2005年04月14日

ボス Farewell Lunch と ジェイド(翡翠)

今日は、ボスのお別れランチに、全従業員(本社の)が招待された。いつもの、“Employee of the month”の時と同じスタイルだけど、そのちょっと豪華版。

一昨日の午後、エレノアと一緒にボスの記念品を探しにオークランドミュージアムに出かけた。NZの記念品は、たいていジェイド(翡翠)なので、マオリの伝統的なデザインで、ちゃんとしたいいものがないかと思って。荷物になるから、あまり巨大でないほうがいい、とのボスの要望により、お土産屋さんなんかでも時々見かける、ジェイドを額に入れて、壁に飾れるタイプのものにしようと思ったのだ。

NZのジェイド(翡翠)のペンダントの形には、マオリ伝統の意味があって、(幸運とか、生命とか)ステキな形と意味がある。


石はいくつかステキなのが見つかったけど、そこでは石単体でしか売っていなかったので、中心のメインとなる大きなジェイド(500ドル以上のすごい立派なやつ!)と、それをはさむ左右のジェイドと、3つの石を買って、額はわざわざ特注で作ることにした。会社のお金で買い物するってたのし〜

そんなわけで、今日のランチの時、そうやって苦労して作ってもらったプレゼントと、みんなからのカードをプレゼントした(この巨大カードも、日本で言う色紙の寄せ書きみたいなもので、誰かがやめてく時には絶対欠かせない)。
最終的に帰るのは、まだ何日か後だけど、いよいよお別れって雰囲気になってきた〜。

050414farewell01.jpg
ランチ風景。ria 、日記初登場!(さて、どれでしょう?)

人気ブログランキング
posted by ria at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年04月10日

E 帰る。(およびカトマンズについて)

朝起きると、前回よりは筋肉痛がだいぶマシだった。
温泉が効いたのかな?

朝ごはんは、ほとんど男の人たちが作ってくれた。ベーコンエッグとトースト。さすがKiwi。もともと男の人も料理する国だけど、それが少しでもアウトドアな環境になると、ほぼ100%男の人たちがなんでもしてくれる。

今日の夜10時にEは日本に飛行機で帰るので、早めに宿を出てオークランドに戻る。皮肉なほどの晴天で、途中の牧場の緑が目にいたいほどあざやか。



今回の激しいトレッキングで、山登りにはいい道具がいると悟ったEを、最後のカトマンズのバーゲンに連れて行き、そして昨日びしょぬれになった服やら靴やらを、必死に洗濯して乾かす。

ところで、クリスマスとイースターのカトマンズのバーゲンは本当に素晴らしくて、日本で買うよりいいものが、正価の半額で買える。例えば、今回びしょぬれ+山頂の寒さから私を守ってくれた、濡れと寒さに対しては、これ以上性能のいいものは見たことないくらいの上下の下着は、バーゲンのときなら、両方20ドル前後。
かばんも、山専用のすごくいいアウトドア用バックパック(2泊くらいまで)が、70ドルとか80ドルまで値下されている(しかもけっこうかわいいと思う)。

私のトレッキングシューズも、昔のカトマンズのバーゲンで買ったものだが、革のいいものを、60%オフで180ドルで買ったものだ。

私は、日本のアウトドア用品店で働いたことがあるが(というより、メーカーから派遣されて、いろんなアウトドアショップでデモしていたんだけど)、日本ではアウトドア用品はほとんどバーゲンにならないし、日本人らしい、細かい気の利いた道具は便利そうだけど、基本的な道具、バックパックや靴、寝袋、サーマル下着に登山用スティックなんかは、絶対日本で買う気にはならない。

ニュージーランドでトレッキングに挑戦しようとしている方は、もしも12月のクリスマスバーゲンと、4月のイースターバーゲン(共に3週間くらいかな)に間に合うようでしたら、絶対こっちで買い物することをおすすめします。

**********************
ともあれ、Eと一緒に最後の晩餐にミートソーススパゲティを作り、結構のんびりしてから空港に見送りにいった。

会社を辞めて以来、私が帰国したときに1日2日は必ず会ってきたけど、こんなにゆっくり一緒にいられたのははじめてだった。あんなに毎日一緒に働いて、ずっと一緒にいたのにね…

日本の会社を辞めたことに、まわりにどんなに“いい会社辞めて…”と言われても、ほんのちょっとも後悔はなかった。
NZで、5時には仕事の終わる、連続1ヶ月でも有給の取れるのんびりした生活と、英語を使おうとできる力と、だんな様と、広々した土地と、前に比べて3倍の大きさの会社のデスクを得た。

でも、君たちと、そうやってずっと一緒にいられた時間だけが、私が会社を辞めて、失ってしまった、たった1つの大事なことだったって改めて思う。
これからも、ずっとみんなで、楽しく生きていけますように…

人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月25日

グッドフライデーだ!

イースター1日目、グッドフライデー。
今日は商業活動が一切禁止される日なので(罰金を払えば営業できる)、ほとんどのお店は開いていない。

朝の便で、日本から友達が2人来たので、だんな様と空港にピックアップに行く。
2人とも、私と昔の日本の会社で働いていた戦友だ。うちらの同期で、唯一その会社に残っているのがAで、だからたった5日で日本に帰らねばならない。つらいな〜
もう一人のEは、昨年会社を辞めたので、今回は3週間ののんびり旅行。

朝方、実は今までの人生で聞いたことのないほどの雷の音で目が覚めた。
すぐ近くのレストランが火事でも目を覚まさなかった伝説を持つ私がおきるほどの音と振動だった。おそらくどこから落ちたのだとおもう。

そういうわけで、天気に絶望していたら、彼らがつくころには何故かすっかり晴れ。よかった〜っっ晴天というわけではないが、曇りというよりは、晴れといっていいくらいになった。

私が日本の仕事を辞めた事で、唯一失ってしまったと思うのが、彼らとすごす時間。入社してから、それくらい、ずっとずっと一緒にいたのに。
大手の会社を辞めたことになんら後悔はないけど、ただこの1つだけが、私が自ら日本に置き去りにしてきてしまったものだと、今でもさみしさを感じることがある。

ともあれ、久しぶりに3人で遊べて楽しかった。ワイタケレにショートトレッキングに連れて行き、One tree hillに登って、ご飯を食べた。今回彼らはクイーンズタウンにも行く予定なので、そちらはステキなB&Bにして、オークランドでは、ちょっと安いバッパーにしたが、チェックインにいったら、結構きれいな上、バッパーなのに何故か朝食のパン(しかも大量にいろんな種類が食べ放題)があって、よかったみたい。

お天気がもちますように!
人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月24日

明日からイースター4連休

である。
しかーし、天気予報が悪い!1月から、ほとんど1回も雨らしい雨が降っていないというのに…えーん、誰だ雨女!
明日の朝、日本からの友達が到着する。日本で一緒に働いていた同期2人だ。せっかくだから、晴れ渡った美しいNZを見せたいのに。この3ヶ月近く、ずっと晴れ続けたのだから、頼む、あと5日でいいから持ってくれ〜っっ

そういうわけで、明日からちょっとでかけてきます♪


今日、この3日間でかけていただんな様が戻ってくる。
昨夜など、あまりに夜ヒマで、思わず、なぜかフラットメイトが持っていた名探偵コナンくんの映画のビデオを見てしまった。相変わらずみなみちゃん、かっこいい。

そして、宮本輝の「わたしたちが好きだったこと」という小説を読んだ。わりと、面白かった。私には、友達のためにそんなに借金することはできない、と思いつつ。

考えてみれば、会社から普通に帰れば夕方6時前、ごはんは2人で作れば、30分以内で作り終わるし、寝るまでに6時間もあるのだ。毎日6時間、ほとんどだんな様とおしゃべりしてるわけである。


さて、明日からイースター休暇なので、会社でも、なんだかみな、浮き足だっている。
今日はそもそもジーンズデイでみんな遊びに行くような格好だし、HRマネージャー自ら、大カゴにいれたチョコレートとホットクロスバンを配って歩いているし、ソーシャルクラブ(日本で言うレク委員)は、イースターラッフル(くじ)を売り歩いているし…まだ朝の11時なんですけど…仕事は?

人気ブログランキング
posted by ria at 08:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月23日

イースターがはじまる

はやいなあ…もうイースターだ。去年もホットクロスバン(HPの写真館に去年も写真を載せたので、もう撮りませんが)をくれた取引先のホテルが、また焼きたてのをもってきてくれた。

このホテルのホットクロスバンは、シナモンがあまりきつくなくて、ほんのり甘いからとてもおいしい。

おとといは、ケンがイースターエッグ(チョコレート)を配ってあるいていた。

イースターは教会のカレンダーで毎年日付けがかわるが、今回は私の知る中でもっとも早いイースターだ(一番おそかったのは4月の末)。
3月にイースターというのは、まだ夏だから、夏の遊びができてうれしいの反面、これが終わったら、あまりにも何一つイベントのないNZの冬が長く感じられるだろうと思うので複雑なの半分…

なんといっても、南半球では、4月、5月、6月、7月、8月と、冬の間まともなイベントはなにもないのだ。

前にも書いたが、本当に、この世のカレンダーは北半球で、北半球向けに作られたものだとしみじみ思う。

11月、12月、1月、2月、3月の長い冬が、わーいクリスマスだ、年末だ、冬休みだ、お正月だ、というイベントで分断されることで、気付くとあと冬は残り2ヶ月、となっている北半球。
それに対して、冬が、ただなんのイベントもない単なる4.5ヶ月だったら、どんなに長く感じるか想像してみてください。

さて、今年のイースターの4連休は日本から友達が遊びにくる。
今までのいいお天気が、もうしばらく続きますように…

人気ブログランキング
posted by ria at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月20日

Round the Bay

今日から、悲しいかな、デーライトセービングが終わりました。
ああ〜夏がいってしまう〜

しかし今日は、とてもそうとは思えないような夏日の中、オークランド ラウンド ザ ベイに参加してきた。
これは、毎年この時期あるイベントで、オークランドシティから、セントヘリアスベイまでの、海沿い9.4キロ歩け歩け大会だ。(もちろん走る人もいるが、おそらく歩きが80%以上。しかも、仮装してる人もいるし、子供もいるし、マラソンというよりあくまでFun RUN)
参加者の数は聞いたところによると、3万人とか5万人とからしい。当然スタートラインなんか見えないくらいの人人人!

先日書いたショートランドストリートの主人公の一人、ヴィニーも参加してるの見ちゃいました。

今回は会社がオーガナイズしてくれて、みんなでおそろいTシャツで参加。会社で参加してるところも多く、NZのメジャーな会社のロゴは、ほとんど誰かのTシャツ上で発見できるほどだった。(テレコムだのMad Butcherだのいくつもの大手銀行だの)

9時半にスタートしたが、ものすごい人波のなか、スタート地点までたどりつくのに7分かかった。スタート地点では、なぜか我らが首相、ヘレン・クラークが応援マイクパフォーマンスしていたのが結構笑えた…さすがNZ。

050320roundthebay01.jpg
我らがヘレン

ほんとうに暑く、日差しも強い日だった。

もともとこの海沿いの道は、ずっとビーチ沿いで平らなので、ジョギングやウォーキング、インラインスケートをする人でにぎわっているところなのだが、3万人という人数は思ったよりずっとすごくて、どこまでも人波が続く様子はなかなかの圧巻。

050320roundthebay02.jpg
Tamaki Driveを埋め尽くす人!人!人!

2キロごとに給水ポイントもあって、手ぶらで参加できる (帰りのバス代2ドル要)。

中には、ものすごい仮装してる人や、バーベキュー台をひっぱって参加しているどっかの会社(こんでいるので結構迷惑)や、水鉄砲を打ちまくりながら走っている人もいるし、ベビーカーを押しながら走っている人なら、数え切れないくらいいっぱいいた(ベビーカー押してのランナーは、普段もオークランド中でしょっちゅう見かける)。
フィニッシュラインでカウントされていたタイムは106分だったので、スタート地点までかかった時間を考えると、だいたい100分で歩ききったことになる。

到着すると、会社で参加した人たちは周辺でバーベキューをはじめ、ゴール地点からは2ドルで、シティのスタート地点まで、シャトルバスがピストン輸送してくれる。
数万人の参加なので、けっこうバスを待つかと思ったら、さすがに10年以上もやっているイベントらしく、実にあざやかな手際でほとんど待つこともなかった。

この毎年のイベント、個人参加も簡単で、当日設置されているレイトエントリーに記入して12ドル払い、その時くれるバーコードを、ゴールのときに機械で読み込んでもらうだけ。
この時期オークランドにいる人は、ぜひこのセントヘリアスまで10キロ弱の数万人の大行進に参加してみてくださいね〜

人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月18日

Employee of the month

昨年のコンファレンスの時にできた、“会社をよりよくしていこう”という感じのプロジェクトは、なんだかそれなりに進んでいて(←無関心)、けっこう頻繁にミーティングが召集されたりする。(忙しい時には、結構めんどう…日本の組合の時みたいに、会社にいくらでもいいたいことがあるってわけじゃないから。というより、改善点なんか、私には見つけられない)。

このプロジェクトの一環としてできたのが、“Employee of the month”というシステム。要するに、今月一番頑張った人賞、と言う感じで、みんなの投票で決まる。
つまりは、“この会社には、頑張った人をみんなで認めてあげるシステムがたりないんじゃないか”って提案のもとに考えられたもので、素晴らしいことなんだろうけど、私にとっては“いや〜毎月そこまでしなくても…”と思いつつ(だいたい、今月に特別頑張った人、というのを特定して投票するのは、何か特別なことがあったわけでなければ難しい)、ありがたくランチをいただく日と化している。

この発表の日は、カフェでみんなにバッフェのランチが準備され、選ばれた人は、何百ドルかの商品券と、トロフィーみたいなものが贈られるのだ。
ま、難しいことは考えないで、ランチをいただいてきます〜

人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月16日

ホームページの話

とりあえずHTML辞典を見ながらホームページを作ってみてから1年たった。
ちゃんとすべてを理解して作っている人がみたらひどいHTMLかと思うけれど、なんとなく自分の作りたいものは、画面上で表現できるようになった。(もともとそんな複雑なものが作りたいわけじゃない)
これも、HTML他、ホームページ作成支援関係のページを作ってくださってる皆様のおかげ♪いつもありがとうございます。

今困っているのはスタイルシート。
今までは、使いたいものがあれば、適当にヘッダー部分にコピー&ペーストすることですませてきたけれど、このSeeSaaブログのデザイン変更は、スタイルシート使わないといけないようなのだ。

てきとーに、色や配置なんかだけは、差し替えてみたけれど、あまり複雑なことはできない。なんでこんなにわかりにくい仕組み(セレクタだのクラスだの…なんのこっちゃ)になってるんだ〜(怒)

でも、実際HPを作るのは面白い。自分でちょっと換えたコードが、みんなが見てるとこにぴぴっと反映されるのも面白いし。昔から、絵を描いたり、本を作ったりするのも好きだから、レイアウトや色を付けたりするのも楽しい。

HPよもやま感想
@ アクセスはだいたい安定しているが、(1日のユニークアクセス50件〜100件)今までは検索で来る人は、ほとんどがYahooからだったのが、最近なぜかGoogleからも来るようになった。なんで突然?
A ページにリンクを貼ってくださってる人の大半はとってもありがたいですが、なぜかまったく間違ったページコメントがつけられていることも、意外と多い。何かで、「ほとんどが日本の話ですが」というコメントを付け紹介してくれてるとこもあり(日本の話なんてほとんど書いてないと思うが)、検索のHatenaのにいたっては、すっごい変なコメントつけられていて、はっきり言って迷惑だし…(おかけで、Hatenaブログを使うと選択肢はまったくなかった)。

さらに、いつの間にか登録してくれていたエキサイトのカテゴリーでの紹介は、

“ニュージーランドでの留学体験記。オークランド市内の情報や語学学校の情報を紹介している。”
とされている…
(http://www.excite.co.jp/travel/studying_abroad_homestay/the_account_of_experience_advice/oceania/)

うーん、留学体験記…
だいたい留学の定義ってものを考えたけど、こっちに既に完全に住んでる人が、たまたま学校に行くことを留学とは言わないよね、ほんとは。わざわざ学校に通うために、日本からやってくるのを留学というと思うのだけど、すでに永住権とってここに住んでた私が、ちょっと地元の学校に通ったことは留学したとはいわないと思うけどね…
しかも、語学学校の紹介なんか全然してないし。(たまたま私が通ったコースが特殊なものだったから、授業内容を書いただけ)
ま、ちゃんとページを読んで登録してるわけではないんだろうけど、せめて、自己紹介のページくらいは見ればいいのに…。

人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月10日

Shortland Street の話

私が毎日、旅行にでも行っていなければ、100%見る番組が、このショートランドストリートである。
だって面白いから♪

http://tvnz.co.nz/view/tv2_minisite_index_skin/tv2_shortland_street_group
(ここに顔が出てるのは、みんな番組ではおなじみのキャラばかり)

毎日平日の7時から7時半まで、クリスマスの後の2週間以外は、必ず放送があります。ショートランドストリートホスピタルを舞台にしたドラマだけど、病院での日常のほかにも、恋あり、殺人あり、結婚式ありでかなり面白い。

この番組の特徴は、
すでに10年以上この形で番組が続いていること(すごいー)
珍しい純正ニュージーランドドラマなので(たいていここでの番組はアメリカかイギリスのばっかりなのに)、出てくる言葉が、職場のKiwiたちと、そのまま使える本物のNZ英語なこと
舞台がオークランドなので、出てくる公園とかビーチが、ほとんどよく知ってるところなこと

そして、舞台がどんどん入れ替わって、出ているみんなが主人公みたいなものだということ。今週はTonyが、その次はWaveが、その次はLeMeiが、とフォーカスされる人がどんどん変わる。

そして、毎日放送があるということは、彼らの時間の進み方と、私たちの毎日がまったく同じということ。
急に設定が「一週間後」ということはありえない。彼らは、私たちと同じ時間を生きているから、彼らに昨日起こったことは昨日起こったことだし、今日起こったことは今日起こったこと。もし、誰かの結婚式が今日放送されたなら、彼らの結婚記念日は、今日の日付、というわけ。
つまり、イースターの日なら、彼らもまったく同じにイースターを祝っているし、季節も100%一緒なわけです。(そういえば、だから土日の姿はしらないわけだ)

だから、この番組を見てれば、多少の誇張はあったとしても、ほんもののKiwiの日常生活、どうやって友達を作ってるのか、どうやって話してるのか、どうやって結婚式やお葬式をやっているのか、どうやってクリスマスを祝っているのか、ものすごくよくわかります。

これだけ長い番組なので、ずっと出ているキャラクターもいるけど、去っていくキャラクターもいて、これも日常の職場とまったく一緒で、ウェリントンに引っ越すだの、オーストラリアにいくだの、そうやってショートランドストリートを去っていきます(死ぬ人もいるけど)。
更には、数年前にはレギュラーキャラだったけど、イギリスに行っちゃったという設定で何年も出なかった人が、急にNZに帰ってきたとかで病院に戻ってきたりもするし、長く見てるひとほどやみつきになる番組なのです。

1ヶ月ホリデーだから、とか言って病院に出てこない人がいるのも私の日常の職場と一緒で、私はそういうときは、ほんとに役者さんが1ヶ月のホリデーを取ってるだけだと思ってます。

ね、面白そうでしょ?
見始めの何回かは、話がわからないと思うけれど、こうやって10年以上続いてる番組だから、たくさんの人が、途中のどっかの段階から見てるだけ。
キャラもどんどん変わるし(転勤とか親戚が来たりで)、メインキャラはすぐにつかめると思うから、NZに長期で来たら、絶対みてくださいね〜!

人気ブログランキング
posted by ria at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月09日

結婚記念日旅行

実は結婚記念日は先月末だったが、だんな様に仕事が入っていてティラミスを食べるくらいしかできなかったので、この次の週末にかわりに旅行に行くことにしました〜月曜日に有給とることにして♪

今年も行く先はロトルア。まあ一番近い観光地だから…実は、今回は久しぶりに奮発して遊ぼうかといろいろ調べて、2泊3日でシドニーに行く案とか、(飛行機で3時間だからまったく可能)検討したのですが、それならちゃんと一週間休みを取ってどこかに行きたい、ということになり、それなら6月ごろにフィジー(同じく飛行機で3時間)かハワイ(こっちは6時間かかる)にでも行こう、ということになって、結局今回は去年と一緒で、ロトルアに落ち着いたのでした。

それでもいつもとちょっと違うことをしようと思い、ラフティング予約しちゃいました。ロトルアは、ラフティングで有名なカイトゥナ川というのがあるのだが、そこの会社はワイルアリバーというのも扱っていて、“どっちがおすすめですか?”と電話してきいたら、“絶対ワイルアのがエキサイティングよ〜”というので、そちらを予約した。
後でガイドブックをみてみたら、有名なカイトゥナもグレード5(素人がやってもいい最大のラフティングのグレードが5)になっていて、それよりエキサイティングって一体…
後は週末のお天気を祈るばかり!

人気ブログランキング
posted by ria at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日常

超安い棚卸ショップみつけちゃった♪

今日は昼休み、前から気になっていたお店に行ってみた。

うちの会社は工業地帯にあるので、周りは大きな倉庫や本社やらのビルでいっぱい。その一角に、おそらく何かの食品の卸しか、輸入の会社で、いつも“卸値でRetail販売してます!”というような看板を出しているところがあるのだ。看板は出てるものの、いかんせん「倉庫!」という雰囲気が漂いまくっていて、まず入り口がよくわからないし、今まで一度も行ったことがなかったところなのだ。

今日はまわりをぐる〜っとまわってついに入り口を発見した。倉庫と思われる建物のさらに奥で、始めはそこに入ってきてもいいのかどうかちょっと悩むほど。これはわからないよ〜という感じ。売る気があるなら、もう少し入り口を判りやすく表示してほしいかも…

ところが、中に入ったら確かに安い!
食品の輸入の会社らしく、缶のちょっとつぶれたのが50セントとか、ちょっとだけ賞味期限の切れたミソなんかも売っていて、もっと早く来ればよかった!マオリのおばさんが、とてつもない量買いだめしてました。

今日の戦利品↓
050309food.jpg

これで、たったの8ドルちょっと。この地帯で働いている日本人を見たことないし、絶対他の人の知らないスポット発見した気分。

人気ブログランキング
posted by ria at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年03月03日

2周年記念日

今日は、この会社に勤め始めて2周年記念日である。もう2年もたつのか〜
偶然、もう2人の秘書ミシェルとトリッシュは、1年前の同じ日にここで仕事を始めたので、彼らは1周年記念日。

そんなわけで、今日はみんなで持ち寄りして、モーニングティーしました。(またか)

トリッシュはクッキーを焼いてきて、ミシェルはチョコレートケーキを買ってきたので、私は杏仁豆腐を作っていきました…
Kiwiは食べ物には本当にコンサバで、新しいもの好きの日本人と違い、食べたことないものはほとんど試しもしない。NZ人は例えこうやってタダで目の前にあっても、見たことないものは一口試すこともしないので、新しい料理をNZにはやらせるなんて、ほとんど不可能に近いと思われる。

だから、こういうものを作っていくのはかなり冒険で、まったく手をつけない人も出るのは覚悟の上だから、試した何人かの人には好評だったので、まあよしとしよう。
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月27日

夏の終りのヒラマサ

日中の日差しはまだ夏のものだ。
しかし、2週間ほど前から、朝晩の空気に、秋を感じるようになってきた。今年の夏は、去年の雨ばかりの冷夏と比べ、見事なまでの晴れと、さわやかな暑さが続く最高の夏だった。

庭のトマトも絶好調で、毎日2人分には充分すぎるほどの数が順番に熟れる。これがまた買ったトマトよりはるかにおいしい!
おそらく、まだしばらくの間、トマトを買う必要はないはずだ。

050227tomato 01.jpg

今日は、だんな様がヒラマサを釣って持って帰ってきた。15キロのヒラマサ。これだけのものが釣れると、だいたいフラットみんなで3日間食べ続けて、さらに何人にもおすそわけするくらいの量が取れる。

050227king01.jpg
出刃包丁の大きさと比較してみて!

そういうわけで、今晩は、贅沢にもヒラマサのトロのカマ焼きポン酢風味と中落ちの味噌たたき。更に、サバもたくさん釣ってきたので、さばの骨から取ったダシのお味噌汁(しめさばと塩さばは明日だな)。
超!おいしかった!
だいたい、いつもはまずは刺身とトロのあぶり焼きを作ってしまうのだが、今日はまだまだ身がたくさんあるので、それは1日熟成させてから明日食べることにした。

15キロ以上の魚になると、保存状態にもよるのだが、だいたい2日目〜3日目が一番おいしい。
あーよかった、だんな様が柳も出刃も刺身包丁も常備しているような人で…
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月23日

結婚記念日

でした。
去年は、結婚記念日有給をとって、ミニ旅行に行ったけれど、今年は忙しくて何もなし。NZの場合、絶対に夏に結婚式をしたかったから、結婚記念日も真夏でちょうどいいのだが、万が一日本に帰ることになったら、真冬の結婚記念日にはや代わりするのだなあ…

今日は、先週末からの出張が終わって、だんな様が帰ってくる予定の日だったが、夕食はお客さんと食べるかもというのでディナーはなし。
というより、だんな様から「ケーキでも買っておいて」という電話がなければ、今日だと忘れていた私…(冷や汗)
相変わらず、夫婦逆転している我が家。

うちに帰ると、なんと花束が…。
出張から戻って、とりあえず荷物を置きにきたときにおいていったらしい。
わーいっ黒ハート
我が夫ながら天晴れ。
こういう単純なことで多くの女性は幸せになれるんですよ、全国のだんな様方。

夜帰ってきたのも遅くて、しかも明日も6時に家を出なければというので、一緒にイタリアンレストランで買ってきたティラミスだけ食べました。
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月20日

トライアスロン in オカフベイ

ついに待ちに待った(?)トライアスロン当日。
日の出と共にレース開始のため、4時半起床。残念ながら、だんな様出張中のため、今日は一人だ。

朝っぱらから海に飛び込むわけで、とにかくお腹をいっぱいにしていこうと、いつもの倍、パンを詰め込む。幸いなことに、昨日もよく晴れ、夕べは少し雲が出たので、放射冷却が起こらず、いつもの快晴の朝よりだいぶ気温が高い。
周辺の駐車場には限りがあるので、トリッシュの娘、ジェニーの家に5時半に集合。まだ真っ暗だ。

会場に近づくころには、6時57分の日の出をめざし、空が薄明るくなってきたが、まだ人の顔がわかるほどではない。1キロほど離れたところに駐車してもくもくと歩いて会場入り。
オカフベイも、オークランドにいくらでもある巨大な芝生の広場の1つだが、こういう公園の中には、日本と違ってまったく街灯はない。
まだ顔も見えない薄明かりの中、もくもくと準備してうごめく5000人の出場者+サポーター。
うちの会社から参加する9人(3チーム)全員とちゃんと出会えた。

6時45分、参加者全員がビーチに集合した中、少し遅れて7時に第一組が海に飛び込んだ。
050220triathlon01.jpg

今回、全部で約5000人が、117組に分かれて、1分おきにどんどん海に入っていく。私とHRのエレノアの組は、同時の40組目だったので、約7時40分にスタートした。

かなり覚悟していたのと、ウェットスーツのおかげで、思っていたより冷たくない。水温も、いつもより少し高いし、風も波もなく、最高のコンディション。
私は、ずっとクロールでは300メートル泳ぎきらないので、平泳ぎと背泳ぎ混合で泳ぐ。それほど深くはなく(足がつくくらい)、波もなかったけど、やはりプールよりはずっと大変で、かなり必死になって水からあがった。
そこから、自転車の置いてあるところまで、走るのが、乳酸がたまりまくってつらかった…おそらく、これも300メートルくらいだったと思うのだが、300メートル全力で泳いだあとの全力疾走300メートルは、計算してなかっただけに…
050220triathlon02.jpg
サイクリストと入れ替わるポイント。

私と入れ替わりに、トリッシュが自転車で飛び出し、その後、自転車から帰ってきたトリッシュがミシェルに交代、最後はゴール直前でミシェルを待って、3人でゴールしました。

結果は、
私 水泳 10分04秒
トリッシュ自転車 23分34秒
ミシェル マラソン 26分55秒
トータル 1時間00分33秒、で、秘書チームは、約4000組中、2890位のゴールでした。
初めてで、ろくに練習してないわりには充分でしょう!(私なんて直前にプールで3回泳いだだけ)
HRチームは、普段からジョギングで走りまくっているメリンダがいたため、なんと838位という快挙でした。

超楽しかった!
うーん、好きだぜニュージーランド! (ニューヨークマラソンの後のアレク風に)

その後は、協賛会社からシリアルとヨーグルト、スポーツドリンクをもらって、野外コンサートが行われる中、みんなでバーベキューしながらお弁当食べました。
050220triathlon03.jpg

昼前には全てが終了して、家路につきましたが、それからばったり倒れ、目がさめたら夜の7時…あー疲れた。

人気ブログランキング
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月17日

クリケットにいっちゃった。

ラグビーと違って、いくらNZにいても、ルールの覚えられないクリケット。
どんなに頑張っても、10分も見続けられないクリケット。
でも、どこの公園でも、しょっちゅうやってるここではポピュラーなクリケット。

昨日のお昼頃、突然トリッシュに
“クリケット行きたい?”
といわれてびっくり。

トリッシュの娘は、ラジオステーションで働いていて、そのプレゼント用かなにかだった招待券を娘がたくさん持っているので、みんなでいかないかって。

そして、はじめて、ろくなルールもわからないままついていくことに…(ま、タダだし)

今夜のゲームは、通常のクリケットと違い(当然だ!正式なクリケットの試合は、なんと5日間連続で毎日やるのですよ。ゴルフかっ)、20 Twentyという、まったく新しいルールで行われる。
これは、すばやく試合が終わるように簡略化してあって、野球でいうなら、1回の裏表しかない試合ということだ。

場所はうちから車なら5分の、普段ならラグビーをよく見に行くスタジアム。いつも周辺はものすごく混雑するので、ちょっと離れたとこに駐車して、20分歩いて行く。そのほうが、帰りの渋滞にも巻き込まれないし、かえって早く帰れる。
スタジアムの前で、トリッシュと、トリッシュの娘&息子、ファイナンスのロビン、ロジスティックスのケリー&パートナーのロブと待ち合わせする。思ったよりすごい人出で、翌朝のラジオで聞いたら、約3万人の大観衆だったそうだ。というのも、20/20という縮小ルールとはいうものの、選手は通常のNZとオーストラリアのほんとの代表選手。
サッカーの日本対韓国の代表選手が、フットサルで国際戦をやったようなものだと思いねえ。(多分)

050217cricket.jpg

ここで、頑張ってルールを説明してみよう。
今までの私のクリケットに対する知識のすべて。

バッターとピッチャーがいるものの、攻守は野球と逆。つまり、ピッチャーは、ウィケットと呼ばれる野球ならホームベース的なところに立ってる棒に、ボールをあてて倒そうとするのに対し、バッターはその棒を守るために、バットにボールをあてる。バッターは360度、どっちの方向にボールを打ってもいいので、守備も360度広がっている。

今晩、トリッシュに更に説明してもらったところと、試合を始めてちゃんと通して見てわかったこと。
動きは子供の頃よくやった、ろくむし(知ってる?)みたい。ろくむしって、向かい合った2つの陣地を、鬼がボールをどっかにやっちゃったすきに、せっせと往復するでしょう。つまり、バッターがボールを打ったら、反対側のボックスにいるランナー(つねにいる)と、ボールが帰ってくるまでせっせと往復する。右から左、もう1人が左から右へと到達したら、それが1点。
ホームランは6点(球場のほぼど真ん中からうつわけだから、けっこう出る)。
 ボールが守備に取られず、一番外側まで転がってあたれば4点。

アウトは、野球でいうフライをとられたらと、ウィケットにピッチャーがボールをあてたらアウト。
ウィケットにさえあたらなければ、何十回空振りしても、ゴロを出してもOK。
これだけなので、1人で何十回も打って、なかなかアウトにならない。
通常のゲームでは5日間もやり続けることが可能なわけだな…

050217cricket2.jpg
↑ボールを打った後、バッターとランナーがウィケットを往復しているところ。

今日は、それをスピーディにするということで、攻守一回ずつで、その1回が時間制限1時間15分以内、あるいは、20オーバー(ここはよくわかっていないのだけど、6球投げることを1オーバー といって、20オーバー以内、ということは、最大120球まで)のどちらかで1イニングが終わる。

オーストラリアの守備(つまり点が入るほう。ややこしい…)ではじまり、彼らが214点とって、1時間15分で交代したので、こんどNZがそれ以上の点を取れば勝ち、取れなければ負け。
残念ながら、我らがNZは、この点数に達することができず、負けちゃいました。

こうして、おそらくこうやってKiwiにでも誘われなければ、絶対いかないであろうクリケット、初体験でした。

ちなみに、今日のヘラルドの一面↓
http://www.nzherald.co.nz/index.cfm?c_id=29&ObjectID=10111584
posted by ria at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

トライアスロン 盛り上がり

今週末のトライアスロンに向けて、なんだかみょーな盛り上がりしている社内。

会社から3チーム出る。私たち秘書は3人なので、私が泳ぎ300メートル、トリッシュが自転車10キロ、ミシェルがマラソン3キロの担当で出場する。
これはかなり大きいイベントで、現在参加者5000人(私たちのようにチームで出る人もいれば、1人で全部やる人もいる)。

今朝、モーニングティーのとき、みんなで打合せをしたのだが、最初にスタートする組は、日の出と共に、つまり6時57分に海に入る(寒くて死ぬ〜)。
私たちは、40組目(だいたい真ん中前くらい)なので、泳ぎはじめが8時ごろの予定。凍死するかもしれん…
オークランドの夏は、気温/水温はそれほど高くないものの、日差しはとても強いので、これが昼頃なら、ちょっと水が冷たいというだけで問題ないかもしれない。
しかし、まだ日のささない時間帯となると…スタートがこれほど早朝と知っていたら、もしかして参加をためらったかも…私。

想像するだけで恐ろしいので、想像しないようにしてます。

タイムテーブルは
6時 集合
6時45分 全員集合してのミーティング
6時57分 最初の組スタート
8時50分 最終組スタート

10時15分 最終走者ゴール(予定)と表彰式
10時30分 野外コンサート開始

そして、そのままみんなでピクニック(Kiwiはほんとにこれが大好き)するそうで、ランチとかシャンペンの相談。ビーチフロントはものすごい混雑すると思われるので、できるだけ乗り合いにして、少ない車でアクセスします。

日曜の午前中、オカフベイからミッションベイのあたりに行く予定の皆様はお気をつけて。(一部通行止めだし)
posted by ria at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月16日

お泊り

昨晩は、だんな様出張につき、会社のあと友達のGの家に遊びに行ってきました。私の家とGの家は、の私の会社をはさんで点対象である。(モーターウェイを直線とすると)

昨年10月に産まれたGの赤ちゃんは、すっかり赤ちゃんぽくなってました。ハーフなので、目が日本人ぽい感じもあるけど、頭の形や全体の感じ、すでに仕草もなんだか外人ぽい。
4歳ごろには、すでに私たちより英語がうまいんだろうなあー
そう考えると、この最初の数年間の、赤ちゃんの頭の吸収力ってぽんとにすごいんだと思う。

Gのだんな様はかなりちゃんとした仕事をしているKiwiなので、住んでいる家も立派。シティから離れいるのだけが残念だけど…(まあシティに近いと高くなるから)。

GがかなりAuthenticな日本料理を作ったので(酢の物、ひじき、そうめん、かぼちゃサラダなど)、お土産に持ってきた昨日のヒラマサのお刺身と一緒にテラスで食べました。おいしかった〜

050215g_home 001.jpg 050215g_home 002.jpg

赤ちゃんも、おとなしく9時にはねて、なんと朝6時まで寝続けました(知らない人がいて疲れたのか?)
うちらもそろそろ赤ちゃん考えるか?とも思うが、やっぱり大変そうだなあ…一日中、おっぱいあげて、おむつ替えて、終りなき(当分は)繰り返し。
全世界のお母さん、ほんとにすごいと思います。

そして今朝、うちから会社が下りのモーターウェイとすると、Gのうちから会社までは反対の上り(シティ向き)方面。会社までの距離はほとんど同じはずなのに、うちから行くのの2倍の時間かかりました(40分)。早くでたおかげで、遅刻はしなかったけれど。
あーよかった、下りモーターウェイ方面通勤で…
posted by ria at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月15日

ブログ比較

ついに昨日、完全なブログ引越しを行ったけど、ここしばらく、どのブログにしようか迷って、いろいろ比較していた。
そして、ブログというものが、ここまで進化しているものかとびっくりした。

私としては、写真さえ簡単にアップできれば、ダイアリーノートを引っ越す理由はそれほどなかったわけだが、いろんなブログを比較すると、こんなこともできるのね〜あんなこともできるのね〜とびっくり。

ところで、比較の結果、最終候補に残った2つが、結局使うことにした

シーサーブログ

エキサイトブログ
エキサイト

結局、アクセス解析なんかの機能がいいってことでシーサーにしたけど、実はそれ以外ではエキサイトが他を抜いて圧倒的によかった。

1 まず早い。
2 操作が簡単。
3 再構築とか余計な操作、待ち時間がない。
4 画像が直接入れたいページにアップできる。(シーサーは、ファイルマネージャーに入れてから、HTMLを記事内にかかなくてはならない)
5 ページ全体のデザインが、ドラッグで見ながらできるのが最高
6 シーサーよりだいぶ選べるページのデザインがおしゃれで数がおおい。

うーん、書いててやっぱりエキサイトのほうがよかったかな〜とも思ってしまう。かなり悩んだんだけどー。
シーサーのほうが、後でもっと手を入れたいと思ったときには、多機能でいいかなあ、というのが最後の決め手だったんですが。そうでなければ、エキサイトのほうが、今まで使ってた日記にも似てるし、絶対簡単でよかった…。
もしかして、また引越しということになったりして…
posted by ria at 12:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2005年02月14日

久々のヒラマサ

今日はボスが出張でいなかったので、早めに会社を出た。(いーんかいな)
なぜなら、
来週のトライアスロンのためにウェットスーツが欲しかったから!

向かうのはもちろんセカンドハンドショップ。新品で買う必要があるほどじゃないし、セカンドハンドでも充分売っているのはきれいなものだから。

急がないと、5時の渋滞に巻き込まれるので、大急ぎで飛ばしていく。お店には、けっこうちょうどいい感じのものが数着あり、しかもその中で、一番かっこいい感じのほぼ新品のものが一番サイズがぴったりだった。
らっきー♪
25ドル也。

ほとんどのKiwiは水着で泳ぐと思うけど、NZの海の冷たさをなめちゃいけない。ここでは夏だって、多分日本のゴールデンウィークに海で泳ぐのと同じくらいの勢いが必要なのだ。
そのあと、バレンタインなので、すぐ近くの中国人のケーキ屋さんでホールのケーキを買って帰る。
こういうことで単純に喜ぶうちのだんな様。(いいことだ)

**********************************
夜は友達からもらったヒラマサで、ヒラマサパーティ。
ヒラマサは、こうやって釣って持って帰ってくるものは、最低10キロくらい、
大きいと20キロ近いから、一匹で相当な量のおすそわけがでる。
(先週、日本から来た釣りの旅行客が30キロオーバーあげたそうだ。すごいーー)

4人でお刺身とあぶり焼きとカルパッチョにしても、まだあまるくらい、おなかいっぱい食べました。特に大トロのあぶり焼きは絶品!日本のおすし屋さんで食べたら、一巻で何千円とかするような代物です。(それをがつがつ食べるのが最高)

ヒラマサは、はまちやブリにそっくりの味で、それが一番おいしいので、いつもまずお刺身系の生で食べてしまうのだけど、次にだんな様が自分で釣ってきたときには、ブリの照り焼きみたいなのもやってみたいなーと思う。
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常