2017年04月04日

土砂降りふたたび − アリとのたたかい

この1ヶ月で、3度目の豪雨。
またしても道路はあちこち巨大な水溜りでうまっている。

RIMG9634.JPG
駐車場も半分水没。

ニュースによると、全国のファーマーから悲鳴があがっているそう。
半年分の雨が、この1ヶ月だけで降った計算らしい。

オークランドでも、この豪雨にもかかわらず取水制限。なぜなら、豪雨でどろどろすぎる水が、浄水場の浄水能力を大きく上回ってしまっているので、いつもより少な目の水しか生産できないらしい。

一人1日20Lの節約をお願いしますという広告がヘラルドには毎日載っている。

うちは暖炉の煙突あたりから微妙なあまもりがあったものの(煙突のメタルのつつとメタルの外側のつつの間かららしい)、他には雨漏りもなく一安心。
これで雨が落ち着くのかーー

-------------------------
で、アリとの戦いについて。

日本の家と違って機密性なんか皆無の隙間だらけの我が家。どこからでもアリは入ってくる。

まあその割にはすごい被害があるとかはないのだけど、台所とかにもしょっちゅう偵察のアリがうろついているのがなんかイラっと来るので、今年帰省したとき、はじめて日本のアリの巣コロリをかってきてみた。

なぜならNZの液体のやつが、まったくはたらかないから。
小皿に置いておいても、何匹かちらっと来るだけで、そのまま誰もたいして飲まないうちに乾いてしまう。

そして日本のを何気においてみたのだけど…

すごい、すごすぎるききめ!!

おいて数分もしないうちに、面白いようにあっという間に黒山のアリだかりができ、えさを食べつくすまで来つづける。
RIMG9366.JPG

そして翌日くらいにだいたい食べ終わったなーと思う頃、周辺に大量のアリの死体が散乱し、同時に、まだ生きて壁についてはいるけど、どよーんとまったく動かないアリが室内の侵入口周辺1メール以内にびっしりくっつく。

すごいーーすごすぎるー

おそらく壁の中とか、壁の下の地面ではもっと阿鼻叫喚なことになっているに違いない。効き目が目に見えてすごい。

そんな感じでえさの周りであり祭り→数日かけて死体散乱、のあとは確かにアリが来なくなる。家の東西南北アリのでるとこであちこちやってきたけど、そろそろ室内に入ってくる近隣の巣は死滅してきただろうか…

この退治作業のせいか、季節のせいか、大雨のせいかわからないけど、今年は羽蟻の発生もすごくて、蒸し暑い日に窓のところに羽蟻がやたらついていて、そっちはひたすら掃除機ですってきたが、これで今年はついにアリの出ない冬が迎えられるだろうか。

もしNZでアリに困ってる人がいたら、ほんと日本のアリの巣コロリ、面白いようにめちゃくちゃききますーー!

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック