2017年08月28日

コリンミードのお葬式in TeKuiti

さて、今日はオークランドに帰る日。トータル5時間ちょいかかるけど、2時間ちょっと走って子供たちに休憩させて…とすると、意外とそんなに大変には感じない。
天気は降ったりやんだりで、やっぱり山で快晴だった二日間は奇跡のように完璧だったなあと実感。
IMG_0320.JPG

さて、オールブラックスの伝説的な選手コリン ミードがなくなったというニュースが昨日流れて、ちょうど帰りに通るTe Kuitiでお葬式があるとのことだった。
で、友達のだんなさん(Kiwi)が、ぜひ寄りたいというので寄ってみた、ほんと通り道だったし。

雨もちょうどやんで、あったかくなって散歩するのにいい感じ。
この選手は、日本で言ったら王・長島クラスといっても過言ではないとのこと(By だんなサマ)。
ちょうどホールに入棺される直前で、有名人が続々登場(すみません、お葬式で不謹慎で…)

IMG_0335.JPG
噂のレイバーの新党首、Jacinda Ardernきてました。

中には入れないので(試してないけど多分…)入り口で入棺の様子だけ見学していました。

それにしても、こんなちっちゃな町(50メートルくらいの商店街がだいたいすべて)では、二度とないような大イベントだったんじゃないかな。
町のあちこちに、彼の偉業をたたえる銅像やらボードやらがありました。
IMG_0322.JPG

IMG_0325.JPG

それから町のはずれでピクニックでお弁当食べてから帰ってきたけど、その直後からまた土砂降りになって、ほんと必要なところはちゃんと晴れててくれました♪

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | 旅行

2017年08月27日

強風

今日は最終日だけど、いままで2日間と違って風が強い。
それでも一応山までいって、まだ最初にリフトが動いているチャンスに、まず小虎と二人でリフトに乗った。結局この1本のあと、強風でリフトはとまってしまったので、小虎に1本でも練習されられてよかった!

朝すぐそれだけでリフトがとまったので、結局リフト代はリファンドされた。
ただ、いつも手際の悪いNZのこと、カウンターのリファンドの列に、だんなサマがそのあと1時間も並ばなければならなかったけど(母と子たちは、雪遊びしたり、カフェでご飯食べたりしてた(^。^;))

しかしほんと子連れのスキーは男手が重要で、小虎もようやく自分のスキーは担いで歩けるようになったけど、それにしてもだんなサマも友達の旦那さまも、車をとりにいってくれたり(駐車場はかなり遠くなる)、荷物運んでくれたり、リファンドの列に並んだりと大活躍でした。

そして帰ろうというときになって、だんなサマのレンタルしたスキーが紛失していることに気づく。

いつもどおりカフェの前とかにスキーは並べておいておいたが、それがない…
メジャーなレンタルショップのだから同じブランドのがいくつか近くにあったので、その中の誰かが間違って持っていった可能性が高いけど、お店が名前をプリントしたスティッカーもちゃんと貼ってくれてるので、普通に見れば間違えないと思うのだけど…

仕方ないのでお店に連絡して説明したが、お店によると、誰かが間違って持っていったにしても、99%はそれが見つかるけど、シーズン終わりまで待って帰ってこなければ最大250ドルうちらが請求されるそう。

誰かが間違ってもっていっちゃったのに、腹たつーー😖
でもスキーなんて、みんなお店の前に立てていくわけで、しかも名前までちゃんと貼ってあったやつなのだから防ぎようがない。

でもお店によれば、盗難なら使い古されたレンタルスキーなんじゃなく、もっときれいで高そうなのが選ばれるから、99%でてくるから心配ないっていうんだけどね。祈るしかないけど。
まあ最終日はそんな感じだったけど、すでに丸二日かなり満喫できたからほぼ満足してたしまあこれはこれでよかったかも。
でも4泊ってけっこうあると思うけど、あっという間だーー

帰ったら、オークランドにもそろそろ春がやってくるはずだしね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | 旅行

2017年08月26日

スキー初日、2日目

しかしとにかく素晴らしすぎる天気で、風もまったくなくゴーグルとかポンチョとか、その類がまったく必要ない。
初日は私は微妙に風邪っぴきでどうなることかと思ったけど、パナドール飲んで運動してたら治った…いつも運動すると治るんだよね…

でもスキーは荷物運んだりも重労働だし、小虎がいる場合は自分の面倒だけ見てればいいわけじゃないからどうしようかと思ったけど、もともと靴がきつかったり、荷物が重かったりでだるいのかどうかもよくわからないうちに治ったようでよかった(^。^;)

小虎は去年に引き続き、ビギナーズエリアのスロープは全然余裕だったので、2日目にはついにはじめて一番下のリフトに乗せてあがってみた!
最初は怖いかな〜とかビビッていたけど、一番下はそんなに急なところもないので(ただ人も多いし、幅も狭いので滑りやすくはない)ボーゲンで十分降りられた。
IMG_0221.JPG

たぶん、日本のように広いゲレンデや、林間コースとかあったらどんどん練習させて上げられるんだけど北島にあるのは縦長のスキー場ばっかなので、一番上まで行けなければこの辺で滑ってるしかない。
それでも小虎ははじめての冒険でうまくいったものだから、調子に乗っておおはしゃぎ。

ちなみに、ほんどスキー経験のない九州出身のだんなサマは、上に行きたくないというので下で友達の子の面倒みたりビギナースロープにいたりしました(^。^;)(二日目には、一回だけ上にあがったけどね)

そして、子供たちを誰かがみてる間に、順番に大人も頂上に滑りにいったりできた。(だんなサマ以外…)
子供のいる制限された環境の中なら、2回も山頂までいければけっこう満足。そもそも体力も筋力も衰えてるしね。
IMG_0195.JPG

IMG_0198.JPG
美しすぎる〜

ただ、このくらいの使い方しかできないとなると、リフト券1日で120ドルはまじ高いっす。
めいいっぱい滑れたとしたって高いのに…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | 旅行

2017年08月24日

スキー!

今年もスキーにいってきた!
去年は4家族の大所帯でいったのだけど、残念ながら2家族はNZを離れてしまったので、今年は残された2家族で。

土日にくっつけて3日間の有給を取った。(2日は行きかえりの移動、3日がスキーの予定で)

8月はかなり天気が不安定だったのに、さすが私たち、移動の木曜には快晴で、山での最初の2日間も、去年と同じ信じられなくくらいの快晴でした!
IMG_0185.JPG

今年はモーテルではなくバッチ(家一軒)を借りた。シーツとタオルだけは持参しなきゃだったけど、それ以外はなんでもそろっていて快適でした。
ちなみに4泊でトータル800ドルちょいだったので、半分こするとちょうど一家族は一泊100ドルくらいの計算だった。モーテルよりだいぶ安い〜

場所はオハクネの町からすぐで、毎日だいたい20分くらいのドライブでスキー場までつける感じ。
ついた日にレンタルだけ済ませて、リフトチケットも買っておく。
去年の経験から、山の上のチケットセンターは大混雑で、リフト券買うだけに1時間待ちは当たり前みたいな行列だったから。

当日券にしても、絶対ふもとで買っていったほうがいいですよ〜

しかし驚愕だったのがその値段。
去年の料金表がたまたまスキー用のリュックのポケットにいれたままになっていたから比べたら、なんと1日リフト券が95ドルから今年は119ドル!

去年の95ドルだって、日本に比べたら驚愕なのに(9500円と同じ感覚)、今年はそれが1万1900円になったってこと。1年で24ドルの値上げって…😵
日本だったら暴動がおきてるわ。500円の値上げだって大騒ぎなのに。

日本で1日リフト券で、1万2千円だったら絶対誰もいかないよね…
ほんとまじでNZの入場料とかの料金はおかしいです。

リフト券が119ドルで、一番下の、200メートルもないくらいのビギナーズスロープの料金だけでも大人だったら80ドルなの。ほんとおかしいでしょ。
これで、家族3人分買ったら、小虎が子供料金だとしても3人で300ドル以上する。1日のリフト券代だけで3万円だったら日本ならそのスキー場絶対いかんわーー!

競争が一切ないからこういうことになっちゃうだろうけど…

ほんと毎年いけるようなら、少なくとも中古でギアはそろえてレンタル料金だけでも節約するかなあ。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | 旅行

2017年04月17日

イースター4連休

今年は友達家族とベイオブ方面にはじめてバッチを予約してみた。

バッチというのがNZ特有の概念か、イギリス圏共通なのかしらないけど、NZでバッチというのは、イメージでいうと、海辺の小屋的別荘。
だれかがバッチを持ってるといったら、こんなのが頭にうかぶ。
bach.JPG
明確な定義は知らないけど、ホリデーハウスが海辺にあったらバッチだろうか。

別荘的な使い方をされるものなので、開いている時期は貸しにだしている人もけっこういて、そういう人たちが登録している専用サイトから予約できる。

今回1ヶ月くらい前に予約しようとして、イースターは混んでていいところは難しいかなーと思ったけど、意外と大丈夫でいいところがとれた。

ベイオブの近くで、海のすぐ前の一軒屋が3日間で約500ドル。

ふた家族でいったから、それぞれ250ドルずつなので、一泊83ドルの計算だけど、モーテルに比べて激安。いまどきバッパーだって一人30ドルとられて3人家族だったら100ドル近くしちゃうから、そう考えるとほんと一軒屋でキッチンやシャワーもシェアじゃないわけだし、めちゃくちゃよかった。
RIMG9639.JPG
海のすぐそば!
RIMG9740.JPG
家もけっこうキレイでいろんな設備もそろってました。ちなみに、他でも、もしモーテルにとまるくらいの金額だせば、かなりの豪邸も予約できそうな勢いでした。

去年タウランガまで超渋滞で8時間かかったのを教訓に、早起きして朝7時に出発。ノース方面なので、ロトルア/タウランガ方面よりはマシなのかもしれないけど、とにかく1本道しかないNZの場合、一回渋滞するともう成すすべなしなので。でも結果としては、ほぼ渋滞なく、ほとんど予定どおりの3時間で目的地まで到着でき、小虎もいい子に乗ってたし、ああよかった。

でももう少し遅くに出発したら、多分部分的には渋滞したと思う。

今回一緒に行った友達は、上が小虎と同じ6歳、下が2歳の男の子兄弟。ずっと仲良く一緒に遊んでくれててほんとよかった。けんかばっかされると疲れるもん。

到着してすぐ前のビーチで子供たちは磯遊びして初日はバーベキュー。
RIMG9666.JPG

翌日はちょっと足をのばしてラッセルまでいってみた。

前にもかいたけど、私は友達がいるので最近は毎年きてるラッセルだけど、町の中心(といってもたいしたものではない)が今までにない混雑でびっくりー!

この日は微妙にシャワーが降ったりしたけど、その後はおかげで混みあっていた桟橋から人がはけたりして、子供たちはけっこう桟橋からの釣りを楽しんだ。そのあとは結局晴れたので結果オーライ。
RIMG9698.JPG

さらに翌日は、友達がもってきたボートでぱぱたちとキッズが釣りにでたので、ママたちは海辺のバッチでのんびり。

ああ〜こんなのを夢見ていたの♪

のんびり豪華ランチを作ったりして(ミートソースを作っていったのでラザニア風グラタン)まったり過ごしました。小虎は大きな鯛も釣って、大満足で帰ってきた。

イースターサンデーなので、その間にイースターエッグを隠して、帰ってきた子供たちにエッグハントもさせてとても楽しかった模様。

そして最終日はすぐ前のビーチから続く公園でピクニック。
とてもあたたかくて日差しも強く、キッズも砂遊びとか、海に入ったりしてもなんとか大丈夫なくらいのあたたかさ。
RIMG9763.JPG

真夏でさえ大して暑くならないNZにしては、四月中旬にこの暖かさはかなり貴重でした。

夕方5時前までめいいっぱい遊んで、そして渋滞を覚悟して帰って来たのに、まったくどこも混んでいなく、なんとまたしてもきっちり3時間でオークランドまで帰ってきた。

ほんとすばらしいすぎるー!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年08月16日

スキーその3 2日目

今日も快晴。ほんと山が美しすぎる。
RIMG8197.JPG
小虎とKはもうすっかりうまくなって、昨日は少しだけ傾斜のきつい滑り出しは、“まま手をつないでいって〜”とかいってたのに、今日はもう勝手にどんどん滑るように。
子供たちのスキーウェアとでっかいヘルメットがかわいすぎてほんと萌える…大人もかなり滑れたし、ああ幸せ。

なんか昨日滑ってる途中の筋肉痛(というか疲労)のほうがひどくて、2日目の今日は、意外と大丈夫だった。これだけ運動不足なのに、しかも13,4年ぶりなのに、人間の体ってすごいわー

スキーって、自分の技術に対してどこまでスピードだしてくか、どこまできれいに滑れるかの自分との戦いだけど(私はうまい人にはみえないものの、パラレルとボーゲンまぜてけば、上級者の後にでも、単についていくだけなら迷惑をかけずついていける、というレベル)今回は自分なりのそこのぎりぎりの領域にはふみこまず、慎重に滑った(^。^;)ここで怪我とかほんと勘弁だしね〜

こうやって滑るようになったら、もう上達はしないかもだけどね〜(13年ぶりで上達を望むほうがおこがましいが)

ほんとあまりに天気も完璧で、2日しかないスキーの予定のうち、しっかり2日朝から晩までできるというラッキー。
これ、NZのスキー場ではほんとにマレで、昨日書いたように、スキー場(雪のあるとこ)はほんと山の上のほうだけだから、風なんかですぐスキー場閉まったりリフト止まったりして、数日滞在しても、ちょっとしかできないこともあたりまえ。

もう滞在中すべてがほぼ無風の晴天で、最高のスキー旅行だった。

実はずっとつるんできたこの面子でのNZ旅行は最後かもしれない…メンバーで、もうすぐ帰国する人とかいて、もうさみしすぎる(>_<)
でも、こんどはみんなでいつか日本とか別のところを旅行しようと約束。何年ごしかで、絶対かなえていこうね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年08月15日

スキーその2 1日目

朝から大騒ぎして、ラジオ体操もして、みんなで出発したのがすでに10時近く。
スキー場までは車で15分くらいで、やっぱりファカパパよりだいぶ町から近い。今日は月曜日で、多分お休みとって3連休にしてきてる人もいるからか駐車場もかなり混んでいたけど、ちゃんと入れた。

そして昨日書いたとおり、リフト券買ったりレンタルする人は長蛇の列!
とりあえず、まずは小虎(5歳)ともう一人スキー準備できてるK(6歳)連れて、リフトとか乗らないでもいける一番下の子供用コースへ行く。

しかしまずは子供たちにスキーの履き方教えるのに汗だく(^。^;)
思っていたよりほんと暖かいし(春スキーレベル)、お日様も出てきたし、最初様子がわからなくて多めに着ていった分、全部脱いだ。

そして、まず教えると行ってもこっちも13,4年ぶりで、足元が定まらないし。
子供たちも最初が大変すぎて、まず小虎がぐずりはじめる。
ここまで運ばされたスキーは重いし、靴は歩きにくいし、ヘルメットは邪魔だし、暑いし、スキー履くのに一苦労で怒られるし…(いや、こっちも必死でつい“だからまだ動くな〜とか”)
まだスキーできない状態ではつらいことだらけだよね。

で、スケート教えた時もそうだったけど、子供は習うより、慣れろ、なので、まずは無事スキーがはけたら、ボーゲンの形に足をさせて順番に手をつないだまま支えつつ、とにかく滑らせる!
はじめぐずぐずいっていたが、数回繰り返すうち、こつをつかんで、すぐ二人はできるようになった。
スキーの時はだんなサマは使い物にならないので(九州出身…)主に私が教えてたけど、二人が自分で滑れるようになってからは、後ろからついていけばいいだけなので二人で順番にみてられた。

あと、その横に、すごくよくできたソリのコースがあって、そこで子供たちみながらも、大人はついに順番に山頂まですべりにいけた!

もうほんとにほんとに最高にいい天気で、いい景色で、すばらしかった〜っっ
日本と違って“雪国”がないから、高い山の上までいかないと雪がないということは、雪のあるところは基本絶景ということ。
RIMG8196.JPG

ほんとキレイだったーっっ
子供たちが赤ちゃんだったころから、いつかみんなでこうできたらいいね、といってたことが一つかないました。

小虎も、ちょっとできるようになってからはもう調子に乗って、すごく楽しそうに滑るようになってよかった!

---------------------
スキーのあとは、宿にジャグジーがついていたので子供たちは再び大はしゃぎで、大人は宴会。
今回は3泊なので、3レンチャンで宴会!

予想された程度の筋肉痛もあるものの、明日ももう一日頑張るぞー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年08月14日

スキー!

いつもの友達と4家族でスキー旅行にいってきた!!

この冬のメインイベント。これを頼りに、日本帰省もない冬をひたすら耐え忍んできたともいえる。

しかし時は真冬。8月入って風邪っぽかったり、なんかいつも腰痛とかないのに、腰の変な部分が痛かったりと、ひたすらバイオリズムは低空飛行だったけど、無事に当日を迎えた。
これ重要。

そしてずっと微妙な天気だったのに、天気予報は快晴。

ほんとこの面子で旅行しはじめてもう4年くらいだけど、いまだにすべての旅行で快晴記録更新中。

今回は、いつも天候が不安定なNZの雪山というのもあり、どうかな〜とおもっていたのがなんと旅行中の3泊4日、みごとな快晴。このシーズンでベストの天候だったといわれた。

さすが私たち!

今日の目的地はベースキャンプとなるオハクネ。

前回、といっても14年前(遠い目…)スキーに来たときは、反対側のファカパパで滑る予定でナショナルパークに泊まったのだが、トゥロアのほうがベースである オハクネに近いし、町も大きいし、スキー場自体もトゥロアのほうが広いみたいだし、ファカパパよりおススメかもと思った。

どちらにしても、オークランドからだと5,6時間かかるので、途中2時間半くらいのところの公園で子供たち遊ばせて休憩。9時に出発して、だいたい予定通りに3時過ぎには宿についた。
RIMG8182.JPG

明日すぐ山に向かいたいから、そのまますぐオハクネのレンタル屋に向かう。昔行ったナショナルパークのと違い(もう大昔だからね…)、なんかすごいシステム化されてて、店頭のパソコンで名前とかサイズとか入力して、そのプリントアウトを持って、ウェアだの靴だのスキーだの順番に借りていく。

これが大正解で、スキーだけを借りるつもりだった友達は、当日山の上のリフト券とか買うところで借りるつもりで行ったら、翌朝の朝の山の上のカウンターは大混雑の1時間待ち状態。

支払いがリフト券とか借りる窓口と一緒だから、それがすでに長蛇の列で、そのあとまたレンタルカウンターのほうに行かなくちゃという感じだった。

ハイシーズン中の週末だったら、リフト券もオハクネの町で買えるから、全部すませてから山に登ったほうが絶対早い。

まあ、今回はわらわらと子連れで行ってるから、もともと少しでも滑れればいいやーという気持ちだから気にならなかったけど(子供にスキーはかせるだけで30分コース…)、そうじゃなければ相変わらずのKiwiの混雑に対する態勢のなってなさにいらいらすること間違いなし(^。^;)

しかしロトルア観光とかの入場料の、近年の尋常ならざる値上げ同様、スキーリフト1日券はなんと92ドル!

うちらの給料の感覚から言ったら、9200円と同じ。いや〜ありえない〜ディズニーランドもびっくりやね。

まあ覚悟していってるし、ましてや今回は子供に教えるのがほとんどで、大人が順番に上に滑りにいってもよくて2,3回。(しかもそんなに大きい山じゃない)

1回あたり30ドルくらいする滑走か〜

まあ繰り返すけど、普通アクティビティとかしなければけっこう安いNZ旅行(高速代もいらないし、山だの海だのキャンプだのタダのとこばっか)が多いけど、今回は覚悟して豪遊(NZにしては)のつもりできたから考えない。考えたら、リフト代のほかに、3人分のレンタルすべてで、けっこうな値段になってるだろうけど。

ところで、宿泊は4家族で泊まるのですごくでっかい部屋を借りた。

ベッドルームもいっぱいあって、子供たちは走り回って大満足!この人数で、しかも3泊だから、キッチンもラウンジもちゃんとしてるとこがよかったし、ほんと大部屋でよかった〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年03月27日

タウランガ3日目 マクラーレンフォールズ

今日もいい天気〜
帰りは、タウランガの観光サイトでいいと書いていたマクラーレンフォールズパークにいってみることにした。

NZの滝なので、たいしたことないかな〜と思っていたら、これが思っていたよりすごかった!
週末は上流のダム?を開門するそうだし、数日前の雨で水量が多かったからかもしれないけど。
ぶっちゃけフカフォールが、見た目あんまたいしたことないのに比べてほんと迫力あった。
しかも、車で通れるところだから、昨日の山登りで筋肉痛のママたちには、歩かないですんで助かった…(^。^;)
RIMG7575.JPG

RIMG7578.JPG

その先は広いキャンプサイトと公園になっていて、実は私はかなり昔にラフティティングでここに来たことをはじめて思い出した…
しかしその時は、ロトルア発のツアーに参加したのでここがタウランガだとは知らなかったのだった。
なんか見覚えのある、ラフティングの基地となる小屋があったのではじめて思い出した。

その先に、これはしょぼい感じのミニ動物園があり(多分ファーム系の動物のみ)いい感じの湖とピクニックエリアがあったので、鳥にえさをあげたり、子供達も走り回って遊べた。
RIMG7583.JPG

帰りはまだ連休の中日なので渋滞もなく、子供達も全員車で熟睡しはじめたので、休憩の必要すらなく、一気にオークランドまで帰ってこられた。
楽しかったね!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年03月26日

タウランガ2日目

昨日とはうって変わった快晴。私たちが旅行する時にははれることになってるんだけど!
しかもすごい夏日で、予定通りマウントマウンガヌイに登ったのだけどもう汗だく―ー!

そんなに高い山じゃないはずなのに、けっこう最後は坂がきついし、しかも友達は1歳半の子がいたので急なところは大人がちょこちょこ順番に抱っこしていったのもあるが、それでもその子も平らなところはほとんど自分で歩いて(!)もちろん小虎と友達の5歳児組みは何の問題もなく登頂。
RIMG7552.JPG

RIMG7553.JPG

RIMG7559.JPG

けっこう大変だったけど(昔は大人だけだったからそうでもなかったのだけど)、小虎も友達と一緒だったおかげで楽しかったみたい。

しかしほんと暑くて山を降りたらふもとのカフェに直行。
飲み物とおいしいカフェ飯でめっちゃ癒されたーー
RIMG7561.JPG

RIMG7560.JPG

子供達がけっこう疲れたので、だんなサマが車で走って昼寝させてくれた間に、ママ達はマウントマウンガヌイのショップで銀ブラ。
もうかなり脚が限界だったけど、またしても買い物終わりにカフェで今度はデザートタイム♪

あーほんとNZのカフェ最高〜

夜は、キッズにはモーテルに隠したイースターエッグでエッグハントさせて、おいしいという評判の飲茶のテイクアウェイしてきて食べた。
ほんと汗だくで、足も筋肉痛だったので、ひろいジャクジーがついててよかった!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年03月25日

イースター − タウランガ1日目

今年のイースターはタウランガにいってきた。いつものお友達家族と一緒♪
去年のロトルアの時も道路はNZにはあるまじき大渋滞だったのだが、今年は輪をかけてすごかった…

ほんとメインの1号線はずーっと歩いたほうが早いくらいのノロノロで(普通ならいつでも100キロで走れるとこ)、1号から途中左に抜け道に出るだけに2時間以上かかった😞
空いていれば2時間半のところが、結局ほとんど倍近くかかったのだった…
子供達が当然飽きるので、途中の公園で30分くらい遊ばせたのもあるけど、ほんと遠かったーー

ついたらもう4時近かったのだけど、とりあえずチェックインして、今日はタウランガのメインストリートの日本食“Takara”というところを予約しておいたのでほとんどそのまま夕食に。
雨もけっこうぱらついていたけど、たまたま唯一とれたモーテルが街のど真ん中まで50メートルのところだったのですごく助かった。

そのすぐ横に来た時(6年くらい前か?)にはなかったプレーグラウンドもできていて、雨がやんだら子供達も遊べて助かったし。
RIMG7539.JPG

前にイースターの夜はどこのレストランもいっぱいで入れなかったので予約していったのだが大正解で、あとから来たお客さんが、次々満席で断られていた。
実際思っていたよりご飯もすごくおいしくて、ホールには日本人はいなかったけど、厨房には日本人シェフがいたのかな。
RIMG7534.JPG

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2016年03月05日

恒例の温泉旅行

わーい、待ちに待った恒例の友達4家族での旅行♪

楽しみすぎて幸せすぎる。
最初の子供達がみんな5歳になったので(下の子もいるけど)、ほんともう完全にほっておいても大丈夫で、勝手にみんなで楽しんでくれるので、大人もそれなりにテニスやったり温泉プールはいったり、けっこうゆっくりできて最高。
先週末とかは微妙な天気だったのに、今週はまた快晴。
このメンバーで出かけて雨降ったことない。もしかするとNZを去ってしまうかもしれない人もいて、もうこうやってみんなで集まれなかったら淋しすぎる…

日本にいるのと比べると、帰国してしまう人がいたり、やっぱりお別れが多いので、ほんと一緒にいられる一瞬一瞬を大切にしたいって思う。
それにしても、それぞれの子供達が5歳でまだかわいい盛りだし、きっと後になったら、本当に幸せな時だったって思い出すような瞬間なんだろうなあ…(と、毎回思っている)

今回は、ママたちはちゃんとアコモを取ったけど、パパと子供達は敷地内のキャンプサイトでキャンプ。
子供達は自分たちの懐中電灯握り締めて、きっといい思い出になっただろうなあ…
私も、今でもなぜか家の前の空き地に大人たちがテント張ってくれて泊まった1年生の時のたった1日のことを覚えているもん。
RIMG7468.JPG

帰りは、途中に潮干狩りポイントがあったのでいってみた。
しかしそこで悲劇がΣ( ̄ロ ̄|||)

前の日はしゃぎすぎて、到着直前に来るまで寝てしまった小虎。おかげで到着したら超不機嫌で起床。
それで潮干狩りポイントにはいったら、下がすごいマッディで、大人でも歩けないほど足を取られ、貝がいるポイントまで歩く途中で怒り狂う。
しかも、足をとられてヒザをついたら、下にあった貝殻でひざを切って流血(←たいしたことはない)Σ( ̄ロ ̄|||)

はい、終了〜(ちーん)😞

んなわけで、他のみんなが潮干狩りしている間(つっても30分くらい)、ぐずぐず言ってめっちゃ私に怒られてた小虎(^。^;)
でもそのあとは、みんなでおべんと食べて、子供達は海沿いの山に登って探検ごっこしたりともりあがっていました。

ほんと1泊じゃ物足りなかった〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年08月30日

ベイオブ週末旅行3

今日も雨予報だったのに結局大丈夫でラッキー♪
さすが私たち。

今日はご飯を食べてから、みんなで車で5分くらいのところにあるビーチと岩場に遊びにいった。
RIMG6348.JPG

RIMG6404.JPG
すごい牡蠣だー

小虎もお兄ちゃんたちと遊びまわって大喜び。曇ってたけど、風は明らかにもう冬のものではなくて、風が強くても気持ちいいくらい。

小虎は最後にちょっと転んで岩にぶつけて、ヒザから出血してからちょっとぐずったけど、よく難しい岩場もついてきました。
しかし、小虎はけっこう高さとかに慎重派で怪我とかしてこなかった分、こういう怪我に弱いような。
自分は子供のころは、転んでヒザとかかさぶただらけとか、しもやけで手の甲から出血しまくってても、ほとんど気にもしなかったような…今は絶対やだけど(^。^;)
それから戻って、またみんなでランチ食べたりしゃべったりゆっくりしてから、名残惜しいけど4時半過ぎにまたオークランドに向けて出発。
ほんと久しぶりに会えてしゃべりまくったねー

小虎は予想通り、しっかり2時間近く寝てくれたので、3時間半かかる道のりもそんなに(こっちが)つらくなくて助かった。
3時間ずっと飽きたとかぐずられたらつらいからね。

また遊びにおいでといってくれているのでこんなに時間あけないで、またキャッチアップしていけたらうれしいな。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年08月29日

ベイオブ週末旅行 2

曇ってるけど、雨予報だった割にはたまにシャワーで済んでラッキー。

いつもどおり、すんごい豪華なKiwiスタイル朝ごはんをみんなでのんびりいただき、久しぶりなんでしゃべりまくり。私がホームステイしていた間も、ほんとご飯がすばらしかったけど(普通のKiwiの家庭とは違って(^。^;))いつ行っても食べすぎてしまう…
家の前がプライベートビーチで、庭がすでにNZのネイティブブッシュ。
RIMG6344.JPG
今一緒にそこに住んでる住んでる息子夫婦の子供2人が小学生なのだけど、小虎とすごく遊んでくれてほんと助かった。
RIMG6336.JPG

午前中はお兄ちゃんたちがサッカーの試合があったので、近所のグラウンドで一緒に遊び、午後は天気もイマイチだったけど、子供達がみんなで釣りに行きたがったので、ラッセルの桟橋に行った。
小学生のお兄ちゃんたちは、もう自分で餌つけて、ちゃんと釣りになってるけど、小虎は当然何も出来ないし、竿は持ちたがるものの、魚がかかった瞬間、魚がびちびちと跳ねるのが怖くてパニックなる(^。^;)

全部アジの群れ。
RIMG6358.JPG
RIMG6348.JPG

うすら寒かったけど楽しかったね。

夜も超料理の上手なホームステイマザーのご馳走で、ほんと懐かしい味がしたー

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年08月28日

ベイオブ週末旅行

本当に久しぶりにベイオブ方面に旅行に行ってきた。
私が1年近くホームステイしていた家族がベイオブに引っ越しているので、前にも遊びにいっていたのだが、この5年は妊娠して、小虎が産まれて…となんかチャンスがなく、日記調べたらなんと前に遊びにいったのは2008年!
http://rianz.seesaa.net/article/112031504.html

で、今年こそと思っていたのだけど、ついにこの週末でいってきたー!ぴかぴか(新しい)
3時間以上かかるので、ほんとは週末だけだときついのだけどそんなこといってるとまたいつになるかわからないからなんとかみんなのスケジュールのあった今週末で強行軍。

金曜日、いつもよりちょっとだけ早くオフィスを出て、同じくそうしてきただんなサマと小虎をお風呂に入れて、夕ご飯を食べさせて満腹にして、前の日までに完成させておいた荷物を積んで6時ぴったりに出発。
そうしないとラッセルまでのカーフェリーの最終(10時)に間に合わないかもしれないから。

オークランドの週末の渋滞は、予想していた以上ではなくて、最終より早い9時20分のフェリーに乗れたのでほんとよかった。渋滞時間に出て、3時間半で到着できたのだから悪くない。

そして小虎は予想通り満腹にしてパジャマにして乗せたら、もう夕方で疲れているのでがっつり2時間寝てくれた。ああ助かった。自分もおばあちゃんのうちに行く時、3時間越のドライブでも退屈で退屈でしかたなかったから、小虎が3時間半ずっと起きて文句言ってたらこっちがつらかった(^。^;)小虎的には、目がさめてから1時間ちょっとでついて、しかも途中暗闇のカーフェリーとかもあったから、それほどは遠いところに行ったとは思ってないかも。

ほんと久しぶりだったけど、みんな全然変わってなかった!
到着してもう10時近かったので、今日はもう貸してくれたコテージで私と小虎はそのまま就寝。

ところがパパたち(だんなサマ&私のホームステイブラザー)は、夜中の海に釣りに…
そのまま2時まで帰ってこなかったそうだ…

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年04月05日

ロトルア最終日

今日はちょっと遠出して、ポリネシアンスパではない温泉にいってきた。
私は始めていったところだったけど、すごくキレイに整備されていた。ロトルアから30分くらいかかってしまうけど、料金は激安で大人15ドル、子供3ドル(ポリネシアンスパが高すぎるのだけど)。

Waikite valley
http://www.hotpools.co.nz/Presentation/Presentation1.aspx?IDType=1635&IDLang=1

思っていたよりすごくきれいでよかった!
P4050285.JPG

午前中はそこで泳いで、そのあとロトルア湖畔に戻ってきて外でお弁当。
実は今日は雨予報だったのに、結局一回も降らず。
今年の夏は、遊びの予定を入れた日、100%晴れたぜ〜

帰りも順調で戻りの渋滞もぼぼなし。
最後に3日間の疲れがたまった小虎がぐずったけど(前におばあちゃんたちとコロマンデル行った時も、1年前のミランダ行った時もそうだったけど、疲れてるのに車でうまく眠れないのか、途中で起きて抱っこしてとぐずる)それ以外はほんと何もかも順調でございました。

あー楽しかった!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年04月04日

ロトルア2日目 −レインボースプリングス

翌日は朝からレインボースプリングスへ。
イースターで施設が混んでるとかあるかな〜と思っていたけど、別に待ち時間があるとかでもなく、まったく普通だった…普段はもっとすいてるのかもしれんが…

カカポやらトゥイをみたり、マスにえさやりしたり。
RIMG5560.JPG

RIMG5547.JPG

そして楽しみにしていたのが、前に来た時はなかったなんちゃってスプラッシュマウンテン。

結論からいうと、NZにしてはめっちゃ頑張った施設だった!ディズニーランドでかつて2時間待ちしたスプラッシュマウンテンと、基本的には同じシステム。
RIMG5568.JPG

RIMG5570.JPG
ただ、船が進んでいく途中を、もうちょっと見て楽しいものとか置いたらずっとよくなるのにね…そのへんKiwi 気合が入ってないから(^。^;)
最後のボートが落ちるところは、予想以上にびっしょびっしょになった…

小虎は、ちと高所恐怖症なので、最後に落ちるということは知らせず乗ったら、やはり相当恐ろしかった模様。
何回乗ってもいいし、待ってる人もいないので(10人くらいとかしか)一回目はそうやって私と乗って、もう一回だんなサマと乗ってきたらといったら泣いて抵抗。

それはいいのだけど、つい大人たちで
“もういっかい乗ってくればいいのに〜”
とか
“K(一緒に行った同い年の子)はもう一回するってよ〜”

とかいってしまったら、悔しさのあまりむせび泣き(^。^;)
とても怖かったのと、怖いのにまたやれとこんなに攻められてるのが悲しいのと、Kは楽しそうに2度目をやったのに自分はできない情けなさとで、すごく悔しかったみたい。

ごめんよ〜1回目はともかく、2回目まで無理やりすすめて!
ほんとうに悔しそうにむせび泣いていたので母反省(^。^;)

そしてご飯を食べてから、子供達は中にあるプレイグラウンドでも遊び、(たまたまショートランドストリートのTK(俳優さん)が家族で遊んでて母が喜び)、小虎は高所恐怖症なので今までできなかったフライングフォックスをはじめて1人でできて大喜びし(ロープにぶら下がってぐいーんと滑車で横移動するやつね)、宿に帰ってからは、また昨日と同じ庭の温泉で遊びまくりの一日でした。

ちなみに、レインボースプリングスのランチだけど、NZの、ぱっとしないほうで典型的なカフェだったけど、手際の悪さも典型的で、単にサンドイッチだのチップスだの取って並んで、飲み物買うだけなのに長蛇の列でした…多分日本人だったら、どんなにかかっても10分以内に片付けただろうけど。

あ、最後に、イースターということで、園内に隠されてる卵のオブジェの色を埋めていくというエッグハントのイベントがあって(スタンプラリーみたいなもの)、全部埋めたら最後に大きいルーレット回して、なんか賞品くれるというのでちゃんとやってみた。

そして、ルーレットの中で、あたりは4つくらいしかないのに、なんと小虎もKも、一番いいおまけ(子供の本とぬいぐるみとかチョコとか)の袋をきっちりゲット!ぴかぴか(新しい)
引きの強い子たちだ(⌒_⌒;

他の子まわしていた子たちは、みんなはずれで卵のチョコレート1個とかだったのに〜


そして夕ご飯はチャイニーズテイクアウェイですませてから子供達も入れて大トランプ大会。
もちろんまだ全部自分たちではできないので、パパかママと組んで、ババ抜きで抜いてくる役とか、同じカードがそろってたら捨てる役とか、神経衰弱で、こっちが指示したカードをめくる役とかだけど。

でも、小虎もKも、負けたら半泣きなほど悔しがるの(^。^;)自分たちのチームが最後までジョーカーを持ってて、負けた〜とか言われるとほんと半泣き。

多分、まだ人生で“負け”というのを経験したことないからだよね。私もけっこう負けず嫌いだったなあ…
こうやってだんだん上手に負けることや、挫折を経験していくのだろうね。人生で2-3歳の間は、絶対的な王様にさせておいてあげることが人格形成の中でけっこう重要だと何かで読んだけど(わがままを許すということじゃないけど、自信とかの形成にほめまくっていい時期)もう4歳、そろそろ他人や、自分の負けを認めたりできるようになる、次の段階を学習してくんだろうね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年04月03日

イースター ロトルア旅行 1日目

今週来週はイースターで、両方実働が4日しかないのでうれしい♪

このイースターの間の土日で、デイライトセービングも終わってしまうけど、3月後半に数日冷えた日があった以外、いまだに気温は20度越えた夏とかわらない状態なのでうれしい。
とはいっても夏時間おわったら、もう1ヶ月もしないでちらほらと暖炉使い始めたりするのだけどね…

さて、今回の旅行は仲良しの友達家族と共同。
で、イースターの時は、日本のゴールデンウィークみたいなもので、オークランド周辺はかなりモーターウェイが混んだりするので、気合を入れて朝6時半に出発。
部分的には混んでたけれど、そういうところを避けながらいったら、ほぼ予定どおりの3時間ちょっとでついてラッキーだった♪

直前にきめた旅行なので、宿はなんとか全員泊まれるところをぎりぎりで取ったので(フィティアンガやタウランガもためしたけど、どっちも完全に満室だった)、宿自体は微妙なところだったのだけど、庭に天然温泉のジャクジーがあったし、子供たちは建物が古いとか気にしないので結局はけっこうよかったかな。
もう少し前から予約できれば、母たちはもう少しいいところに泊まりたいが…(^。^;)

荷物をおいてから、すごいいい天気なので、そのままゴンドラとリュージュに。
ちなみに、いったいロトルアに最後にいったのがいつだったか、この日記で調べてみたら(“ロトルア”で検索して)、なんと2007年にままりんたちと旅行して、2008年にだんなサマと2泊したのが最後だったので、なんと丸7年ぶり!思った以上に久しぶりだった…

ゴンドラにのり、
RIMG5502.JPG
リュージュにのり、
RIMG5519.JPG

リュージュも前よりすごいきちんと整備されていてびっくりした。(そして高くなっていた…)

ちなみに、大人2人、子供1人にリュージュ5回券で、85ドル。

そして部屋に帰ってからは、庭の温泉の出てくるジャグジーはいったりでまた子供達おおはしゃぎ。
RIMG5542.JPG

二人でずーっと遊んでくれてて、親はほんと楽でした。ビバ4歳児。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年02月28日

温泉小旅行

去年に引き続き、友達家族と近くの温泉地に一泊旅行にいってきた。

オークランドからたった1時間なのに、子供が遊べる温泉プールと敷地内にテニスコートもあって、ままたちもなんとなくリゾート気分が味わえるのだった(^。^)

子供達はプールと、そこにあるトランポリンで大はしゃぎで、楽しかった〜
もうちょっと、テニスがゆっくりできる時間があるといいんだけどね…プールが温泉だし、あったかくて大人もとっても気持ちよく入っていられるのがほんといい。しかも雰囲気がいいのでここは大好きなのだ。ほんとは2泊できたらもっとゆっくりできるんだろうけど。
P2280263.JPG

小虎は去年に比べると、お昼寝しないで過ごせた分、夜ちゃんと9時台に寝てくれて(でもあれだプールで遊んでも別に早く寝てくれるというわけではない(^。^;))大人もけっこうゆっくりおしゃべりできたのでした。

そしてまた帰りも去年と同じ川の河口に寄って、ピクニックして、川とかビーチで遊ばせてからオークランドに帰ってきた。
しかも、たまたま友達がこのタイミングで釣れたてのでっかいカツオくれたので、最後はみんなでうちによってからカツオのたたきパーティして、完璧なしめだった!1年にこの時期だけ、うちはしょっちゅうまるのままのカツオが手に入るのだけど、たまたま今日もらえてでカンペキだったー!

ほんと、ここはオークランドから近い割には、盛りだくさんで遊べてほんと好き。
またみんなで行けるといいね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2015年01月24日

ブルーベリー狩り

このあたりでけっこう有名な、ブルーベリー狩りについにいってきた〜
毎年行きたいと思いつつ、微妙な遠さもあってなかなかいけなくて…

で、この3連休に、意を決していってみたのだった。
ちょっと失敗だったのは、3連休の頭ということで、1号線が思った以上に混んでいたこと。結局、帰りは1時間ちょいで帰ってこられたところを、行きは1時間40分かかってしまった。
まあ日本の渋滞に比べればなんてことないようだけど(^。^;)

ついたのは昼過ぎだったが、きょうもほんとに暑い日で、日陰のないブルーベリー畑で小虎はNZでは珍しく真っ赤なのぼせ顔に。ほんと暑かった〜
できれば曇りの日にいったほうがいいね(^。^;)
RIMG5163.JPG

小さい粒はすっぱいけど、多きな粒はとても甘くておいしかった。
おどろいたのは、小虎にちゃんと大きい粒だけ選んでバケツに入れるように言ったのだけど、最後にチェックしたら、ほとんどこちらの検閲がいらないくらい、きちんと熟した大きい粒だけ集めてた(☉_☉)
ちゃんと出来てて母びっくり。
RIMG5169.JPG

RIMG5176.JPG

RIMG5186.JPG
料金はキロ10ドルで、3人で1.5キロほど集めて15ドル也。
帰りにイチゴ狩りと同じお約束の、ブルーベリーアイスと、ブルーベリースムージー飲んできた。
暑かったけど楽しかったね♪

--------------------------------------
後日談
1.5キロものブルーベリー、食べきるかな〜とおもっていたのに、やはりお店で売っているのよりものすごく甘くておいしいので、ブルーベリーなんてあんまり興味なかっただんなサマまでぱくぱく食べて、きっちり完食。
全然ジャムにしたりする必要もなかった(^。^;)
いやーなんでも畑で取って食べるのが最高だね!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行