2014年09月05日

泥棒に壊されたドア修復

現在日本帰省中ですが、そのお話の前にまずなおったドアの話を。

出発のほんとに前日、ついに無事にドアがなおった…
こっちのドアは基本的に全部注文生産なので、注文して、完成までほんとにぎりぎりだった。

先に書いたけど、NZではいつものことながら、保険屋も、保険屋の手配した大工もまったく使えず、自分たちでとった見積もりで、自分たちで手配したドア屋さんを急かしに急かして、そのドア屋さんがなんとか良心的に大工さんも手配してくれて、ほんとぎりぎりの仕上がりだった。

相変わらず、自分たちが働きかけなければ何一つ動かないNZの会社( ̄▽ ̄;)
多分保険屋にまかせていたら、保険が通るまでにさらに何週間か、さらにそこの手配した大工が来るまでに何週間かかかり、2,3か月たってもまだ終わっていなかったとおもう。

しかし頑張った甲斐あって、ドア、かなりグレードアップしました!ぴかぴか(新しい)
20140905 door.JPG
(下の、泥棒にやられたドアと比較してみてください)

ほんと、もともと窓をしたとき一緒にリノベーションするか悩んだくらいだったから、たまたま泥棒がドアだけ壊して逃げてくれたおかげで、タダでドアがきれいになりました。

しかし、次はこんなにうまいこと泥棒がアラームで逃げてくれるとは限らないので、なんと出発前日に、今までついていなかったセンサーライトと、ダミーではない、ほんとのセキュリティビデオ4台も買って来て屋根裏に配線して設置しただんなサマ(^。^;)

おかげでただでさえ余裕というわけではない日常のタスクのほかに、出発する前に仕事の片づけ、引き継ぎ、荷造り、飛行機の中での小虎の食事の準備(まずくて機内食食べないから山登り並みのお弁当準備)…と大忙しなところに、普通なら必要ないDIYまで重なってまさにてんやわんや。
多少前倒しで準備していたおかげで、辛うじてまにあったけど、帰ってきた時の家の様子はあんまり考えたくない状態…(^。^;)

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック