2015年04月04日

ロトルア2日目 −レインボースプリングス

翌日は朝からレインボースプリングスへ。
イースターで施設が混んでるとかあるかな〜と思っていたけど、別に待ち時間があるとかでもなく、まったく普通だった…普段はもっとすいてるのかもしれんが…

カカポやらトゥイをみたり、マスにえさやりしたり。
RIMG5560.JPG

RIMG5547.JPG

そして楽しみにしていたのが、前に来た時はなかったなんちゃってスプラッシュマウンテン。

結論からいうと、NZにしてはめっちゃ頑張った施設だった!ディズニーランドでかつて2時間待ちしたスプラッシュマウンテンと、基本的には同じシステム。
RIMG5568.JPG

RIMG5570.JPG
ただ、船が進んでいく途中を、もうちょっと見て楽しいものとか置いたらずっとよくなるのにね…そのへんKiwi 気合が入ってないから(^。^;)
最後のボートが落ちるところは、予想以上にびっしょびっしょになった…

小虎は、ちと高所恐怖症なので、最後に落ちるということは知らせず乗ったら、やはり相当恐ろしかった模様。
何回乗ってもいいし、待ってる人もいないので(10人くらいとかしか)一回目はそうやって私と乗って、もう一回だんなサマと乗ってきたらといったら泣いて抵抗。

それはいいのだけど、つい大人たちで
“もういっかい乗ってくればいいのに〜”
とか
“K(一緒に行った同い年の子)はもう一回するってよ〜”

とかいってしまったら、悔しさのあまりむせび泣き(^。^;)
とても怖かったのと、怖いのにまたやれとこんなに攻められてるのが悲しいのと、Kは楽しそうに2度目をやったのに自分はできない情けなさとで、すごく悔しかったみたい。

ごめんよ〜1回目はともかく、2回目まで無理やりすすめて!
ほんとうに悔しそうにむせび泣いていたので母反省(^。^;)

そしてご飯を食べてから、子供達は中にあるプレイグラウンドでも遊び、(たまたまショートランドストリートのTK(俳優さん)が家族で遊んでて母が喜び)、小虎は高所恐怖症なので今までできなかったフライングフォックスをはじめて1人でできて大喜びし(ロープにぶら下がってぐいーんと滑車で横移動するやつね)、宿に帰ってからは、また昨日と同じ庭の温泉で遊びまくりの一日でした。

ちなみに、レインボースプリングスのランチだけど、NZの、ぱっとしないほうで典型的なカフェだったけど、手際の悪さも典型的で、単にサンドイッチだのチップスだの取って並んで、飲み物買うだけなのに長蛇の列でした…多分日本人だったら、どんなにかかっても10分以内に片付けただろうけど。

あ、最後に、イースターということで、園内に隠されてる卵のオブジェの色を埋めていくというエッグハントのイベントがあって(スタンプラリーみたいなもの)、全部埋めたら最後に大きいルーレット回して、なんか賞品くれるというのでちゃんとやってみた。

そして、ルーレットの中で、あたりは4つくらいしかないのに、なんと小虎もKも、一番いいおまけ(子供の本とぬいぐるみとかチョコとか)の袋をきっちりゲット!ぴかぴか(新しい)
引きの強い子たちだ(⌒_⌒;

他の子まわしていた子たちは、みんなはずれで卵のチョコレート1個とかだったのに〜


そして夕ご飯はチャイニーズテイクアウェイですませてから子供達も入れて大トランプ大会。
もちろんまだ全部自分たちではできないので、パパかママと組んで、ババ抜きで抜いてくる役とか、同じカードがそろってたら捨てる役とか、神経衰弱で、こっちが指示したカードをめくる役とかだけど。

でも、小虎もKも、負けたら半泣きなほど悔しがるの(^。^;)自分たちのチームが最後までジョーカーを持ってて、負けた〜とか言われるとほんと半泣き。

多分、まだ人生で“負け”というのを経験したことないからだよね。私もけっこう負けず嫌いだったなあ…
こうやってだんだん上手に負けることや、挫折を経験していくのだろうね。人生で2-3歳の間は、絶対的な王様にさせておいてあげることが人格形成の中でけっこう重要だと何かで読んだけど(わがままを許すということじゃないけど、自信とかの形成にほめまくっていい時期)もう4歳、そろそろ他人や、自分の負けを認めたりできるようになる、次の段階を学習してくんだろうね。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック