2017年07月19日

小虎とぱぱ

月曜にだんなサマが日本から帰ってきた。夏の3週間はまあ余裕なんだけど(体調がいいから)、真冬はやっぱつらいー

最初の1週間はパナドール飲みながらなんとか生き抜き、次の1週間もかわらず毎日小虎の寝た後、片付けとか終わったらすぐ寝てたし、ようやく先週は、はじめて夜12時ぐらいまで起きていて、ようやくだいすけお兄さんが出ているバラエティ動画を見たりする元気があるくらいには回復したとこ。

毎年のことだけど、8月に入ればマグノリアがさいて春の雰囲気も感じられるから、7月はほんともう何もない真冬って感じでひたすら喜びもなく耐えてるって感じ。ほんと冬嫌いーー

さて、今まで小虎はだんなサマがツアーなりなんなりでいなくても、ひたすらままラブだったから、大して気にしてもいないようだった。

むしろ、ぱぱがいないと、全部ままが一緒に寝てくれて、全部本も読んでくれて…となるからうれしいくらいだった。

それが、今年に入ってパパと、釣りとか男の子の遊びをしたがるようになって以来、はじめて(^。^;)パパがいないと寂しがるように。

今回も、帰ってくるのを(お土産込みとはいえ)とても楽しみにしていた。

友達が読んだという育児書で、ぱぱの存在が本当に必要になるのは、6歳からだって書いてたってきいたことがあるけど、ほんとそんな感じ。ぶっちゃけ5歳までは、ひたすらままラブ💓だったもの。

今もまだ抱っこも毎日して欲しがるけど、確かに小虎の中でのぱぱの重要度はかなりあがった。

成長したなーと思うけど、やっぱりどんどん大きくなっちゃってちょっと寂しいのもあるよね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | 小虎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。