2017年06月22日

担任との確執

ちょっと長くなるけど…

私は今年の小虎の担任が嫌いだ。

40かそこらの女の先生だが、一言でも会話するたびに嫌な気分になる。私にはポジティブなこというの聞いたことない。

でも残念なことに、いい評判もきくので、単に私が人間的に合わないだけなのかもだけど…

言ってることは正しいとしても、何が腹立つって、自分のこうするべきだと信じるのをひたすら押し付けてきて(それの大半が正しい理念だとしても)、人の話をまったく聞かない態度で(何かこっちが言おうとしてもまくしたてるように自分の意見をいうことでこっちに話す間を与えない)、それを言うとき、とにかくaccuseしてくるその言い方も感じが悪い。

プロダクションの翌日に、ついにキレて、思わずはっきりいってしまった。

あんたの口からは、非難と批判以外聞いたことがないって。


何にキレたのかというと、朝小虎を落とすとき、顔を見るなり、こんな状態の子供つれてくるなんてどういうつもり、といきなり一言目からけんかふっかけてきたから。

小虎は4日くらい病気だったし、いまだに朝私とはなれたがらなくて、私と別れるときちょっと半泣き顔したりすることもあるのだけど、病みあがりだから確かにそれがいつもよりひどかったよ。

でも、すでに前日のプロダクションの日、もしその日が普通の授業だけの日だったらも登校させただろう、くらいなのを、プロダクションのため念のため1日多く安静のため休ませたのに、伊織の顔見るなりいきなりそんな感じで批判してくるからこっちもキレた。少しは今日の様子はどう、とかいってくるとかできんもんかね(怒)

私も朝は忙しいので(小虎を落とし次第、全力で車まで走ってオフィスに向かう)それだけいって、すごいガン飛ばしてから走り去ったよ。ああ朝から気分が悪い。

で、その後メールでやり取りしたとき、一応謝ってきて、あの後小虎は別に元気だった、彼がなんか悲しそうとかでも、1分後には平気になってるようなことがしょっちゅうだから覚えておくべきだったわ、みたいな謝ってるんだか小虎を責めてるんだか微妙な言い回しでいってきたけど。

他にもいろいろ言って来たので、小虎が教室でできないところを聞きたくないとか一言も言ってないし(もちろん知っておきたいし)、前の先生からだってそういうのは”reported”されて、話し合ったりしてそれはよかったが、今のように”accuse”とか“blame”されたことはないし、私も厳しいミッションスクール出身だから、厳しいやり方が悪いとも言ってないからそこは勘違いするな、と言っておいた。

まあこの半年たまってた言いたいこと言ってやったからすっきりした。小虎が教室で嫌がらせされても困るから、私はなんか多少カチンときても黙ってたんだけどさー…

私はそれこそ1、2週間に一度、朝落とすとき挨拶するくらいだから子供にいい先生なら、まあいいんだけどねーでも言い方にあんま頭にきたから。

しかしたったこれしか会う機会なかったのに、これほど会うたび人を嫌な気分にさせるってさ…

話し合い方法は今後何かあったらメールのほうがいいかもということがわかった。

それなら言いたいことが途中で遮られて余計腹たつこともないし、ほんとは向こうが正しいこといってる時も、その責めるような話し方によってむかつくこともないしね。

正直、私の小学校だってろくな先生いなかったけね。1年生の時の担任なんて大嫌いだった。1年生の当時は先生なんて教室では神だから、後になるまでそれに気づきさえしなかったけど)、それに比べれば正直小虎の先生はみんないい先生だし、私の両親は当時そもそも先生がどうかすら知らなかったわけだろうしね…(しっててもどうしようもなかっただろうし)。

こっちはほんと先生/学校と親との距離、さらに親と子の距離が近いと思うよ。

毎日学校までいって、顔みたり、しょっちゅう授業の手伝いやら専業主婦のお母さんたちは相当してるし。

日本は小学校はじまったら、登校班で家を出てから勝手に家に帰ってくるまで子供にも学校にもなんの接触もないし、ピアノや水泳だって、お迎えのバス待って勝手にいってただけだもんね。

親としては日本のほうが楽そうだけど、NZのがグレたりはできなそう。

その他のニュージーランドの日記
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
posted by ria at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小学校