
前々から、とくにキッチン前の木を切り倒したいと思っていたのだが、今週ついに決行することに。

一番の理由は、前に書いたとおり、隣の家が売れたので、今の優しいお隣さんのうちに、全部片付けてしまいたかったから。
木はうちの敷地内に生えているが、上のほうはお隣さんのところにも張り出しているので、向こうに入り込まなければ作業できない。

お隣さんも、どうせもう引っ越すところだから、どうやって切ろうがまったく気にならないと思うので、今が最大のチャンスなのであった。

というわけで、昨日土曜日、友達のうちからチェーンソーを借りてきた。
090524 trees00.jpg

ハンドソーやらマイターソーなど、一通りの電動器具がそろっている我が家だが、チェーンソーを使うのはだんな様もはじめて。

使い方をミスったら、世にも恐ろしいスプラッタな機械なので、今まで避けてきたのだが、今回は仕方ない。
手ノコで切っていったらどれだけかかるかわかりゃしないくらい。

とりあえずなんとかしたい木々一覧。

090524 trees01.jpg
@これはだいぶ前に上のほうは全部切って、したはちゃんと根から掘ろうとしたが、あまりにぶっとい根が張っているので掘り返すのを断念。
根から掘るのはあきらめて、できるだけ深いところからカットすることに。


090524 trees02.jpg
A入り口のところの木。
これも大きくなりすぎて、周囲がすっかり暗くなってしまったので半分くらいの大きさにしたい。

090524 trees03.jpg
Bこの3本も日をさえぎるのでへらしたい。

090524 trees04.jpg
Cこれが一番のクセモノで、キッチンを暗くする。
しかも直径30センチ近くあるので難しい。

090524 trees05.jpg
Dこれも同じくなくてもいいかな…

090524 trees06.jpg
Eこれも上のほうは手ノコですべて切ってあるのであとは下のほう。


写真だと細い木に見えると思うが、例え、直径10センチ程度の枝を途中で切るだけでもすごく上に長いので思ったよりはるかに重かったりするので、なめてかかれない。

本来なら、せっかく立派に生えてる木なので、場所が家の北側でさえなければ、全部そのまま大きくしてあげたいのだが、葉がしげると日が低い冬の間はほんと日陰が大きくなっちゃうので仕方がないのだ。

**************************

まずはチェーンソーの練習として、すでに昔手ノコで切った木をタキギサイズに切ってみるだんな様。
すんごい音なので、イヤーマスクをつける。

もちろん手でやるよりはずっと早いが、見た目よりも使うのにはかなり力がいるらしい。
へ〜

そして、まずはかなり背の低い@に調整。
これは幹の直径は15センチくらい。
それでも、切り株が残るとまた生えてきちゃうから、できるだけ地面に低いところから切るのはけっこう難しく30分くらいはかかる。

でも一本終了♪
はー、まずはうざかったのが1本いなくなった。(この木は花壇の中なのでほんと邪魔だった。へんな汚い実を落とすし)


引き続きA…と思ったが、どうにも天気が怪しくなってきたので先にお隣さんの敷地に入れてもらい、張り出した部分を切ることに。
サイアクお隣さんちの部分さえ済ませば、急ぐ必要もないし。

途中で小雨がぱらついてきたが、どうせもうどろどろなので作業続行。

お隣さんちに出ているこの幹はかなり高く、不安定なはしごと塀の上からチェーンソーを使うのは危険なので、かなり太いがあきらめて手ノコで切る。

だんな様30分以上の格闘の末、すごい勢いで枝落下!
あたったら死ぬかも!がく〜(落胆した顔)

ちょっと危ないところでした…
一応落ちてくるところをシュミレートして、結んであるロープを引っ張って下から落ちる場所を誘導するはずだったんだけど(隣の家の壁を傷つけないように)、あまりの落下パワーに、自分が危ないところだった。
落ちてきた全部の幹と枝の重さあわせれば、多分50キロ以上の重さだと思うし…
落ちてきた枝に丸太的に直撃されたら、多分お寺の鐘を突く、あの木の棒で、鐘と一緒に突かれたような感じになるんじゃないか?(いや、死ぬってば)

運よくお隣さんの家は大丈夫だったんだけど、隣に生えていた何やら植物が、落下に巻き込まれてご臨終。
ああよかった、新しいオーナーが入る前に切らせてもらっておいて。

落ちてきたものは、そのままではとても引きずれるような重さではないので、また下でばらばらに解体してから運びだした。

そんなこんなでだんだん雨が激しくなってきたので、今日のところはここまでに。

でも一番気になっていたお隣さんの部分が終わって、ちょっとほっとした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年05月10日

ごぼう収穫

寒い〜っっ雪
なんか、まだあったかいといってるうちにいきなり正真正銘の冬が来た…

朝晩が、室内で12〜13度程度となり、さすがに先週から暖炉つけはじめた。
さらに、土曜の深夜は、いまだかつて経験したことのないほどの土砂降りだった。普通なら、5分10分くらい断続的に土砂降りになることはあっても、これほどの土砂降りが、ほとんど夜中続いて、めったに目を覚まさない私が途中で目覚めるほどの雨音。

日曜日は、断続的にシャワーが来たが、晴れ間も見えるお天気雨。

シャワーの合間をぬって、庭ではついにシソも枯れたので、タネを収穫して引っこ抜く。
またシープペレットをまいて、そこに今度は、既に室内で育てている冬もOKなコマツナやルッコラ、水菜等の苗を移すのだ。

そして、今年の10月か11月ごろ、友達にタネをもらって植えて以来、放置していたごぼうを収穫ぴかぴか(新しい)してみることに。
だいたい6ヶ月で収穫でき、それ以上だとすが入ってまずくなるというので。
ごぼうは、こっちでは生が手に入らない野菜の1つなので、日本で食べるのとはありがたみが違うのだ。

ちゃんと石灰を撒いたりするでもなく、引っこ抜きやすいように土を深くまで掘り返したりなど、まったくなにもしないままふつーに植えたごぼう。

折らずに先端まで掘るのはどう考えても重労働そうだったので、掘るのはだんなサマを動因してわたしは応援( ̄▽ ̄;)


掘りはじめ。
090510gobou01.jpg

昔フラット住まいだった時に花壇に植えた時は、根元は太かったけどそれほど長くは伸びていなかったので今回もなめてかかったら、ほってもほってもなかなか先端まで行き着かない。

090510gobou02.jpg
これ、そうとう深く(多分50センチ以上)掘ったけど、まだ先端に行き着かない…
しかし、ここ最近の雨のおかげで、どろどろだけど作業はだいぶ楽だったはず。乾燥していたら、地面は鋼鉄で、とてもここまでも掘れなかったかも。

だいぶ細くなってきていたので、ついにあきらめて最後は引っこ抜いたが、普通の売ってるごぼうのイメージからすると、3本分くらいはとれた!
090510gobou03.jpg
やった〜
思ったよりすごいたくさんるんるん

早速夜は1本使って炊き込みご飯にしたけど、穫りたてで、柔らかくておいしかった〜♪
日本だったら簡単にどこでも買えるのだけど…( ̄▽ ̄;)


あと、これが3株生えているので、2ヶ月くらいはごぼう楽しめそうである。

しかし、毎回掘るのか…これを…がく〜(落胆した顔)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年04月18日

ハウスオークション!住宅市場復活のニュースはほんとかも。

快晴ではないものの、あったかいし、今回もそこそこ晴れてる週末♪

今日は、うちのおとなりさんの家がオークションだった。
シリアとジャッキーというKiwiの親子二人(ちょうど、私とままりんの10年後、というくらいの年齢)が、私たちが引っ越してきたときには住んでいた。
聞いたら、トータル10年は住んでいたそうだ。

そして、それをついに売って、ウェストオークランドのほうに引っ越すことにしたと聞いたのが先月。いいネイバーだったから残念だけど、それからしばらくオープンホームが続いていた。

かなりたくさんの人が来て、いい反応があったとのことで、今日のオークションの期待が高まっていた。

最近のオークランドでは、2年くらいは住宅市場の低迷といわれていたけど、去年末くらいからの金利の大幅な値下げと、売るのに多少時間はかかっても、どっちにしても値段はもうこれ以上下がらない感のせいだと思うけど、ヘラルドなんかにも、再び販売数やらが伸びてきたというニュースが出始めたりしていた。

確かに、低迷したといっても、販売金額を見ても、豪邸じゃない、一般的な3ベッドルームの値段は言うほど下がっていないし、こっちの人は、売れなければレンタルにしておくだけだし、どっちにしてもレントそのものが高いから、そこそこの物件ならできれば買いたいと思っている人も多いから、バブル後とはいっても、日本のような崩れ方はしていない。


家のオークションは、まとめて不動産屋のオフィスで行われる場合と、その家の場所で行われる場合とあるが、今回はその家でするオークションだった。

090418 auction02.jpg

1時半開始で、1時前にはもうかなりの人が来始めていたので、はじまる直前にだんなサマとのこのこ出向く。
シリアとジャッキーはオークションが開かれるのとは反対の庭のほうに待機していた。
しゃべりに行ったら、もう1人の娘も来ていて、彼女の家の近くに引っ越すらしい。
本人たちは、きっとすごくドキドキだよね〜

家の敷地は一緒くらいだが、うちにくらべて家の敷地面積は広く、一つ一つのベッドルームが一回り大きいし、さらに3ベッドルーム+小さいスタディもついている。
その代わり、ガレージはついてないけど。

私の予想としては、まあ35万ドル以上はいくかな〜というくらいだったが、オークションがはじまると、1万ドル刻みであっというまに36万ドル越えた。

090418 auction01.jpg

38万ドルくらいから、Kiwiらしきヨーロピアン女性と、中国人のこっちもおばちゃんの一騎打ちになってきたが、中国人が、ビットのたびに携帯に電話でかけなおしてオークションを止めるので、それはちょっとみんなにフェアじゃない、とオークショニアに注意される。

もう一騎打ちになってからは、電話つなぎっぱなしでやればいいだけなのにな…

そこからも値段はあがりつづけ、結果は驚きの39万5千ドル!!がく〜(落胆した顔)
スタディはあるものの、うちと同じ敷地面積っすよ…
いや、いい家だけど、40万ドル払うなら、私はもうちょっといいのを見つけたい感じなんだけど…

シリアはもちろん大喜び。
私たちも、ちゃんとした感じのKiwiが買ってくれたので一安心。聞いたら、本人達が住むそうだし。
よかったよかった。(貸しに出されて、Kiwiの学生がシェアとかが入るのがサイアクだから)

ここのところしばらく、不動産価格低迷ということで値段が下がるの待ち構えていた人たちが動き始め、さらにそれで売るタイミングを待っていた人たちも動き始めた感じ。

なぜなら、しばらくうちの通りで見なかった、オープンホームやらの看板が、今は3つも立っている。
その1つが今売れたわけだけど。

しかし、このエリアの、この家に40万ドルとは…
買いたくて今まで様子を見てた人は、そろそろまた上がり始めるかもしれませんよ〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年03月24日

洗濯機がうれた〜

売れたよ〜
壊れた洗濯機が売れたよ〜

毎度お世話になってるTrade Me。
これはすぐに取りに行ったり、取りに来てもらったりが簡単で、日本のYahooオークションなんかより、よっぽど使い勝手がいい。
日本は個人情報の問題とかからか、家に取りに来てもらうという選択肢が皆無だから、ちょっと大きいものは、間にリサイクル業者だのが入ったりして、価値あるものも売買しにくいんだよね…
(こっちはトレーラーを簡単に使えるという理由もあると思うけど)

で、うちの壊れた洗濯機。
粗大ごみの回収も終わってしまったばかりだし、
“壊れてます、動きません、なおせる人か、パーツとして欲しい人に!”
と書いて5ドルで売りにだしておいた。

そしたら、昨日、76ドルがく〜(落胆した顔)もの値段で落札されていた…


しかも、三人くらいの人が競った形跡が。

これを買った人は、昔電気屋さんだった人で、こういうのを直して売ったり、直らなければ他ののパーツとして使うからと買ってくれた。

76ドル〜るんるん

日本なら、引き取ってもらうのに、逆にそのくらい取られるんじゃないか?
確かに業者にとっては、新品のパーツひとつ買うだけで20ドル、50ドルとするわけだから、洗濯機一台分のパーツが70ドルで手に入るなら相当安いみたい。

捨てる神あれば拾う神あり。

ほんと何もかもを、無駄なく使い切る国だなあ…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年03月14日

洗濯機!

壊れたよ〜
洗濯機が壊れたよ〜
もうやだ〜(悲しい顔)

家を買った時中古で買ったものだが、買った直後に一度壊れ、今回4年たってまた壊れた…
これ↓
090314 washingmachine02.jpg

一応修理にも電話してみたが、前よりひどく値上がりしていて、来るだけでも80ドルくらい、その後一分単位でチャージしていくという。

部品交換ならそれだけで簡単に100ドル200ドルいくので、それなら修理だけに、安くても300ドルくらいかかってしまう計算

それなら新品でも500ドルくらいで買えるのだからと一週間ばかりリサーチしていた。

しかし、気になるのはフロントローダー。あの、前からぐるぐる回ってるのが見えるタイプである。

日本のように、斜めドラムなんて洒落たものはNZには存在すらないが、上から入れるのではなく、正面から洗濯物をいれるタイプは、水があまりいらないので省エネになるとのことでそれなりに人気がある。

ただ、トップローダーがバーゲンで探せば500くらいであるのに対し、フロントは1000ドル近くはするものが多い。
それでまたいつもの中古で探していたら、けっこうモノは多くて、去年の店頭価格が1000ドルちょっとで、1年しか使っていないというものが400ドルで売りに出ていたので買ってしまった。

うちも洗濯できなくてつらいので、今日土曜日の朝に取りに行きたいといったら即オーケー。久しぶりにタカプナの近くまでピックアップにいってきた。

そしたらトップローダー式に比べて重い重い!ふらふら
たまたま先週ガレッジセールでみつけて買っていた、トロリーがなければ絶対運べない重さだった…

やっとこさ車に運びいれ、同じく車から降ろし、さらにもともとある壊れた洗濯機を運び出してとりあえずガレージに入れ、なんだかすごい重労働だった…
最後の一番高いステップを持ち上げるところだけはどうしても私の力では無理で、お隣さんにヘルプを頼んだよ( ̄▽ ̄;)

そうしてようやく無事に設置できたフロントローダーぴかぴか(新しい)
090314 washingmachine01.jpg

早速洗濯機を入れて、やっている間中、ずっとだんなサマと眺めつづめてしまった…
まるで意味もなく、面白くもないウィンドウズ最適化中の画面を眺め続けてしまうように…

なんかフロントローダーって、確かに水はすごく少ないけど異常に時間がかかる。
全部終わるまでに、なんと1時間15分もかかった。回ってはとまり、回っては止まりして、あれは洗剤を染みさせたりしてるのだろうか…?

しかし今のところとっても満足るんるん

水が流れ出る時、モーターの音が、
「総員戦闘配置! ノーマルスーツ着用!」
とかの時にバックに流れるサイレンの音みたいに聞こえる(私だけ?)のが笑えるけど…
あるいは、
「自動爆破まであと3分デス」
とかいうとき鳴ってるサイレンというか…(わかる?)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2009年01月28日

小松菜

私信ですが…
ままりんお誕生日おめでとう〜
**********************

去年からうちのサラダを支えるメンバーに加わったルッコラに引続き、友達にもらった小松菜の種が大活躍している。

いまや巨大化してすごいことになってるけど、幹の部分もおいしいから問題ないし。
090101 gantan04.jpg

調べてみたら、ほんとは白菜と同じで冬の野菜だったのね。
ということは、ルッコラと同じで秋のうちに植えておけば、冬中収穫できるということだ!

ここ数年こうやって庭で野菜を植えていて思うのは、夏よりもむしろ、冬に取れる野菜が重要だということ。
夏はそもそも売ってる野菜も激安で、質のいいレタスもキャベツもNZの巨大ナスも、すべて1ドルか、1.5ドルくらいで買えるから、両手いっぱい野菜を買ってもほとんど10ドル以下で済む。

それが冬になると、とてつもなく小さくしょぼいレタスやキャベツが3ドル、4ドル、ナスなんか1つ8ドル!になったりして、サラダにも困ることになる。

だから、夏より冬のほうが、断然家庭菜園のお得感が増すのであった。

去年の冬はルッコラがわっさわっさ採れたから、冬中レタスの変わりにサラダは全ルッコラにして(これがレタスよりはるかにおいしい〜)乗り切った。
これに小松菜が加われば、炒め物やお味噌汁も庭からの供給のみで行けるではないか♪

特に何も考えずに最近毎日食べていたが、ついでに小松菜について調べてみると

小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜で、カルシウム・ビタミンA・鉄・カリウム・食物繊維などを多く含んでいる。 ほうれん草と栄養価が似ており、比べてみると鉄分はやや少ないものの、カルシウムは5倍で、野菜の中ではトップクラスである。

へーーっビックリ!


ルッコラは生の時はほんとにゴマのような香ばしさで最高においしいけど、火を通すと苦味がでる。
でも小松菜はサラダでも炒め物でもおひたしでも浅漬けでもお味噌汁に毎日2,3枚刻んでいれてもおいしいし、ほんと万能。

うちは毎日ボールいっぱいのサラダをつくるのだけど、最近は庭のレタス40%、小松菜40%、紫蘇20%(今が一番大量に採れる)、ルッコラと水菜が数枚ずつ(ルッコラは夏は育ちが悪い…というか、すぐトウが立って葉っぱがあまりでない) +庭のトマトという自給自足体制。
これにあとはブロッコリとかアボガドとかポテトとか、買って来たもの足す感じ。

今年こそは、ちゃんと土作りからしないとまずいかもしれない…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

2008年09月21日

ついに玄関完成! (95%)

今日は完全に晴れ晴れ予報だったので、ついに目地入れ決行!
目地入れは、タイル貼りでもかなり楽しい最後の仕上げである。

しかし、昼頃は日差しが強すぎてタイルがあったまりすぎ、目地があっというまに乾いていくので室内よりかなり大急ぎで作業。
さらに、室内のタイルは表面がつるつるなので、はみでた目地をふき取るもの楽なのだが、外のタイルは濡れたところを歩いても滑らないように表面がざらざらなので、押し込むのもふき取るのもかなり力がいる。

いつものことで覚悟はしていたが、6時間も地面にはいつくばって片手で上体を支えながら、片手で目地を押し込みふき取る作業…
腰に先に限界がきた〜
腰がいたい〜そして腕が夜にはずきんずきん言うほどの筋肉痛に…あう〜

080921 tile12.jpg

目地いれ後と前の見た目の違いはこんな風
080921 tile13.jpg

ほとんどできたが、何故95%かというと、絶対今日メインのところは仕上げてしまいたかったので、かなり大量の目地を作っておいたのに(前に外で使ったグレーと、新たに買って来たライトグレーを混ぜて少しあかるいグレーにした) 最終的にはぎりぎり足りなくなってしまったから…

足りないと、あとで色あわせで苦労するから相当ドライの状態で混ぜて作っておいたのに、やはり階段の石の部分は予想以上に相当の目地を消費した。

でも、ちょっと残っちゃったタイルの細い部分は、多少色がずれてもあんまり目立たないからよしとしよう。

あと少しだけど、今日は5時過ぎてしまったし色あわせからしなければならないし、とにかく腰が限界なので今日のところは切り上げることに…

でもあとほんとにちょっとで、あとはもう1時間もあれば終わる量なのでとりあえず写真的にはこれで完成ってことにする!


一応このプロジェクト完成なので、前に使ったBefore の写真から載せると…

Before

080512 rail05.jpg

080513 rail10.jpg

0805117 rail10.jpg

0805117 rail15.jpg


After
080921 tile14.jpg

080921 tile15.jpg

080921 tile16.jpg

080921 tile17.jpg
(目地が足りなかった部分)

はー長いプロジェクトだった…
雨で2ヶ月以上も中断したから。

それにしても、週に1回くらいだから大丈夫だけど、タイル屋さんってものすごい腰痛もちなんじゃないの?
これを毎日仕事でしてるといたら…

いててててー (o´Д`)=з


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー

2008年09月06日

タイル貼りパート完成とギャル鍋

よかった、やっとまた週末晴れた晴れ
そして、ながーくながーくかかったタイル貼りを、ついに完成することができた…(涙)

最後の部分が、タイルを切ったり調整したりしなければならないので一番時間がかかる。
でも、今日はなんとしても終わらせようと、ria測る、だんな様切る、riaタイル貼る、とかなりせっせと作業して、ついに全面貼り終えたのだった。

先週の写真

080831 tile07.jpg



080906 tile08.jpg

080906 tile10.jpg

当然目地いれはまだなので、アップで見るとこんな感じだが、
080906 tile11.jpg
とにかく全部うまったーーっっ

(そして日曜に目地いれもしてしまおうと思ったのだが、途中まで準備したけど昼過ぎから雲が出てきて、万が一にも目地入れ中に雨、というリスクは取れないので今週末はあきらめた)

かなりせっせとやったが、きがついたら5時近く。5時半には友達のうちで、今日はギャル鍋のお誘いがあったので、大急ぎでシャワーを浴びてでかけた。

全員30歳+だけどギャル鍋…ウキャ〜

冬も終わろうとしているので、最後の鍋パーティということで。しかし今日も夕方からはしっかり冷え込み、コタツで鍋をするにはばっちりな気温で、鍋にケーキに果物に…と食べ過ぎマシタ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー

2008年09月02日

ローン満期

今日で、家を買ってから早3年
いや、ほんとに月日がたつのは早すぎる。

そして、金利もガンガンあがっているのでわかっていたけど、明日から支払いが増える。
このガソリン高、物価高の折にほんとにきついっす〜

ぶっちゃけ、2週間に一回の支払いが30ドルも増えます。1ヶ月で60ドル増。きびしい…
ほんと日本の金利水準なら、あっという間に払い終わっちゃえるのに。


金利は下がる方向性なのは間違いないと思うので、今回は短く1年半というのにしてみた。
なぜ1年半かというと、前にも書いたように、だんな様の主な収入があるのが夏の間なので、これで次の満期が9月ではなく、3月の真夏になると大助かりとなるからである。

ただし、これが後々吉とでるか凶とでるかはわからない。

だいたい、次のOCR(公定歩合)の見直しが9月11日であるので、その時にもさらに金利が下がる可能性もあるのだが、そこまでフローティングにすると、フローティングの金利はなんと11%近くもあるので、1週間で100ドル以上余計にかかっちゃうし、下がるかどうかわからないので今日固定で決めてしまった。

はあ〜でも9月11日に、0.25%とか、大きくさがったら凹むけど。(昔とった杵柄で、誰よりも細やかな金利計算♪)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー

2008年08月13日

最近のおやつ

お菓子の話。
最近週に一回はマフィンを焼いていて、おやつはだいたいそれで済ませている。

料理好きでもなく、めんどくさがりな私にはマフィンが限界(スポンジ系は精神的に無理!)。
マフィンは基本混ぜるだけなので、さっさとやれば焼くまでに10分あれば十分だから。

安いし、添加物はないし、自分でどれだけの砂糖を投入しているかわかっているから恐ろしくて食べ過ぎない、といいことだらけなのである。
(中くらいのマフィン16個焼くのにだいたい砂糖が200グラム。ひとつに砂糖12.5グラム=スティックシュガー2本半…がく〜(落胆した顔))

しかし私の問題点は、料理の時にとにかくどれだけ手間を省けるかにすべてをかけてしまうということ。
そもそも料理はあんまりやりたくないから…

例えば、レシピどおりに全部やれば100%のおいしさになるとして、手間を50%省くことで、できあがりが80%のおいしさになれば、費用(手間)対効果の問題で超満足!なのだった。
(いや、ふつーに100%のおいしいのを作れよ…と思わないこともないが無理)


例えば、マフィンにキャラメルバナナをいれたいとして、レシピには
「フライパンでカラメルを作ってそこに刻んだバナナをいれて木ベラでつぶしながら煮詰め…」

とあったとしたら、カラメルなんて電子レンジでできるのだから耐熱容器にカラメルを作って、そこにバナナ投入し、さらにもうちょっとチンしてまぜて終了!

これで洗うのは耐熱容器のみだし、時間も半分以下に省略、とかね。
味は、やっぱり…ちゃんと作ったのの80%くらいにはなりますが(笑)。


しかし、今回つくったキャラメルバナナマフィンはかなりおいしくできた〜
毎週一回のHRのモーニングミーティングで、最近誰か1人が順番でモーニングティーのおやつを持っていくのだが、今週私の番だったのだ。

やっぱりサラダ油じゃなくて、バター使ったほうが風味はいいなあ…(そこは省くな!)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー

2008年07月27日

ホール リ ワイヤリング!

またしても嵐のNZ…台風
金曜日のラジオで、ここ10年で最悪の低気圧と言っていたので、6月末の嵐も相当だったのにどんだけのが来るんだ?と思っていたら、とりあえずオークランドはそこまで(10年で最悪というほど)ではなかった。

金曜のうちに、一生懸命いろいろ飛んだりしないように片付けたのだが、まあいつもの嵐くらいで…。
まあどっちにしても嵐なんだけど…

************************
そんな中、先週書いた、電気屋さんが週末に来てくれることになった。

今回は、家中の全ての古い電気の線の交換と、できればブレーカーのところの配電盤自体交換したかった。

何しろ配電盤がこの古さ…がく〜(落胆した顔)
080727 denki01.jpg
どうよこのさび具合、中を開けて、コードのまわりの白とか赤とかの絶縁体をさわると、ぽろぽろ崩れてくるんだけど…
多分1920年からのオリジナルと踏んでいるのだが。

しかし、配電盤そのものは、電力会社の管轄なので、変えられないんだって。というわけで、配電盤は危なそうな電線だけ交換してもらって、あとは家中のワイヤーを交換することになった。

日本の家と違って、天井も床下も、のぞけば配管も配電も、全部見えちゃう我が家。
ただ、配電にしても、過去90年の間に、いろんな人が部分的になおしたり、つなげたり、変な壁を通したり…で、意味不明の部分多数。

しかし、電気屋さんはほんとにプロフェッショナルで、めちゃくちゃ頑張ってくれました〜

まずキッチンが難関で、ぼろすぎるゆえにビスが死んでいて普通では外れなかったり、壁が意味不明に行き止まりだったりで、だんなさまも一緒に床下にもぐったり天井裏にあがったりでどろどろ。
ちなみに外は嵐。

それから、うれしいのはベッドルームの配線を直すときに、全部の部屋にコンセントを増やしてもらったことぴかぴか(新しい)
今までは、古い家にありがちな、ベッドルームのコンセントが各部屋1つしかなかったのだ。これでタコアシもしないですむし超便利に♪

なぜが、テレビとラウンジのソファ後ろのコンセントだけは新品の配線が通っていたのでそこはそのままですんだ。

よかったーこれで漏電で出火する可能性は激減したし、保険会社に配線を新しくしましたと連絡すれば、万が一漏電しても保険がおりる。(いままではフルすぎてカバーされなかった)

後は支払いだ…

****************

コンセントの配線を代えている時、壁がこういう感じで穴だらけだったのだが、
080727 denki02.jpg

すみれちゃんはその一つ一つに頭をつっこんで中を確認していた(笑)。

やっぱりネズミのいる穴をチェックする本能なのか?
一つ一つ、念入りに鼻先をつっこんでいてチェックしていて超かわいかったのであった。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ


ランキング参加してますー

2008年07月13日

久しぶりに晴れた! タイル作業 続き

ほんとに久しぶりに、週末の晴れ晴れ
といってもシャワーが一回来たが。
晴れないので、まったく玄関のタイル貼りの続きができていなかった。

うちのジャイアントが、3週間ばかり日本に帰省していたのだが、

“じゃあ俺が帰ってくるころには完成してるね〜”

と言っていたのに、結局その間土日は一日たりとも晴れず、すでにジャイアントも帰ってきて、あれから一ヶ月もたってしまった今日、ようやく続きができたのだった。

しかし、その途中にも一回シャワーが来て下が濡れて、ものすごくやりにくくなったけれど…

相変わらず、地味〜に石を張り合わせてめんどくさい階段の作業。
これ、強度はほんとに大丈夫なんだろか…

何度も言っているようにあまりに歪んでいるので
http://rianz.seesaa.net/article/100688326.html
だんな様がコンクリの左官でとりあえずその差分をうめる予定なのだけど…端っこに足乗せたら、割れちゃったりしないかな…土台がガタガタなのでかなり心配である。

とりあえず、今日の作業で、さらにもう2段分すすんだ。
080713 tile06.jpg

バーベキュー台作った時にも、負けず劣らず時間かかる〜。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ


ランキング参加してますー