2011年03月22日

放射性物質

まだNHKニュースだけは、ネット配信がオンタイムで見られている。
ついに放射性物質が福島県産の野菜や都内の水道水から検出された。
恐れていたことが…
23区では乳幼児に、水道水を与えないように警告が出された。

大人だってもちろんだけど、小さい子のいる人はどんなに不安だろう。
子供にあげなくなって、母親が飲めば母乳からでちゃうんじゃないか?
そのへんの正確な情報が欲しい。
赤ちゃんにいかないよう、自分の体でろ過できるなら、それでいいんだけど。

私もゴールデンウィークごろから帰省するつもりだったけれど、余震もだけど、これは子連れにはほんとに怖い。
もう少し様子を見るけど、ほんとに予定通り帰省どうするか…
もっと大変な人もいるのだろうけど、せっかく育休で、はじめての、そしてもしかしたら最後の、日本に長く帰省できるチャンスかもしれないのに…と思ってしまう。

まあ私のことはともかく、本当に復興までは、少しでも何かしたいと思った今の気持ちを忘れないで、長く援助していかなければと思う。

被災した人はもちろんだけど、普通に考えても、例えば安全で有名だった日本産の野菜も、輸出が落ちるだろうし、観光に来る人も余震や原発が完全に落ち着かなければいないだろうし、経済的に苦しくなる人が増えるのは間違いない。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ  にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
posted by ria at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
お久しぶりです、riaさん。
乳児連れの日本帰省、慎重にしたほうがいいと思います。
とにかく、体内被曝が怖いです。
わたしも、衛星放送でNHKを毎日見ていますが、
テレビでの識者の意見は、どこか表現の曖昧さをぬぐいきれません。
ネットで情報集めをしてください。
こちらヨーロッパの報道は、もしかしたら『慎重すぎる』、のかもしれません。
でも後で、取り越し苦労だったね、と笑えるほうがいいのです。
Posted by kaz at 2011年03月25日 07:35
Kazさんこんにちは。

本当に、飛行機の予定を変更するか悩みます…。
まだ1ヵ月あるので、関東での放射線物質の量次第になると思いますが…
とりあえず、実家のあるところではまだ何も検出されていないですし、小虎も基本的には母乳だけなので(滞在中に離乳食がはじまるくらい)これ以上悪化しないうちに、原子炉のほうがおさまればできれば帰りたいんですけどね。
日本の子供のいる東京の友達も、水の入手に苦労したりしているみたいですし、無理はしたくないですが、問題なければこっちの一番寒くてつらい時期に帰りたくて(≧Д≦)
もっと大変な人が多いので贅沢な悩みですが、もう何年も、“子供ができて育休とったらまとめて何ヶ月も日本に帰ろう〜”と楽しみにしていたので残念です〜!
Posted by ria at 2011年03月28日 13:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック