2016年05月18日

先生と面接

2月に学校入学してすぐのときもあったけど、先生との面接が今学期もはじまった。
1人12分ずつなのだけど、ネットでログインして、時間を予約するというのがほんと今風だよね〜
親もちょうどいい時間が選べるし、先生も管理が楽だし、学校もすごい時代になったもんだ。

日本の学校はどうなってるんだろうなあ。

で、前回は私が先生と話したので、今回はだんなサマにいってもらった。放課後テニスのレッスンがある日だったので、ちょうどレッスン終了時に面接が終わる時間を予約。(そうすれば、面接終了と同時に小虎を拾えるから)

先生に話では、まず小虎は読みはクラスで一番できるグループに入っているそう。小虎より半年早く入学している子たちのグループだそうで、読みだけなら、すでにYear1終了までに要求されるレベルに達しているそう。毎晩宿題の音読一緒にやっているがえらいぞ!

スペリングは、だいたい男の子たちの平均相当。

特に褒められたのがライティングで、作文がとてもよくできているとのこと。もちろん文法やスペリングは微妙だけど、内容がとてもいいって。

例えばまだほとんどの子が、“ビーチにいきました。たのしかったです”というレベルのことを書くところを、小虎は

“タウランガに旅行にいきました。タウランガで世界で一番高い山にのぼりました(マウントマウンガヌイのこと。爆)
山のうえに大きいみみずがいたので怖くて走って逃げました”

というようなことを書くんだって!まだ5歳5か月なのに素晴らしいよ、タウランガ旅行のハイライトがミミズなのは置いといて(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438218475
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック