2009年01月31日

ダンス ダンス ダンス (Aちゃんと2日目)

一日中ダンスしていた…
Aちゃんは、大学の時に体連でボールルームをやっていたと言っていたので、私たちの土曜日のレッスンにきてみたいといっていた。

先週はつい4時間レッスン受けてしまった私たちだが、今週も後半がチャチャで、しかもAちゃんはラテン好きということだったので結局9時〜1時まで、またしても4時間レッスン受けてしまった。

それからお昼を食べて家に帰ったらもう3時半すぎで、夕方行くことにしていた月に1度の大きなダンスパーティまでもうあまり時間がなく、結局うちで一昨年日本で録画してきた芸能人Shall we danceのビデオにはまるAちゃん。

そして夕方から夜10時半までパーティにいっていたので、はっきりいってダンスのこと以外、何もしなかった一日であった…
Aちゃん、これは別にオークランドでなくてもできたんでは…(笑)

でも、AちゃんのパートナーはKiwiで、うちのように家に日本のビデオがあったりするわけではないのでかなり楽しかったらしい。

パーティも、一種異様な(笑)ダンスパーティの雰囲気を満喫したようである。


ダンスでは大変だったのはだんなサマで、私たちは順番に踊ればいいけど、男ひとりだからこの間中ほとんど休みなく踊り続け、帰ってきたらさすがにぶっ倒れていた。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年01月30日

Christchurchの友達

Christchurchの友達Aちゃんが遊びに来た♪
私がクライストチャーチに遊びに行った時↓
http://rianz.seesaa.net/article/108390251.html

と、まったく同じスケジュールでの逆バージョン、金曜日の午後から週末かけて。

彼女は、うちの会社のChristchurchのほうで、私と同じような仕事をしている唯一の日本人。
いつも電話やメールでは話しているが、ゆっくり会うのはこれで三回目。

一度もオークランドの本社に来たことがなかったので、金曜日の午後つく飛行機にして、3時ごろ空港に迎えに行く。
そうすれば、1,2時間は本社のほうの人にあったり見て回る時間があるかと思って。飛行機はやや遅れたが予定通り到着。
一通り本社を見せて周り、彼女と仕事で関係のあるマネージャーに、ちょっと挨拶にいったり、品物の倉庫を見せに行ったりした。

そして、夕ご飯はボスがご馳走してくれることになっていたので、前から行きたかった比較的新しい日本食レストランに連れてってもらった。
やっぱりご馳走してもらえる時は日本食よね〜ぴかぴか(新しい)

お酒が入ってかなりぶっちゃけトークになって楽しかった。
私は、もうここで働いて六年になるけど、普段他の社員の仕事ぶりとかを、ボスに言わないようにしている。
例えばHRマネージャーがほんと使えないとか、下の人たちに意味不明な意地悪してるとか…

私自身は直接の上司が社長なわけで、仕事上で意地悪されたりとかないけれど、トリッシュやら他の人たちやらの愚痴やウワサでどのマネージャーが使えないとかあるけれど、あんまりするとチクリ屋みたいで嫌だし、みんなが私に本音でしゃべってくれなくなったら嫌だから。

でも、今日は本社のほうでもAちゃんのChristchurchの支社のほうの話も、愚痴大会になってかなり盛り上がり、“やっぱり会社の悪口が一番盛り上がるね!!”と3人で意気投合したのであった…

私は日本の会社で働いていた時に言いたかった愚痴を100としたら、今は多分3くらいしかないのだけど、相当評判の悪いマネージャーのこととか、この場しかないな〜と思ってチクっちゃってトリッシュの代わりにすっきりしたのであった。
(トリッシュはかなりはっきりした性格なので、仕事のできないマネージャーとよく衝突する)

続く。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2009年01月26日

恒例の潮干狩り

今日はオークランドアニバーサリーの休日ぴかぴか(新しい)
あんまりいいお天気なので、毎年恒例の潮干狩りにいってきた〜グッド(上向き矢印)

干潮もばっちりの2時半だったので、友達Uをつれて3人で。
090126 beach01.jpg

ほんとに頭がくらくらするほどいい天気〜
しかしNZの直射日光をなめてはいけない

当然カンペキな日よけ対策をしているのだが、それでも目がちかちかするほど日差しが強い。

貝はいつもどおりぎっしり埋まっているので、30分もあれば規定の1人あたり50個に到達。
090126 beach02.jpg


そこから少しだけ移動して、今日は違うビーチにもいってみた。
NZの水は寒流で、夏でもほんとに冷たいのだが、勇敢にも友人Uはホタテを狙って素潜りで海に入ってくれた〜
090126 beach03.jpg

しかし収穫はゼロ…
浜辺でグループでスキューバをしていた人たちは、いくつもホタテをひろってきていたから、そのくらい深いところまでいかないとホタテは取れないのかもしれない〜

そのかわり、なんとUはアワビを収穫〜すごい!
アワビはホタテと違って水深5M以下のところにもいるんだね〜
というわけで、今日のメニューはアワビのステーキに!!

しかし日差しも強いしけっこうビーチを歩いたしで、なんだか帰りにはあたまがガンガンしてきた…

**********************************
ところで、オレワの渋滞ポイントを抜ける有料高速道路がついに完成していて、たまたま今週末だけ試用期間でフリーで通れるようになっていた。

090126 beach05.jpg

090126 beach04.jpg
NZには珍しいトンネル。
この有料道路は、通過するだけでナンバーが自動的に記憶され、その3日以内にネットとかで使用料2ドル払うと言うシステムらしい。
それもメンドクサイな…
みんな2ドルなんか払うためにちゃんとネット接続するのかな。

オレワは週末の帰りの時間なんかに渋滞するとそこだけで小一時間はかかるようなところだったから、そういう時には渋滞緩和にとても便利になると思うけど。

**************************

そして本日の夕ご飯、だんな様の力作、アワビのステーキとCockleのニンニクしょうゆ酒蒸し!
090126 beach06.jpg

090126 beach07.jpg

アワビ、あんまりおいしくてびっくりした…
なんという強いダシとコク。
サザエとか、苦いところがあるのは好きじゃないんだけど、肝のソースも、ほんとに今までに食べたことないほどおいしくてびっくりした〜っ

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | イベント

2008年12月31日

大晦日の大忙し

NZでは大晦日はふつーに平日である。
しかしお店はけっこうしまっていたり。
ベイオブまで往復で、三泊もでかけていて、けっこう疲れたので昨日30日は久しぶりにオフィスで逆にゆっくり体を休められた。
ヒマだし…

で、今日大晦日も普通に出勤したが、オフィスにほとんど人はいないし、この期間はみんな来ても昼過ぎには帰ってしまったり、とほんとうに適当。
この期間は、かっこうもマフティで、Tシャツジーパンな人がほとんどだ。

だから、この時期働いて(働いたことにして)、別のときにホリデーを取るのも、それはそれでアリなのであった。

今日のイベントその@
Nekokanさんに会っちゃった!
私がすみれちゃんを飼おうとかんがえ、バーマンについてすごく調べていた時にめちゃめちゃ参考にさせていただいた
ねこかん日記
http://birman.blog49.fc2.com/

の、メイちゃんのオーナーnekokanさんご夫婦が、オークランドにいらっしゃるというので、ランチをご一緒することに。わーいっ
で、近くのカフェか、アジア料理でもいこうかと思っていたら、なんと軒並み休み…カレンダー的には平日だから、どこかあいていると思ったのだが、なめていた…私もこの時期は日本に帰省していることが多かったから。

で、結局シルビアパークのフードコートなんぞになってしまい。
すみません!ふらふら

で、そのあとはせっかくなのですみれちゃんにお会いいただくことに〜
接客は大得意(というか、誰でも抱っこしてくれる人はたいていウェルカム)の営業部長にもなれそうなすみれちゃんなので、突然の来客でも全然大丈夫。
昼寝中を起こされて、ちょっと眠そうだったケド…

お二人は、さすが猫好きバーマン好きで、やっぱり、さすが猫への目の付け所と愛が一般人とは違う!!

猫好きといい、テニス好きといい、なんか趣味がすごく似てて、すごーく楽しかったです!

しかも、こんなすごいお土産までいただいてしまい、すみれちゃんと一緒に記念撮影♪


すーちゃん見て〜
081231 sumire67.jpg

くんくんなあに?
081231 sumire68.jpg

眠い…
081231 sumire69.jpg

************************

忙しい大晦日、まだ続きます。ここまでは実は昼休みのハナシ。
そしてその2。

仕事の後、NZに来てからの友達Gのうちに、大晦日のディナーに招待されていたので出発。
さすがにラッシュアワーもなく、ほとんど車がいないので五時過ぎには到着。

この日はG夫妻と、共通の友達で、私たちの結婚式の写真もとってくれたKiwiの写真家Mと、その彼女。
こことも仲良しなのに、なんだかんだで一年以上あっていなかったのでお呼ばれしにいく。


そしてその3は、こんどはその後、夜10時から、去年と同じく、シティのアパートに住む会社の同僚クリスの家で、大晦日のカウントダウンパーティに。
ほんとにシティなので、スカイシティの花火が目の前にみえるのだ。

http://rianz.seesaa.net/article/76147943.html
花火の写真は去年とまったく同じなので参照ください…↑

という感じの年越しだった。さすがに忙しかった…
もっと詳しく書きたいんだけど、毎日忙しくてしたことをかくだけで精一杯だー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント

2008年12月22日

今年のクリスマスの予定

日本と同じく、NZでも、ビジネスでは厳しい風が吹いている。
せっかくのクリスマスだが、タイミング悪くたまたま先月から緊縮財政令がでてしまったから、いつものような大きいパーティはなし。

実はそのかわり、先週公園で安上がりにするBBQクリスマスパーティがあったのだか、その日たまたま私は、いつもお世話になっている日本人の集まりの大会があっていけなかったのだーーもうやだ〜(悲しい顔)

というわけで、今年は会社のクリスマスパーティは、わたし的にはなし!アウー

しかし、25日には、友達を呼んで今年最初のうちんちでのBBQ大会をすることにした。
さらに、26日からは、ベイオブアイランドに遊びにいくことに!

私がNZに来て最初の7ヶ月間、ホームステイにしていた家族なのだが、私の結婚式にもはるばる来てくれたし、ほんとに素晴らしいファミリーだった。
オークランドにあった800坪の豪邸を売って、ベイオブに引越し、そこで趣味程度にB&Bをやっていて、前に招待してくれた時にも一度遊びにいったら、家から海に出られるボートランプの他に、3キロくらいのプライベートビーチがあったよ…(汗)

で、当時一緒に実家に住んでいたホームステイブラザーが、このクリスマスホリデーには帰省してくるというので、また私も招待してくれたのだった。
こういう時には家族水入らずのほうがいいんじゃないの?と思ってしまう日本人の私だが、彼らはかまわないらしい…

というわけで、26日からは3泊で、NZの父と母に、会いに行ってきます!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | イベント

2008年11月08日

長編 弟くん結婚式(涙)

ついに弟くん結婚。
もうお互いいい歳だし、弟くんも近いとはいえ実家を出てるから平常心だけど、そうじゃなかったらもっとサミシイかもね…ままりん。

前にも書いたけど、子供のころ、何かの本で、妹がお兄ちゃんと結婚すれば、ずっとお父さんお母さんと、家族一緒にいられるからそうしようよって話すシーンがあって、子供ごごろに“ナルホド!”と深く刻み込まれるくらい納得したけど、当然そんなことできるわけもなく、私はだんなサマと結婚して、弟くんも別の人と結婚する。

うちは家族4人でいつまでも旅行に行くうちで、私がNZに来ちゃってからも、日本に帰省は1人でしてたから、ままりんとぱぱりんと弟くんと、4人で旅行っていうのが私が結婚しても続いてた。

でも、弟くんが結婚しちゃうわけで、今まで30年間もそうやってあたりまえに思ってきた家族水入らずっていう状態が、なくなっちゃうんだなあって…

別にお嫁さんが嫌とかも有りようがないけど(だいたい、まだ会ってない!)、そういう空間がなくなってしまうのが、やっぱり淋しいんだろうなあ。

というわけで結婚式当日。

天気は生憎のいまにも降りそうな曇り。今週ずっと晴れてたのにーっ

会場は、東京のかなり有名な結婚式場。
つくと花嫁さんの準備のほうが先にはじまるので、まだ私服でうろうろしていた弟くんと合流。
これが最後の結婚前の水入らず。

大安ということもあって、もうあっちこっちに花嫁さんや花婿さんがうろうろしてて、控え室も自分がどのグループかわかりゃしない。

ままりんやおばあちゃんは着物の着付けに入り、私はドレスなのでさっさと着替えて出てったら、今日はおばさんのところに泊まっていただんなサマも来てて合流。
私の親戚に会わせる。

私たちはNZで式をしてしまったから、一度も日本の親戚に会わせたことなかったから。
小学生の時以来会う従兄弟もいて、ちょっと面白かった。

まずは大きな控え室で親族紹介と記念撮影。
その時に私ははじめてお嫁さんになる人をみたのだった。
ちっちゃくて(弟くんがでかすぎるのだが)、かわいい感じのお嫁さんだった。
いいなあ…弟くんと結婚できて…(はっきりいって私はブラコン ^_^;)


式は付属の教会で。
自分達のときもそうだったけど、式はほんとあっという間。
後で弟くんに聞いたところによると、実はこの時ほんのちょっとだけど霧雨が降っちゃって、おかげで外でやる予定だったライスシャワーやら記念撮影やらが、室内になってしまったのだそう。

081108wedding01.jpg

そうして、披露宴会場となる上の階に移動。

それにしてもどこも結婚式をする人の群れで、新郎新婦の周りにはスソをなおしたりする付き人が2,3人と、カメラマンと、ビデオのカメラマンも2,3人いて、それだけで一塊の人数。
いやー日本の結婚式って大変だね…

披露宴は、日本人のスピーチ下手を呪いたくなる祝辞のヘタクソさだったけど、もうそんなの関係なく二人の今までを紹介する家族ビデオのとこで涙〜アウー

っていうか、このビデオ、お客さんに2人の今までを紹介っていう名目かもしれないけど、ほんと家族のためにあるようなものなのだね…

小さい頃、いつも弟くんが着ていたコートや、よくけんかしてたのに、どうしても一緒に行こうっていつも誘ってきたプール、まだ若いぱぱりんとままりん、私がアルバムに貼った幼いころの写真…どの写真も、私たちはいつも4人でひとつだったのに、これからはそうじゃなくなっちゃうって感じで…

でも他のお客さんからは、当然家族の写真なんかおまけみたいなもので、そこから2人が出会い…今日めでたく1つになり…というパートがメインなんだろう。(それが普通)

私の結婚式の時は、あまり涙の演出とかしたくなくて、両親への手紙とかそういうのもしなかった。(まあNZでやったからというのもあるけど)

でもこれって、感動の涙というより、ほんとにすでに、マジで悲しいから、それを増幅するのってどうなの!?とちょっと思っちゃうくらい悲しかった。
まあ、そのくらいよく出来ていたということで、頑張って作った弟くんには満点をあげたいけども。

081108wedding02.jpg

お料理はコースでおいしかったけど、前に写真撮りにいってみたり、ご祝儀を金庫に預けに行ったり(親族の仕事)、なんだかものすごく慌しくてとにかく何をするのも大急ぎだった。

081108wedding03.jpg

081108wedding04.jpg

そして最後の花嫁の両親への手紙や、新郎新婦の両親への花束と、産まれた時の体重分のお米をベビー服につめたお人形贈呈。

見ると、ままりん泣いてるもうやだ〜(悲しい顔)、弟くん泣いてるもうやだ〜(悲しい顔)、それに左右をはさまれたぱぱりんもらい泣きもうやだ〜(悲しい顔)
そして、別にただ見ているだけの私もアウー

に対して
かなり冷静なお嫁さんサイド( ̄▽ ̄;)
我が家のほうが、異常に涙もろいの判明。
普通泣くのってお嫁さん側じゃなかろーか(^。^;)

私には弟くんの結婚式しか親族の結婚式はないわけだからこういう経験は初めてで、今まで考えたことなかったけど、どうして人は、結婚式で泣くのだろう。

感動ってわけじゃ、ない。
むしろ、悲しい。

めでたいことだし、もうすでに私もNZに来て長いからいまさら離れてしまうのが悲しいってわけでもないし、もう成長したとかどうとかいう年齢でもないし…(弟くん今年30歳)

やっぱり、私たち家族のものだった弟くんが、そうでなくなってしまうのが悲しいっていう涙なのかな…
そしてぱぱりんとままりんと私と弟くんっていう、30年間続いた1つの時代が終わってしまったという、卒業式のに似た涙なのかな…
バイ

ね、なんで人は、結婚式に泣くのかな?

両親の感慨は、また別のものなんだろうけど。


そうして結婚式が終わり、新郎新婦はお友達との二次会に行き、私たちは車で帰宅。

しばらくして弟くんから電話が。

“トランクに、なんか変な服乗ってなかった?”

引き出物なんかに埋もれた荷物を発掘すると、なんかみなれないジーンズやらブラジャーまで…

弟くん、車のトランクにつんでおいたお嫁さんの私服を下ろし忘れたらしい。

ウェディングドレス(ロングトレーン付)のままの花嫁、さて、どうやって帰る?!がく〜(落胆した顔)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年10月22日

オペラ座の怪人!

きゃ〜〜〜〜っっグッド(上向き矢印)

のっけから失礼しますが…
オペラ座の怪人に行っちゃいました!!
半分仕事、でも遊びで…

火曜日に、けっこうビジネスの多い某取引先から突然リネットに電話があった。
“チケットがあるので水曜午後のオペラ座の怪人に行きませんか?”
と…(営業の一環)

リネットは実はすでに来週の公演を購入済みで、トリッシュは今週末のロングウィークエンドの前後に有給申請済みでもう休みはとりにくいから行かないって。

で、私はボスに、“明日の午後、半休取ってもいいですか?”と聞いてみたら、いいよって…

きゃ〜〜〜っっぴかぴか(新しい)



本当は、この公演も自分で行くかどうかも悩んだくらいだったのだが、日本帰国直前で物入りだし、だんな様も家にいないし…であきらめていたのに、突然タダで平日昼間にいけることになっちゃった!!

らっき〜〜っっ!

そして水曜は午前だけ会社にいってお昼過ぎにその取引先の会社で、いつもの担当者Lisaと待ち合わせ(こっちは営業されるほう)。
Lisaは超かわいいブロンドのKiwiで、Kiwiなのに(失礼)日本人の華奢な人みたいに腰がほっそりしているのだった。(実はもう一児の母なのに…)

今回の連絡がこれほど急だったのは、なんでもオペラ座の怪人の興行主の会社で働いている人から急にチケット購入の話があったかららしい。
その人は昔このLisaのいる会社で働いていたから、水曜の昼下がりなんていう時間で空きシートがあるから、あけておくよりは安くLisaの会社にまとめて営業用に買わない?と話を持ちかけたということらしい。

Lisaも、私をつかまえられたから、自分も一緒に行けることになってうれしいとすごく喜んでいて(営業の人は、みんな1人か2人自分の顧客をつれてきてた)、こっちこそ連れてってもらうのにそんな喜んでもらえてなんかうれしいよ〜

一応営業だから、ワインやらも買ってくれるし(私は飲まんけど…)ありがたい…
でもLisaも私と同じ飲まない甘党なので、みんなワイン飲んでる傍で、2人でマグナムのバー(NZのハーゲンダッツ的アイス)かじってました(NZの劇場とチョコアイスは、映画とポップコーンの関係にも似て、黙ってても必ず出てくる切っても切り離せない関係なのだ!)

シビック内装。
081023 civic.jpg


そしてオペラ座の怪人!
いいね〜ほんとに!
私はDVDも持ってるし日本の四季バージョンも持ってて一人で
“どうぞ〜思い出をそーの胸に〜♪”
とか
“もはやも〜ど〜れ〜なーーいーーー”
とか
“人殺しをつかまえろっ♪”
って歌えるくらいコアなファンなのでほんとうれしいよ!

すんごいうるさいこと言うと、ファントムが一番低音を出す最初のmusic of the nightの前後で、ちょっぴり最低音の発声に問題があった気が…
まあ私がCD聞き込んでるからうるさいだけで、普通なら気付かないくらい?

席も、一回の後ろから3列目ど真ん中だったのだけど、シビックは劇場自体が比較的小さいのでそれでもかなり近くてよかった。

Lisaははじめてみたけど気に入ったというので、そのあと私のDVDを焼いてあげた(布教活動)。
超幸せな一日でした♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年09月27日

芸能人に会っちゃった!

クラウンプラザ続き〜
22階からの眺め。
080927 crowneplaza07.jpg

そして翌日の朝ごはんはバッフェ♪(食べてばっか…)
080927 crowneplaza06.jpg
もうブランチなので、おなかいっぱい食べちゃいました。


その後はせっかくシティに来たので、ちょっとウィンドウショッピング。
というのは、弟くんの結婚式に来てくものが決まっていないので、何かいいのがないかな…と思っているのだ。
イメージとしては、デパートで3-4万くらい、丸井で2-3万くらいで買えるイメージのパーティードレス。
しかしNZって、こういうちょっといいようなレベルの服がほんとにない。

あるのは安物か、たいしたことないのに300ドル以上するような服か、意味不明の800ドル以上の服とか。

ニューマーケットに、ダンスの時に使えるドレス専門店があるので、そこもいってみた。そんなに大きくないお店なのだがアメリカ製のインポートを多く扱ってるお店で、300〜500ドルでちょっとかわいい感じのドレスもあったので2,3着試着していたら…

なんと、
キャンディ・レーン御来店!!

ダンスのドレス買いに来たんだーーーっっ

日本の人はもちろん知らないと思うけど、けっこう有名な芸能人。日本でも、イギリスのダンス番組Dancing with the starsのパクリで「芸能人Shall we dance」をしばらくやっていたように、NZでもイギリスでのヒットの後、定期的に放送していた。

で、キャンディは、日本のでいうとメインアシスタントなので松坂慶子的ポジションだが、しかし彼女はほんとにちゃんとダンスができるので、うーん、松坂慶子と杉本綾ちゃんあたりを足して割ったような位置かな…(足しにくいキャラだが…)
この人↓
http://tvnz.co.nz/view/page/507621
080927 candy01.jpg

まあとにかく、そのクラスの芸能人が来て、私の着替えてる隣の試着室入っちゃったよ〜!

お店の人と話してるの聞いてても(だって隣の試着室!!)
すごく気さくでかわいい感じの人だったよ〜

すっぴんノーブラだったけど、試着していたドレスはラテンの、さすがものすごいゴージャス系!
一般人にはとても着られない感じのものだった。

着たり脱いだり忙しそうなので、さすがに一緒に写真撮ってくださいとは言えなかったけど( ̄▽ ̄;)

オークランドは街といえる部分がほんと少ないから、ものすごい確率で芸能人に会うんだよね。
私なんか気がつかないほうだが、人の顔の認識率のものすごく高いだんな様なんか、出歩いてる時は月1くらいで有名人をみつけてくる。

結局自分のドレスはいいのが買えなかったが、ちょっと興奮してしまった(←ミーハー)。

*************************
家に帰ると桜が満開…
080927 sakura01.jpg
春ですな〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント

2008年09月26日

クラウンプラザにお泊り その2

お客さんが来たときに使うと、ポイントをつけてホテルでの宿泊とかディナーに使わせてくれたクラウンプラザのインセンティブプログラム。

ちなみにその1は2年前で、その時もお泊り&ディナーで利用させてもらったが、
http://rianz.seesaa.net/article/20564513.html
今回も同じ企画でただで泊めてもらった〜。

今回は22階の部屋だった。
間接照明がゴージャス〜ぴかぴか(新しい)
080926 crowneplaza01.jpg

ついでにディナーもポイントを使って予約していたのだが、今月はイタリアンフェアだかで、料理はイタリアンだった。
080926 crowneplaza02.jpg

最初フラッシュなしで撮ろうとしてたんだけど暗すぎて失敗…
上から、前菜のエビ、サーモンのサラダ、ポルチーニのリゾット。
080926 crowneplaza03.jpg

ここからフラッシュ使ったけど、それにしても上手くとれないo(≧0≦)o
メインのチキン
デザートはティラミスとパンナコッタ♪
080926 crowneplaza04.jpg

おいしかったけど、だんな様曰く、これでタダだからいいけどそうじゃなかったら、150ドル以上するのは高すぎるのでは?!
ということだった。
でもホテルのディナーって、だいたいそんなものだよね…

こっちの一般的な高いクラスのレストラン(だいたい前菜一皿20ドル、メイン30ドルクラスの)って、確かに普通にはおいしいけど、でもすっごい、exceptionalにおいしーーっっていうのは少ない。
だいたい過不足なく10点評価で7点くらいっていうか。

翌日に続く!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年09月12日

接待テニス大会

ある取引のある会社主催の、接待テニス大会に招待されたのでいってきた!

毎年招待状をもらっていたのだが、営業の人と話したりはするにしても、さすがに丸一日、会社いかないでテニスしてるのもどうかと思って断っていたのだが、今年はたまたまボスが出張に行っている間だったので、行ってもいいか聞いてみたらあっさりOK。
ラッキーグッド(上向き矢印)

というわけで、仕事じゃないけど仕事で一日テニス。

日本でいう、接待ゴルフ的なものだろうか。
もちろんモーニングティーやランチもついているので、一日優雅にテニスやっていればいいのであった。

行ってみるとけっこうな人で、8面全部使って一日中の大会。
080912 tennis01.jpg

大会だけど、接待する側の人々も、別にテニス初心者もたくさんいるので、普通の15-30とかのゲームポイント制ではなく、バトミントンのような、21ポイント先取の1ゲームマッチ。
さらにサーブは卓球のような、5球ずつ交替。

普段普通のテニスやりなれているので、ポイントが11-17とかなってくると数字が多すぎてわかんなくなる〜っ

普段テニスなんてやらんーっというような人もけっこういたが、けっこう上手い人もいて楽しかったよ〜

Kiwiとテニスするといつも思うけど、ほんとKiwiのテニスって自由奔放。
日本人は、スタートが部活だろうとサークルだろうとテニスクラブだろうと、やるべき基礎はきっちり習うから、フォームを見ればレベルがだいたいはわかる。
しかし、Kiwiはほんとフォームなどめちゃくちゃで、どう見ても初心者と思ったら、あり得ないくらい強烈なストロークが来たり、バックも打てないのにサーブはとてつもなく重かったりと、まったく予測不能なのであった。

午前3試合、午後3試合で1人6試合したが、riaは全勝しましたるんるん

我ながら思うけど、私、試合のドロー運が、驚異的にいいんだよね…テニスの実力は、はじめたのが大学生になってからだし、まったくの謙遜なしに、中の中なのだが、パートナーとか試合相手のくじ運が、ほんといい。

NZに来てはじめて出た大会(ペアも対戦相手もクジ)でも全勝して、今使ってるラケットバッグもらったし、次の年のも結局勝ちゲーム数でMVPをもらい、シャンペンとバスタオルセットをもらったし…

ほんとに実力というよりドローのくじ運なのだ。
なぜかというと、自分のあたったペアの相手がすごい上手な男の人だったとしても、その時の対戦相手も強かったら勝てるかわからない、とかなるのだけど、なぜか5試合それぞれが、うまいこと全部がどうにか勝てそうな組み合わせが来て、結果かっちゃうんだよね…

あきらかに私より圧倒的に上手い、中高からテニス部、というような人がいても、そういう人たちがつぶしあったりとかでなぜかここ3年負けなし…これも、おそらく母親からの遺伝のくじ運であろうか?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント

2008年04月03日

ラフマニノフ コンサート

なんか先月に引続き、またしてもコンサート…贅沢してるわけではありません。
だってラフマのピアコン2番だったんだもーん黒ハート
(のだめのおかげで、こういうだけでもわかってもらえるようになりましたね)

しかたないでしょう…仕方ないですよね!!

しかも場所はタウンホール。タウンホールは、他の劇場よりすごく小さいので、すごくライブハウス的な近さで見られるお気に入りの劇場なのだ。

しかし今回、いつも買う席も選べるチケテックが補修中とかでしまっており、席の番号がなんだか聞いたことのない番号で、実は行くまではどの席かわからずちょっと不安だった。

ところが…

これが私の席から撮った写真…
???


080403 concert02.jpg

080403 concert01.jpg

見ての通り、なんと舞台上!!
そしてど真ん中!!

すーごーいーっっがく〜(落胆した顔)
だんな様も(が)大興奮。

トランペットとホルンの楽譜が読めるほどの近さ。楽器の振動が伝わってくるほどで、ちょっと感激…

指揮者と真正面に目が合っちゃう感じで、思わず目をそらしてしまったり…(見てないっつーの!)

遠くから見ると、私の席は…
080403 concert03.jpg

よかった、短いタイトスカートとかでいかなくて…(だから見てないっつーの!)
でも、オーケストラと一緒にライトが当たり続けるど真ん中、だんな様も“不倫デートに来た人がいたら大変だね”。
まったくだ。

今日のプログラムは、Glinkaのなんかの序曲(持ってるCDに入ってるけど詳しくはしらない)と、ラフマニノフとブラ2。
http://www.akl-phil.co.nz/index.php/ps_pagename/eventdetail/eventid/319

ブラームスにちょっと盛り下がるけど、しょうがない…ピアコン聞きたいから。
ポスターのピアニストが、John Chenという中国人だったけど、よかったよ〜
最前列で食い入るようにしてお母さん(そっくり)とお父さんがみていたけど…(反対から見てるから目に入る)

ほんとラフマニノフは特別だよね〜ハートたち(複数ハート)

ブラームスは、やっぱりなんか苦手…一言でブラームスの交響曲をあらわすと、“とりとめがない”という感じ。
誰かわかってくれる?

このブラ2は、はじめて聞いたのは大学の時、かなりバイオリンのうまい友達が、青学のOBオケかなんかで頼まれて客員コンマスをやった時、誘われて見に行った時。
その時は途中でちょっとあきちゃったけど、まああれは大学の時で10年以上!も昔で学生オケのだったし、私もオトナになって少しは感想もかわるかな…と思ったけど…

ゴメン!やっぱりブラ2は退屈だ〜っ
ブラ1でさえう〜ん、な感じだからなあ…

でも今回はラフマが聞きたかったからよしとしよう!席もすごかったし!
確かに時々ホルンとトランペットのほうがバイオリンより大きく聞こえちゃったりするのだが、それをさしひいてもすばらしかった〜


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年02月28日

ラプソディーインブルー

すみれちゃんですが、実は、昨日の夕方はじめてうんちょのほうもアンバー(穴あり)でできた。
ぽちょんぽちょんってちゃんと水のなかに!
やった〜っっわーい(嬉しい顔)

でもまだカンペキじゃなく、今朝のおしっこの様子を見てたら、のぼったりおりたりを繰り返してなかなかしなかった。

遅刻しそうになったので、また赤のほうにもどして出社。
そんな感じでぼちぼち慣らしていこうね。

************************
今日はコンサートに行った。
別に結婚記念日だったから…というわけでもないのだけど、ちょうどオークランドフィルハーモニーのラプソディーインブルーがあったのだ♪

うちには、3種類違う録音のラプソディーインブルーがあるくらい、のだめを見る前からラプソディーインブルーのファンだっただんな様もノリノリ(死語)だった。
(しかしのだめのおかげで、この曲日本女子の常識となったよね…)

前半のメインがラプソディーインブルーで、後半がドボルザークの新世界。
オークランドフィルの演奏である。

8時からだったのだが、今日の午後グレートバリアから仕事で帰ってくる予定のだんな様を、夕方のラッシュの中迎えに行き、急いで帰って夕ご飯を食べて飛び出してぎりぎり。

それでも間に合うのがオークランドの好きなところ。

席は、50ドルの席で一番いいところが取れたのでこんなに前のほう!
080228 orchestra01.JPG
演奏中を撮ってもいいかわからなかったので、オケが出てきたところを一枚撮ってみた。

ラプソディインブルーはすごくよかったけど、家の3種類のラプソディーインブルーのCDと比べて、ピアノの弾き方がすごく違った。
女性だったんだけど、弾き方がよりジャズっぽくて、女性っぽいっていうか…だんなサマは、もうちょっと男性的な力強い感じのほうが好きっていってたけど。
それでもやっぱよかったな〜かわいい
ほんとに楽しい曲だよね。

このコンサートのテーマが、アメリカ人指揮者による“アメリカ”だったので、メインがガーシュインと新世界(New World)だった。

というわけで、指揮者がそれぞれの曲の前に、簡単にマイクで曲の成り立ちとアメリカについて話してくれたりして、面白かった。

ちょっと疑問なのが、オークランドフィルとニュージーランドフィルでは、今回のオークランドフィルのが上なのか?ということ。

そんなはずはないのだけど、前に見に行ったバレエ白鳥の湖はNZフィルの演奏だったのだけど、あきらかに何回か音はずしたんだよね…
http://rianz.seesaa.net/article/45189420.html
今回のオークランドフィルのほうがうまかった。

バレエの演奏ということで二軍が出てたのかな?(よくしらんけど、それでも音ははずしちゃいかんだろー)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2008年02月06日

ワイタンギデー BBQ

画像を貼り付けに使っているサイトは、何人の人がその映像を見たかわかるようになってるのだが、貼り付けた最初の1日で、37人もの人がすみれちゃんのうんちょ画像を見ていた…ごめんよすみれちゃん、乙女なのに。
********************


ところで、今日はNZは国民の休日ワイタンギデー。

ただでさえ少ない国民の休日が、一気にやってくる12月〜1月、ほんとはもう少しうまく分散して欲しい…
(オークランドアニバーサリーまで1月だから)

ほんとにびっくりするくらいずっと暖かかったオークランドだけど(朝方でも室内は25度くらい)、久しぶりに、ほんとに久しぶりに今朝は冷え込みました。
室内気温19度
いやーこの冷えた朝の感じ。
しかし日差しは相変わらず灼熱な感じ。
オークランドのいつもの夏って感じだだわ〜

あったかいと幸せで、寒い間のことをすっかり忘れてしまう。
この間にも、冬にそなえてアリさんのように、しっかりとタキギを集めないと。

今日は友達を招待して自宅でBBQ。
他のものをこなす情熱に比べ、料理に対する情熱が格段に低い私にとっては、BBQは自宅パーティをする際の救いの神である。

遊びに来てもらうのも、パーティも大好き、ただ料理が…
ほんとお料理の好きな人がうらやましい。

私、自分でいうけど、だいたい何でも適当にはできる。

適当くらいにはカーテンも縫えるし、適当くらいには部屋のインテリアも、モザイクだろうとボタニカルアートだろうとトールペインティングだろうと自分で作ったり書いたりして飾れるし、適当だけど仕事で使えるくらいには英語しゃべるし、まさに適当だけどHTML勉強してホームページ作れるし、適当だけどなぜかキレイに見えるように片付けられるし、適当だけど、一応野菜は実らせられるし、適当だけど株式投資もできるし(まあこれは仕事だったけど)…

理由は、多分どれもやっててそれほど面倒とも思わずできるから。

料理も、この中の、どれにも増して適当だけど、できることはできる。できあがりが、そんなにまずいとも思わない。

駄菓子菓子!

他のどれにも増して、料理だけはとにかくするのがイヤ!

できることなら料理だけはしないで生きていきたい…

だんな様出張で、自分1人分の料理を作ってる時なんか(お惣菜屋もホカ弁もないので基本作るしかない)、禅的修行と無の境地で野菜切ったりしています。(でもまずいもの食べるのは嫌)


まあ自他ともに認める料理めんどくさがりなんですが(でも、はじめたらそんなに手を抜きたくないのでそこそこやっちゃって、ますます泥沼化)、他のことはなんでも自分のやりたいようにだいたいセルフプロデュースして生きてこられたのに、どうしてもなれない憧れの自分があるのがまたイヤ!

さらっとお客様を招待して、さらっとお洒落なニブレスなんか出しちゃって、おいしい料理で上手にパーティを主催できちゃう自分という憧れ…

多分、仕事と思えばできないことはない。
でも、とにかくもともと料理が好きじゃないから、あとにはもう1ヶ月くらいは料理したくないと思うくらい疲れきると思うけど…

できるなら、どうせしなくてはいけないのだから、料理が好きで好きで仕方ないという催眠術をかけてほしい。


そういうわけで、BBQ、ほんとそんな私が自宅でパーティできる一筋の光明です…

************************
お客さんが来ても、予想通り全然動揺もなかったすみれちゃん。

080206 sumire23.JPG

目の色がきれいにとれた。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ にほんブログ村 猫ブログ バーマンへ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年12月31日

2007年も暮れていきます

今日は大晦日。
(ハワイのことが追いつかないので、オンタイムの日記と同時進行でいくので、よかったらさかのぼって読んでくださいね〜)

昨日ハワイから帰ってきて洗濯もして、掃除。出発前にだんな様も巻き込んで簡単に大掃除していったので全然まだキレイだけど。
年明けに、前のフラットで一緒に1年住んだ空手家Sくんが遊びにくるので、物置状態の空いているベッドルームをとりあえず寝られるように片付けたり。

今回は、はじめてジャイアント(フラットメイト)に、1人で長く留守番してもらったことになった。
スクールホリデー中は空き巣が急増するオークランドなので大助かり。いつもは私達は好きなタイミングで帰省するので、二人して2週間近くもいないということはまずないのだ。


そして、ついに明日、あのバーマン猫ちゃんがうちにやってくる予定なのです!

というわけで、後でいいやと出しっぱなしになっていたDIY 用品や、またすぐ使うかなと出していたタイルの使い残しなんかもできるだけ片す。
やーん、ドキドキ〜黒ハート

そんなこんなでけっこう疲れてしまったのだが、実は今日は年越しパーティに会社の友達の家に招待されていたので気合を入れて出発。

特に頼まれていたわけではないけど、手ぶらではなんなのでシソご飯を小さく丸めて、その上に、ハワイ式にスパム(ハムみたいの。こっちのスーパーでも4ドルくらいだった)を焼いて乗せて行ったら思いのほかKiwiにも好評で全部なくなった。
さすがハワイ式日本食150年の歴史。

彼の家は、スカイタワーがすごくよく見えるシティのアパートだったので、はじめてスカイタワーの年越し打ち上げ(?)花火を、しかもすごく至近距離から鑑賞。
(NZに着てから今までほとんど全ての年末を日本に帰省して過ごしてるので…)

た〜まや〜っ
071231 newyeareve01.jpg

日本の花火とは比べるべくもない、たった6分の花火だけど、打ち上げる場所の面白さがあって(スカイタワーのえりから打ち上げ)、なかなかよかった。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年12月15日

メリークリスマス!

今週末から、riaはクリスマスホリデーでハワイリゾートに行ってきます〜
ままりんとぱぱりんと現地で合流なのはいつものことだけど、今回ははじめて!だんな様を連れて行くのであった。
あれ、それってマスオさん?

というわけで、しばらく留守にします。帰ってきたらハワイリポート書きますね〜。

それでは皆様、よいクリスマスを!クリスマス
南半球および、来週からはハワイから、愛を込めて黒ハート

ria

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年12月06日

恒例 ワイプナクリスマスパーティ

うちらはけっこう大口顧客なので、毎年招待されるワイプナのクリスマスパーティに今年も行ってきた。

今年の招待状が来たとき、いまいち企画の意味がわからなくてなんだそりゃ??と思ったのだが…

A night in Nerdsville

なんだそりゃ〜?

Nerdsvilleというのは、日本語で説明するのが難しいんだけど…なんかクラスで一人くらい、ちょっと変わってて、何かにマニアだったりで、ファッションセンスがちょっとおかしかったり…という子がいると思うんだけど、そういう子。

あ、わかった、すっごいいい言葉。
オタクだ!

うん、かなり近い。

というわけで、いつもどおりTrishとLynetteとパーティに行ったら…ホテルの人のファッションが、みんなNerdsvilleでした…(ごめん、今回は写真取れなかったの〜)

例えば日本で“オタク”の仮装しろっていったら、多分Gジャン着て、バンダナ巻いて、めがねかけて、リュック背負って、紙袋をぶら下げて…とかなると思う。

で、英語圏のオタクNerdsvilleの場合、私も今回すごくよくわかったのだけど、やはり牛乳瓶的メガネは必須で、そこにみんなビニールテープを巻いてる(メガネのつるが壊れてるのでテープで修繕してるという仮装)。

髪型はゴムでみょーに子供っぽく二つ分けに結わったりして、そしてどこかはずしたハデなスカートやくつした。
これは、お洒落しようとしてるけど、センス悪いということで。

そう、映画アメリカンパイの、主人公の彼女になるあの女の子がまさにそれ。(わかる?)
彼女の舌足らずっぽいしゃべり方とかも、まさにNerdsvilleキャラだったんだね〜

男の場合は、やはりオタクっぽいメガネに、妙に短いズボンにサスペンダーとか、半そでシャツに、妙にあわない派手なネクタイとか、アメリカの青春映画で1人は出てきそうな、いじめっこに真っ先に目をつけられそうなタイプの男の子。

ああいうのがNerdsville。

勉強になりましたね〜
ある意味、仲居くんのマー坊は、かなり英語圏的Nerdsvilleに近いかも。

そういうわけで、ホテルの人が全員そんな格好で、けっこう挨拶とかしたけど多分次にあっても絶対だれかわからないって感じだった(だって牛乳瓶メガネにぼさぼさ二つ分けにレインボー靴下…)

へんてこなシャツのおぢさんとしばらく話してて、ところであなたはここで何やってる人なの?と聞いたら、ホテルの総料理長だったり…
イギリス人だけど18歳くらいからNZとオーストラリアに言ったり来たりしてるとかで面白い人だった。道理でイギリスアクセントほとんどないわけだ。

こうやって、たとえ同じ英語圏でも移住した経験のある人のほうが、気持ちもわかりあえて話が盛り上がったりする。


ダンスフロアもあったのだけど、そうしたコスチュームで踊り狂う姿は、普通(?)のコスチュームパーティともちょっと違った趣でかなりいっちゃってて笑えた。(アキバ的オタクが集団でダンスフロアで踊り狂う様子をご想像下さい)

いつも最後に素敵なクリスマスプレゼントをくれるワイプナだけど、今回はすごくお洒落なビンに入ったバージンオリーブオイルがプレゼントでした♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年12月01日

2007仮装クリスマスパーティ

痛みもほぼ引いて、週末までにはなんとか普通に過ごせるようになってきた。
引き続き、ご心配いただいた皆様ありがとうございます。
多分私はほんとにラッキーで、ぶつぶつ地帯もヘソ横に、5百円玉で3つ分程度の広さしか出なかったんです。

たったこれだけの広さで、はげしい腹筋筋トレ後の筋肉痛くらいの痛さ(動く時、いててって言いたくなるくらい)はあったから、これが広い面積だったら確かに相当痛いだろうと思われます。

ウィルスちゃんも、水疱瘡にかかった時から27,8年ぶりくらいに満を持して再登場してきたのに、思ったより広がれなくて“あれれ?”って感じだったはず…
バカね、もうちょっと体調が悪い時に出てくるもんでしょ。

でも、もう一生出てこなくていいからね〜

**********************************
さて、今日は会社のクリスマスパーティ。

ここでのクリスマスパーティは、日本で言ったら忘年会クラスに盛大にやるのだが、今回は参加者が60人プラスそのパートナーだから、100人以上とのことだった。
場所はオークランドからフェリーで40分くらいのところにあるワイヘキ島。
ちなみに、いつも時期が早いのは、12月も半ばになったら、みんなすでに2-3週間のホリデーを取っていて、オフィスに誰もいなくなるからである…(私も今年は14日からホリデー♪)


そして、前にも書いたコスチュームのことだが…

私は日本式海賊でいったよ〜ほぼホンモノに見える日本刀しょって!
刺青のシールもいっぱい貼ってけっこう頑張ったぞ。

フェリー乗り場の近くに駐車してからだんな様と二人で仮装して歩いていくのでちょっと恥ずかしいかったけど(でもけっこうクリスマス時期は仮装してる人もけっこういるので、会場についてから着替えようと思うほどではない)、フェリー乗り場に着いたら、うちらとは別の、またものすごい仮装しているパーティのグループがいて、おかげで全然恥ずかしくなくなった。

ちなみにそのグループには、キャットウーマンとか、スーパーマンとかがいたので、テーマはスーパーヒーローとか、映画の主人公とか、そういうやつだったのだと思われる。

ワイヘキ島に向かうフェリーから(左手に見えるのはランギトト島)
071201 xmas01.JPG
こんな普通のフェリーに、次に出てくるような仮装で乗っかってます…


会場はこんな高台の海見えるリゾートで素敵でした。
071201 xmas02.JPG

それが、あっという間にこんな風に…
071201 xmas10.jpg


それでは皆様の気合の入った仮装をノーカットでお楽しみいただきましょう

071201 xmas03.jpg
071201 xmas04.jpg
071201 xmas05.jpg
071201 xmas06.jpg
071201 xmas07.jpg
いたよーキャプテンジャックスパロウ!
こういうわけで、けっこう需要があるから貸衣装屋はそこここにあるオークランド。

071201 xmas08.jpg
071201 xmas09.JPG


食事はこんな感じのバッフェ
071201 xmas13.jpg


ベストドレッサー賞審査風景
071201 xmas12.jpg

071201 xmas12.jpg



もしも仮装パーティに参加する機会があったら、皆さん奥ゆかしい日本人の心は捨てて、思い切ってはじけて行きましょう!!
上には上がいるので心配ありません!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2007年08月15日

大使館主催コンサート

去年(一昨年?)に引き続き、
Music Fair of Japan 2007
http://www.nz.emb-japan.go.jp/auckland/whats_new/music_fair_j.htm
という大使館主催のコンサートがあったので行ってきた。

上のページによると
「日本を代表する音楽家、三舩優子氏(ピアノ)、小林美恵氏(バイオリン)、足立さつき氏(ソプラノ)を招いてのコンサートで、いずれも世界的に活躍中の一流のクラシック音楽家3名による夢の共演がこのニュージーランドで初めて実現する。」

とのことで。しかも、先に申し込んでおくだけで無料〜グッド(上向き矢印)。それなら行くでしょ!

しかしイマイチ風邪がなおりきらんのでパナドール飲んで出発。
今日は非常に風が強く、気温も低めながら、体感温度は激寒(オークランドにしては)。

しかも、車通勤の私は普段外をあるくのが家から車まで、車からオフィスまでのそれぞれ10メートル程度なので、外の寒さがこたえる…。
ほとんどコートなんて着ることもないが、やはりシティ通勤だったら絶対コートがいる…駐車場からどこかの店でも、何気に200、300メートルくらいすぐ歩くし、都会生活者のほうが歩くのは、東京と同じだ。

***********************
2005年のコンサートでは、どこかかなり大きい学校のホールを使って行われたが、今回はタウンホールなのでシティだから会場は少し小ぶり。
ほぼ満席のように見えた。

タウンホールはシティ中心にある建物で、この間ニュージーランドシンフォニックオーケストラNew Zealand Symphony Orchestra のオープンリハーサルを見に行ったのと同じ場所。(小さいほうの部屋だったけれど)

暗いのでフラッシュなしでは全然写真うまく撮れませんでしたが…
070815 concert01.jpg
感じだけ。

よかったのはやはりそれぞれのソロ。特にピアノ。上手だな〜っっ(←失礼でしょ)
他の楽器と一緒にやるとどうしてもピアノは伴奏になってしまってるので、ソロが圧倒的によかった。メフィストワルツ好きだな〜
リストって、有名なのはなんか甘ったるい感じで昔はあまり好きじゃなかったんだけど…音楽史とか、ぜんっぜん詳しくないけど、このへんのメロディーのぐちゃぐちゃ具合(失礼)って、ドビュッシーと同じ?とおもったら、リストのが先なんだ?

世界史の文化史で大昔に単に言葉だけで覚えたシェーンベルクの12音音楽だの、ドビュッシーの全音音階とか、ほんとわからないのだが、例の、口ずさむことが不可能な、不協和音全開って感じに聞こえるあの手の旋律にも、印象派だの12音音楽だの無調音楽だの、違いがあるってこと?

のだめがコンクルで弾いてたドビュッシーの喜びの島もプログラムに入ってて、リストに引き続きこれを聞いてそんな風に思ったのでした。
だって、同じに聞こえるんだもん。ぐちゃぐちゃ具合が。

誰か詳しい人に初心者向けに簡単に説明して欲しい…音楽ききながら。


私はやっぱ普通にベートーベンとかリムスキーコルサコフとかが好きだと思うけど…絵画も、印象派より、ダヴィンチにしても、ルーベンスにしても、地に足のついた作品が好きだ。

ヴァイオリンも、あたりまえなんだけど上手ですごい〜
ヴァイオリンって、さわったこともないけど、下手な人がやるとびっくりするほど高音がつぶれたりしてて、なんで音すらでないんだ??とナゾにおもうのだった。
昔、友達がコンマスやってる某大学のOBオケ聞きに行ったとき、嫌というほどそう思ったのだった。高音の出てないバイオリンほど悲しいものはない〜
(曲がブラ2で、個人的につまんなかったのもよくなかった…友達の名誉のためにいうと、彼女はものすごく上手いのだが、他のバイオリンが下手だった…)

ただ、個人的にはピアノはソロでも楽しめるが、ヴァイオリンは協奏曲のがやっぱいいなあ。

ソプラノの人もよかったけれど、私はもうちょっとこれはみんなの知ってる楽しめの選曲でもよかったんじゃないかな〜と思った。
モーツァルトの魔笛くらいだったから、知ってる旋律なのが。
完全なソプラノのソロのやつが以外と少ないからとか??

というわけで、けっこうそれなりに楽しみました。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(2) | イベント