2006年09月23日

春〜♪

土曜日。

完全に春である。
NZの9月は、ほぼ日本の4月と思ってよし。
桜が、花が、咲き始める。

職場では、半そでのKiwiもではじめる(いや、まだはやいっつーの)。
夜の気温も、室内の温度計ではほとんど14度きらない。

ここ10日くらい、ずっと気温も高くていい天気。

家の前のとおりにはまだ大きくはないが桜の並木があって、雨が降らないのでずっと咲いている。
ここの木も、まだ小さいけれど、あと何十年後かには、きっと立派な桜並木になるはず。

060923 sakura.jpg

************************
午前中はレンガ敷きの続き。というわけで、一段目だけ完成。

060923 paving 011.jpg
わーいっ。


そして午後は美容院にいった。(詳細は省略…まあ普通にきってきました)


9月になって、やっと野菜が通常の価格になってきた。冬の間はサラダにする野菜が高くてほんとにつらかった…

というわけで、超巨大サラダボールにバンバンジー作りました。

060923 banbanji-.jpg

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年09月18日

Too slow on the uptake!!!

知り合いに、Kという男がいる。(Kちゃんじゃないよ〜)
まあ、だんな様関係の知り合い。


彼が、週末中、うちに来ていた。
というか泊まっていった。
だんな様の知り合いで、断れなかったというのが本当のところ。

普通、たいていの友達なら、riaは是非うちに泊まっていって欲しいと思うタイプ。
が、Kはriaの(ちょっと)かなり苦手なタイプだった。

一応会社に勤めていたのだが、なんの知識や技術も身に付けないままこれという理由もなく退職。辞めてお金がないからとそのあとはバイトしていたという。
現在30歳半ば。
今回3日くらいうちにいたが、残念ながら、いいところがまったく見つけられなかった…正直、週末だけで限界でした。
いや、珍しいよ、普通人間1つくらいいいところがあるものなのだが…


@頭が悪い。
別に学歴ってわけじゃないよ。こっちが説明したことが、全然通じないのだ。普通、riaとだんな様はかなりの教え好き、というか説明好き、というかただのおしゃべりなので、しゃべるのが苦痛になることはまずないといっていいのだが、最後には会話が苦痛になるほど通じない…
説明のあと、

“ああ、●×ってことですね”

といってくることが、十中八九、ものすごく的をはずしてる。

“いや、全然違うんだけど…(今まで何聞いとったんじゃ〜っっ)”

の繰り替えし。

今までの数年間、シェフ、学生、トラック運ちゃん、大工さん、エンジニア、芸術家、もちろん普通の会社員、たくさんのフラットメイトと一緒に暮らしてきたし、20歳以下の子たちだっていたけど、ここまで頭が悪いのははじめてだと思う…

Aあまりに物を知らない。無知。
日本で10年近くも普通の会社員をやっていたとは信じられないほど。
あまりにささいな当たり前のことをしらないので、しょっちゅう絶句してしまう。
ありすぎて、いちいち思い出せないが、とにかくあまりにも当たり前なことを知らないのだ…(レベル的には、“タマネギ切ると、目が痛いんですね〜”とか相当。中学生だって知ってるだろ、そんなこと…というくらいのことを30歳半ばで知らない)


B食べ方が、驚異的に汚い
幼稚園児か?と思うほど、口のまわりをぐちゃぐちゃにして食べる。
2日目、NZに来るとラムステーキを食べたがる人が多いので夕食で出したら、ナイフとフォークが上手く使えないのか、手でつかんでステーキをかじる始末。
ステーキを、手で持ってかじる30歳半ば(他人のうちで)の男ってどーよ。


C顔がかなり気持ち悪い。
30半ばなのに、“40歳以上?”と聞いてしまいそうなあぶらぎっしゅな老け顔。
まあ、あぶらぎっしゅなのは仕方ないのだけれど、自信なく泳ぎがちな目とか表情とか、人間生き方が現れるから30過ぎたら自分の顔に責任を持て、といわれることを考えると、ね。


この歳で定職なし、貯金なし、英語力皆無でNZに来てどうするというのだろう…
英語が出来ない以上、それをカバーするくらいの何かしらの技術や知識がなければその年齢で就職は難しい。

“1年英語勉強したら、なんかビジネスでもしたいんですけどー”

とはいうが、英語は今まで知る中でもかなりの最低レベル。
この理解力の悪さ(日本語でさえ)を考えると、進歩もかなり絶望的。
そして、ビジネスといっても、専門的な知識や技術もなにもない。

普通、“ここさえなんとかすればビザが取れるかも”とか“この部分の強みを生かせば仕事をみつけられるかも”とかいうところが、誰でも若ければ一つくらいはあるものだが(すごく元気ではきはきしてるから、お店で働けるかも、とかでもいいけど)残念ながら、何一つとして、いいところがみつけられない。


だんな様のやむを得ない知り合いでなかったら、多分10分間以上、話すことはなかったと思う。


最後に、NZは電気でお湯をためる仕組みだから、日本のようにお湯がいくらでも出るわけではないから、と説明したにもかかわらず、一番最初にシャワーを浴びさせたらお湯を使い果たしやがり、riaの逆鱗にふれた。ちっ(怒った顔)
うちのホットウォーターシリンダーは、普通、riaとだんな様とジャイアントと、3人浴びても平気な量なのに…

何のために、ちゃんとお湯に限界があるということを説明したと思ってるんだ(怒)
というわけで、残り3人はその日はシャワーが浴びられず。(ふるふる…)
ほんっとに人の説明を、聞いてないというか理解できないというか、ありえない。

もうくるな(怒)
(今回は不愉快なグチですまん〜金曜から月曜朝まで泊まられて、ほんとにキレそうだったのだー)

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2006年09月14日

アフター5

再び日が長くなってきた。まだ6時くらいには薄暗くなってしまうけど、デイライトセービングまで、なんとあともう2週間ちょっと!
うっきゃーわーい(嬉しい顔)
うれしくてぞくぞくしちゃう。夏っ夏っ夏!

仕事がきっちり5時におわるし、家まで10分かからないから、夕方からほんとにいろんなことができる。
今日なんて、5時に家に帰り、ちゃんとご飯つくって食べて、7時から9時まで友達とテニス、家に帰ってきてシャワー浴びてもまだ10時前で、マフィンを焼いてから(ああ女の子らしい〜)、ビデオ見ても12時半に寝られた〜

日本で働いてた時には、考えられないアフター5の充実っぷりですな。
これで、夏時間になって、夕方8時や9時まで日が沈まなくなったら、6時に洗濯しても乾くし、帰ってから4時間もガーデニングもできてしまう。

早く夏時間になれーー!

060915 maffins.jpg
というわけで、今日はマフィンの写真まで撮ってみました。
(今日はバナナ・紅茶マフィン)

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2006年09月10日

砂利と砂手配

雨なので、土木作業はあまりできず。
でも、地面がだいたい平になってきたので、来週あたり下地の砂利と砂をついに轢いてみようとプレスイメイカーにいく。

既に事前調査はしていたけれど、だいたい4メートル四方のレンガエリアに必要な砂利の量は約2トンがく〜(落胆した顔)(1㎥の砂が、だいたい1.8トン) 
さらに砂も1トン弱。

うちの庭は、直接車でアクセスできないので、運んでもらった砂利を家の前に降ろしてもらって、あとはだんな様と二人でひたすらシャベルと一輪車で運びこまなければならない。
ホイールバレルに一度に何キロくらい乗るのかしらないけれど、これって二人の人間で、土日頑張れば運びきるような量なのかどうかすら定かでないんですけど…(超不安)。

とにかく、来週の土曜日に配達してもらえるように手配してもらう。
砂利と砂はえらい安くて、これだけの量でもあわせて100ドル程度。配送料も33ドルで、材木がたったの数本で100ドルいってしまうのにくらべると、ほんとに安い。

あとは晴れるのを祈るのみ…土砂だけで2トン分が、雨がふって水を含んだら、いったいどれだけの重さ運ぶことになるのか、想像するのも恐ろしい…

*************************
そのあと、近所であったガレッジセールにいって、本とか鏡とかお皿とか、こまこましたものを購入。ああ、中古品って安くて楽しい!

最近、他にも我が家は他にもちょっと新しいオモチャを入手してて、まずは新しいプリンター
実は、今までうちにはパソコンにプリンターつけていなかった。
これが、3年くらい貯めてきているポイントを使って、お店で普通は200ドルするコピー+ファックス+スキャナーの機能のあるプリンターを60ドルで入手。
いやーチリも積もればだなあ♪

それから、新しいトースター
これも、もらい物のトースターを1年くらい使っていたのだけれど、それがトースターの半面ずつしか焼けなくて、片面ずつ焼いて裏返さなくてはならなかったので、ついに新しいモノを購入。欲しかったステンレス製のが、いつも80ドルなのに、バーゲンで60ドルだったから♪

と、お得感に酔いしれる私。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年09月08日

マフィン作成。

しようと思って、お昼休みにマフィン型買ってしまった。12ドル50セント也。


土曜日の午前中は、いつもダンスなのだが、いつも誰かしらがモーニングティーのために、マフィンやらスコーンやらバナナケーキやら焼いてくる。
別に当番とかあるわけでもないし、誰が頼むわけでもないのに、世の中には、料理好きな人がいるものでアル

ただ、こうやってもう2年もここのダンスレッスンに通い続けているにもかかわらず、私は未だかつて何か作っていったこともないので、そろそろ一度くらいは何か作っていこうかな…と罪悪感らしきものを感じていたというのが最大の理由。(2年も食うだけだった…)

さらに、明日午後、友達が遊びにくるから、お茶菓子でも焼いておこうかな、というのとか、マフィンはお菓子の中では手がかからないので、前からやろうと思っていた…とか、理由はいろいろある。


基本的には私はあまり料理が好きではない。
嫌いとかできないというわけではないが、料理してるくらいなら、絵を描いたりドライフラワーやったりモザイクタイルやったりしてるほうが好き。

ただ、おいしいものは食べたい。
このへん、費用対効果で、もしも誰かがおいしいご飯やお菓子を作ってくれるなら、私は全然自分でつくりたくはない。
でも、誰もいないなら、別に作る。
どうせ作るなら、おいしいほうがいい。

そういうわけで、私が惹かれるレシピは“超簡単”とか、“30分でできる”だの、“裏技でこんなに簡単”だの“家にあるものでできる”のにおいしい、とかの枕詞がついているものが大半である。
(このへん、トンコツを6時間煮込んで自分でラーメンスープを作ろうとするだんな様と違うとこ)

************************
というわけでマフィン作成。
混ぜて焼くだけなので簡単。(ここでレシピを書くような情熱はない)

具は、チョコチップと、家にあった腐れバナナをいれただけだけど、まあそこそこおいしくできたってことで…。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年09月06日

カウアイのフライ

風邪がなおらーん。
体調はそんなに悪くないけど、咳とかだけ止まらんというか…
急に春になったので、体調を崩している人は多いようである。


今日は、だんな様の友達が遊びにきていた。ワーホリ中の26歳のNくんである。
たまたま二人とも水曜日に休みだったとかで、二人でつりにいったそうだ。
そしてカウアイを何匹か釣ってきたので、今日はカウアイのフライを作った(もちろんだんな様が)。

カウアイは、タイとかヒラマサのようにコクがないので、刺身だと中の下くらいだけど、フライにするとかなりおいしいことに気付いて、それ以来だんな様は、カウアイを釣った時には揚げ物を作るのに凝っている。
パン粉よりおいしいからと、パンも食パンを焼いてからおろして作る(まあパン粉を買うと高いというのもあるが)。

Nくんもできれば永住権を取って残りたいらしいので、是非頑張って欲しいゾ。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年08月13日

お好み焼きパーティ

今日は開墾作業に引き続き、急遽S兄さんとMちゃんを呼んで、お好み焼きパーティに突入。
単にジャイアントが休みだったので、

「ジャイアント、今日ご飯一緒しよっか」

ということにしたら、

「じゃーS兄さんちも呼んでいいっすか〜」

というので、よっし、じゃあお好み焼きパーティだ〜っっ
ということに。

お好み焼きということになると、焼き方でもめるのだが、
(「お好み焼き談義」 http://rianz.seesaa.net/article/8569840.html 参照)
今日はそれぞれ焼くのではなく、全員で1枚ずつ焼いて、全員で1切れずつ食べる方式にした。

ちなみに、
だんな様は九州風(というのがあるのかしらんが)。
私は、おそらく広島風をアレンジしたままりん風
ジャイアントは山口なので、ほぼ広島風
S兄さんは本場大阪風
Mちゃんは名古屋風

まったく同じ具を使って作っているから、完全に具の混ぜ方、焼き方だけの違いなのに、見た目も味もまったく違うのがびっくりするほど!

全員で全部食べ、全員で審査した結果、今日はS兄さんと私の勝利!
やったーっ!わーい(嬉しい顔)

先に全部具を混ぜちゃう式より、層にしてって焼くほうが圧倒的においしいと思っているので、それを証明できて私はうれしい!!るんるん

楽しかったね!

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2006年08月12日

プラントバーゲン 再び

今日はダンスはお休み。
というのは、前にも書いたがうちのオフィスが契約しているレンタルプラントの会社が、また植物のバーゲンの入場券をくれたからだ。
http://rianz.seesaa.net/article/16374410.html

この時買った観葉植物は、今でも立派に育っている。(1鉢だけ、日が当たりすぎてかなり不調なのがあるけど。リハビリせねば)

今回は、観葉植物目当てだった前回と違って、外用に植えるものを探しに行った。
もともとはオフィスにレンタル用だった植物のバーゲンなので、外用はそれほど数が多いわけじゃないけれど、あるものはやはりものすごく安いので、もしもいいのがあれば、と。

今回はもう一枚入場券があったので、ロレイン&クリス夫妻にあげたら彼らもちゃんと来てて会場で会えた。
相変わらず買う時はすごい勢いで平気で高いものを買う彼らなので、ナニヤラ巨大な植木鉢(1つ1メートル以上の高さ)と、ものすごく巨大な植物(3メートルくらい?)を何本か買っていた。

我が家は、日陰なら外でも平気という高さ1メートルくらいのトロピカル系の植物(ごめん…名前わからん)を3本と、あと入り口の花壇ににだだーっっと並べて植えるつもりの同じくトロピカル系の背の低いのを10鉢くらい買う。
小さいほうは、普通のフラワーセンターなんかで買うと20ドル〜30ドルくらいするのに、なんと1鉢が1ドル〜3ドルしかしなかった。

しめて81ドル。安い〜っっ

ただ問題は、まだまだ庭は土木工事中にて、植物を植えられる状態にないってことだけど…

頑張ります。

060813 omurice.jpg
なんとなく、夕飯に作ったオムライス…

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年08月06日

雨・雨・雨!

平日はオフィスにおこもりの私の場合、土日さえ晴れてくれれば冬は雨が降りつづいてもあまり関係ないのだけれど、多分この冬ではじめて、土日とも完全に雨が降ってしまった。小雨

せ、洗濯が…

先週中も、ずっと降ったりやんだりはしていたが、金曜日から降り始めた雨が、土砂降り小雨を繰り返しながらも一度もやむことなく土日中降り続く。

庭が掘り返し中だからあちこち水溜りができてひどい。
さらに、家中湿気ですごいし、当然洗濯なんてできない。
数時間でも雨がやんで、その隙に洗濯してちょっとだけ外で干して、せめて60%くらいまで湿気がとべば、あとは暖炉で乾かずという手がつかえるが、さすがに洗濯してそのまま室内で暖炉干ししたら、家が湿気でびしょびしょになってしまう〜

というわけで、山盛りの洗濯物を前になす術なし。

*****************************

あまりの雨にガーデニングをあきらめ、今日は買い物に出てみた。
電気屋さんを見て、中国人の魚屋で魚を買う。
新しいテレビ欲しいが、日本と違ってまだまだ強烈にテレビの高いニュージーランド。
ちなみに、26インチ液晶を買おうとすると、一番安物(サムソンとか、聞いたことないようなメーカーの)でも、1800ドルはする。

デジタル放送化の話もはっきりしないし、テレビはまた今度かな…

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常

2006年08月03日

パッキンセーブ、できました

8月1日に、シルビアパークショッピングセンターの中に、パッキンセーブがオープンした。
ニュージーランド在住の人には、言わずと知れた安売りスーパーだ。
普通のスーパーより、倉庫的に上にモノを積み上げているタイプの巨大スーパーである。

他のスーパーより安いものが多いから、これは楽しみにしていた。

今日普通に5時に家に帰ったら、珍しくだんな様がもう帰ってきていたのでそれほど買い物するものがあったわけじゃないけど、様子見にちょっといってみることにした。車で3分の距離だ。

中はこんな感じ。
まあ、他のパッキンセープと一緒だけど。
060803 pack'nsave01.jpg

それにしても、まさにスーパー戦争勃発と言う感じで近所の消費者にはうれしい限り。
今までは、ペンローズロードの角に、カウントダウン(これもけっこう巨大で買い物には充分だった)があっただけなのに、そのすぐ向かいのシルビアパークの中に、フードタウンと、パッキンセーブと、ウェアハウスエクストラ(食料品も扱うウェアハウス)と、なんと4つの巨大スーパーができたわけだ。

間違いなくカウントダウンの売上は落ちていることだろう。
みんなせっせと価格競争に励んでくれ〜♪

人気ブログランキング 世界の日記

posted by ria at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年08月02日

オークランドカウンシルと戦い

Direct debitというのは、日本でいう自動引き落としのこと。
自動で口座から引き落とされるので、支払いの面倒がないため、水道とか電話とか家の税金とか、利用できるものには基本的に利用するようにしている。

家の税金の請求は、オークランドカウンシルから来るわけだが、3月にその自動引き落としにしてから、当然請求書は来なくなったし、申し込んでから2回くらいはちゃんと引き落としがあった。

それが突然、今月またインボイス(請求書)が来たので、どういうことかと電話してみた。

結果、今うちの自動引き落としの記録はなぜか全然みつからないこと、私の銀行口座では、5月と6月に2回にわけて自動引き落としがなされてるのに、向こうの記録では6月の全然違う日付で1回で支払われたような記録になっているということを言われた。

はあ〜??

幸い、トータルでの支払い金額は正しくて、追加で払ったりする必要もないのだが、銀行の私の口座からお金が引き落とされている日と、金額が、全然向こうの記録とあわないっていうのはどういうこと?

とにかくおかしいのだから、原因を調べてなんとかしろというのだが、一回消された自動引き落としの私からの許可は、もう一度申し込んでもらわないとどうにもならないという。

勝手に消しておいて、また申込書送れだと〜(怒)ちっ(怒った顔)

とにかく、埒があかないので、途中でチームマネージャーとやらが出てきたが、彼女も同じでできないものはできない、原因もわからない、の一点張り。

今までの引き落としの金額と日付も違うし(トータルだけあってるのもおかしい)、そして誰かが突然、何の許可もなく、私の自動引き落としのオーソリティを消してるのもすっごくおかしい。


でも、こういうことがあっても、別になんにもしてくれないのがニュージーランド…基本的に、サービスという点ではなってないから。

向こうの言い分は、原因はわからないけど、トータル金額はあってるからいいのだし、もう一回申込書を送れば、それで登録されればいいじゃないか、的なこと。
ほんっっっっといい加減だな〜


それでも、泣き寝入り(というほどじゃないんだけど)はむかつくので、今日申し込み用紙をやむなく再送する際に、その上のマネージャーあてに、対応したカスタマーサービス名指しで(必ずいつも聞く必要あり) ワードにぎっしり2枚分の苦情を書いておくってやりました。

ま、所詮役所なんで大して改善もないと思うけど、黙っているのもなんなので…
ちなみに、こういうのをFormal complaint(正式な苦情)と言って、まあ電話で言うだけよりは紙でこうしてきっちり言ったほうが効果はあるに違いないので、私は送ります。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月29日

アラームとキーレス、取付け

今週も平日はぐずついた天気だったのに、またしても土曜日は快晴!晴れ
ほんっと天気の神様、気がきいてる。

いつもの午前のダンス(今日はランバとスローフォックス)の後、新しく買ったマーチコレットちゃんにアラームを付けに行った。

私は車内に何も置かないようにしているせいか、単に運がいいせいか、車の盗難が、日本の自転車ドロなみに多いNZで、これだけ住んでいて何かとられたりしたことは一度もない。

それでも、だんな様が、盗難が増えているから、どうしてもアラームをつけてというので見積もりをとってみた。
そしたらそこそこ安いものもあって、アラームだけなら160ドル、キーレスエントリーにしても180ドルというのでつけてもらうことにした。

コレットちゃんは1000ccの、ほんとにちっこい車で、基本的に走り屋車をのりついできた(プレリュード→ユーノス)私には、正直物足りなかった。
が、ここ2週間くらい乗って、だいぶ加速のタイミングにも慣れてきたし(タコメーターがない車にのるのなんてはじめて…)、とにかく最大の目的だった燃費がいいので、それなりに愛着が湧いてきた。
何しろ現在リッターで1.76ドル(日本でいうならリッター176円と同じ感覚)がく〜(落胆した顔)なので、ペトロール減るのがつらくて出不精が加速するくらいの勢いだったが、コレットちゃんなら断然燃費がいいからだいぶ気が楽なのだ。

それにしても1000ccでこんなによろよろ(モーターウェイで100キロでないし上り坂だとぜいぜいいう)なのに、たった650ccという日本の軽ってやつは、どういうことでちゃんと使えているのかまったく理解できないぞ。


ともあれキーレスエントリーとアラーム。
なんかピッて音もかわいいし、ちっこいボディがグレードアップした感じで満足♪
盗難にどのくらい効果があるのか実はよくしらんが、ないよりはマシに違いない。

また走り屋車に乗り換える気分になるほど、ペトロールが値下がりする日がいつかくるだろうか…?

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月20日

車修理〜

ジャイアントが、今日から2年ぶりに日本に里帰りする。2週間だけだけど。
里帰りが目的というより、彼女に会いに行くのが目的みたいなものだけど…まあめんどくさがりなジャイアントが、ここまでするだけで上出来だ。

というわけで、夕べは一緒にご飯にしてナベつついた。

***********************
ブルースにぶつけられた車の修理だが、会社のちかくのパネルビーター(板金屋のこと)でいくつか見積もりをとり、今日やっと修理にいれられた。

それにしても見積もり金額のちがうこと!
傷の大きさは10センチかそこら、スクラッチとしてはまあまあ深いけれど、へこんでいるわけではないのに一番安いところが380ドル、次が485ドル、500ドルときて、なんと1085ドルという見積もりをよこしたところも!

3倍近い料金ですよ〜

というわけで、安くするにはあきらめずに、できるかぎり見積もりを集めましょう。
まあ、これはどうせ会社が払うから私はいくらでもいいんだけどね。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月15日

車買っちゃいました♪

そろそろ車を買い替えようと思ってずっと探していたのだが、たまたま売りにでていたのを、ついに買っちゃった♪
96年の車なんで、今までの91年車からいっきに5年も新しいのになる。

今回の目的は、少し年式の新しいのにしよう、といういつもの買い替え理由プラス、とにかく燃費!
現在NZのペトロールは1リッター1ドル70セント前後なので、日本でいったらリッター170円するのと同じくらい、ずっしりとのしかかってくる。


HPのほうにも書いているけれど、10年以上の一般的な中古車の価格のベースは

10年落ち(つまり今年なら1996年車)で4000ドル
95年 3500ドル
94年 3000ドル
93年 2500ドル
92年 2000ドル
91年 1500ドル
90年以降 1000ドル以下

と、500ドルずつ落ちてくと思ってまず間違いなし。
あとは、これをベースにかなり状態がいいとかわるいとか走行距離が多いとかCD/アラームがついてるとか、元が高い車だったかとか、そういうことを勘案してプラスマイナスすればOK。

で、特に問題のない96年ものなので、4000ドル以下で買えたので自分的にはハッピーだ。

さあ、今度は自分の車を売りに出さねば…

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月11日

日本の女の子

7月に入ってから、なんだか暖かい。夜も室内は13度くらいある。6月は、何度か8度くらいまでになったことを考えると、やっぱり私の印象では、NZでは6月が一番寒い。


しかし、ほんとに人間って、動物に比べて弱い。たった5度の気温差にこれだけ対応できないのだ。

8度だと底冷えして、暖炉と靴下なしではいられない!
13度だとセーター着てればけっこう平気。
18度なら、トレーナーか、動いてれば半そででも快適。

****************************

先週、日本に1週間の出張に行っていたBillが帰ってきた。

ria“ビル!初めての日本だったんでしょ!日本はどんな感じだった?”
Bill“東京の女の子の丁寧でかわいいことといったら…びっくりした”

ちなみに、ビルはもう50近いおぢさんだ。

Bill“日本の女の子はあんなにきれいでかわいいのに日本の男は…ほら、アレでしょ。”

ガイジンの視点からすると、筋肉隆々な俳優とか見てもわかるように、彼らがかなり重視する肉体の美しさと強度において、日本の男は“軽そう、細そう、弱そう”、ということでかなり評価が低いらしい。

“いやーほんとにもったいない、もったいない…”
といってBillは去っていった。
日本の初印象がそれか〜( ̄‿ ̄|||)

まあ私はあんまりプロレスラーみたいなマッチョは好きでないのであまり考えたことなかったけど、確かに彼らの美意識からすると、日本の男は細すぎるのかも。

だから、日本人妻×Kiwiだんな、の組み合わせはいくつも知ってるのに、その逆のカップルは、これだけいてもたった一組(しかも、Kiwi の奥さんが日本に滞在中にだんなに会ったケース)しかしらないんだろうなあ〜

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月09日

コレクターズマーケット(オークランド骨董市)

悲しいことだけど、オークランドの骨董市は縮小している。

私が来たころは、アレキサンドラパークの競馬場の建物で、確か3フロアくらいは使ってやっていた。
その何年か後に、今度は同じアレキサンドラパークだけど、オークランドショーグラウンドのワンフロアに移動した。
そこも、まあそれなり程度の広さがあり、
こういうものとか
http://diarynote.jp/d/32536/20030713.html
こういうものとか
http://diarynote.jp/d/32536/20030921.html
それなりに掘り出し物があったのだ。

それ以来、たまに行くたびに、出ているお店の数が減って、掘り出し物に出会う機会も減って、自然行く回数も減って、すると多分客足が悪いから、ますます出店数も減り…の悪循環。

そしてとうとう、今年に入ってもっと小さいところに移動してしまった。
移動してから初めて行ったのだが、悲しくなっちゃいました…ほんとに縮小してて。
だいたい、この規模で入場料3ドルも取るというのが許せないけども。

このままでは、さらに客足減る→さらに出店数減る、の悪循環の末、最後には消滅してしまうのではないかと思う。
NZでは骨董屋も多いし、骨董の需要はかなりあるのだから、これは経営か何かのやり方が悪いとしか思えない。

前は、骨董の業者とかお店の人も出店していて、それなりに見るものも多かったのに…

誰か、よく日本のレストランの成功請負人、みたいなのやってるプロデューサーか誰か、NZにきてこの負の循環を、客足増える→出店数増える→もとの大きい会場に戻る→さらに客足増える、というプラスの循環に変えて欲しいです〜

NZでもっとも大きい都市の骨董市がこの状態なのは淋しすぎ。

一応、新しい会場の住所。興味のある人のために…悲しいほどちっちゃくなっちゃいましたが。
Commercial Travellers Club,
27 - 33 Ohinerau St, Remuera, Auckland

次の開催は8月13日、9月10日(だいたい第2日曜)です。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年07月03日

誕生日でした…

だんだん誕生日もめでたくなくなってきた今日この頃、ミナサマいかがお過ごしでしょうか?

NZでは、たいしたことをするわけではないけれど、みんなちょっとしたことで誕生日を祝ってくれる。

トリッシュは庭に咲いていたというバラと花瓶をくれた。
リネットはキャンドルホルダーとカードをくれた。
HRの人たちは、ケーキを焼いてきてくれてみんなでモーニングティーをしてくれた。(これは、HRのメンバーが誕生日のときは、エレノアはたいていケーキを焼いてきてくれる)

で、残ったケーキは“みなさんどうぞ”、と言う感じでエレノアたちのいるペイロールの廊下に置かれ、それをもらって食べた人が“今日なんかの日?”“riaの誕生日よ”と言う感じで、こんど私にあったとき、一言おめでとー、言ってくれる。

日本だと、すごく仲のいい友達とか、カレシカノジョとか、家族だけの間なら、ちゃんとしたプレゼントを買ってあげたり祝ったりするが、ここではそこまで親しくない達も、ちょっとしたものをくれたり、おめでとうといってくれたりで、気持ちを表現してくれる。
この習慣は、日本にはないものだけど、けっこううれしい気持ちにしてくれる。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日常

2006年06月28日

ホイールバレル購入

はーやっと6月末。寒さがこたえまする雪

北半球の季節を考えると、ちょうど冬のこのタイミング(6月末=12月末の気候)でクリスマス、お正月が来るわけで、楽しくあわただしいイベントで真冬のつらい時期を乗り切ることができるようになっているわけだ。
北半球で作られたカレンダーは、誠に北半球の生活に合うよう作られているのである。

南半球では、12月末に相当する真冬のど真ん中が、なんの楽しいイベントもない6月7月にあたる。残りの冬を、なんとか楽しくするために、なにかイベントを考えないと!

******************************

今日は、昼休みにホイールバレルを買いに行く。もちろん、庭を工事するために使うから。
ホイールバレルというのは、日本語でなんというか知らないけれど、あの、工事のときなんかに、土を入れて運ぶアレ、タイヤが前に一つついてて、ハンドルを持ってすすむアレです。

けっこう大きいし、タイヤもついてるしで高いかと思いきや、ホイールバレルは他のものの物価と比べてとても安い。
やや軽くて使いやすいポリ製のものでも80ドル、金属製のものだと30ドル〜40ドル程度。
他のものが、日本なら何十枚もセットで格安で売っている軍手が、たった一組で1ドル20セントしたり、日本なら100円ショップで全て買えそうな道具でさえ、ほとんど10ドル前後はすることを考えると意味不明な安さである。

今日まで、ウェアハウスでガーデニング用品30%オフの券をもらったので、それを使って38ドルのものを27ドルで買えた。やすいー。

本当は誰かに借りることも考えたのだが、けっこう大きいアレを、何回も運ぶことを考えたら、27ドルなら買ってしまったほうが安くて簡単と判断。

ちなみに今日は、これでシルビアパークショッピングセンターに行った2回目なのだが、やっと前よりはだいぶ人が減っていて買い物する気になれた。駐車場ではまたしばらくうろうろしたけれど。

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年06月23日

寒波襲来

今年のニュージーランドの寒さは異常だ、そうだ。
というのは、確かに寒いけど、オークランドは、私の感じではいつもどおりに寒いという程度だからだ。

ただし、南島は違う。

先週オークランドで大風で停電した日に、クライストチャーチでは雪のために停電。30センチも積もって、また今警報が出ている。
昨日の最低気温はマイナス4度、インバーカーギルではマイナス6度まで下がったそうである。寒い〜っっ
私がクライストチャーチには、絶対住みたくない理由である。
しかも、昨日はクイーンズタウンで雪のために空港が閉鎖になった。
それでも今年の雪と寒波は例年以上らしい。


オークランドでは、普通滅多にマイナスにはならない。
ひと冬に2,3回、車のフロントグラスが凍っている時があるので、明け方氷点下に達することが、何回かはあるという程度。

今でも、最高気温は13度くらいまで行くし、最低も5度程度なので、東京で言ったら12月程度までしか冷え込まないということだ。

ちなみに、今のオークランドの天気予報は晴れ。
あたるといいな〜

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2006年06月14日

ワールドカップ オーストラリア戦

スカイで放送された日本戦(夜1時から放送)をビデオに撮ってくれた友達がいたので、1日遅れながら試合見ました。

うっわーなんて痛い負け方なんだ…がく〜(落胆した顔)

最後の10分まで1点を追いかけて追いかけて土壇場で同点、そして逆転、ダメ押しの一点と、まるでオーストラリアの為の試合だ。

こっちにきて、オールブラックスのラグビー観戦に目覚めてから、どうしても比較するとサッカーがあまり面白く思えなくなって、以来、サッカー観戦に興味が薄れてはいた。
だって、ラグビーのほうが同じ距離感の迫力がありながら、サッカーよりずっとミラクルなパスは決まるし、たくさん点も入るし、見所がおおいんだもん。(オールブラックスとかレベルの高いラグビー限定)

サッカーって、素晴らしいパスがまわったり、シュートのきまるミラクルな瞬間が、90分中トータルでも何秒かしかなくて。

まあそれはおいておいて、そうはいっても日本戦、楽しみにしてたんだけど…
えーんっ どうして日本はこうなんだろう。ドーハの時といい。

いろんな分析はサッカーファンにお任せするけど、“10分間で3ゴール取られる”なんてラグビーも真っ青の事実に対してだけは、集中力か根性か執着心の欠如といわざるを得ないと思う。
絶対、絶対かつんだ、という執念の欠如。
監督の采配だの、技術だのの問題で、10分で3点は取れない、取られないでしょう。

最初は

“このまま逃げ切れそう、早く試合終わればいいのに!”


と思ってて、残りたったの10分で1-1にされてからは

“どうしよう、もうすぐ試合終わりだけどこのまま守りきってせめて引き分けにしたほうがいいかな、それそも攻めようかな”

って感じで、向こうはしっかり点を狙いに来て1-2にされると

“嘘だろ、もう5分もないよー。って、いい加減これ以上はまさか点取られないだろうし”

って感じで集中しきれないままおたおたしてたら、気がつくとサイアクの状態で試合か終わってた…という風に見えてました、残念ながら。

でも、多分、野球でああやっていい結果出せたのは、やっぱりそれを裏打ちする実力があったからで、サッカーでは、よく考えれば世界の他の国に比べればもともと単純に実力不足だから、最高の試合が出来ればラッキーで、ちょっとのミスや集中力の欠如が出ると、実力どおりの結果が出てしまう、というだけなのかな、と思います。

日本のマスコミの論調は、日本の実力を省みることなしに、いつも楽観的だから、そのおかけで脈があるのかと知らぬうちに期待させられ、結局いつもどおり苦しい結果に終わる、の繰り返しできているだけの気がする。


************************
翌日、ブラジル対クロアチア(こっちではクロエイシア、という感じの発音)見ました。

そして、昨日思ったことを再確認…
やっぱりブラジル戦、試合自体がすごく面白かった!

ブラジル全力でやってないようなこといわれてたけど、それでも日本の何倍もパスが速く、何倍も正確で、何倍もシュートが強く、何倍もちゃんとシュートが枠にむかってちゃんと飛んでて、ずっとずっと面白かった。
クロアチアも日本よりずっといい動きしてた。

やっぱりオールブラックスの試合は面白いけど、日本のラグビーみてもイマイチ盛り上がらないのや、日本のバスケみてもMBAみたいに楽しくないのと一緒だなあ。

ラグビーだったら、ワールドカップにぎりぎり出られるくらいの実力の日本を正確に冷静にわかっている。
それなのに、なんで同じ条件のサッカーだけは、まるで日本の実力がもっと上で、もっと上を狙えるかのように錯覚させるような報道するんだろ。
ラグビーほどは点差が開かないから、1回勝っちゃったオリンピックの時のように、奇跡を期待したくなっちゃうのかな。
ラグビーみたく、80対10とかいう点差になれば、誤解しようもないけれど。
でも、ラグビーで感じるのと、同じくらい実力の差を感じたなあ。

セルジオ越後さん、全然辛口じゃない。何の先入観もなく、他の国の試合と見比べたら、あれくらいしか感想持ちようがない、というのが試合見た正直なとこだった。


とりたてていうほどはサッカーファンというわけではない私は(こっちでJリーグなんて見られないし)、それだけに単純に面白い試合をみたいなーという気持ちで全体的に試合をみてる。(日本戦が特にクローズアップされるわけじゃないし)
すると、中盤は世界レベルだかしらないけど、素人目にもあまりに日本とその他のチームとの差が歴然だったんだなー。
それなのに、逆に“もっといけるはずなのにおかしい!”と感じているかのような日本の報道に疑問。

参加チームの、ブラジル、スペイン、ドイツ、イタリア、アルゼンチン…と思い浮かべて、冷静に強いと思う順番に上から並べていったら、日本は下から何番目?

あくまで、そういう日本の実力を十分わかった上で、心から応援してるのはもちろんだけどね。

がんばってーニッポン!

人気ブログランキング 世界の日記
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常