2007年06月30日

スーパーマーケット黒ハート

日本に帰国中に楽しいのがスーパーマーケット。

こんにゃくも豆腐も納豆も油揚げも、みんな80円とか100円とか、なんと安くてお手軽なことか…
普段、わざわざシティまでいって、ジャパマとか日本系スーパーに行かなければないもの、そしていっても3ドルとか5ドルであまり品質のよくないものしかないこうしたものがこんなに安く、種類もたくさんあるなんてしあわせー

ちなみに、日本で3パックの納豆100円であるけど、NZだと安くて3ドル、4ドルくらい。
うちらの給料換算、300円、400円相当と考えたら、やっぱり毎日納豆買えないでしょう…


大好きなデザートコーナー。
1ドルでこんなにおいしいデザートはNZには絶対ない〜
070630 super01.JPG

焼き鳥60円!同じく60セントでこの品質のものがあったら、手抜きご飯したい時どんなに楽だろう…
コロッケとかも100円だし。
070630 super02.JPG

お弁当もこんなに種類があって、380円とか450円から…
070630 super03.JPG

お惣菜とか手抜きご飯は、ほんとに日本が安くておいしいるんるん
NZは、せいぜいチャイニーズテイクアウェイかピザ、ファーストフードしかないからなー。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

ダーツって流行ってるの?

今日はロイヤルホストにブランチに。

メニューに関してのみ、超優柔不断なriaは悩みに悩んでオムライスに。うーん、ロイホも4,5年ぶりくらいだよー
070630 loyal host.JPG

そして昼間からダーツにかわいい
これ、最近日本ではやってるんでしょうか??
最近東京では、あちこちにあるという話ですが。
070630 darts.JPG

飲み会のあととか、カラオケなんかと同じ感じでやるゲームだから?か、人はまばらで、羽の色の違うマイダーツをもって一人で練習モードの人だけがちらほら。

狙ってできるものなのかわからないけど(だって20点の横に1点がならんでいるんだもん)、なんか当たらないとそれなりに悔しく(←負けず嫌い)、結構白熱。
でも2-3で負けたーー。 

ゲームの種類もたくさんあって、点数がプラスになっていく通常モード、一定の点数をマイナスにしていってあがるものとか、陣取り形式とか、なにやらいろいろ。

それから引き続きビリヤードもやってしまい、それも負けどんっ(衝撃)

だって上手なんだもんっっ
構えるポーズの決まり具合が違います。
しかしriaも4年ぶりにやったわりには、2-3と健闘、まあまあよく出来たと自画自賛。

月並みな感想だけど、超たのしかった♪
一日ありがとうございました〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月29日

渋谷!

今日も一日東京。
私には遠出なので、何件かはしご。

まず、実はいつも仕事している日本の取引先の人と、はじめて会ってきた。
いつも日本帰省のたびに、

一回オフィスのほうに遊びにいきます〜(営業スマイルわーい(嬉しい顔))”

とかいいながら、全然行ってなかった…だって山手線の、遠い側にあるんだもの(←出不精)。ほんとに行きたかったんだけどね。
で、まあ詳しくはかけないけど、NZに出張で来た事のある人もいたのでそこでしばらくおしゃべりなどしたのでした。

そんなわけで、今日はキモチOL的ファッション。
駅のキャッチのお兄さんにも、
“お勤め帰りですか〜”
といわれて喜ぶ(?)。


そして渋谷。
070629 shibuya.JPG

今日はもう、びっくりするくらい蒸し暑い日で、夕方から雨が降り始めた(帰国して2回目の雨なのでほんとにカラ梅雨)。

しかも約束のお友達の仕事が終わらず、2時間待ちもうやだ〜(悲しい顔)になったので、渋谷の駅の周りをひたすらうろつく。
そして疲れるとマンウォッチング。

着いてすぐ思ったのだけど、まず今日本では、マタニティ系?ファッションが流行っている??
すごい確率でたくさんの女の子がそんなカッコをしている。
お店も

ショーウィンドーも
070629 shibuya02.JPG
売り場も
070629 shibuya03.JPG

070629 shibuya04.JPG

店員さんもこんな。
070629 shibuya05.JPG

流行なんてないに等しいNZからすると日本はたまに帰国すると、ほんと恐ろしいほどみんな流行の格好してるから…

確かこの前に帰国した時は、ちょっとでもしゃがもうとしたらひざ下がうっ血して壊疽を起こしそうなほど細そうなジーンズを履いてる人がたくさんいた。

そんなこんなで、道行く人をながめているのもけっこう楽しい。そして、自分もその中でまだだいじょぶ、充分いけるゾー、と自己採点して士気(?)を高める。
日本のOLと違って、こんなにお洒落な買い物できるところがあんまりないし、だいたい着て行く場所もない。化粧に30分以上かけるとか、激しく細いヒールの、どう考えても足に食い込みそうな細いストラップのサンダルで歩くなどして、自分を試練の場に置いてもいない。
そのため、この確認作業はそれなりに重要である(多分)。

そんなこんなで時間をつぶし、無事お友達とも会え、今日は鳥料理をご馳走になりました♪ほんとにありがとうございました〜

蒸し暑くて、ほんとに夏って感じで、とっても楽しい夜でした。
ほんと、いつまでみんなこうやって、このまんまでいられるだろう。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月28日

大山の申し子へ

今日の約束は夕方からだったので、その前に、ままりんとユニクロ(お約束)と、薬屋さんで化粧品やらなにやらを購入。
ユニクロではだんな様の靴下やパンツやらトランクスなど。

こういう日本で3枚1000円で入手できる水準のものをNZを買おうとすると、1つで8ドル、12ドルは当たり前。
サイズの問題もあるし、絶対に日本で買っていったほうがいいものの一つである。

そして時間までままりんとミスドに入ってました。
070628 misudo.JPG

フレンチクルーラー大好きバースデー
帰国中に1度は食べたいものの一つ(1年に1度しか機会がないとなれば…)。


----------------------------------------
そして、今日会ったのは、NZのときのフラットメイト。

今まで会うたび彼女いない暦を更新していたのに、なんと旅館に婿入りする未来がまじで見え隠れする悩める28歳になっていてびっくりーあせあせ(飛び散る汗)
でも元気そうで安心したよ。
遠くからわざわざありがとう。NZもいつでも遊びにおいで。

本日はとんこつラーメン。
ああーやっぱり日本のラーメンは美味しい♪
070628 ra-men.JPG

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月26日

ほんとは出不精なんです。

帰国中はじめてお出かけなし。

はーほんとはもっと家でぐずぐずして、ブックオフで漫画大量購入してきて引きこもりたい!
重さと内容量の関係で、どうしてもNZまで持って帰りたいのは小説とか活字の本だから、日本にいる間だけはできるだけ漫画を読みたいのであった。


今日は私の大好きなイタトマのショートケーキ♪
070621 cake02.JPG

順調に、1日200gずつ増量中(一週間で1.4キロ…)ですがく〜(落胆した顔)
070621 cake01.JPG

まあ、毎年書いてるけど、今を逃したら、また日本で食べられるチャンスは1年後かそれ以上先かわからない以上、人生が残り2週間だったら、という勢いで食べるので多少(?)太るのは覚悟の上なのだけど…

よく、人生あと一ヶ月とか2週間とかしかないなら何をする?という質問があるけど、私の場合は、これが答えだと思う。
基本家族と一緒にいて(だんな様は今NZだけどさ)、一番会いたい友達に順番に会って、食べたいもの食べて、たまに引きこもって読書。
これ以上の幸せはないってことだ。


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月25日

本日はタイ料理

グルメブログではないけど、毎日食べる話ばっかですまんー

まあ半分はこのために帰国してきてるようなとこもあるんで…
ほんの100円のシュークリームやプリンまで、日本ではなんて手がこっていておいしいことか。(すでにシュークリームはおさえた)

NZでも、たとえば6ドル、8ドル出せばそれなりに、重い系のおいしいケーキなどにはありつけるけれど、日本で言う100円、1ドルでこの水準のモノは存在しない。
ビバ大量生産ぴかぴか(新しい)

-------------------------------
今日も外で友達と会ってご飯。今日はOL時代の同期と。

大好きな町田で。
日本に住むなら、町田がいいなーといつも思ってしまう、この、結構古くから栄えてたローカル具合と都会具合が大好き。
070625 machida01.JPG

友達とは、変わってないと思いつつ、出会った時には22歳だったのに、出会ってはや10年になるというおそろしい事実…
でもいつ帰ってきても変わらず会ってくれることが、とても私を幸せにしてくれる。

070625 machida02.JPG
というわけでタイ料理。けっこう話題のお店だそうで、ちょっとからかったけどおいしかった♪
みんないつもありがとう!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月22日

京料理〜

今日は雨雨。といっても、それほどドシャブリというわけではなく、降ったりやんだり。
東京で友達と約束があったので、それまでままりんと、五反田のラピーヌのバーゲンにいく。
山手線圏内まで、1時間ちょいかかる道のりは、出不精な私にとってできればいちど上京(ってほどの距離ではないのだが)したら、一度に何件もの用事をすませてきたい距離なのだ。

結局スカートとカバン買ってもらっちゃった♪
しかし、ままりんと行くと、買うものの値段がNZで買うものと一ケタ違う(場合によっては2ケタ)私である。


そして夕方から、久しぶりのお友達に会いました。
そして、なにやら席からの景色がこんなな
070622 kyo ryo ri 03.JPG

すっごいお店につれてってもらいました。
写真うまく写らなかったけど、席の目の前夜景…すてきーっっなんかトレンディドラマみたい??

お料理も、とてもNZにはない上品さでおいしかった。
ありがと〜っ

070622 kyo ryo ri 01.JPG
070622 kyo ryo ri 02.JPG

久しぶりの新宿はなんだかとっても懐かしかった…会社の時、同期で来た合コン、アヤコが飲みすぎて救急車で運ばれた地下道、シライがやくざに絡まれて前歯を折られた飲み屋…

夜、生暖かい風の中、よっぱらったワカモノがたむろす歌舞伎町界隈を歩くと、そんな昔が懐かしく思い出されて。

今日買い物で昼から歩いていたから、疲れてなんかふらふらしてきたけど、とっても幸せな夜でした。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月21日

第一日目は市役所と美容院

いやーあったかい日本ってばいい!

いつもクリスマス休暇にあわせて、12月3週〜1月1週での帰国をかれこれ7年?も続けていたので、ほんとに久しぶりの寒くない緑いっぱいの日本!

いつも私をアンニュイにさせる帰国は、やっぱり冬のせいだったのね。これだけあったかいと、もうそれだけで幸せ…真冬のNZからくると、喜びもヒトシオである。

-----------------------------
帰国して1日目は恒例の市役所と美容院。

たった2週間半の帰国だけど、歯医者にもいくし、怪我や病気にならないとも限らないから、住民票と健康保険保険をいれるのだ。
市役所で、書類を1枚書いて、手続きも10分くらいで終わるのでこれは必ずやる。

2週間分の健康保険料が、だいたい2000円くらいするが、それでもNZで歯医者にいけば、検診で150ドル、歯石とって150ドル、虫歯なら平気で最低300ドル、なんて感じの料金がかかるから、帰国した際に歯医者にいくだけで、なんだか飛行機代の3分の1くらいは取り戻したお得感でいっぱい♪


そして美容院。
今日はOL時代にいつも通っていた美容院に久しぶりにいってみた。お気に入りの美容師さんが辞めちゃってから行っていなかったので、5年ぶりくらいだけど、それでもカルテ(?)はしっかり保存してあるらしく、予約の電話をしてからいったら、私がNZにいっているという事実はちゃんと把握されていた。

さすが日本のサービス産業ぴかぴか(新しい)
このへんNZとは大違い。

いつもとちょっとだけカットをかえたけど、今日はだいたいいい感じに仕上げてもらって満足わーい(嬉しい顔)

これで日本満喫の準備できました♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年06月20日

関西人のおばちゃんにはまいります…

今日の朝の飛行機で、日本に帰国♪
だんな様に送ってもらって空港へ。いつもより1時間早い離陸時間に、朝弱い私は意識混濁のまま搭乗。

思ったより飛行機もこんでいたけど、それは6月中は旅行者が少なすぎて、いつもより大幅に飛行機が減便されているせい。
成田に行く私は問題なかったけど、名古屋便はなくなるし、関西便もこうやってシーズンオフは東京便と合体されたりして、なんだかエアニュージーランドに冷遇されている日本便。
みんなもっとNZ遊びにきてね♪

ところで、今回はじめて、私は新型の飛行機にのったぴかぴか(新しい)
1,2年前から、だんだん新しくされてきたのだけれどやっとここまで順番がきたのね〜。
映画が自分のタイミングで見られるのが素晴らしい。
他の航空会社では、もう10年も前?からこうなってきてたわけだけどね…


-------------------------------------------------

さて、今回、隣の席は関西人のご夫婦だった。
このおばちゃんがしゃべるしゃべる…もう質問の嵐!

「NZでなにしてはるの」
「はーもう住んで仕事してます」
「へえーっっどんなとこすんでんの、賃貸かい」
「いえ、家かったんですが…」
「へえーっなんぼで!」

「どんな仕事してはんの」
「会社員です…(←すでに返答おざなり)」
「給料っていまいちなんやろ、NZって」
「いえ…そんなことないですよ、ちゃんと働いてれば」
「へーっなんぼくらいもらっとんの!」

もーなんぼなんぼ、初対面の人にそればっかか!!
離陸30分にしてすでに疲れきってきたので、映画も観たかったしヘッドホンつけて話しかけてくるなオーラを漂わすも効果はイマイチ。

1本目の途中になって、ようやくだんなさんのほうに向き直ってくれたけど、映画がおわったり、すきあらばこっちに話しかけてきたい雰囲気満々なので、途切れなく3本映画みたら頭がガンガンしてきたゾ。

とりあえず、神童とフラガールと、ウィルスミスの幸福の追求をみたけど、ウィルスミスのが思ったよりすごくよくて、最後のほう、彼の不屈の精神に、ちょっと感動してしまった。

神童は、ピアノ演奏シーンは楽しかったけど、終わり方がなんか中途半端でイマイチだったかな…


おばちゃんはその後もいろいろ笑えることをやらかしてくれて、機内サービスの飲み物が来ると、スッチーがまだ2列前くらいの人に飲み物をついでいる時から、

「すいませーん、ここ、お茶と赤ワインなーっ」
とさけび、おじちゃんの方も、スッチーの

「甘めのワインと、すこし渋みのあるほうとどちらがよろしいですか」

の質問に一言、

「高いほうくれ、高いほう」

ってあんたら…ふらふら

食事の時には、パンに使った私の使いかけのマーガリンを、

「これもういらんの、それじゃもらっとくな、私のもあけてもしかたないやろ、私のは孫にお土産にもってっくわ」

いや、いいんですけどね…どうせ半分使ったマーガリン、私はもういらないのでいいんですけどね…


そんなこんなで無事日本についた時には、私はけっして関西には住むことはありえないだろう、という予感がしたのは気のせいか…
関西人のミナサン、関西の人は、みんながみんな、こんなに漫画に出てきそうなステレオタイプな関西人(?)なのでしょうか??


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月11日

お見送り

日本への直行便は午前中(だいたい9時前後)出発なので、7時にチェックインするためには、家を6時台にはでなければならないということになる。

毎度のことだが見送りはかなしーーもうやだ〜(悲しい顔)
それでも、今回はままりん側も3人だし、私もだんな様がいるので、わいわいやっていてあまり悲しむヒマがなかったのはよかったのかな。

見送る側と見送られる側、それぞれ一人ずつだと、どうしても長く悲しみに浸っちゃうけれど。

お別れした後、パスポートコントロールを抜けた最後に上からガラス越しに手を振ろうとしたら、免税店で買ったものを受け取るように言っておいたのに受けとりの免税店をおもいっきり素通りがく〜(落胆した顔)していくのがみえた。

しかも、上から見ている私達にも気付かないから、必死でばんばんガラスをたたいて追いかけて、他の見送り客からものすごい注目の的に…

もうこれ以上追いかけられない、という見送りのガラスのところまでいって、やっとこちらに気付いたので、戻れ戻れと合図してどうにかお土産やバッグを受け取りに引き返した3人でした…
もう〜っっ
びっくりして涙もひっこんだよ〜
(もし受け取り忘れてても、飛行機は登録してあるわけだから、日本まで同じ飛行機にのせてってくれるのだろうか)


今回84歳のおばあちゃんは、海外旅行は最後〜といってたけれど、もう10年前から聞いてるセリフな気がするので(そして私もいってないようなところにすごい行ってる)、ちゃんと次回も10年はパスポート更新して来てね!

Mおばちゃんもちゃんも幸せになってねーー!今度は、今回は行かなかった南島のほうにいこうね。


というわけで、スーパー慌しかった、8泊9日の旅行は終わった。
見送った後、家に戻ったら、やっぱり急に人数が減って静かで、たくさん出ていた湯のみとか、使った後のバスタオルとか目に付くと、さっきまでここにままりんがいたのにって淋しくて、怒涛のように後片付けしたのでした。

何回やってもお別れはキライだーー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月10日

引き続き、買い物と会社見学

昨日見終わらない店があったからと、再びドレスマートへ…たらーっ(汗)
他のモールや、クイーンストリートなんかも行く予定だったけど、結局時間なし。ロトルアから戻ってきた日に、DFSは行っておいてほんとうによかった。

そしてまたアフタヌーンティー。

ままりんと 買い物いったら 午後のお茶喫茶店(もれなくついてきます…日本でも)

070303mamarin 025.jpg
毎日こんなお茶してるのでずっとやってたらほんと太りそうー。

そのあと、ちょっとだけうちの会社による。
うちの会社が見たいというので、オフィスはすぐだからちょっと寄ってみた。

そしたら、他のどこの場所より大はしゃぎしていたような…
でもちょっとわかる。
友達とか、彼氏とか、子供が、どんなところで働いてるかって、すごく興味ある。
ましてや、それが普段あまり見ることのない、ガイコクの会社のオフィスとかだったら、興味津々になるのなっとく。
それで、オフィスを一周、私のいつもいるエグゼクティブエリアと、メインオフィス、セールスマーケティングサイドと玄関ホールを一周した。
確かに、日本の多くのオフィスと違って、スペースや、個人の机がずっと広いし、天井も高いし面白かったかも。

私の机で記念撮影たらーっ(汗)

今日はそのあと、みんな荷造りをしなくてはならないから、ご飯は簡単にチャイニーズテイクアウェイに。ほんとに時間がないわ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月09日

ドレスマートでお買い物っ

女三人で旅行にいったら、どうしてもしなくてはならないのはお買い物でしょう!!カバンプレゼント

これはNZの牧場や海や、南島にいった人は氷河やら絶景のところは例外なく田舎で、お買い物欲が満たされないので、最終日のお土産屋さんでの売上がものすごいということからも証明される。

人間は、絶景を見ても、買い物できなければ満たされないのだ。 

NZの場合、ハワイなんかに比べると、ブランドものなんかの品揃えはイマイチ。
でも、自分の旅行の場合(ゴールドコーストやハワイに行った時とか)をかえりみても、普通のショッピングセンターやモールで、日本にない色の雑貨や食器、意外な安い物なんかを買うのが楽しいから、普通の場所でのお買い物もいいかなーと。

というわけで、今日はみんなをドレスマートに連れて行く。
http://www.dressmart.co.nz/

私が来たころは、それほど魅力的ではなかったアウトレットモールのドレスマートだが、2年前くらい?に増築して以来、店の数も増え、お客さんも増えたらしく、休日はいつも駐車に困るくらいとなっている。
車がないと行きにくい場所なので(オネハンガまでのバスは休日にはびっくりするほど少ない)、短期の観光客向けではないが、時間のある人はちょっと見に行くとけっこう楽しめると思う。


日本と違ってこうしたモールはほとんど5時、遅くても6時にはしまるので、午後から出てきた場合、意外とゆっくり買い物する時間がないのが問題。

しかも5時にしまる店の場合、店員は5時の閉店と共にシャッターを閉めて飛び出していくので、4時半にはシャッターを半分閉めて

“もう入ってくるな〜”

というオーラを全開。
さすが商売っけのないNZ。
でもみんな盛り上がったらしく、結局全部見切れずに、また明日も来ようということに…(うちから10分くらいだからいいんだけどね)

******************************************
買い物の後は、うちの庭でBBQをやった。
なんとなくみんなやってみたそうだったからー


あと2週間で夏時間も終わりなので、いそいで帰ってきて材料の準備したけれど、火がいい感じになって食べられるころはもう8時で暗くなってきてしまい、まわりにキャンドルをおいてのBBQになってしまったーー

肉の焼け具合が、イマイチよくわかりません… (こげてても…)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月08日

オークランドで潮干狩り

今日、ままりんがきてはじめて少しシャワーが降ったが、それ以外は毎日ほんとうにいい天気である。晴れ
070303mamarin 017.jpg


おばあちゃんもロトルア旅行で疲れたことと思うので、今日はすこしゆっくり寝る。

といっても、人数がいると、たかがトーストの朝ごはんでもなにやら時間がかかるので、そんなにゆっくりしていない割には出発時間はすでに2時…
おかしいなあー?


さて、今日はみんなをノース方面に潮干狩りにつれていく。
干潮の時間の関係もあるのでこの時間となったのもある。

これはうちらの夏の狩猟採集日常生活の一環で、、地元の人はだいたい知ってると思うけど、日本からの人を連れて行くと、みんな珍しがって喜ぶので、いつもコースにいれている。

オークランドから1時間くらいでいけるところだし、日本のイメージの潮干狩りと違い、見渡す限りの干潟で、びっくりするくらいたくさんの貝がとれるのだ。
というか、砂の中にとにかく隙間なくぎっしり貝が並んでいる。
ので、その中で大きいやつを探すというのが、ここでの潮干狩りである。

070303mamarin 019.jpg

070303mamarin 020.jpg

満潮干潮で何百メートルも潮が引く干潟を、干潮の時にてくてく沖に向かって歩いていくと、それはもうたくさん貝がいる。
天気のいいときに、ここの干潟をぷらぷらするだけでもriaは好きなのだが、貝のおまけがついてくるのがすばらしい。

070303mamarin 018.jpg
貝拾いするおばあちゃんの雄姿♪

ちなみに、ここでとれる主な貝はCockleという貝で、多少はPipiもとれるし、もうすこし深いところまで行くとホタテもあるそうだが、とにかくCockleは簡単にざくざく採れる。
とってもいい数は一人50個までなので、今日は5人で250個。

保護官が、不定期に検査にまわっていて、規定以上の数を採るとすごい罰金なので気をつけて。(それでも中国人による密漁はやまないむかっ(怒り))

貝殻は大きいけど、身はアサリ・シジミ?系で、ボンゴレにしても、酒蒸しにしてもおいしい。特においしいシーズンもあるけど(多分春?)一年中取れるし食べられる。


干潟を歩く時間と貝拾いで、たらたらやっても1時間くらいなものだが、昨日までの疲れもあるので私も帰りは車で熟睡してしまたあるよー。
すまんーだんな様(昨日まではriaが運転していたが、今日はだんな様も巻き込んだので、運転しないですんだ)。

070303mamarin 021.jpg
これは通りすがったOrewaビーチ。キレイな長い砂浜です。

そして、かえってからボンゴレビアンコ作り、庭のトマトを採って一緒に食べた。
ハーブも、庭のバジルとシソで、買ったのはパスタだけ。

NZに来ると、お客さんまで狩猟採集生活させる私達…
でも楽しかったでしょ?

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月07日

ロトルア3日目

朝日。部屋から超絶景〜わーい(嬉しい顔)
070303mamarin 13.jpg

お部屋も超かわいいし(うちもこういうインテリアにしたい〜)
070303mamarin 024.jpg

朝ごはんもすごくおいしかった! (焼きたてクロワッサンと、エッグベネディクト作ってくれた)
070303mamarin 016.jpg

牧場の羊のえさやりもさせてくれました。
070303mamarin 025.jpg
ありがとうマンディさん!

昨日泊まったB&Bの人もそうだけど、だいたいこういうところの人はゲストとおしゃべりするのが好きだから(それが目的でB&Bに泊まる人もいる)、こっちがその気なら、いくらでもおしゃべりしてくれますよ(今回はみんな英語がしゃべれず、私だけがしゃべることになってしまうからちょっとしかしなかったけどね)。

そのあとはのんびりオークランドまで戻る。
途中アイスクリームを食べ、またカフェにとまってパイを食べ…

毎日カフェによってるぞ。喫茶店

ままりんとMおばさんがコーヒー好きなんで、楽しそうでよかった。
riaは紅茶派でコーヒーを飲まないのでよくわからないのだが、NZに来て、たいがいのコーヒー好きがはまるのがフラットホワイト。
コーヒーの呼び名が日本やアメリカ系とはちと違うので、よくわからないという人にとりあえずすすめておくのがこれだ。

コーヒー飲めないので私に味は聞かんでくれ…

フラットホワイトは、ホワイトというからにはミルクが入っている。
しかし、とにかくたいがいのコーヒー飲みが、おいしいというからおいしいのだろう。(ブラック派にはショートブラック)。

ちなみに、ここでは、ミルクティーもホワイトティー(ミルクティーでも伝わると思うが)である。ついでにいうと、グリーンティーなんかに対して、普通の紅茶はブラックティーという。

そんなこんなで夕方にはオークランドに戻る。
忘れていたが、平日なので5時にはモーターウェイのラッシュが始まるが、タッチの差でなんとか無事駐車し、街中のお土産屋さんで基本お土産を買って、今日は久しぶりに日本食レストランでご飯。だんな様も合流。

とりあえず、メインイベントのロトルアが天気もよく無事すんだので一安心。


その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月06日

ロトルア2日目 マオリショーと羊ショー

朝はB&B(ベッド&ブレックファーストのことです)なので、作ってくれたご飯をゆっくり食べた。ファームで、シリアルとタマゴとベーコン、トーストの朝ごはんるんるん
おいしかったけど、ちょっとベーコンの量が多すぎて、でもB&Bだと残すのも気まずいので、こっそり残ったトーストにはさんで、お昼ご飯用にいただいちゃいました。

ファームの中にキレイな川も流れていて、ご飯の後に見せてもらった。実に釣り人が喜びそうなトラウトいっぱいの川だった。羊もいたし。


そのあとは、今日はロトルアの黄金コースぴかぴか(新しい)
ファカ(今はテプイアと改名したんだけど)で地熱地帯とマオリショーを見て、アグロドームで羊ショー見学。
riaはこうした機会があるたび何回も見てるけど、おばあちゃんとMおばちゃんはロトルア初めてなので、やっぱり基本としては見ておいて欲しいからねー
ツアーで来た人も、だいたい通るコースですな。

一応写真…
070303mamarin 010.jpg
マオリコンサート。

070303mamarin 011.jpg
地熱地帯。

070303mamarin 012.jpg
毛刈り中。

マオリ文化は、オールブラックスの試合前のハカでもわかるように、一見するよりもNZにしっかり根付いている。
男の子は学校でやるからみんなハカができるし、女の子もだいたい文化際的なものでポイ(ショーの途中でぶんぶん回している白いボール)ができるし。
日本人が、学校人生のどこかで、一度は盆踊りやってたり、日本太鼓風、日本舞踊風、茶道風出し物なんかを、やったことがあるのと同じ感じだと思う。


そして、夕ご飯は、おいしいと有名なイタリアンレストランを前々から予約しておきました。

6、7年前にままりんとぱぱりんをつれてきた時には、予約していなかったのでいっぱいで入れなかった人気のお店。
かなりたくさんオーダーしたけれど、すごくおいしかったよーー
必死に食べてしまい、写真を撮るのを忘れた…食べる前に撮ればよかったーーっっ


短い旅行なので、同じロトルア近くだけど、今日は違うB&Bを予約しておいた。昨日は牧場の真ん中のだったが、今日は湖畔の絶景B&B!
ロトルア湖からは20分くらいだけど、なんだか別荘地みたいなところで、予想はしていたけど、ほんとにキレイなところだった…

070303mamarin 012.jpg

070303mamarin 014.jpg
部屋からの景色。

景色もいいけどおうちもすごい!床が全てテラコッタタイルでかわいいし、全ての部屋から丘の上の300度くらい湖と牧場が見渡せる。

夜は星空の下でジャグジーに入りました♪

ホテルもいいけれど、ホテルはだいたいどこの国にいっても同じわけだから、私は旅行にいったら、こういう現地っぽーいところに泊まるのが(泊めるのが)好き。

イタリアに行った時もふるーいメディチ家の別宅を改装したとかいうマンションに泊まったし(エスカレーターなくて大変だったけど)、NZなら、やはりこういうファーム系のB&Bを、是非体験して欲しいかな〜。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月05日

ロトルア via ワイトモ鍾乳洞

今日は朝からロトルアに向けて出発。
NZに旅行に来た人の黄金のコースぴかぴか(新しい)だが、パッケージツアーで来た人は、驚くことにこれをたった1日の強行軍でこなしたりする。
私は強行軍は嫌いなので、ロトルア近辺で2泊のB&Bを予約しておいた。

ワイトモ経由のときは、ナルアヒアまでは1号で行くので、ポケノのベーコンサンドが食べられる。これが小さな楽しみるんるん
(マタマタ経由でロトルアまで直行する時は2号に入ってしまう)

ポケノはベーコンの産地ということなので、ここを通る時は朝ごはんに食べていくのだが、サービスエリアの入り口と内装がすっかり変わっていて(玄関はまだ工事中だった)一瞬お店がなくなってしまったかと思った…
ポケノベーコンは、ポケノサービスエリアのとにかく一番奥左手にちゃんとあります、念のため。

そしてワイトモに向かう。
説明するまでもないかもしれないが、ワイトモはグロウワームと呼ばれる土ボタルで有名な鍾乳洞。オークランドからワイトモに行く時は、ハミルトンを経由するよりナルアヒア→オトロハンガを通っていったほうが近いはずだ。

ツアー客がよく使う鍾乳洞のツアーは、45分の短いものなのだが、それはどうもものたりない感じがするので(短いし、ボートも一瞬)、今回はもっと大きいルアクリ洞窟を予約してみた。
http://www.waitomo.com/ruakuri-cave.aspx

できればウェットスーツで洞窟探検しながらグロウワームを見られるブラックウォーターが最高なのだが(riaは3回体験済)、今回は84歳のおばあちゃんがいるので断念…
Mおばちゃんにはやってほしかったな〜

アラヌイ洞窟は全部で2時間くらいで、通常のツアーのものよりやっぱりすごくよかった!洞窟の内部もかなり広い。

070303mamarin 006.jpg
入り口は巨大な螺旋階段になっていて、ぐるぐると地下に降りていく。写真は上から見た螺旋階段の明かり。

天井の低いところでは初めてグロウワーム本体と、グロウワームの成虫になったところ、タマゴまで洞窟ガイドさんが教えてくれた。
驚いたのはグロウワームって、あんなに大きかったのね… (3センチくらいはあって、キレイに透き通ったガガンボみたいな感じ)。
もっと、ちっこいムシを想像してたわ〜。

グロウワームのいるところではフラッシュ禁止で写真が撮れないので、鍾乳洞の写真のみー
070303mamarin 008.jpg

070303mamarin 007.jpg

そうしてまたお茶してからロトルアに向かう。今日予約していたのは、ファームの中のB&B。
ホテルだとどの国でも一緒だから、NZっぽいところに泊めようと思ったのだ。

ついてみると本当にファームのど真ん中で、家の周りだけすごくキレイにガーデニングされている、かわいい家だった〜
敷地に川が流れているし!

070303mamarin 009.jpg
お庭で散歩のおばあちゃんとMおばちゃん。


それから、夜に行ったポリネシアンスパ(お約束)はよかったけど、でもその前に急いで食べたチャイニーズテイクアウェイが激マズでびっくり…!がく〜(落胆した顔)

これだけNZに住んでて、全国あちこちにあるチャイニーズテイクアウェイさんざん食べてて、チャーハンにしろチャオメンにしろ、ほとんどがけっこうそこそこおいしい水準で安心だったのに、始めてびっくりするほどまずくて塩辛かった…
いつものテイクアウェイのお店に行けばよかったけど、スパに入る時間がおしてたから、たまたまあったのに入っちゃったの。

これほどまずいチャイニーズは、ほんとにNZ人生ではじめてでした… (全員半分以上残した)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月04日

ワイタケレトレッキングとランタンフェスティバル

ままりん2日目。

今日はワイタケレに、カウリの木を見せにトレッキングに行く。

おばあちゃんは84歳だけど、この間3,4年前に遊びに来た時には、南島のワナカ近くのマウントアスパイアリング国立公園で、4時間のコース(未整備)を歩きとおしたツワモノ(このコース最高齢じゃ…)。

というわけで、今回も、1時間くらいのウォーキングなら余裕だろうと軽く見積もる。
ワイタケレは、短いコースでもけっこう大きいカウリの木と原生林が見られるので短い滞在の人にもおススメである。オークランドから、車で40分もあればつく。

070303mamarin 001.jpgこれがカウリの木。一枚では写らないので2枚合体写真。
一番大きいものは、ワイポウワ(http://rianz.hp.infoseek.co.jp/syashin-kan2.html ←これの下のほう、4月11日の写真)まで4時間くらいかけて行かないと見られないので、今回は近場にて。
それなりに楽しんでくれたかな?


それから、わたくし御用達のセカンドハンドショップにてお買い物。
セカンドハンドといっても、かなりキレイで、ほとんど新品のものもいっぱいあるので、結局そこで2時間以上もお買い物してしまいすでに夕方。
これはぱぱりんとか、男性陣がいた場合にはおこらない現象である。

そして今日は、たまたまチャイニーズランタンフェスティバルがシティであったので、簡単にピザを食べて夕方シティに向かった。
中国の旧正月にあわせて、アルバートパークで毎年行われるお祭りだが、NZにしては、かなりの人手と出店のあるお祭りである。

070303Mamarin 002.jpg

たくさんのランタンが並んで、けっこうきれい。
今日はNZにしては夜でもけっこう蒸し暑くて、なんとなく夏祭り風な雰囲気になったのもよかった。

070303mamarin 003.jpg

070303mamarin 004.jpg

それにしてもおばあちゃん、トレッキングとショッピングとお祭りでけっこう歩いた距離を考えると、前回とおんなじくらいは歩いたんじゃ…

070303mamarin 005.jpg
私とだんな様♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー

posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2007年03月03日

ままりん到着

朝、ままりん達を空港に迎えにいく。
わくわくっ♪

日本からの直行便がNZにつくのはだいたい朝の9時前後。なので、普通の時間におきて空港に迎えにいけば間に合う。

日本から来る場合、夕方乗った飛行機が、夜中飛んで朝到着する感じなので、飛行機で寝られないと、ついてまだ早朝なのでその日一日つらいことになる。
時差は夏は4時間でたいしたことないと思いがちだが、例えば夜12時ごろ寝る私の場合、時差ぼけ解消に時間がかかると、眠くなるのが朝の4時ごろという微妙な時間になるので意外とつらい。

だから、NZに来た時は、つらくても昼寝せずかわりに早く寝て、1日で時差ぼけ解消を狙うのが正しい方法だ。

ちなみに、私がはじめてNZに来てホームステイに到着した日は、疲れきって昼間の3時ごろには爆睡に入ってしまい、ご飯も食べず、お風呂も入らず、12時間寝てすっきり目が覚めたら夜中の3時で、到着したばかりで知らない国の、勝手しらない他人の家の中、朝までの4時間とてつもなく孤独で過ごした。


というわけで、ついた日だけど早速市内観光につれまわす。 

今回のメンバーはままりんとおばあちゃん(84歳)とままりんのお姉さんのMおばちゃんの3人+私の女4人かしまし旅行である。

とりあえず基本なのでワントゥリーヒルに登ってアイスクリームを食べ、その近くの骨董品屋をぶらぶら見て、家の近くのベトナム料理を食べる。

私の家に遊びに来たのはみんな今回が初めてで(買ったのが1年半前だから)、広い広いと大喜び。
NZの標準的な3ベッドルームのサイズよりは小さいから、家は小さいよーといってあったことと、初めて買う家にしては(日本と比べれば)広いということなのだと思う。(あと、なんとなく部屋から部屋まで広く見渡せるから?)

寝室はダブルが1つあいているから、そこに2人と、ままりんは床に布団を敷いて寝てもらった。

ままりんがうちでうろうろしていて、なんかうれしい♪わーい(嬉しい顔)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

ランキング参加してますー
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2006年12月23日

ワイカレモアナトレック 2日目

山小屋で目覚めると、今日も幸いいい天気!
ほんとよかったー
一日雨の中歩くというだけで、負担倍増だから。

今日は山小屋から、一気にまた湖沿いまで下る。9時に歩き始めて、湖に到達するまでぴったり4時間。そこまではずっとriaの好きな、森林の感じ。

061223waikaremoana09.jpg
そのあたりにある表示。NZの主なコースにはこういうのが整備されてるので、まず道には迷いません。

湖に出てから、しばらく草むらだったり湿地になったり、また森に入ったりというのを繰り返してボートにピックアップしてもらう次のHutを目指す。
このあたりから、2日目にしてすでに疲れがでてだんだん足元がおぼつかなくなるなんちゃってトレッカーの私。

歩くのがつらくなってきたら、タイムボカンシリーズをメドレーするもよし、小学校唱歌で郷愁に浸るもよし、おニャンコクラブメドレーで青春に帰るもよし(小学校は、“じゃあね”をうたって卒業した世代ですから!)。

061223waikaremoana10.jpg

061223waikaremoana12.jpg

結局そこからさらに4時間で、ピックアップ予定の5時にほんとにぎりぎり(というか10分おくれた…ほとんど休まなかったのに!)で到着し、無事にボートに拾ってもらえたのでした。

061223waikaremoana10.jpg
ボートから。

あーつかれた〜。最後にいそいだのが特につかれた〜
(と2日くらいで根を上げるのがなんちゃってトランパー)

そして、モーターキャンプまで到着。

昨日今日と、丸二日かけて歩いたところが、モーターボートだと10分…
山の上だと、飲み水は全て持ち運ばなくてはいけないのに、湯わかしから一ひねりでお湯がでる…


うーん、文明ってえらい。 
(2日間歩いての感想がそれかーー)

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2006年12月21日

ワイカレモアナトレッキング

今日は長いのでよろしく〜

************************
21日今日から休み!
まずは、DOCのワイカレモアナ公式サイト
http://www.doc.govt.nz/templates/PlaceProfile.aspx?id=34812

12時にワイカレモアナにむけてオークランドを出発。

オークランド  → ロトルア →ムルパラ →ワイカレモアナ

と、モーターキャンプに到着したのはほぼ7時。
ロトルアで最後の山登り用の買出しをしたり、今日の夕ご飯用のテイクアウェイを買ったりするのに小一時間かかったので、やはり丸6時間のドライブ車(RV)でした。

特にムルパラから最後の山越えは、ほぼ2時間ダートのくねくね道が続くのでけっこうきつい。
あちこちに滑落してきた岩とかも落ちていて

おいおい〜っ大丈夫か〜 がく〜(落胆した顔)

と青くなる私達。実は友達U くんは、ここいらでスリップして道から滑り落ち、レスキューされた経験があり…

またこのあたりから、雨が激しくなってきて、明日のトランピングが大丈夫かすごく心配になる。天気予報では明日は晴れなので、祈りながらモーターキャンプに到着。

一番安かったので、フィッシャーマンズキャビンというのに泊まったのだが、(テントサイトはもっと安いけど)部屋にそれぞれフライ(毛ばり)の名前がついていて釣り好きのだんな様ご機嫌。

2人で一泊42ドル。一人21ドルだから、バッパーとかわらない。
部屋は個室だけどバンクベットになっていて最大4人まで泊まれる。
十分清潔だし、まったく問題ない。ちょっと高いファミリーユニットとかだと、各部屋にシャワーがついていたりと、もう少しモーテル風のいい部屋になるらしい。

061221waikaremoana01.jpg

1つ誤算だったのが、バッパーと同じように、共同キッチンに鍋と皿くらいはあるとおもっていたのが、そうしたものは何もないということ。
やっぱモーターキャンプなので、そこがバッパーと違う。
今回は、明日山小屋に泊まる為に、キャンプ用のステンレスの鍋とかcutleryはもっていたので問題なかったが、もし釣りや湖で遊ぶのに、ここに泊まるのを目的に来る人は、なべ、フライパン、皿とcutleryは持参しましょう。


22日
おきたら快晴!晴れ
ああ〜お天気の神様ありがとう!
朝9時、モーターキャンプの目の前から、ウォータータクシー(モーターボートだ)で、トレックの出発地点まで連れて行ってもらう。
061221waikaremoana02.jpg

そこまで歩く人もいるが、省略できるところは省略して、おいしいところだけ楽しむのが、なんちゃってトレッカーの心得。
往復でも一人40ドル程度なので、十分使う価値はあり。

ワイカレモアナのコース全容詳細(英語サイト)
http://www.doc.govt.nz/templates/page.aspx?id=36111

地図
http://www.fishandgame.org.nz/SITE_Default/SITE_your_region/SITE_Eastern/x-files/13809.pdf
waikaremoana map.jpg
これが私達の歩いた行程。

残念なことに、この辺で突然riaのカメラが壊れる。がーんっ
もう何ヶ月もずっと調子が悪くて、普通に撮れたと思ったら、突然画面が砂嵐になって何もとれなくなったりを繰り返していたのだが、

何もここで壊れなくても〜(号泣) もうやだ〜(悲しい顔) 

スタート地点から2時間くらいのところに絶景ポイントがあったのでそこが撮れなかったのが残念…
と思っていたら、一緒のウォータータクシーでついた、抜きつ抜かれつして一緒に歩き出したKiwiのグループの人たちが、親切にも何枚か撮ってくれてメールで送ってくれるって!
ありがとう〜
ほんとにいつも親切なKiwiの皆様。


ところで、今日は山の頂上の山小屋に泊まるので、基本的に全て登りなのだが、時間的には5時間くらいというので、絶景ポイントでめちゃめちゃ休憩しながらのんびり登った。
だって、歩き始めが9時半なので、さっさといけば3時には到着してしまうということだから。山小屋に3時についても、日が沈む夜9時まで6時間、することないですから。

天気はいいし、木漏れ日はキレイだし、風もないし、気温は12月にしてはかなり低く12,3度くらいだったので、登りのときは汗だくにならずひんやりした空気がとても心地よくて完璧なトランピング日和。
確かにずっとのぼりだけれど、時間がたいして長くないし、それほどつらいのぼりではないし、ゆっくり休めるポイントが途中にあるしで、なんちゃってトランパーでも全然OKな範囲だった。

こういう静かな森の中にいられる瞬間が好きで、これをやってるといっても過言ではない。
そういう意味で、トンガリロクロッシングとか富士山みたいな登山は、あんまり楽しくない気がする今日この頃。

ちなみに、午後になって、なぜかカメラがなおる。
朝のほうが快晴で絶景ポイントが多かったのがちょっと残念。
061221waikaremoana03.jpg

061221waikaremoana04.jpg

061221waikaremoana05.jpg


私達の写真を取ってくれたグループは、大人6人(3カップル)+その子供たち10人くらいという感じで、下の子はどう見ても5,6歳くらいだった。
それにしても、私たちは、山小屋1泊の2日間しかあるかないけれど、彼らはきっちり3泊して全コースをあるくとかで、小学生の子供たちをつれて、その全行程歩ききる体力はすごいです。

まずなんと言っても荷物の量がすごい。
私が1泊2日間のトランピングにこだわる理由は、1泊だと荷物の量が格段に少なくていいから。朝食を食べて出発し、2日目の夜は帰ってきてから夕ご飯を食べればいいことを考えると、

1日目のランチ
1日目の夕ご飯
2日目の朝ごはん
2日目のランチ


の、たった4食運べばいいだけなので、水も荷物もぐっと少なくてすむのだ。
これが3泊になったとたん、水の量も(水がまた重い)ご飯の量も倍となって、

とてもじゃないがそんなもの背負って楽しく歩けない〜っっ

となるのがなんちゃってトレッカーたるところである。

061222 wailaremoana00.jpg
これ、山登りしたことのある人ならわかると思うけど、水やら寝袋やら念のための雨具やらだけでずしりと重い荷物をいかに小さくするかが、ほんとに思案のしどころなのだ。
私なんて、化粧水も日焼け止めも、すべてその日の分しか持って行かないように、数滴だけ超小瓶に移していったりするほどなのに…



ずっといい天気だったのに、小屋についてから夕方3時間ばかりシャワー。歩いている時に降らなくてほんとによかった。
そして雨がやんだあとの夕焼け。
空にまっすぐな虹がでた。

061221waikaremoana08.jpg

ご飯は、簡単水を加えて煮るだけパスタ。これが味もついてるしけっこういけるのだ。
061221waikaremoana06.jpg
キッチン

ご飯を食べると、山小屋では、することもないし、明かりもないので、日の入りと共に全員いっせいに寝に入る。日の入りが9時くらいで9時半には暗くなるので皆就寝。

夕方から異常に気温が冷え始め、おそらく5度くらいまでは気温が下がった模様。
いくら山とはいえ、12月の一番暑いさかりのはずなのに…

ストーブのある小屋でよかった。
ちゃんと重ね着もしてるしね。山小屋は、かなり狭い範囲にたくさんの人が寝るので、うるさい人がいるとかなり迷惑するのだが、今日はいびきをかく人もおらず、とっても静かで快適でした。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行