2015年10月24日

初スケート

小虎を人生初スケートに連れて行く。

たまたまGrabOne(グルーポンみたいの)で、半額チケットが出てたので靴込みで10ドル。スケートは、大学〜社会人のころしばらく毎週末行ったりし ていたので、そこそこ滑れたのだが、最後に滑ったのがNZでもう10年かそこら前で、しかもその最後の時に、だんなサマが転倒して、到着10分で救急車で 運ばれるというΣ( ̄ロ ̄|||)アクシデントがあり(しかし負傷自体は全然大したことなかった)、なんとなく縁起が悪いので大好きだったのに足が遠のい ていたのだった。

しかし今回小虎と初チャレンジ。
このために小虎が負傷しないように、ちゃんとした子供用グローブを購入。

RIMG6631.JPG

まずついて驚いたのが、レンタル用の靴が基本ホッケーだったこと。フィギュアじゃなくて。
日本だと、わざわざ頼まないとアイホのシューズは出てこないからね…あれ、でもここ10年で変わったとかなら知らないけど。
それともこれってNZだけ?10年前どうだったか忘れちゃった。

で、シューズ自体がフィギュアと違って、スキーシューズのようなプラスティックのシューズなので、私たちが子供の時のレンタルシューズは、足首が革が痛んでぐらぐらでホールドが悪かったのに、しっかりしていてレンタルシューズなのにそれなりにいい感じ。

しかし、フィギュアと違って、アイホはブレードにカーブがついているので、まずたつのが難しい。
思ったとおり、小虎はまず立つのができずに手をつないだり、フレームにつかまっても、足だけつる〜と前に後ろにいってつるんとこける。

で、しばらくはフレームにしがみつき、そのフレームを私かだんなサマが押してぐるぐる回っていたのだけど、1時間半くらいたったとき、突然手を離して自分で立ったので、おや、と思ったら、そのまま突然走り出した!
歩くとかゆっくり滑るとかじゃなくて、なぜか激しい小走りΣ( ̄ロ ̄|||)

今まではフレームにつかまって、それを押してもらうだけで、自分でそれを押して歩くすらなかったのに突然猛ダッシュ??
いつの間にか脚が氷に慣れていたんだろうけど。

で、最後は私と手をつないで走りまわるまでに。(つないでないと何メートルかでこけるから放さない)

こけそうになるたびにつないでいる手で体をささえるから、こっちももらい転倒しないようにするのが大変。親も初心者の場合はおすすめしない、絶対巻き込まれる。(^。^;)

でもすごく楽しかったらしく、翌日も朝から行きたがるくらいだったので(こっちは筋肉痛で倒れそうだ)よかった。
何回か行っとけば、すぐ将来楽しめるくらいには滑れるようになるでしょ。子供ってすごいよね。

そこまでやっといてあげれば、あとは小虎がいつかほんとに興味を持ったら、自分ではじめられるだろうし。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小虎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック