2016年08月14日

スキー!

いつもの友達と4家族でスキー旅行にいってきた!!

この冬のメインイベント。これを頼りに、日本帰省もない冬をひたすら耐え忍んできたともいえる。

しかし時は真冬。8月入って風邪っぽかったり、なんかいつも腰痛とかないのに、腰の変な部分が痛かったりと、ひたすらバイオリズムは低空飛行だったけど、無事に当日を迎えた。
これ重要。

そしてずっと微妙な天気だったのに、天気予報は快晴。

ほんとこの面子で旅行しはじめてもう4年くらいだけど、いまだにすべての旅行で快晴記録更新中。

今回は、いつも天候が不安定なNZの雪山というのもあり、どうかな〜とおもっていたのがなんと旅行中の3泊4日、みごとな快晴。このシーズンでベストの天候だったといわれた。

さすが私たち!

今日の目的地はベースキャンプとなるオハクネ。

前回、といっても14年前(遠い目…)スキーに来たときは、反対側のファカパパで滑る予定でナショナルパークに泊まったのだが、トゥロアのほうがベースである オハクネに近いし、町も大きいし、スキー場自体もトゥロアのほうが広いみたいだし、ファカパパよりおススメかもと思った。

どちらにしても、オークランドからだと5,6時間かかるので、途中2時間半くらいのところの公園で子供たち遊ばせて休憩。9時に出発して、だいたい予定通りに3時過ぎには宿についた。
RIMG8182.JPG

明日すぐ山に向かいたいから、そのまますぐオハクネのレンタル屋に向かう。昔行ったナショナルパークのと違い(もう大昔だからね…)、なんかすごいシステム化されてて、店頭のパソコンで名前とかサイズとか入力して、そのプリントアウトを持って、ウェアだの靴だのスキーだの順番に借りていく。

これが大正解で、スキーだけを借りるつもりだった友達は、当日山の上のリフト券とか買うところで借りるつもりで行ったら、翌朝の朝の山の上のカウンターは大混雑の1時間待ち状態。

支払いがリフト券とか借りる窓口と一緒だから、それがすでに長蛇の列で、そのあとまたレンタルカウンターのほうに行かなくちゃという感じだった。

ハイシーズン中の週末だったら、リフト券もオハクネの町で買えるから、全部すませてから山に登ったほうが絶対早い。

まあ、今回はわらわらと子連れで行ってるから、もともと少しでも滑れればいいやーという気持ちだから気にならなかったけど(子供にスキーはかせるだけで30分コース…)、そうじゃなければ相変わらずのKiwiの混雑に対する態勢のなってなさにいらいらすること間違いなし(^。^;)

しかしロトルア観光とかの入場料の、近年の尋常ならざる値上げ同様、スキーリフト1日券はなんと92ドル!

うちらの給料の感覚から言ったら、9200円と同じ。いや〜ありえない〜ディズニーランドもびっくりやね。

まあ覚悟していってるし、ましてや今回は子供に教えるのがほとんどで、大人が順番に上に滑りにいってもよくて2,3回。(しかもそんなに大きい山じゃない)

1回あたり30ドルくらいする滑走か〜

まあ繰り返すけど、普通アクティビティとかしなければけっこう安いNZ旅行(高速代もいらないし、山だの海だのキャンプだのタダのとこばっか)が多いけど、今回は覚悟して豪遊(NZにしては)のつもりできたから考えない。考えたら、リフト代のほかに、3人分のレンタルすべてで、けっこうな値段になってるだろうけど。

ところで、宿泊は4家族で泊まるのですごくでっかい部屋を借りた。

ベッドルームもいっぱいあって、子供たちは走り回って大満足!この人数で、しかも3泊だから、キッチンもラウンジもちゃんとしてるとこがよかったし、ほんと大部屋でよかった〜

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック